真行寺りえ さん プロフィール

  •  
真行寺りえさん: 真行寺りえの”いい感じな”老後
ハンドル名真行寺りえ さん
ブログタイトル真行寺りえの”いい感じな”老後
ブログURLhttps://tenki60.com
サイト紹介文アラ還独身働くウーマンが、シニア起業失敗の末、人生の最後に求める「愛と友情」の豊かな暮らし
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 93日(平均4.8回/週) - 参加 2018/01/05 19:55

真行寺りえ さんのブログ記事

  • 上野公園、日曜日の花見で人間の幸せを考える
  • 「人に会わなければ始まらないから」ということで、ふるさと住田町の経済と観光を盛り上げるために活動されている、岩手県住田町”ふるさと住田会”さんのお花見に、上野まで出かけてきました。 岩手県の観光大使をやっている飲み処かすみ亭のおかみの輝子さんにご紹介いただいてーと言っても、飲んでるときに「ちょっとこない」と言われただけですが^^、それがきっかけでヒョコヒョコ参加させていただきました。幸せは人が運ん [続きを読む]
  • 喫茶店が高校生のたまり場だった頃
  • 最寄駅の南口は、すっかり開発が終わっていて、大通りの両側には、一階が店舗の低層のマンションが並んでいます。 一方、北口のロータリーの周りは、ほとんどが駐車場で、店舗といえば、2件ほど、昔ながらの喫茶店と焼き鳥屋が、駐車場の脇で営業しています。喫茶店の名前は、「サバンナ」さんといって、マスターとママさんのご夫婦が切り盛りをしています。モーニングが450円と650円。ワンコインランチが500円。飲み物を追加でオ [続きを読む]
  • 30年の時を経て、私鉄沿線の同じ駅に戻ってきました
  • 30年の時を経て、育った町へ帰ってきました。 それから、一週間の時が過ぎました。 引越しって、小さなドラマがいっぱいあるので、書けることがいろいろとあるのに、何していたんだって感じです。 頭の中をいろいろな思いや考えがめぐりめぐる日々。よく言われることですが、「人間はだれでも一生に一つは小説を書くことができる, 自分の人生を書けばいいから…」 それって本当だね…と思った一週間でした。 一軒あたりの分譲区 [続きを読む]
  • 徹底トイレ掃除の2つのコツ
  • 今日は、引越し前のトイレ掃除に奮闘しました。 トイレ掃除かなり適当にやっていたことが、今になって解りました。大家さんすいません。トイレのフタを開けた奥の方に、これが尿石って言うのかな?黄ばみができていました。 お見せするのは恥ずかしいので、さすがに写真なしです^^だれも見たくないと思う… 尿石に取り除き方については、ネットで調べたところいろいろと方法があるようですが、大きく分けて二通り。 1.強力な洗 [続きを読む]
  • 粗大ゴミを10個出しました。一緒に旅したスーツケース達も
  • 昨日は大型ゴミを10個出荷出しました。こちらが大型ゴミの処理券です↓取りあえず10枚買って、1枚余りました。 残りの粗大ごみは、お引越し当日にお引越屋さんに下まで降ろしていただいた後で、市の回収業者さんが集荷してくれます。 かなり大きい粗大ごみでも200円で持って持って行ってくれます。 今日お願いした粗大ごみは、 プリンター2台インターネットラジオ1台スーツケース大1個スーツケース中1個ハンガーラック2台ゴ [続きを読む]
  • 老い支度の第一歩とはいえ、今回の引越しは辛い
  • 今回の引越しはとても辛いです。そして、その原因にやっと気が付きました。 今までの引越しは、1人暮らしなのをいいことに、荷物をため込んだまま移動していただけだったんですね。 それが、今度は本当の引越し。かなり本気で断捨離をしようとしている自分がいて、それが引越しを難しくしていることに気が付きました。今回のお引越しは、2トントラック2台の大規模なお引越し。しかも3月の繁忙期なので、業者さんも余裕がありま [続きを読む]
  • 女友達の飲み会はコスパ重視。新装開店祝いに出かけました。
  • 私が引越しに追われる最中に、友人の飲み屋が新装開店しました。 東京の都心は、再開発のあらしで、友人の飲み屋さんも、立ち退き→店舗工事→新装開店という順番で、3月1日にやっと新装開店にこぎつけることが出来たようです。 昨日(日曜日)は、新装開店の張本人のおかみと新橋の天狗酒場で待ち合わせをしました。 おかみさんと、おかみさんの新装開店の関係の買い物を手伝っていたキャリアカウンセラーのSさんの2人に、新橋の [続きを読む]
  • 領収書、カード明細、写真が片付かない時
  • いよいよ引越しが2週間後に迫ってきました。その間に確定申告も終わらせなければならないし大ピンチです。 今回のお引越しのテーマは、老後に向けての断捨離。その中でもポイントになるのが、書類の処分です。仕事で使った書類など、そのまま捨てることができない書類がたくさんあります。 家庭用シュレッダー ビジネスの書類を管理する時の必需品がシュレッダーですが、家庭用にもシュレッダーあると便利です。電動タイプでも家 [続きを読む]
  • 薬代が年間12,000円以上であれば節税の可能性あり
  • 2017年からセルフメディケ―ション税制がスタートしました。 これまで確定申告で、医療費の控除を受けるには、家族で一年間の医療費が10万円を超えないと控除対象にはならなかったのですが、セルフメディテーション税制を使えば、家族で12,000円の医薬品の出費から控除の対象となります。 医療費の合計が100,000円に満たない場合で、セルフメディテーション税制の対象となる医薬品の支払の合計が12,000円を超える場合には、医療費 [続きを読む]
  • 粗大ごみの処分、65才以上なら特別サポートがある市町村あり
  • 引越しと言えば粗大ごみ。粗大ごみの処分をするなら、一番お得なのは市町村の粗大ごみサービスを使うことです。 都心でも、本箱や椅子などを一点当たり400円から1,200円で回収してくれます。もっと、安い市町村もあるでしょう。 ErikaWittlieb / Pixabay 粗大ごみを処分する方法 粗大ごみを自分で家の外に運び出す粗大ごみを処分する方法で一番安いのは、市町村のサービスを利用する方法です。 指定された日に、指定された料 [続きを読む]
  • 確定申告をした方が得な可能性がある場合
  • さて、いよいよ2月も終わりで確定申告の時期がきました。 確定申告については、最寄りの税務署で相談するのが一番安上がりではありますけれど、何も勉強せずに税務署に出かけても「わからないまま」の状態になってしまうので、今年は、参考書を買ってみました↓ 賢くお金を取り戻す! 確定申告&節税 (TJMOOK) 購入したのは、こちらの記事でお馴染みのセブンイレブンさんで↓ ”やりたいこと”をやることができた人生だったか…セ [続きを読む]
  • 60才からの時間は仕事よりやりたい事に使う
  • 人が死ぬ前に後悔することの上位にあがるものに、「仕事ばかりしなければよかった」というものがあります。 仕事に費やした時間を、本当にやりたかったもの、あるいは人生の楽しみに使えばよかったというものでしょう。例えば、 ●家族との時間●趣味●旅行 65才になったとき働く時間を半分にするように計画を立てているという人もいます。 同時に、仕事とやりたいことが一致している幸せな人もいるわけですが、それはそれで、ご [続きを読む]
  • 女性のおひとり様の幸せな老後のポイント
  • 女性の老後生活のポイントは、「お金」「健康」「頼れる家族・友人・隣人」の3つ。そのうち、どれがかけても老後は辛く寂しいものになりますね。 大事な順番はというと、私としては、「健康」「家族・友人」「お金」の順番になるかなと思います。 先日ご紹介した萩原博子さんの「老前破産 年金支給70才時代のお金サバイバル」によれば、女性のおひとり様老後のポイントは、 (1)友達や親戚演者など、いざというときに頼れる [続きを読む]
  • 50才までに人生の収支をプラスにしたい
  • 3月はいろいろとお金がかかる時期ですね。これからの生活に向けて、本格的にお金の勉強をすることにしました。 時々テレビ等でお見かけする萩原博子さんの「老前破産 年金支給70才時代のお金サバイバル」(朝日新書)を読んで見ました↓ 老前破産 年金支給70歳時代のお金サバイバル (朝日新書) 萩原さんの消費者の立場にたったコメントが好きで前から気になっていました。アマゾンで著書の目次を見たり、読者のコメントを読ん [続きを読む]
  • 引越し業者の探し方−3つのコツ
  • 世田谷病という言葉があるようです。それは、どういうことかというと、 郊外に戸建て住宅があり、夫婦二人で老後住んでいました。妻あるいは夫のいずれかが死亡し、残された一方が家を売却して住み慣れた町から、子どもや親せきが住む遠方に引越ししました。が、環境の変化に心身ともについていけず、健康が大きく損なわれてしまうこと…のようです。 最後の引越しは、ある程度の年齢までにやっておかないと辛いことになりますね。 [続きを読む]
  • 老後貯蓄がいくら必要か平均余命で考える
  • 「老後の資金いくら必要なのだろう」、漠然と悩んでいても仕方がないので、じっくりと考えてみました。 寿命のとらえ方には、平均寿命と平均余命というのがあります。平均寿命は、今0才の赤ちゃんが平均で何年生きるかを示したもの、平均余命は、それぞれの年齢でその後平均して何年生きるかを示したものです。 平成28年度の厚生省の統計では、平均寿命は男性80.98才、女性87.14才です。最近では、男女とも毎年2〜3ヶ月づつ伸 [続きを読む]
  • 日曜大工でカフェを作ったアーティストの先生
  • 職場まで、約3分のところで、3年ほどコツコツとリフォームをしていたアートカフェがオープンしました。3年間、ほんとに少しづつ作っていらっしゃったんです。オープンして、1ヶ月位は過ぎたでしょうか? こだわりのお店は、毎日進化されているんでしょうね。 この建物、まるでレンガのようにみえますが、ごく普通の2階建てです。以前は、ラーメン屋さんだったのだとか… 美術関係のお仕事とはいえ、しろうとさんの日曜大工で [続きを読む]
  • 孫に「王冠をつけた娼婦」と呼ばれたエカテリーナ2世
  • 20年も前のこと、ロシアのセントぺテルスブルクにツアーで旅行をしました。セントぺテルスブルクといえば、エカテリーナ2世の都です。ソビエト連邦時代は、レニングラードを呼ばれていました↓ 最近のケーブルTVの充実には、恐ろしいものがあって、AmebaTVを見ていたら、チャンネル銀河で「エカテリーナ2世」のドラマが放映されるようです。 10とも12人ともいわれる公認の愛人を持ち、その他にも数百人の異性とのかかわ [続きを読む]
  • 子供たちが人生の最後に後悔しないように
  • 人生の最後に後悔するは、大きく二つに分かれるようです。 ●自分の気持ちに正直になれなかった(主に恋愛に関して)●家族のことをもっと大切にすればよかった(仕事のしすぎなど) その他にも意外な後悔として「もっと旅行をすればよかった」があるようです↓ 人生の最後にもっと旅をすればと後悔しないために また、他にも思いがけない後悔として、「悪い道に入らなければよかった」というものがあります。若気の至りというもの [続きを読む]
  • スカイツリーのふもと”ソラマチ”で”新しい下町”を体験
  • きのうは、大リフォーム博を見るため、東京スカイツリーのふもとの東京ソラマチに出かけました。東京ソラマチに出かけるのは始めてです。 目的は、5階のイベントスペースで開催している大リフォーム博で、最近の化粧洗面台をチェックすることだったのですが、きのうの東京ソラマチ探索の最大の収穫は、その魅力をチラ見することができたこと。また、来たいなと久しぶりに思った商業施設でした。 最近、年のせいかすっかり買い物が [続きを読む]
  • 節約を楽しむ方法はあるのか…
  • 少し暖かくなってきました。今週は、ずっと節約について考えていました。 節約が辛い人もいれば、楽しい人もいます。ダイエットと同じで、辛い節約は長く続かないし、リバウンドも怖いですね。 なので、何とか楽しく節約する方法はないものかと、いろいろと頭をひねってみました。 以前の記事でご紹介した2chのひろゆきさん↓ 老後のお金をつくる一番簡単な方法ひろゆきさんの節約法とは、お金を自分の時給単位で考えるというもの [続きを読む]
  • 人生の最後にもっと旅をすればと後悔しないために
  • 「人生の最後に後悔することは何か」をネットで調べてみると、その内容は、 ●自分の気持ちにもっと正直に生きればよかった●家族、友人との人間関係をもっと大切にすればよかった の2つに大きく分かれるようです。 その他の後悔で、予想外だったのが、「もっと旅をすればよかった」というものでした。「人生は旅だ」というのは、よく耳にするセリフですが、まさに人生は旅かも、と思った瞬間です。 私の友人の鉄ちゃん(鉄道マニ [続きを読む]
  • 引越し費用の限界に挑戦
  • 昨日、引っ越し業者さんから、最初のお見積りをいただきました。法人の引越しを専門にされている業者さんなので、法人価格なのかもしれないけれど、一日で作業するとなると、なんと380,000円。2日に分けての作業だと260,000円だそうです。 実はいろいろと事情があって、3か所から荷物をまとめて、1か所に送ることになっていて、しかも廃棄物がたくさんあります。 それにしても、ちょっと厳しいです^^。同時に、最悪の事態もわ [続きを読む]
  • 鍵の交換代金30,000円で本当に安全が買える?
  • 新しいマンションの鍵の交換代が30,000円かかると言われてしまいました。どうしよう、心が痛みます。 玄関には、ピッキングされにくい、シリンダーキーという高い鍵が2つ着いていて、それを両方買えるとその値段になるんだそうです。 賃貸契約書に1行、「鍵を変えないことによって発生した損害は責任を持つ」という文章を追加すれば、変えなくてもいいとのことでした。 ネットをみたところ、鍵代を借主が負担するのはよくあるケ [続きを読む]