悠木貴仁 さん プロフィール

  •  
悠木貴仁さん: 希望の塔を探して
ハンドル名悠木貴仁 さん
ブログタイトル希望の塔を探して
ブログURLhttps://yukitakahito.com
サイト紹介文発達障害を持ちながら仕事をする大学院生兼教員のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 101日(平均2.2回/週) - 参加 2018/01/08 18:08

悠木貴仁 さんのブログ記事

  • 書類の保存期限は5年!障害年金は早めに申請しよう
  • 7年以上うつ病などの精神疾患に悩まされてきて、フルタイムでの仕事が困難になっている僕は障害年金の申請を検討している。自宅近くの年金事務所に行って申請用の書類を貰ったはいいものの、手続きを進めるにあたって書類の保存期限という壁にぶち当たった。多くの医療機関では書類は5年経つと廃棄される。それ以上経っている僕は、松山純子さんの『これならわかる〈スッキリ図解〉障害年金』という本を見ながら申請に向けて準備を [続きを読む]
  • 加計学園問題は「首相案件」との文書:「嘘つき」は誰だ?
  • 朝日新聞などの報道で明らかになった愛媛県の職員が書いた備忘録。加計学園の岡山理科大学獣医学部の新設をめぐる問題で、柳瀬唯夫首相秘書官(当時;現・経済産業審議官)が「首相案件」と発言したという。愛媛県の中村時広知事はこの文書について認めており、これまでの政府関係者が「総理が言えないから私が言う」「官邸の最高レベルが言っている」などと発言したとされる報道を裏付ける証拠が挙がってきたことになる。「総理が [続きを読む]
  • 原子力規制庁の職員も文書を捏造:紛失文書を取り繕った模様
  • NHKの報道によると、原子力規制庁は、紛失した決済のための文書のために架空の文書を作って手続きが完了したという虚偽の報告をしたとして、20代の男性職員を減給3ヶ月の懲戒処分にしたと発表した。原子力規制庁によりますと、去年5月、20代の男性職員が、福島第一原発周辺の土壌調査などを行う福岡市にある「九州環境管理協会」からの申請を受けて作成された文書を紛失したのに、上司には、決裁が完了し「許可を出した」とうそ [続きを読む]
  • 自立支援医療費(精神通院)の申請が無事に通った
  • 先日の記事で「自立支援医療費(精神通院)」を申請したことを書いたけれども、1ヶ月半経ってやっとその申請が通り受給者証が届いた。僕は諸々の事情で父親の国民健康保険の扶養に入っているので、所得が両親のものと合算されて所得区分は「中間所得層1」だった。申請の流れについては以下の記事を参考にしてほしい。うつ病などで通院中の人は自立支援(1割負担)を申請した方がいい初めて心療内科にかかってからもう8年になる。4 [続きを読む]
  • 桃太郎の物語に違和感を覚えない人がいることのほうが驚き
  • 日本は近代の法治国家だ。罪を犯した人がいれば、立法府で定められた法令に基づいて第三者による裁判所が刑罰を決定する。服役なりを経て社会に復帰するというのが当然の流れとなっている。昔話の「桃太郎」の話はどうだろう。村から収奪を行っていた「鬼」は桃太郎によって退治されたが、それは僕らの現代の価値観に照らし合わせてよいことだろうか。少し書いてみたい。鬼とわかり合えることは可能かタレントの小倉優子さんが2018 [続きを読む]
  • 森友学園問題で公文書改竄問題が発覚:日本にも真理省が存在するのか
  • 学校法人森友学園(大阪市)への国有地売却価格が不当に下げられたのではないかという疑惑。朝日新聞の報道によると、契約当時の決裁文書と国会議員に開示された文書で異なっており、「契約までの経緯」という項目がすべてなくなっているという。1この疑惑を受けて、問題発覚時の財務省理財局長で国税庁長官の佐川宣寿(さがわ・のぶひさ)氏が辞職2するなど波紋が広がっている。関連は不明だが、財務省近畿財務局で森友学園との国 [続きを読む]
  • 人材不足とはなんだろう:官製賃金安をやめることから始めよう
  • 経済の仕組みとして、需要が増えれば価格が上がるというものがある。講師をしている者としては、人材不足なのだったら賃金を上げればいいのでは?と思ってしまうのだけれども、どうもそういかない事情があるらしい。あらゆるところで不足する人材保育士のなり手がいないから保育所を増やせないだとか、学校の教員不足で臨時免許を発行して担任にしたり他教科を教えさせたりしているというニュースが目立つ。応募者が十分にいないと [続きを読む]
  • まとめサイトの氾濫から考える:自分の頭で考えることの難しさ
  • いわゆる情報弱者をターゲットにした「まとめサイト」が問題になっている。読者を広告に誘導することで収益を上げるという仕組みを「最大限に活用」した結果、検索されやすいトピックでキャッチーなタイトルをつけるというスタイルが確立していったということだろう。Webサイトや他メディアの情報をコピペしているだけのサイトは論外だとしても、そういうスタイルのサイトが読者に受け入れられてきたのは何故なのか、という点から [続きを読む]
  • 精神疾患などの持病があっても入れる医療共済はこれだ!
  • 精神疾患を持っていて通院中の僕は、これまでかんぽ生命の普通医療保険や都民共済に申し込んで断られた経験がある。それでも万が一のときの事故や入院のときに保障してくれる保険に入りたいと思って、いくつかのゆるめの保険商品を検討することにした。満期保険金を受け取れる保険商品かんぽ生命「新一病壮健プラン」特徴慢性疾患の治療を受けていても、一定の症状の範囲内で、日常生活を支障なく送っている方を対象とした保険満期 [続きを読む]
  • 就活地獄から早く抜け出したい
  • 現在の本務校との契約が今年度末に切れることになったため、非常勤の仕事を探さざるを得なくなった。どうも最近はアクティブラーニングだとか反転授業だとかが流行っているようで、僕のように旧態依然とした訳読(+飽きさせないためのアクティビティ)というのはあまりウケがよくないようだ。まっさらな状態からやる外国語に反転もなにもないと思うのだけど。履歴書(自筆に限る)中学や高校の求人に多い「履歴書(自筆)」の文字 [続きを読む]
  • 【節分】「恵方巻きを食べるときの方角」の二重の誤り
  • 2018年2月3日は節分。明日の6時28分に立春を迎えて東洋占星術の暦では新年に突入する。最近では節分に恵方を向いて太巻きを無言を食べるという奇習が一般家庭に広まり、スーパーやコンビニでも「今年の恵方は南南東」というポスターが貼られている。少しでも東洋占星術をかじった人であればこれが誤りであることがわかるのだけど、一般には全く知られていないようなので改めて書くことにする。2018年の恵方は「南南東」ではない201 [続きを読む]
  • 【節分】「恵方巻きを食べるときの方角」の二重の誤り
  • 2018年2月3日は節分。明日の6時28分に立春を迎えて東洋占星術の暦では新年に突入する。最近では節分に恵方を向いて太巻きを無言を食べるという奇習が一般家庭に広まり、スーパーやコンビニでも「今年の恵方は南南東」というポスターが貼られている。少しでも東洋占星術をかじった人であればこれが誤りであることがわかるのだけど、一般には全く知られていないようなので改めて書くことにする。2018年の恵方は「南南東」ではない201 [続きを読む]
  • 一面の銀世界!人影のまばらな新宿を、私は、初めて見た。
  • 2018年1月22日。東京を大雪が襲った。人々は交通網の混乱を恐れては駅へと急ぎ、なかなか来ない電車に苛立ちを覚える。会社や学校が早仕舞いになったはいいものの、電車やバスが混雑していてはなかなか家には辿り着けない。東京、それは雨や雪に弱い街。たった数センチの積雪に耐えられない街。夕暮れの四ツ谷に広がる銀世界大雪に見舞われた夕暮れの四谷見附橋(東京都新宿区;Shot on PENTAX K-70)交通機関が麻痺する前にと仕事 [続きを読む]
  • 一面の銀世界!人影のまばらな新宿を、私は、初めて見た。
  • 2018年1月22日。東京を大雪が襲った。人々は交通網の混乱を恐れては駅へと急ぎ、なかなか来ない電車に苛立ちを覚える。会社や学校が早仕舞いになったはいいものの、電車やバスが混雑していてはなかなか家には辿り着けない。東京、それは雨や雪に弱い街。たった数センチの積雪に耐えられない街。夕暮れの四ツ谷に広がる銀世界大雪に見舞われた夕暮れの四谷見附橋(東京都新宿区;Shot on PENTAX K-70)交通機関が麻痺する前にと仕事 [続きを読む]
  • 【まとめ】2017年に書いたブログ記事一覧
  • 乳児の離乳食に「軽くひとつまみの塩」が「適量」?:曖昧な分量表示の危険性(7月24日公開)食塩について、「1歳児の致死量は小さじ1杯」なのに、「(軽く)ひとつまみ」(レシピ用語で「ひとつまみ」は小さじ1/4)を飲ませて大丈夫なの?という疑問を投げかけた。乳児の離乳食に「軽くひとつまみの塩」が「適量」?:曖昧な分量表示の危険性不幸な事故だった。脱水症状を防ぐためだったのだろう、離乳食に食塩を多く入れたことに [続きを読む]
  • サイト一部移転のお知らせ
  • 明けましておめでとうごいざいます。悠木貴仁(P.N.)/TAKです。この度新ブログ『希望の塔を探して』をオープンしました。『タクログ。』の「雑記」や「時事雑感」で書いてきたことをベースに、政治的・社会的な問題について感じていることを中心に書き連ねていくつもりです。『タクログ。』の方は(これまで通り)レビュー記事を中心に、「より良く生きるための情報」をお届けできればと思っています。AppleやmacOS・iOSのアプリ [続きを読む]