behind02 さん プロフィール

  •  
behind02さん: 読書感想記録
ハンドル名behind02 さん
ブログタイトル読書感想記録
ブログURLhttp://dokusyokans.blog.fc2.com/
サイト紹介文キャラ文芸 ライトノベルの感想を中心に書いていくブログです。核心に迫るネタバレは避ける予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 15日(平均4.7回/週) - 参加 2018/01/07 16:15

behind02 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • そして君に最後の願いを。 感想
  • 著作/菊川あすか イラスト/飴村 雨は強いし風もかなり強めの日だったのでこんな日は図書館空いてるだろうと高を括ったのだが実際に行ってみるとちっとも空いてなかった。むしろ混んでた。なんでだよ。スカスカの図書館でぱぱっと読んで帰宅する予定だったのに。そんな湿気も人口密度も高い場所で読んだ。買った理由はキャラ文芸っぽい表紙という殆ど衝動買いに近い奴だった記憶。 小説家になりたいあかり、モデルを目指す遥、地 [続きを読む]
  • 僕らの空は群青色 感想
  • 著作/砂川雨路 イラスト/Tamaki この小説はアマゾンの「この商品を買った方はこちらも〜」的なやつで見つけたか書店の店頭で見つけたのどちらだったと思う。どっちにしろ表紙の雰囲気に惹かれた。最初のパっと見で高校生くらいの夏服の写真だと思ってたのによく見たら私服っぽいし。しかも写真じゃなくてイラストだし…スターツ出版文庫大賞で優秀賞らしい。最近気付いたが本のそでの部分にスターツ出版関連のサイト紹介が載って [続きを読む]
  • ……なんでそんな、ばかなこと聞くの?  感想
  • 著作/鈴木 大輔 イラスト/白身魚完全にタイトルと表紙買い。裏表紙の作品紹介は一文字も読んでないしむしろ表紙しか見てない。ここまでの表紙買いは久しぶり。だってイラスト白身魚氏だから仕方ないよね…「わたしがちゃんと生き返らせる。死なせないよ『今度は』」と。高校生、藤沢大和(ふじさわ・やまと)はある日――死んだ。なぜ死んでしまったかも忘れそこに存在している高校生、大和。おやおや?帰宅してから裏の紹介文読 [続きを読む]
  • 蒼空時雨 感想
  • 著作/綾崎隼 イラスト/ワカマツカオリ 買った理由を全く覚えてない作品。どっかでオススメされてたか表紙のデザインかレーベルかのどれかだろう。タイトルかもしれない。なんかかっこいいし 舞原零央の住んでるアパートの前に女性が倒れてるとこから始まる恋愛小説。中学の同級生、高校の先輩後輩、姉妹とその夫など一見関係無さそうな合計7人が緻密に絡む物語。 親からブガッティ・ヴェイロンを与えられてる金持ちの息子も出 [続きを読む]
  • ぼくの映画 感想
  •  著作/金子跳祥 安定の表紙買いした作品 裏表紙の作品紹介も一応読んだ気がする。 正式なタイトルが「ぼくの映画。 ~学園一の美少女をヒロインにキャスティングしてゾンビ映画を撮ろう~」なのだがこれが大体のあらすじ 主人公はぼっちではないがスクールカーストの下の方で少しネガティブな映画部員。他の部員も癖が強いの人物の集まりだが捻くれてたり卑屈ではない。馬鹿にされたり誤解から意地悪を受けたせいで「あいつら映 [続きを読む]
  • 消えない夏に僕らはいる 感想
  • 著作/水生大海普段から掃除なんて殆どやらないしやる前はちょっと片すか位のいざ始めるとアレもコレも綺麗にしないと気が済まなくなるのは何故だろうカビとか人体にも壁にも影響無かったら多分スルーしてただろうな自分は。現実は本にカビが付いてるだけで発狂してる訳だが。そんなカビ取り薬の匂い溢れる部屋で読んだのが「消えない夏に僕らはいる」表紙と裏表紙のあらすじとキャッチコピー買いした小説。「会いたくなかった。あ [続きを読む]
  • 近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係  感想
  • 著作/久遠 侑 イラスト/ 和遥キナ先日クリスマスがあったがクリスマスという物はどうも彼氏彼女がいる者専用のイベントなのだと思い込んでた。 しかし、所謂非リア同士で「リア充爆発しろ(死語)」と騒いで盛り上がってる彼らや「彼氏優先とか萎えるよね」とか互いに牽制しながら騒いでる彼女らを見て、クリスマスというイベントを彼らなりに楽しんでるのではないかとしょうもないことを考えてた。普段からパートナーがいるもの [続きを読む]
  • 弱キャラ友崎くん Lv.1 感想
  • 著/屋久ユウキ  イラスト/フライ 確かこれは表紙買いした記憶がある。超表紙買い。まぁ釣られるよね。後になって裏表紙見たら小学館ライトノベル賞優秀賞とか書いてあるけど全然知らなかった…正直なとこプロローグだけは某ガイルに似ていると思った。あれ以外にも探せば似たようなのはあるのかもしれないし割りとよくある手法なのかもしれないけど知識が狭量な為わからない。 開始、数十ページで様式美の主人公とヒロインの [続きを読む]
  • 過去の記事 …