みみ さん プロフィール

  •  
みみさん: Family diary-家族でうつを乗り越える-
ハンドル名みみ さん
ブログタイトルFamily diary-家族でうつを乗り越える-
ブログURLhttps://ameblo.jp/niko2-lullaby/
サイト紹介文元気が取り柄だった母が、ある日重度のうつ病に!ナースの娘が綴るうつ闘病記、そして家族の奮闘記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 180日(平均4.2回/週) - 参加 2018/01/06 11:44

みみ さんのブログ記事

  • 今日から再入院
  • 一年半ぶりに、今日入院します。外来の主治医と話を重ね、迷いに迷いながらも、電気けいれん療法へ踏み切ることとなりました。治療スケジュールの詳細がわかればわかるほど、不安は山積みになっていきますが、幸運なことに同じ病棟で迅速にお部屋を開けてもらい、予約待ちの電気治療もスムーズに事が運びそうです。主治医の評価としては、内的な焦燥感、不安感が消えないことに関して内服での治療効果が十分ではなかったというこ [続きを読む]
  • 「かわいそう」と言われると
  • 「かわいそう」という言葉について先日新聞記事を読んでいろいろと考えを巡らせていました。「かわいそう」という言葉は 人を傷つけるという内容で最近の私の心境にぴったりでした。うまくいけば来月結婚する私。夢だった職業につき、優しいフィアンセがいて、自由な時間やお金もあって「幸せ」な私。でも母には毎日「これじゃあかわいそう。ごめんね。」と言われ父は毎週 「かわいそうだから解放してやれ」と母に言う。そもそも [続きを読む]
  • 誕生日
  • たまには記録のためにブログを。イフェクサーが追加されてありがたいことにこれといった副作用は目立たずかといって焦燥感はあまり変わらない状況です。いまが最小量なので、次回からまた増えるのかな?と思うと正直なんだか落ち込みますこんなに沢山のお薬に耐えてくれてる母の体に感謝。美味しいものをたくさん食べて、労ってあげたいな。先日お誕生日を迎え、59歳になりました。60歳からは人生リスタートしようねって何度も約 [続きを読む]
  • イフェクサーSRの話
  • イフェクサーSR 35mgを内服し始めて明日でちょうど1週間が経ちますが、心配していた副作用は目立たず、ただ効果もいまのところ感じられずという感じです。サインバルタの進化版ということで比較的新しいお薬のようですが、見かけがグリーンでなんだか毒々しいここのところ夜寝る前のリラックスタイムにもじりじりしていることが多いのでせめて一息ついて体の緊張を溶いてからベッドに行かせてあげるのが私の目標です。 [続きを読む]
  • ホテルランチ
  • 来週は母の誕生日。そして先週は母の日。その真ん中をとって、念願のホテルランチに行ってきました。雲ひとつない快晴で、展望も素晴らしく、贅沢なランチブッフェでたくさん食べられました。予想以上に混み合っていて、慣れないブッフェでかなり緊張、じりじりしているのが私にもすぐわかりました。少し無理させちゃったかなぁと思いつつ母の好きなことでもあるし、と思ったり、あとは私の一つの夢が叶って嬉しかったです。それ [続きを読む]
  • 外来21回目:電気けいれん療法
  • 1ヶ月ぶりの外来。仕事が忙しく、久々の更新になってしまいました。前回新しい主治医から電気けいれん療法について話を聞いてから母は藁にもすがる思いで、受けてみようかな、と口にしていました。今日は家族で話し合った質問事項をメモにしての受診。前回、「表面的には穏やかそうに振舞っているけれど肩肘に力が入っていて、内的な焦燥感が強い」とアセスメントしてもらったのですが、本当にその通りだなぁ、母は頑張って、気丈 [続きを読む]
  • 焦るゴールデンウィーク
  • ゴールデンウィークもいよいよ終盤。前半は地方に転勤している弟が帰省して、母念願の家族での焼肉ディナーが叶ったり、周囲のアクティブな雰囲気に促され父と2人でカラオケデビューしたりと休みなく母も動き回っていましたが後半はやや疲れ気味の様子で、こんな時こそ休ませてあげたいのに相変わらず焦燥感が強く休むのもままならないという感じです毎日のように電気けいれん療法を受けたいと言っています。今さえ治るなら。藁に [続きを読む]
  • 電気けいれん療法についてメモ
  • 母が慣れないiPhoneで一生懸命電気けいれん療法を調べています。処置の仕方、リスクなど表面的なことはざっくりわかってきたけど、最後の判断はやはり専門医にしてほしい。主治医に質問したいことをメモしました??電気けいれん療法の適応について 妄想症状も希死念慮もない母にも適応なのか 効果が見込めるのかどうか??年間の実施数 と その効果?? 最悪のケース 副作用 や失敗例?? 万が一10回行っても効果がない [続きを読む]
  • 良い日も悪い日も
  • またしても日付が空いてしまいました母の最近の具合は、やはりじりじり、特に午前中、そして16時頃から18時頃。1人の時間に不安焦燥が増すのは今まで通り。セロクエルを275mgに減らしてしばらく経ちますが母の調子は大きく変わらず。1週間振り返って、辛い日が4日、良い日が3日って感じかな一昨日と昨日は割と良い日で、一昨日は美容院に行けたり、4ヶ月ぶりに私の婚約者に挨拶できたり。昨日は午後のじりじりが比較的楽で、過食 [続きを読む]
  • 落ち込む日
  • 今日の母は体調が悪そう。夜は普通に眠れて、なんとか入浴とダンスには行けたけど3時くらいから焦燥が増して来て私が帰る夕方までだいぶ消耗してしまったようです。横顔を見ても声色を聞いても元気のない母はかわいそう。少しでも寛解に向かう可能性があるなら電気療法も加味した方がいいのかな、、、と私自身も今日は気持ちが落ち込んでいます頑張るって辛い事だなぁ。上限がないから、いつまでも辛い。見通しが立たないって苦し [続きを読む]
  • 外来20回目:新しい主治医
  • 昨晩から落ち着かない気持ちで迎えた当日。病院までの道のりも地に足つかない感じでしたが、無事終わりました〜。新しい主治医の先生は、今までの先生よりもだいぶお若い方でしたが優しく落ち着いて母や私たち家族の話を聴いてくださり、とてもいい方で本当にホッとしました母もホッとしたみたいで、緊張しながらも聞きたいことをきちんと聞けていたのでよかった。主治医の変更、一大事だし大きな変化だけど、新しい先生に新しい [続きを読む]
  • 眠れない夜
  • いよいよ明日が緊張の外来。新しい主治医になって初の受診日です。あれから母とも話をして、まずは最初の1.2か月は前向きに受診してみよう!ということになり、モヤモヤする私をむしろ母が慰めてくれました。こんな時には母の強さを実感。ピンチをチャンスに変えられるといいなぁ。とは言え、予感通り、今夜は眠れず。あまりに落ち着かないので同室で寝ることにしました。眠れない夜の母は決まって足と腕のだるさを訴えてこれでも [続きを読む]
  • ショックなニュース
  • 来週はいよいよ新しい主治医の診察です。ずっとずっとホームページを確認してたけどなかなか新年度の外来担当医の情報が更新されずしびれを切らして今日病院にお問い合わせしてしまった。その結果、心配していたことは的中。新しい主治医へ引き継がれるに当たって、今まで一年半通ってきたうつ病専門外来から外れて来週からは一般外来の枠組みになっていましたこれは結構ショック。今までの主治医が、母のためを思って、今後再燃 [続きを読む]
  • 嫌い を 好き に変える方法
  • 疲れがたまってくると、自分の置かれた環境のことばかり不満がたまって辛いのは母なのに嫌な気持ちになってしまう。プロポーズしてもらってからもう一年も経つ頃なのに、両親の挨拶を除いて一度も家に呼べてないし両家顔合わせのメドも立たずそもそも入籍してからも生活の基点は実家のまま。名ばかりの二重生活になるのが眼に浮かぶ。結婚式もハネムーンも当面はなく子どもを作ることも育てる自分も想像できなくてたまに本当に落 [続きを読む]
  • 辛さに慣れないように
  • 少し日数が空いてしまいました職場は四月が一番忙しく、バタバタとしてます。母は相変わらず、やると決めた習い事に関しては休むことなく健気にリハビリに通い続けているのですが、特に午後、私が帰るまでの数時間がものすごく長く焦燥が強いみたい。それでも、電話すると「いつもくらい」と。本当はそんなことなくて強がりなんだろうなと慌てて帰ってみても、うーん、突然増悪した感じではなくて、やっぱり「いつもくらい」なの [続きを読む]
  • 罪悪感
  • 「ついなんでも食べたくなってろくなものを買わないのにお金を使って申し訳ない」過食による家計への負担を心配している母。と言っても、一日数百円程度。たったそれだけのことで罪悪感を感じる母は病気になってもやはり主婦。リフレッシュになるなら今はいいんじゃない?今のママには必要なんだよねっとお返事してみるけれど、表情は冴えないまま。過食の辛さってほんとにいろんなところにあるんだろうなぁ。辛さを丸ごとわかっ [続きを読む]
  • チューリップ
  • 今日お庭に出たら、春の日差しの中、チューリップが二輪。去年は一輪だったのに、今年は仲良く肩を並べているのを見て「結婚したんだね」と母が笑っていました。こういう時に見る母の自然な笑顔に私はすごく励まされて元気付けられます。穏やかな朝。今日も感謝して、のんびりと焦らず。明日は送別会があり帰りが遅くなるのでちょっとドキドキしていますが、母が焦ることなく気ままに過ごすことができますように [続きを読む]
  • フットネイル
  • 本日は絶不調の母。じりじりしている様子も強いらしく、それに伴って集中力がますます無い感じ。テレビを観ていても長続きせず、で無音になると落ち着かず。話を振っても返答はほとんどないし、ご飯を食べてる時もあまり元気がありませんでした。「病気に絶望してるの」とのこと。今日は頭の中でいろいろと考えてしまうんだね。落胆することはない、と励まされても母の辛さが続く限り落胆してしまうのだと思うし、なかなか難しい [続きを読む]
  • まさかの調剤ミス
  • 災難続きなのですがここ数日母の焦燥が悪化傾向だなぁと心配していたら、先週の外来後薬局でいただいたお薬に調剤ミスがあったことが発覚本来よりもセロクエルが100mgも少なかったんです。セロクエルの効果は2、3日で実感できると以前主治医に言われていたのですが、本当にその通り3日ほどで変化に気づきました。今日は薬局にお電話し、事実を伝え、、、人的ミスは仕方ないんだとはわかりつつもなんだかショッキングな出来事でし [続きを読む]
  • 薬の飲み間違え
  • 主治医の変更が決まって以来、やはり母は気持ち的に不安定な様子で、いつもに増してじりじりする感じ、あとぼんやりしている時間も長い気がします。昨日は朝ごはんの後の薬と就寝前の薬をそっくりそのまま飲み間違え、気づかないまま午前中の習い事へ。よくまぁ傾眠転倒しなかったなと驚きますがさすがに午後は午睡してしまいました。そして夜間は想像通り、いつものように眠りにつけず、、、久しぶりベッドサイドにレンドルミン [続きを読む]
  • 外来19回目:主治医とお別れ
  • 桜満開の中、今日は一年半お世話になった大好きな主治医の先生とお別れの日でしたどん底の中出会い、どんな時も誠実に関わってくれた先生は、大げさではなく私たちにとって希望の光でした。決して軽はずみな慰めの言葉はなく、先生の言葉1つ1つはいつも真剣で、でも不意に照れかくしの笑顔を見た時には家族全員でファンになりました。これからは新たな場所へ。臨床の場を離れて研究をされるということ。寂しいし、もっとみてほ [続きを読む]
  • お通夜へ
  • 昨日は、ご近所の方のお通夜へ、家族揃って伺いました。両親がここに住み始めてからもう何十年もお向かいにいたおばちゃんが亡くなったのは1週間ほど前のこと。お年はお年だったけど、やっぱりいなくなっちゃうと寂しい。母の動揺も結構大きく、お通夜に行くこともすごくプレッシャーだったようだけど、なんとか済んで良かったです。うつ病の人は死を連想させるものから出来るだけ離れて過ごした方が良いと前に聞いたことがあった [続きを読む]
  • 洋服が決められない
  • 長い冬が終わり春の予感がしてくると、母はすでに夏の身支度が済んでいないことが不安で毎日着るものがないのだと既に慌てています。天気予報を見ながら、明日はどのアウターで行こう、どの洋服で行こうと気が気じゃない様子で季節の移り変わりは、どうやら辛いみたいです。こういう決断の出来なさは、うつ症状の遷延だろうな。去年の夏、なに着てったっけ?から始まって、いざ衣替えをすると、こんなに派手なお洋服今年は着れな [続きを読む]
  • 父へ告白
  • お誕生日祝いに両親が焼肉に連れて行ってくれました。母は私が宿泊中やっぱり体調不安定で外食にもかなり不安が強かったみたいだけれど私のために、と頑張ってくれました。家族の外食、すごく嬉しいたくさん食べて元気が出ました。今日初めて父に、母の過食行動についてこっそりと相談することができました。今まで母がかわいそうだったから、なるべく父にも言わないでいたけれど、もう何ヶ月も経過していて私以外にも見守ってく [続きを読む]
  • 父と二人の休日
  • 今日は1ヶ月ぶりのお泊まりで、私が家を留守にします。母の緊張はもちろんですが、私自身もかなり緊張しています30歳にもなる娘が母のそばにいたいからと一泊二日の離別も緊張しているなんてやっぱりちょっと異常なのかもしれないですね愛想を尽かさず、理解してくれる彼には感謝です。仕事柄出張や宿泊も度々あるのでこれまでも何日も家を開けることがあったのですがその度に父と二人きりの空間にお互いに疲れて父はイライラ、母 [続きを読む]