あこや興産 さん プロフィール

  •  
あこや興産さん: あこや興産の米国株投資
ハンドル名あこや興産 さん
ブログタイトルあこや興産の米国株投資
ブログURLhttp://www.akoyakosan.com/
サイト紹介文ほぼセミリタイア中。株式投資で資本家気分を味わう生活を公開。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 260日(平均4.3回/週) - 参加 2018/01/08 19:56

あこや興産 さんのブログ記事

  • 【悲劇】親が無断で自分に保険を掛け、その保険を買ってくれと
  • まいど、あこや興産です。かなり面倒くさいことになっています。あきれた話仕事で郷里に出張した際、帰りに駅まで父親が送ってくれました。その車中でのことです。突然、父親が保険のことを切り出しました。話によると、私が大学2年生だった27年前から農協で保険を掛けているというのです。もちろん初耳です。保険の中身は生命保険と医療保険と終身保険が合体したもので、70歳と80歳には長寿お祝い金が100万円ずつもらえます。死亡 [続きを読む]
  • 銘柄分析 グラクソ・スミスクライン(GSK) 英国の製薬会社
  • まいど、あこや興産です。今回は英国の製薬会社グラクソ・スミスクラインを取り上げます。英国企業ですのでADRで投資することになります。米国株と違って現地で課税されませんので、NISAで保有すると税金を払うこと無くリターンを受け取れます。ADR手数料は少し取られますが。備忘録として情報をとりまとめました。投資を検討する際にお役に立てばウレシイです。ビジネス概要GSKのビジネスは3つのセグメントから構成されます。(医 [続きを読む]
  • ゼネラル・ミルズ(GIS) 19Q1決算を受けて7%超の暴落
  • まいど、あこや興産です。19Q1の結果が9月18日のマーケットが開く前に発表されました。発表の当日は株価が7%余り下げてしまいました。いったい、どんな四半期決算だったのでしょうか。(売上高)売上高は前年比で9%増えました。これはペットフードのブルー・バッファローを買収したことによる伸びです。買収については過去記事をご覧ください。銘柄分析 ゼネラル・ミルズ(GIS) 買収の効果に期待見るべきポイントの1つは既存ビジ [続きを読む]
  • 銘柄分析 ベライゾン(VZ) 高配当・低PER
  • まいど、あこや興産です。今回は通信セクターからVZを紹介します。配当利回りが高く、ビジネスも社会に必ず必要とされるインフラなので、米国株投資家であれば投資を検討したことがある銘柄かと思います。情報をまとめましたので、投資判断のお役に立てばウレシイです。ビジネス概要VZの事業は2つのセグメントから構成されています。(Wirelessセグメント)ワイヤレスの通信サービスと通信機器を販売する部門で、Verizon Wirelessの [続きを読む]
  • S&P500はあと10%、20%、いや、もっと上がるよ
  • まいど、あこや興産です。米国株投資家なら米国現地の情報を英語で収集せねば、と考えて、新聞や投資サイトを覗いています。今回はUSA Todayに掲載されていた投資コラムが微妙だったので紹介します。Should I stop putting money in the stock market until after a correction? Ask a Fool(記事の中身)Q&A方式のコラムで、おバカな質問をMatthew Frankel氏にぶつけるというコーナーです。今回の質問は米国株ブログでも見かける [続きを読む]
  • ターゲット(TGT) 2018Q2決算 アマゾンの脅威はどこへやら
  • まいど、あこや興産です。ターゲットの四半期決算が発表されました。売上げ    6.5%増加 この13年で最大の伸び        内訳 店舗 4.9%増加、ネット 41%増加Adjusted EPS 1.47ドル 19.8%増加ガイダンス  EPS引き上げ 5.15-5.45ドル → 5.30-5.50ドル客足が6.5%も伸びました。この数字はこの13年で最高ということで、米国景気の力強さを改めてうかがわせてくれます。ただし、コストも増加している点に注意 [続きを読む]
  • 米国株式市場 この先、なにが待ち受けているか?
  • まいど、あこや興産です。米国の株式市場がこのまま上昇を続けるはずがないのは自明のことです。これからどんなことが起こりうるのか、頭の体操をしてみました。株式投資においては自分の頭で考えて決定することが大事だと何かの本で読みましたので。長期金利の上昇に気を付けなくてはいけない、というのが結論です。株式市場のブームは一般的に高金利によって終焉を迎えます。Fedはインフレを止める、または、反転させるために短 [続きを読む]
  • ペプシコ(PEP)は日本でもスナック菓子を売っていた
  • まいど、あこや興産です。日本において、ペプシコはペプシの会社、という先入観を持っていました。スナック菓子は日本では手がけていないとばかり思っていました。しかし、先日、ペプシコのブランドのスナックを発見したのです。ふるさと納税でもらった金時豆でチリコンカンを作ったので、付け合わせに買ったドリトスがまさにペプシコのブランドなのです。株主として、俄然、興味が湧いたので軽く調べてみました。ジャパンフリトレ [続きを読む]
  • 太陽光発電 手を出さなくて良かった
  • まいど、あこや興産です。経済産業省が太陽光発電の買い取り価格を半減させる方針であることがに日経新聞(2018年9月11日)で報じられました。事業用については2022年度、家庭用についても2025年度に半減させることを目標に掲げるそうです。(太陽光発電への憧れ)太陽光発電への投資は魅力的だと感じていました。なんせ利回りが10%超えという話をウェブ上で見かけていましたから。当ブログが「あこや興産」というバーチャルな資 [続きを読む]
  • S&P500はあと10%、20%、いや、もっと上がるって
  • まいど、あこや興産です。米国株投資家なら米国現地の情報を英語で収集せねば、と考えて、新聞や投資サイトを覗いています。今回はUSA Todayに掲載されていた投資コラムが微妙だったので紹介します。Should I stop putting money in the stock market until after a correction? Ask a FoolQ&A方式のコラムで、おバカな質問をMatthew Frankel氏にぶつけるというコーナーです。今回の質問は米国株ブログでも見かけるようなものでし [続きを読む]
  • 景気後退が考えているより近い6つの兆候
  • まいど、あこや興産です。近頃、米国のブログ、新聞、オピニオンサイトに目が行くようになりました。米国市場の動向については日本語で書かれた記事より詳細な解説が多くて、勉強になるとともに、面白がらせてもらっています。今回は景気後退についての記事を見つけたので、紹介&批判をします。目を引いたのはUSA Todayに2018年9月5日に掲載されたSean Williams氏の記事です。6 signs we're closer to the next recession than yo [続きを読む]
  • スターバックスの中国でのライバル ラッキンコーヒーとは?
  • まいど、あこや興産です。(存亡を賭ける中国市場)保有株であるSBUXはその将来を中国ビジネスに賭けています。2022年には店舗を倍増させて6000店を中国に展開する計画を発表しています。しかし、2018年4-6月の中国における既存店売り上げが2%の減少となり、中国ビジネスの先行きに少しばかり不安を感じさせる内容でした。中国はカフェの急成長が見込める市場であるがゆえに、ライバルの出店が相次いでいます。英国のコスタ・コー [続きを読む]
  • 今はEverything Bubble 崩壊前にみんな逃げろ
  • まいど、あこや興産です。株式アナリストにJesse Colomboという人がいます。今はバブルだ、バブルが崩壊する、とデータを示して自説を繰り返し流布しています。世界的な経済誌「フォーブス」に寄稿しているので影響力もそこそこあります。結局は、バブル崩壊でも資産を守れますよ、と読者を運用相談に引き込むための釣り記事です。しかし、けっこう勉強になるので記事の中身を紹介します。Disaster Is Inevitable When America's S [続きを読む]
  • 通信株保有者(T, VZ,)として「ネット中立性」について調べてみた
  • まいど、あこや興産です。米国でネット中立性が廃止になったというニュースが気になったのは2018年春のことでした。何のことか分からなかったのですが、調べもせずにスルーしていました。TとVZを保有しているので、これではイカン、と一念発起して調べてみました。(ネット中立性とは)簡単に言うと、携帯電話会社やサービスプロバイダがどういうコンテンツでも同じ通信速度で送ってくれる、ということです。重いデータでも軽いデ [続きを読む]
  • 【悲報】親が勝手に保険を掛けていた
  • まいど、あこや興産です。私は子供のために県民共済に加入しています。まあ、この事実だけで我ながら金融リテラシーが無いな、と感じます。中学までは医療費も入院費もタダだから共済に加入する必要などないのです。何かの理由で医療費が嵩んでも、高額医療費助成制度があるので保険を掛けなくていいのです。なんか、心配で入っちゃってました。先日、衝撃の事実が発覚しました。子供が入院した際、それを私の親に連絡したら、なん [続きを読む]
  • 労働所得は手早く稼げる
  • まいど、あこや興産です。米国株への長期投資は、ウォーレン・バフェットをリスペクトして、「ゆっくり金持ちになろう」がスローガンとして掲げられています。米国株への投資を始めて1年になりますが、金持ちになる気配は全くありません。さすがに1年で成果を感じたいとは言いませんが、3年くらいしたら受け取る配当額がそこそこの金額に到達していたいものです。ところで、最近、労働所得はさっさと稼げるな、と実感しました。月 [続きを読む]
  • 米国株投資は老後の超円高に耐えられるのか?
  • まいど、あこや興産です。米国株投資をする上で気になるのは円ドル相場の水準です。とりわけ、投資してあった米国株を老後の生活資金のために売却するタイミングでの為替相場が気になります。超円高になっていたら運用益が吹っ飛んでしまわないのか、心配になるわけです。この辺りの話を自分で考えてみました。老後の為替相場を考える前提2020年の東京オリンピックが終了すれば、経済を刺激するようなイベントは終わってしまいます [続きを読む]
  • 銘柄分析 ドミニオン・エナジー(D) 2020年まで増配率10%
  • まいど、あこや興産です。今回は公益株であるドミニオン・エナジーを紹介します。大きな株価上昇は期待すべくもないのですが、値動きの安定感から購入したい株です。増配率が高いため定年退職まで楽しく保有できそうな株です。あこや興産もわずかな株数を保有しています。情報を整理したので、これから投資を検討している人の役に立てばウレシイです。ビジネス概要ドミニオンは米国で4番手の電力・会社ガスです。アイダホ、ノース [続きを読む]
  • ISM製造業景況指数 景気後退局面はいつ?
  • まいど、あこや興産です。週刊エコノミストの記事でISM製造業景況指数という統計を見かけました。景気動向が分かる指標、というくらいの理解しかなかったのですが、米国株式市場の先行きを占う上で、市場関係者が注目している重要な指標であることを知りました。勉強しましたので、備忘録として情報をまとめておきます。ISM製造業景況指数とはまず、ISMは、Institute for Supply Management、の頭文字を取っています。ISMを日本語 [続きを読む]
  • 銘柄分析 iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF) あくまでポートフォリオの脇役
  • まいど、あこや興産です。今回は高配当が売りのPFFを紹介します。あこや興産もポートフォリオのサテライトとしてわずかばかりの株数を保有しています。商品の特徴最大の特徴は投資対象が優先株であることです。優先株は債券と普通株式との中間的な位置づけです。「優先」の意味は、配当の受け取りや会社清算時の残余財産への請求が普通株式より優先するということです。また、債券に対しては劣後します。企業が発行する債務につい [続きを読む]