恵 さん プロフィール

  •  
恵さん: 離婚へのカウントダウン
ハンドル名恵 さん
ブログタイトル離婚へのカウントダウン
ブログURLhttps://ameblo.jp/wrongmarriage/
サイト紹介文結婚25年目にまさかの夫の裏切り。そして2度目の不倫。地獄の日々です。早く離婚したい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 154日(平均0.4回/週) - 参加 2018/01/07 14:01

恵 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 不倫した奴に帰る家はない
  • 不倫ドラマ「あなたには帰る家がある」を見ている。見ると腹が立つから見ない方がいいのに、やっぱり見てしまう。あと2回、どんな展開になるのかはわからないが、真弓と秀明が再構築してハッピーエンドなんていう臭い終わり方にだけはしないでほしい。 ところで、原作では綾子は姉の婚約者に手を出して妊娠し、誰でもいいから結婚しようと見合いをして、妊娠しているのを承知の上で茄子田は綾子を受け入れたのだ。綾子の行動を思 [続きを読む]
  • 眠れない・・今2時半
  • 二宮くんの唐揚げは「おいしそう♪」って見られるけど、ニチレイの唐揚げのCMが始まるとゾゾッとしてしまいます。なぜならサレ夫が鈴木亮平によく似てるから。顔もガタイも。でもってその鈴木亮平似のサレ夫が、この間の記事を書いた日の夕方また来たんです。(@_@;)もしかしてここ見てるの?だったらもう来ないで。ほんっと迷惑だから。あなたみたいなガタイのいい人が、しかもうちといわく付きの人が、ドアの前で立ち尽くして [続きを読む]
  • 怖っ。。。
  • 前回の記事を書いたあと、すぐにYou Tubeの動画から夫とプリンの名前を削除した。サレ夫も被害者なんだし、意向を汲んだのだ。ほんとは動画そのものを非公開にしようと思ったのだが、たまたま何気なく見ると You Tube のサポートチームというところからメールが来ていて、「特定の個人のプライバシーを侵害しているとの申し立てがありましたのでお知らせします」との内容だった。サレ夫が夫に電話するのと同時に申し立てをしたら [続きを読む]
  • サレ夫から連絡があった
  • きのうプリンの夫、サレ夫から私の夫に連絡があった。実は私が夫の不倫を発見したのは、もれなく携帯からなのだが、すぐさまドライブレコーダーで証拠を確保した。その一部をYou Tubeに載せていたのだ。 当初そんなつもりは全くなく、不倫の証拠として取っておいただけだった。不倫に使った車も買い替えることになり、職場も変わることになった。やり直そうと努力していた。だが、(複雑なので話を端折るが)2か月も前からの約束 [続きを読む]
  • 心身への影響
  • ネプリーグを見ていたら、失恋してダイエットを始めたことがあるのは何パーセントかっていう問題が出た。私も若い頃は失恋したことがある。とても辛かった。だけど立ち直りも早かった気がする。何しろ赤の他人だし、もっといい人と出会えるかもしれないし。だから若い頃は失恋してもそれをバネに何かを始めたり自分を向上させることができるのだろう。 一方、長年連れ添った夫に裏切られた人のブログを読むと大抵みんな体重が減っ [続きを読む]
  • パーキンソン病
  • 私の夫は若年性パーキンソン病だ。まだ若い30代に発症したから、本人のショックはかなり大きかったと思う。しかし、それ以上にショックだったのは神経内科医からパーキンソン病ではないと診断されたことだった。夫は身内にパーキン病罹患者がいたし、医師という立場上、多くのパーキンソン病患者と接する機会があった。しかも自覚症状がしっかりあるにもかかわらずパーキンソン病ではないと診断されたのだ。もちろん、パーキン [続きを読む]
  • 東京ラブストーリー
  • 正月休みにCSで「東京ラブストーリー」の集中放送を見た。初回放送からもう27年も経ってるなんて、なんと時の経つのは速いんだろう。何度か再放送もちょこちょこ見たことがあるけど、全編通して見るのは本当に久しぶり。コマーシャルがない分展開が早い。とはいえ一日で全話通して見るのはやはり疲れた。 最初に見たときはまだ若かったから、もちろんリカの味方だった。しおらしいふりして、あざとい真似するさとみのことは全 [続きを読む]
  • はじめまして
  • 結婚25年の銀婚式の年に、夫に裏切られました。それまで仲のいい夫婦だと思っていたので正に青天の霹靂。世間では一度裏切った夫は必ず2度目があるというけれど、自分の夫に限ってそれはないと思っていました。でもやっぱりそれは私の淡い幻想で、2度目がありました。もう疲れた。。。離婚したい。家の名義は私に変更。離婚届けも記入済み。でも年老いた親に心配かけたくない一心でまだ耐えています。せめて夫が出て行ってく [続きを読む]
  • 過去の記事 …