SANZU さん プロフィール

  •  
SANZUさん: 時分の花は散りぬれど
ハンドル名SANZU さん
ブログタイトル時分の花は散りぬれど
ブログURLhttp://sanzudaily.hatenablog.com/
サイト紹介文アゲたいのは女子力じゃなくて人間力。うつ、同性愛、波乱万丈な20代を生きた私の、三十路からの女磨き
自由文こんな30歳になる予定じゃなかった。アゲたいのは女子力じゃなくて人間力。ダブルマイノリティを抱えて波乱万丈の20代を生きた私の、三十路からの女磨き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 118日(平均0.2回/週) - 参加 2018/01/07 19:31

SANZU さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • こいつぁ春から、縁起がいいわえ
  • 先日、歌舞伎を観に行ってきました。大和撫子になるべく、文化的教養を‥!!という訳でもなく。割とシンプルに、男前の役者さんを拝みたいよ〜という感じ。(正直)演劇好きの家族の影響で、歌舞伎を観に行くようになったのは今から約5年前。難しそう、堅苦しい、年寄りの観るものなど、あまり若者に人気がないイメージはあるけど。最近の若手の歌舞伎俳優は、いわゆるイケメンも多いし、有名アニメの歌舞伎化、人気脚本家が書き [続きを読む]
  • 怒る女と、フェミと、ブラ。
  • 信仰なし、主義思想なし。約30年、女として生きてきた私が、今更フェミニズムってなんぞや、と考える話。小説や海外ドラマで「フェミニストのレズビアン」がキャラクターとして登場する物語に続けて遭遇したのは、去年の秋だった。どうやらレズビアンとフェミニストは、切っても切れない密接な関係にあるらしい。同じ頃、私がバイセクシャルである事を公言しているSNSアカウントで、「パリピじゃない人と繋がりたいよぅ」という [続きを読む]
  • 時分の花は散りぬれど。三十路に希望を見出せる女でありたい。
  • 「三十路(みそじ)」という言葉に、ポジティブなニュアンスを感じる女は恐らくいないのではないだろうか。おかしい。約十年前、私たちは「二十歳(はたち)」という言葉に、表し難いほど、晴れ晴れとした誇らしさと、何より大きな「自由」を感じていたはずなのに。今、何かのリミットが迫ってきているような息苦しさを感じているのは、何故なのか。堂々と三十歳を迎えるための、経験と土台作りをしてこなかった自分のせい?転職 [続きを読む]
  • 過去の記事 …