M(エム) さん プロフィール

  •  
M(エム)さん: 統合失調症〜正社員になり丸3年経過して〜
ハンドル名M(エム) さん
ブログタイトル統合失調症〜正社員になり丸3年経過して〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/abcdmdcba/
サイト紹介文統合失調症を発病してから、苦しい時期もありましたが、会社に勤めることができ、丸3年経ちました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 282日(平均2.2回/週) - 参加 2018/01/06 12:00

M(エム) さんのブログ記事

  • 初一人barでした。
  • 昨日、初めて一人で、barに入りました。 今までは、知っている方に連れられて入った事はあったのですが、一人で入ったのは初めてでした。 家の近くが飲み屋さんが多くて、スナックや、バーが色々とあるのです。 夜の10時くらいに一回は自宅で寝ようと思ったのですが、どうしても頭が冴えてしまい、どうしようかと思っておりました。 ここは、勇気と行動力だと思いまして、少し服を選びながら、オシャレをしました。 前からbarに行 [続きを読む]
  • 夢を持つ事、お金を得る事
  • 現在、私は生活の中で困っている事は特にありませんし、幸せを感じて生きております。 ただ、素の自分としまして、もっとお金があったらと考えることや、よもや大金を手にしたいと考える事もあります。 それは、おそらく決して悪いことではないだろうと思っております。 人並みに上昇志向もあるのだと思います。 漠然ですが、夢もあります。 私が、大学生くらいの頃は、世の中に対して分からない事だらけでした。 思うに私は、学 [続きを読む]
  • 自分を愛でる
  • 統合失調症という病気は、百人いれば百通りの症状があると言われます。 ただ、同じ脳の病気ではあります。 私が、病気から回復した時に変わった事は色々とありましたが、その中で感情の向き合い方が、劇的に変わったのだと思ってます。 それは、病気になる前と治療してからとの違いで、治療に入り、少しずつ自分を大切にする様になりました。 今では、自分の状態が万全でないと、基本的に相手に何もする事が出来ないと、心の底か [続きを読む]
  • 偏見について
  • 今日は、私のブログを読んでくださっている方から、社会に入る上での病気に対する偏見について書いて欲しいとありましたので、その事について書きたいと思います。 幸い、実は私は社会に出た上では、まだ偏見を受けた経験はありません。 まずは、私の病気を知っている方は、デイケアの中でしたり、作業所の中でした。 そして自分の中で、回復を重ねまして、経験を積んでいきました。 問題はそれ以外の事だと思います。 一般の社 [続きを読む]
  • 薬を飲むことについて
  • これまで、自分の病気の事や、デイケア、作業所など一通り体験した事を中心に、このブログの中で書いてきました。 まだまだ、近況や、新しく書きたい事はあったりもするのですが、私の中では、だいたい一周回ったというか、伝えたと言いますか。 思ったこともありまして、大切な事は、角度を変えて、同じ事でも何度か繰り返し伝えても良いのではないかと考えるようになりました。 深めるのも、良い事だと感じてます。 したがいまし [続きを読む]
  • ブログを書いてみて
  • 私も、ブログを今年の始めからスタートしました。 まだ正直、駆け出しです。 しかし、やってみないと分からない事もあるのだなぁと思う事があります。 まず、他の方のブログを拝読する事が多くなりました。 自分を振り返らせて頂いたり、感情移入する事も多くあります。 本格的なガチガチの文章とは違い、読み易く親しみやすいのではないかと思います。 私も、書かれている皆様の文章を読むのが好きです。 主にというか、私も自分 [続きを読む]
  • 意思の力
  • 私は人一倍、意思の力が強いかもしれません。 昨日のブログで書きました通り、結婚などはまだですが、自分の中で欲しいものは、手にすることが出来たのだと思います。 自分の嫌で仕方なかった性格をここまで変容させました。 仕事にも、恵まれました。 心の健康を維持できました。 これらは元を辿ると、意思の力なのかもしれないと思う事があります。 宇宙に関してなど学問的に詳しくなく、素人なのですが、私は何もない無機質な [続きを読む]
  • 待つということ
  • 私は、結婚もしていませんし、子どももいる訳ではありません。 なので養う、育てる、そういった責任は、今の所ありません。 基本的に自分ひとりの事を考えれば、生活は成り立ちます。 病気の時は、よく責任から逃れていたのを思い出します。 学生ベンチャーの手伝いをしていたのですが、 やらなければいけない事から、逃げていました。 病気がそうさせてました。 その時に経営者の方から、無責任だと揶揄されていた事がありました [続きを読む]
  • 普通でなくても
  • 私は、大学生の時に統合失調症を患ったので、ある意味、普通の人生からは外れてしまいました。 しかし、それは今となってはもう、どうでも良い事です。 ただ、こうやって、リトライする事が出来、働けるようになった上で、普通とは何かを考える事があります。 私は、現在は所謂、普通ではない部分も持っていると思う事があります。 勝手なイメージで申し訳ないですが、学校ではよく読書感想文というのを提出された事があったと思 [続きを読む]
  • 一人では生きていけない
  • 人は一人では生きていけない。 よく言われます。 頭ではそれは分かると思います。 しかしながら生活している中で、本当に全員が全員そう実感しているかは、分かりません。 私も、大学生の頃は一人でいる選択をしておりました。 なので、一人だけでいる気持ちが痛いほど分かります。 一人の方が楽だ。 気を遣わなくて良いからなのです。 ただ、今日は敢えて、正論で書かせて頂きたいと思います。 やはり、人は一人では生きてはいけ [続きを読む]
  • 水汲み
  • 地震に関してのエピソードを一つだけ書きたいと思います。 北海道で震災のあった、その日の朝。 つまりは地震の数時間後。 我が家でも、電気の他、水道が止まっていました。 非常事態でした。 ラジオを必死に掛けていました。 早朝に真っ先に家族で話に上ったのは、水の話でした。 ラジオでは、停電が長引くという情報があり、水がまず必要だという話になったのです。 程なくして、妹から母に連絡がありました。 妹は近くに住ん [続きを読む]
  • 少しずつですが、日常に戻りつつあります
  • 昨日の夜19時頃、我が家でも水道、電気が通りました。 余震の不安もありますが、一夜明けて、ようやく日常に戻りつつある事を感じました。 本当に亡くなられた方など、ご冥福を祈るのみです。 統合失調症の当事者の観点から、今回の事を書かせて頂きますと、水道、電気のない非日常、余震の不安など、なかなか眠れない日々が続きました。 同じ病気の方、全てではないと感じますが、これは脳の病気なので、私は睡眠不足、緊張など [続きを読む]
  • 地震その後
  • テレビなどでニュースを確認する事が出来ず、主な情報源はラジオです。 私のマンションは、まだ停電しており、水道も使えず、ガスのみ使える状態です。 今日朝に配達された新聞の、大き過ぎる見出しのインパクトに驚きます。 負傷者、安否不明の方、亡くなられた方、胸が痛みます。 ようやく、電気も周りで通っているという話も聞いており、 地下鉄などのライフラインも、回復されつつあるという状態です。 車も若干運転しました [続きを読む]
  • 北海道で
  • 住んでいる北海道で、大きな地震がありました。私の住んでいる所は未だ停電になっています。しかし、大きな揺れでしたが、物もほぼ散乱する事なく家族共々無事でした。これから、電気もない暗い夜が訪れますが、家族は大丈夫です。報告まで。 [続きを読む]
  • 両親の考えが変わった
  • 私が病気になった事で自分自身の人生が大きく変わったのと同時に、両親の人生をも変えてしまいました。 家族自体の考え方も変わったのだと思います。 今日は、その事について書きたいと思います。 以前書きましたが、教育熱心の両親の元に生まれ、学力が将来の就職に有利だとして、そう育てられました。 結局は、私は国立大学に現役合格をしたものの、病気になり大学を中退する事になりました。 その時は、勿体ないなどと、ショッ [続きを読む]
  • リハビリと休息で、必ず体力は戻る
  • 昨日は、お仕事が早く終わったのを良いことに、会社の後輩たちとお洒落な喫茶店でコーヒータイムを。 自宅に帰った後、別の友達と遊びに出掛けました。 帰ってきたのが今日の午前様でした。 私が車を運転していたので、私はお酒こそ飲みませんでしたが、朝起きて若干気だるい感じです。 それでも、病気が重い頃と比べれば、体力も全然違います。 作業所の頃を思い出します。 仕事の日も休みの日も、ぼぉーっとしていた時間がない [続きを読む]
  • それぞれ価値観があるけど
  • 去年の冬の話です。 仕事で外出している時です。 私は、車を止めて歩道を歩いていました。 そこには片側2車線ずつ車が走っている、比較的大きい道路がありました。 それを渡る、横断歩道があります。 そしてなんと、その真ん中の脇で雪に埋もれていた、お婆さんがいたのでした。 横断歩道が赤信号になり、道路を走る車が走り出し、真ん中にいるお婆さんのすぐ近くを車が通り過ぎていたのでした。 私は、思わず危ないと思い、仕事 [続きを読む]
  • なってしまったものは、しょうがない。
  • ある日の自宅での父、母、私の三人の食卓を囲んでの会話でした。 両親は、まだ大きく悪いところがなく、元気です。 有り難い事です。 その中でボソッと母親がこんな事を言いました。 「ある時急に大きな病気になって、みんなに迷惑をかけてしまったと考えたら心配で。不安になるなぁ。ならないとは絶対限らないでしょ。」 その時に私がこう言いました。 「なったらなったで、しょうがないんだから。今からそんなの考えてはダメ [続きを読む]
  • 学校時代
  • 私は、大学時代に病気を発病しました。 しかしながら、そういった兆候は中学、高校でもありました。 中学高校でも、前兆はあったのに、普通に卒業できたのは、何故でしょうか。 後から考えて、思うに私は、きっと勉強だけ出来ていたからだと思います。 両親が、学業が出来ていれば将来の選択肢が広がるという事で、相当に教育熱心でした。 確かに、今考えても高学歴からの職業の選択は、今でも狭くはないかと思います。 そう考え [続きを読む]
  • 職員さんとの人間関係
  • 作業所において、最も重要だと感じました、未来へも繋がる要素は、なんといっても人間関係だと思います。 それは、社会で交わる上でやはり、避けられないものなのではないかと思います。 今回は、その一例としまして、お世話になりました職員さん方との人間関係について述べたいと思います。 我々、作業所の利用者は、職員さんにお世話になる事が往々にしてあります。 私も作業をしていて、色々と気を遣っていただいたり、助けて [続きを読む]
  • 大病を越えて
  • 気持ちが抑えられず、本日2度目の投稿です。 現在、私を包む感情があります。 凄まじい幸福感が自分を覆ってます。 転機を迎え、リハビリを重ね、ここまで回復を積みました。 欲しいものはありません。 ただ、自分が存在していれば良いだけという感覚。 発病前、毎日希死念慮しかなかった自分がいました。 何をしても、薄いガラスの様な心で、繊細で傷付きやすい。 苦しみでしかなかった毎日。 現在は、まるで180度変わったかの [続きを読む]
  • 多様性を認める
  • 今日は、多様性についての自分の考え方を書こうと思います。 統合失調症は百人いれば百通りの症状があると言われており、個性のオンパレードだと認識します。 しかしながら、普通の方だって、百人いれば百通りの考え方、価値観があります。 そういった全ての要素が集まり、大自然というのが生まれてくるのだと思うです。 どういった事でしょうか。 私が思うに、全く同じ人間なんて世界中どこを探してもいません。 人間だけではな [続きを読む]
  • 作業所で頂いた手紙
  • 今日は、作業所で有った、ちょっとした出来事について書きたいと思います。 私はデイケアにいても、実は何通か女性から手紙を頂いたことがあります。 デイケアにいる時間が長かったため、そういう事もありました。 中を見ますと、なんと好意的な表現とメールアドレスが書かれたものがあります。 有り難いことでした。 しかしながら、ある方は、私の全く知らなく、話したことのない方でした。 さらに、病状も重そうに見えられて、申 [続きを読む]
  • 働く上で必要な要素
  • 今日は、作業所から一般の仕事にも繋がる、働く上で必要な要素を書きたいと思います。 私が経験したのはA型の作業所で数時間、工場で働きました。 確かに、仕事内容は一般と比べますと、正直ぬるいです。 しかし、作業所で見かけました光景についてですが、仕事をされる時に必ず全て100パーセントでされる方が中におりました。 確かに生産性は、上がってます。 恐らく、本人にとっては、白と黒というか、はっきりされているのでは [続きを読む]
  • 自分に余裕が必要
  • 人によって価値観は違います。 特に何に重きを置いているのかは、その方それぞれです。 それは、良い悪いもありませんし、多様性は認めないとならないと感じます。 その中で、私が重きを置いているのが、心の豊かさです。 綺麗事かもしれませんが、それが、幸せにも直結すると感じてます。 それが、良い循環で回ると、お金では買えない満たされ方があるのだと実感します。 私は、「損をして得を取れ」という諺が好きです。 人のた [続きを読む]