菊水山日記 さん プロフィール

  •  
菊水山日記さん: 菊水山日記
ハンドル名菊水山日記 さん
ブログタイトル菊水山日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/1940je3sgh
サイト紹介文神戸市北区/菊水山の出会いと山頂からのながめを写真で記録。あちこち散策の記録。年寄りの引きこもりから
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 314日(平均1.7回/週) - 参加 2018/01/08 11:08

菊水山日記 さんのブログ記事

  • アカタテハ 気温12℃でも元気
  • 菊水山山頂に到着した時、アカタテハが2匹飛び交っていました。越冬する種類のチョウとはいえ、こんなうすら寒い日はじっとして体力を温存するする方が良いのでは?思いましたが、いろいろ忙しいのでしょう、元気なものです。遠目にも羽がきれいに見えました。いつ頃まで羽化すのでしょうか。16時前の撮影です。 [続きを読む]
  • 晩秋の恋、成就せず…ツマグロヒョウモンの話
  • 青空が広がり風もなく、暖かな朝でした。半ば枯れ始めたコスモスにツマグロヒョウモン♀の来訪です。そこへいきなり♂が現れ、♀はわたしの足元に。♂が迫ります。しかしここで一陣の風、あっさり2匹は生き別れとなりました。もう秋も終わり、チャンスはそう多くは無いと思われますが。憎い風でした。午後は菊水山へ。頂上のベンチに座るや否やアカタテハがわたしの足にとまりました。カメラをそっと出し、「もうちょっとそのまま [続きを読む]
  • 秋の蝶 2
  • きのうに続ききょうも来てくれました。サザンカにアカタテハですが、このワンショットしか撮れませんでした。きょうのツマグロヒョウモンは♂でしたきのうの午後、菊水山山頂付近でヘビを見ました。穴惑いでしょう。種類はジムグリだと思いますが、写真は載せないことにします。気温は16℃、もう出ないと思っていましたが今月4匹目です。 [続きを読む]
  • 秋の蝶
  • 今朝、通り雨がパラッと来ましたがその後すぐに太陽が顔を出し、秋晴れになりました。食事をしている時モンシロチョウが、歯を磨いているときツマグロヒョウモン♀とヤマトシジミがつぎつぎに現れまさに千客万来でした。ヤマトシジミだと思いますが、羽の模様が完全に消えています。ずいぶん飛び回ったのでしょう。ご覧いただきありがとうございました。 [続きを読む]
  • 晩秋のアサギマダラ
  • 下山のときにはうすら寒さを感じる菊水山の昨今ですが、きょうはなんとアサギマダラがグループで現れました。複数の蝶をひとつの画面に写し込むチャンスはかなり少ないのですが、きょうはやりました。午後は曇り、かなり暗かったのですがデジカメの力はたいしたもんですね。11月いっぱいはアカタテハに遊んでもらいます。 [続きを読む]
  • セイタカアワダチソウの季節
  • きょうは菊水山登山口を横に見て石井ダム方面へ歩いてみました。道路際や広場にはセイタカアワダチソウがけっこう茂っていました。でもこの季節、蝶は少ないですね。久しぶりのモンシロチョウです。ホシミスジです。昨日、菊水山山頂ではアカタテハが数匹飛び交っていました。シャッターチャンスを狙っているといきなり1匹が私の頭にとまりました。私のカメラは自撮りができません。ということで横の岩に映った私の頭の影を撮って [続きを読む]
  • 今日の出会いはアカタテハ
  • 秋も日一日と深まり、菊水山山頂のチョウもめっきり少なくなってきました。アカタテハは地面に止まっていることが多いのですが、地面に蝶は似合いませんね。きょうは山頂近くまで救急車が上がってきていました。低い山ですがコースによってはきつい登りもあって、気を付けたいものです。 [続きを読む]
  • アサギマダラがわが家にやって来た
  • 本日の午後、戸締りをしようと窓際に近寄ったとき、ふと外を見ると、な、なんと、アサギマダラが!! 早速カメラを持って外へ。昨年、菊水山でよく出会う方にいただいて植えたフジバカマ(?)です。まだ本数が少なく、花も咲き始めたばかりなので、まさかアサギマダラが来るとは全く期待していなかったのですが…。7,8年前にやって来たナガサキアゲハ以来の珍客です。株がどんどん増えるように、大切に育てたいものです。 [続きを読む]
  • 今どきの蝶との出会い/菊水山
  • 長らくのご無沙汰ですが、台風の合間を縫って(?)なんとか菊水山には出かけています。でも蝶との出会いは少なくなってきました。前回のこのブログの記事にアサギマダラの写真を載せました。菊水山でのアサギマダラと言えば、ほとんどがNTT管理車道の道路際での出会いになるわけですが、前回のあの写真を撮った場所は数日後、バッサリと草を刈られ、アサギマダラの好きな白い花は道路全体でも大部分が刈り取られてしまいました。 [続きを読む]
  • ついて行けなかった?アサギマダラ
  • 今朝の神戸新聞に数匹のアサギマダラが写っている写真が載りました。六甲の高山植物園で撮ったものです。もしや…と思って菊水山に登ったのですが空振りでした。1匹だけ、花の蜜をすっていましたが先遣隊が1匹だけというのも変ですし、ひょっとして、落ちこぼれたのかなと思いながら撮ったのが次の写真です。つぎは、数日前にに自宅で撮ったアゲハ蝶てす。4枚目はこれも数日前、菊水山山頂で撮ったキアゲハです。 [続きを読む]
  • 台風21号が去って
  • 昨9月4日の午前中、台風21号の進路予想を見ながら、ひょっとして神戸直撃では?と思いました。昼頃、徳島県に上陸の頃から凄まじい暴風雨にわが家が揺れ始めましたが、午後2時前になって風雨がぴたりと止んでしまいました。あれっ、神戸が台風の目に入ったのでは?と思い、お天気レーダ神戸市降雨情報の画面を呼び出しました。次の画面がそうです。レーダの円形の画面をPCの画面に合わせて横長にカットしていますが、中心は [続きを読む]
  • 台風の朝、ツマグロの訪問
  • 正午過ぎには台風21号が来襲!という今朝、ツマグロヒョウモンの訪問です。やや強い風にあおられながら、必死に花にしがみついていました。今朝8時頃です。昨日は台風前の夕日を見ようと菊水山に登りましたが、ごくありふれたものでした。遠くの工場地帯らしきところは、姫路か、それとも赤穂〜相生でしょうか。上空が曇ってきました。 [続きを読む]
  • アサギマダラ飛来 菊水山
  • 菊水山散策再開3日目。NTT管理車道を歩いているとき、前方に蝶らしきものが飛んでいきました、チラッと。近くまで行ってそっと見るとアサギマダラが1匹、小枝にとまっていました。アカタテハとヤマトシジミです。モンキアゲハ。久ぶりです。山頂ではオオムラサキが複数飛び交っていましたが、撮影のチャンスはありませんでした。 [続きを読む]
  • ゴジラ、明石に上陸
  • いま、明石市立博物館でゴジラ映画に関わる資料の展示会が開かれており、孫にひかれて行ってきました。20世紀後半、特撮によるゴジラの映画がたくさん上映されましたが、わたしはこの手の映画が苦手で1度も映画館へ足を運ぶことはありませんでした。しかし、今回の展示会を見て、これらの映画に対する認識を新たにしました。会場には、撮影に使われた縫いぐるみや被り物、模型などが展示されているわけですが、映画屋さんのお遊 [続きを読む]
  • アゲハの来訪
  • 今朝、自宅前でラジオ体操を始めたところ、視界の中に蝶の姿がチラッ。即体操を中止、カメラを取り出して木立にとまっているアゲハに接近。1枚撮った後、もっと接近しようとクモの巣を払っているとき、どこかへ飛んで行ってしまいました。まわりの草むらにはヤマトシジミも飛んでいます。 [続きを読む]
  • ツマグロヒョウモン♀の来訪
  • 「命の危険に関わる高温」「昼間の運動は避けてください」「躊躇することなく冷房を」…などとくりかえし放送される中、じっと猛暑に耐えて我慢の毎日です。そんな中、朝食を始めたときふと窓の外に視線をやると、なにか動いています。それっと久しぶりにカメラを取り出し表へ。ツマグロヒョウモン♀です。「いらっしゃあい」と心の中で声をかけ、撮影にかかりました。ういやつ愛いやつ。菊水山散策をいつ始めるか、チャンスを伺っ [続きを読む]
  • わが家でセミ誕生
  • わが家は海抜300m余りの所にありますが、最高気温35℃前後がつづく毎日です。オオムラサキに出会うために命を懸けるわけにもいかず、菊水山は休んでいます。昨夕、家の前の空き地でセミの幼虫が木に登っているのを見つけ、連れて帰りました。セミの羽化を見るのは初めての体験です。以下、羽化の模様を撮ってみました。19:31 幼虫の背中に割れ目が19:42 成虫が出て来ました19:4819:51 翅が可愛いですね。 [続きを読む]
  • 酷暑の出会い 菊水山
  • 暑さが応えます。きょうは日曜日でした。山頂は蝶より人の方が多かったりして。午前中に登ってみたのですが、ここ数日は朝から30℃を超えるんですからたまりません。今回の写真は今月前半に撮影したものです。まずはツマグロヒョウモン、♀は久しぶりの出会いです。♂ばかりが飛び交って、今年はまだカップリングに出会っていません。オオムラサキ。なかなかきれいな写真が撮れません。オオシオカラトンボ♀、本日の出会いです。 [続きを読む]
  • わが家にオオムラサキ?
  • 本日の午後、わが家の戸外の温度計は34℃を越えました。これを見て本日の菊水山散策は中止に。命あっての…です。夕方、郵便物を取りに行こうと玄関のドアを開けたところ、なんと!!足元にオオムラサキの翅の破片が。鳥に襲われて、わが家の前でちぎれて落ちた、のでしょうか。暑さのピークが過ぎるまでじっとがまんするか、思い切って出かけるか、心が揺れるところではあります。 [続きを読む]