ダシコンブ さん プロフィール

  •  
ダシコンブさん: ネタupするからだれか完結させて下さい(フリー小説)
ハンドル名ダシコンブ さん
ブログタイトルネタupするからだれか完結させて下さい(フリー小説)
ブログURLhttp://fanblogs.jp/dashikonbu/
サイト紹介文(小説フリー素材・使用料無料) BL恋愛SFホラー等、ストーリーネタを放出。
自由文フリーランスをしております。話のネタは浮かぶのですが展開させるのが滅茶苦茶下手なので、アイデア放出します。押しキャラに設定を変えて勝手に話を改定して同人誌で使ったり、フリーペーパーなどのネタに使ってやって下さい。
※映像や出版がからむ商用利用はご相談くださいな。同人誌は無償利用OK!
使ったお知らせをいただけたら、感涙します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 43日(平均10.6回/週) - 参加 2018/01/08 18:59

ダシコンブ さんのブログ記事

  • <閑話休題>徳川家光のために男装した女性を用意する
  • ネタを書くために、歴史上の人物を調べるのが面白い。◆フリー文章ネタ素材47「コンビニ・シローソンのバイト娘は、今夜も城ロボで東京を守る」http://fanblogs.jp/dashikonbu/archive/61/0を書くために、徳川家光をちょっとだけ調べてみた。虎ノ門の「出世の石段」http://www.atago-jinja.com/trivia/のエピソードをネタの中に入れたが、他にも・家光が男色のせいで、大奥が生まれる・嫉妬深いので、お相手(男)の浮気は許さな [続きを読む]
  • <閑話休題>2月22日に猫切手が発売されるらしい
  • 2月22日に、猫切手が発売されるらしい。「身近な動物シリーズ 第5集」の発行http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2017/h300222_t.html「身近で親しみのある動物を題材としたシリーズの第5弾」としての発売だそうだ。ちなみに、以前発行されたものは、第1集 犬第2集 猫第3集 うさぎや鳥などの小動物第4集 犬とのこと。猫好きとしては切手に押す消印も猫にして欲しい。と思ったら、やっているのを見つ [続きを読む]
  • <閑話休題>道路の側溝から顔を出す猫を見て、妄想する
  • 以前、よく晴れて暖かい日の昼に道を歩いていたら、道路の側溝(蓋つき)の合間から猫の顔だけが出ていたことがある。しばらく経った別の日、今度は側溝の隙間から地下の空間へ入ろうとお尻だけ見せている猫を見た。地下に、猫だけが住む空間を作っているのだろうか。見た感じ、健康そうでやつれも見えない猫達だった。大雨の日など、排水が増える時が心配だが道路下で、ネズミと猫の抗争とか妄想してしまった。ネコ・パブリッシン [続きを読む]
  • <閑話休題>日本史の文庫本を衝動買いする
  • 日本史がらみの面白いtwitterやブログを見つけてしまい、どうしても興味が止まらずBOOK OFFへ本を買いに行ってしまった。まずは、興味の沸いたものをチラ見していく。「歴史で活躍した人のその後の一族の顛末」みたいなものや「地理からわかる歴史の動向」らしき2冊、図解と写真入りで面白そうだが、悩みに悩んでとりあえず棚に戻す。「どうみても受験向けだけど読みやすそうな日本史概要」は心動いたが本のサイズが大きすぎて断 [続きを読む]
  • <閑話休題>本の選び方が偏っているのは、自覚している
  • 電車のお供は、いつも文庫本だ。なるべくたくさん本を所蔵したいので(収納スペースが全然ない…)いつも文庫本を買っている。ジャケ買い、話題買い、で買うこともあるが「作家買い」で、ほぼ本を選んでいる気がする。小学生の頃は、読んでも読んでもまだある星新一のショートショートにはまり、中2で太宰治を読みつくし、大人は辛くて汚くて悲しいと思い込んで本棚の奥にしまい込み、そのあと現実逃避のせいか海外のSFばかり読 [続きを読む]
  • <閑話休題>東京で、日本三大怨霊の所縁をコンプリートしたい
  • 日本三大怨霊は、かなり有名だと思う。・菅原道真・平将門・崇徳天皇の、お三方である。最近、都内で所縁のある場所の近くに行く機会があって、平将門は「首塚」「神田大明神(上写真・photoacより)」崇徳天皇は「虎ノ門・金刀比羅宮(下写真・photoacより)」に立ち寄ってみた。どの場所も、地元の方に愛されているのがわかる雰囲気で参拝の方も多い。(しかも拝礼が真剣!)首塚など、歳末の都内が閑散とする時期のビジネス街に [続きを読む]
  • ◆フリー文章ネタ素材42「でぶの国」
  • 短髪長身、細め体型の、ハヤセ。30手前で独身の彼は、遠洋漁業の漁師だ。日焼けした健康的な肌が魅力的である。今回は例年に比べて大漁で、港に戻れば、漁協仲間主催の合コンが待っている。彼は心躍らせながら、帰路についていた。好事魔多し、の言葉どおりテンプレのごとく船は嵐に会い、ハヤセは荒れ狂う海へ振り落とされてしまう。気が付くと、南国らしき島の砂浜に打ち上げられていた。「ここはどこだ?」ゆっくり立ち上がり [続きを読む]
  • ◆フリー文章ネタ素材41「輪廻転生バス」
  • 「はーい、皆さん、長い修練期間、お疲れさまでしたー。本日は輪廻転生バスにご乗車いただき、誠にありがとうございます。わたくし、バスガイドのカルマと申します。皆さんが転生されるまでの短い時間ですがサポートさせていただきますのでよろしくお願いします」「まずは皆さん、修練が済んだのに前世での死亡寸前のお姿に戻られていることに驚かれたかと思います。ええ、大丈夫です。全員、修練期間は終わっておりますからご安心 [続きを読む]
  • <閑話休題>めんどくさい土日は、ラーメン鍋だった
  • 家に、小さい土鍋がある。一人分のインスタントラーメンを作るのに、ちょうどいい。作って、そのまま食べられるし。具材は、包丁を使わなくていいもやし、まいたけ、しめじとかあとはキャベツを手でもいで、洗って入れて冷凍のネギやシーフードミックスを入れたりする。そういえば、実家での土日のお昼に大きな土鍋で人数分のインスタントラーメンを入れて作って食べていたと思う。(元ネタがあって「クッキングパパ」に載ってた気 [続きを読む]
  • ◆フリー文章ネタ素材39「平安時代で、君とタンデム」
  • カワサキゼファー400を愛し、昔は暴走族でやんちゃをしていたが今では真っ当に更生した、大学生のトオル。2年生の梅雨終わり、訳あって、ボロボロのアパートへ引っ越すことになる。他にも住人がいるようだが気配は薄く、住み心地は悪くない。愛する単車のためにアパート住人用の無料駐車場も借り、バイトに、バイクいじりに、夏休みを謳歌していた。バイト帰りのある夜、トオルは駐車場の位置を間違えてしまう。「やば、ここお隣 [続きを読む]
  • <閑話休題>「丈夫なバレンタインチョコ、下さい」
  • 遠距離恋愛をしている知人がいる。知人の彼女は毎回、バレンタイン前に会えるタイミングでチョコをくれるそうだ。でも、かなり悩むらしい。「手作りを渡したいけど、会う前に作って、お泊りデートして、って日が経って腐ったりしないかな…」「チョコを、手持ちの荷物で持って彼に会いに飛行機に乗るから忘れないように気を付けないと!」等、苦労話が聞けるそうだ。去年は、遠方からわざわざ会いに来てくれる彼に有名デパートで、 [続きを読む]
  • <閑話休題>家に帰ってすぐ部屋着に着替えると、太るらしい
  • 家に帰ってすぐ部屋着に着替えると、太る、という記事をどこかで見た気がする。ウエストがゆるい分、くつろげるが締め付けがなくなってしまうからだと思う。中高校生の時、剣道部に入っていた自分の友人の話になってしまうが、男子の胴着は腰で履くが、女子はウエストを帯紐などで、毎朝夕の練習で締め付けるせいか食事制限や特別な努力もせずにくっきりウェストができていたらしい。大学に入り、その後社会人になった彼女は自分の [続きを読む]
  • ◆フリー文章ネタ素材37「良い腐女子のためのお伽話4『人魚姫』」
  • 大会常時入賞組のアスリートから全くの初心者まで通うことができる入会審査有の、高級スイミングスクールがある。高校1年生のアエルは、海運業で財を成す大企業の御曹司。実は、全く泳げない。昔、父に連れられて海へ遊びに行き、誘拐され、溺れたことがトラウマになっているのだ。過去に囚われるのはもう嫌だ、と、意を決してアエルは高級スイミングスクールへ通うことを決める。案の定、レッスン中に突然恐怖に駆られ、溺れかけ [続きを読む]
  • ◆フリー文章ネタ素材36「怨霊専用相談窓口〜除霊の妨害承ります〜」
  • 「お電話ありがとうございます。怨霊専用相談窓口 通称じゃふ(邪魔な札をはがしますの略)です。本日のご相談は『呪いたいのに何か邪魔が入った』ですか?『初めて怨霊になったので呪い方を教えて欲しい』でしょうか?はい、邪魔が入ったので何とかしたい、と。担当におつなぎしますので、少々お待ちください」「お待たせいたしました、担当のタイラです。まずはお亡くなりになった年月日、死亡理由、呪う相手についてできるだけ [続きを読む]
  • ◆フリー文章ネタ素材35「柔道カフェへようこそ!」
  • 秋葉原の一角にオープンした、「柔道カフェ」。給仕はもちろん柔道着姿のマッチョなお兄様方。靴を脱いで入店すると青臭い畳と、いちおしメニューの「寒稽古の後にふるまうお汁粉」の甘い香りが暖かく迎えてくれます。交通事故が原因で、柔道選手への道を一度は諦めたことのあるカフェオーナーのもとには、元ボディビルダーのイケメンさん、警備員と兼業しているバイセクシャルの筋肉おじさん、心に傷がありそうな元自衛官のお兄さ [続きを読む]
  • <閑話休題>例の成人式の振袖の件で思うこと
  • 昨日、成人式の振袖の件で姿を見せていなかった件の社長が会見をしていた。女性が、和服はもちろん「大切な日に着飾る」ためには前々からの準備期間があるというのを知人から聞いたことを思い出した。和服なら、髪をアップするために事前に理容室でうなじの毛を剃っておくとか、爪を整えたり、スタイルを考えて下着も選んだり、肌ケアもしっかり調整、少しダイエットして食事を制限してみたり…「着る」ための楽しい努力をたくさん [続きを読む]