アキ さん プロフィール

  •  
アキさん: アラフィフおひとりさまの現実
ハンドル名アキ さん
ブログタイトルアラフィフおひとりさまの現実
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/akey_around50
サイト紹介文地味で平凡だった私の人生が、夫との死別、そして新たな男性の出現…と急展開中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 224日(平均5.7回/週) - 参加 2018/01/08 22:41

アキ さんのブログ記事

  • 熟年カップルの脱お笑い
  • 彼に急用が入り、残念ながら早朝イチャイチャは実現しませんでした(´∀`)それでも午前中には沢山の野菜を携えて、家に来てくれました。押入れの中をどうしたいか彼に伝えて、ホームセンターへGO! 買う物を確認しましたが、彼はとても慎重な人なので、写真に撮って一旦家で検討してから買いたいとのこと。私も急いでおらず、彼ペースで進めて貰えれば大丈夫なので、後はお喋りしながら2人でウロウロしてました。お昼過ぎには [続きを読む]
  • 熟年カップルの早朝
  • 社会人◯年生だから、早起きするって言えば出来るけれど、朝は苦手な方。このところ続けて寝坊してしまって、お弁当を作るどころではない、猫娘達のお世話で精一杯なバタバタ具合で仕事に向かうという体たらく…。ヒドイ寝坊助だ!と彼にも笑われています。それなのに、彼、明日は早朝に来るらしいです。「いつでもおいで」と伝えましたが、彼の早朝って一体何時かしら…(⌒-⌒; )「朝から乳繰り合おうねー」などと調子の良いこと [続きを読む]
  • 終活を再開?
  • お互いの予定は、大体把握しているけれど、それでも当然後から決まる予定もあります。旅行のようにはっきり予定が立っている場合は別にして、普段は週が終わりが近くなると「今週どうする?」という話になるのです。週末はお泊りが出来ないそうで、どこかへデート?とも思いましたが、夜もあまり遅くなれないとのことだったので、我が家でイチャイチャ?になりそう。でも、イチャイチャだけでなく、またまた我が家のメンテナンスを [続きを読む]
  • 出掛けよう♪
  • 友人達と賑やかに出掛けるのもいい。彼と旅行するのもいい。でも、ひとりの外出も好き。いつかきっと歩けなくなる、その前に。必ず動かなくなる日が来る、それまでに。いっぱい楽しもう。いっぱい出掛けよう。さて次の休みは何をしようか? [続きを読む]
  • ふたり暮らし
  • 山口県で行方不明になっていた男の子、見つかって良かったですね。男の子が行方不明だった間は、ご家族も生きた心地がしなかったでしょう。また、2歳という年齢ながら、男の子も良く頑張りました。今、子供が帰省しています。世の中にとっては普通のことでも、我が家にとっては貴重な出来事です。言いたいことは色々ありますが、心にぎゅっと仕舞って普通に話をしています。親子って、そもそもの立ち位置が決まっているから、なか [続きを読む]
  • 彼に内緒の話
  • 今日から仕事でした。人間相手の仕事をしているから、仕方ありません。一昨日の日曜出勤後、昨日の両親とのお墓参り後、私ひとりで出掛けておりました。それは、登山専門店だす!彼は形から入ることをとても嫌うので、そういうお店に一緒に行くとかあり得ません…(・・;) そういうお店にはカップルやご夫婦と思われる年配者も沢山いて「羨ましいな〜」と思いつつ、買い物はひとりでするタイプなので楽しく散財しました(爆)。お酒も [続きを読む]
  • お盆休み
  • 職業→地主の彼は、お盆は少々忙しく、近所に新盆の家があると手伝いに行かないとならないそうです。土地の繋がりが強い地域は、色々大変みたいですね。そんな訳で、お盆前にちょこっとお泊まりして、帰って行きました。土曜日は山の日だったので、NHKで剱岳の番組をやっており、2人でそれを見ていました。文字通り剣のように尖った岩肌は、美しいけれど、容易には人間を近づけさせない雰囲気を漂わせていました。山の日に因ん [続きを読む]
  • 彼との旅行(3回め)6
  • 今回の宿泊先は、大当たりでした。外観は古びていましたが、中はリフォームされて新しく、何より全てが清潔感に溢れていました。玄関や廊下を始めとして、大浴場の脱衣所やトイレに至るまで、生花が美しく飾られていたのには感激でした。私達の旅行は、なるべくお金を掛けないで回数行こうとと決めているため、宿泊費は安いです。それでも、こうして大当たりがあると2人して得した気分に♪貸切こそなかったものの、何度も何度も温 [続きを読む]
  • 彼との旅行(3回め)5
  • ゴールした瞬間は、自力で帰れて良かった…と心底安堵しました。そして、登山はもう懲り懲りと思いました。ところが、その日の宿泊先へ向かう車中、彼と話をしているうちに、悔しくて悔して仕方ない気持ちが湧いて来るのです。せっかく彼が計画してくれた登山を台無しにしてしまった申し訳なさ、彼と一緒に楽しむための体力を持っていなかった自分への苛立ち。彼には「普段一緒に歩いていて、アキならこのくらいの山は大丈夫だと思 [続きを読む]
  • 彼との旅行(3回め)4
  • 頂上に着いた時は、喜びよりも、安堵感や疲労感の方が強かったです。「出発が早かったから、頂上では1時間ぐらいゆっくりしても大丈夫だよ」と言われましたが、もはや頂上を散策する元気もなく座り込んだまま、ぐったりしていました。ご飯も食べられないくらいに。この時は、それでもまだ、「来た道を帰るだけだし、下山するんだから、行きよりも時間は掛からないはず」と鷹をくくっていた愚か者でした。頂上での休憩を終えて、さ [続きを読む]
  • 彼との旅行(3回め)3
  • 歩けども、歩けども、頂上は見えて来ません。それどころか、こんなに歩いたのに、遠くに見える岩の部分が頂上と聞いた時は、悲しくなってしまいました。歩き始めは、美しい風景を見つけて、子供や友人にLINEで画像を送ったりする余裕がありました。でも、ホントに歩けども、歩けどもなのです。ちっとも頂上が近づいて来ない…(泣)。目の前が少し開けて、頂上が見えていても近づけないのです(大泣)。頂上の少し手前に、直径1m近く [続きを読む]
  • 彼との旅行(3回め)2
  • 外が白んで来た頃、私は目を覚ましました。彼はすでに目を覚ましていて、携帯をいじっています。お喋りをしながら、おにぎりを食べ、少しずつ準備をしていきます。トイレへ行って、身支度を済ませて、軽くストレッチをして。初陣です。山に登るのだから、当たり前ですが、上へ上へと向かいます。が、いきなりの急勾配な山道(←私には、です)。彼は私は大丈夫だろうと思っていたそうで、自分のペースでスイスイ登って行きます。それ [続きを読む]
  • 彼との旅行(3回め)
  • 私の仕事が終わり、家に着くタイミングで、彼が我が家に迎えに来てくれました。当初は「夜10時頃行くよ」と話していたのに、張り切った彼は、8時には我が家に到着してました(笑)。少しだけお弁当を用意させて貰って、猫娘達のお世話をして、いざ出発!夜は高速も空いていたので、1時過ぎには登山口の駐車場に到着することが出来ました。あまり数のない駐車場で車を停められたことにホッとして、仮眠を取ろうとシートを倒したの [続きを読む]
  • 申し訳なさと悔しさと
  • 高速で渋滞に巻き込まれて、先程帰宅しました。彼はここから更に1時間のところに戻るため、申し訳ない気持ちになります。まだ、今も歩行に支障が出るくらい膝が痛いです。階段の登り下りが普通には出来ません(特に下りる方)。最低最悪な自分を見られて、それでも優しかった彼に足を向けて眠れない、頭も上がらない…(T-T)今回の件で、本気で身体作りに取り組もうと思ったし、彼と一緒に山を楽しめるレベルになりたいと思いました [続きを読む]
  • これから山へ
  • 夜に彼が迎えに来てくれて、そのまま登山口近くの駐車場へ向かいます。そこで仮眠を取る予定になっているのです。私に体力がないため早めに登り始めて、時間が掛かっても、暗くなる前に下山出来るようにとの配慮から、夜間出発となりました。LINEでは「楽しみだね」と送りましたが、楽しみよりも不安の方が大きくなっています。新しく購入した登山靴も今回初めて履くから、靴擦れも心配だし…。とは言え、彼との時間を楽しまないと [続きを読む]
  • 汗だっく
  • 元々汗っかきですが、最近の汗のかき方が、スゴイを通り越してヒドイ。通勤の電車の中、みんな涼しい顔で乗っているのに、ひとり汗をダラダラ流しています。「これってもしかして、更年期?」…いえ、すみません、ただデブの戯れ言です…。そんなこんなで、今日は金曜日。明日の夜には彼と山へ行くのだす。昨夜彼から「48時間後に会いましょう」とLINEを貰いました。嬉しいような、少し不安なような。迷惑を掛けないように、体調 [続きを読む]
  • 粛々と
  • 以前も書きましたが、早晩今の勤め先は辞めるつもりでいました。が、自分の中ではっきりと終わりの日を決めたら、ちょっと気持ちが楽になりました。そして、やはり辞めるには辞めるなりに、残されたスタッフへ上手く業務が引き継げるようにしておきたいと思い、今はそれが仕事のモチベーションになっています。そう考えると、あまり時間がないから、計画的に仕事をやって行かないとな…。気持ちの面では彼に助けて貰いつつ、でも笑 [続きを読む]
  • イライラモード
  • 今日は彼に定期便が送れない程忙しい1日でした。仕事をしている間もイライラしっぱなし。あと数年は辞められんよな…と思って来たけど、「そこまで会社に義理立てする必要があるのか?」と考えた結果、答えは「NO」でした。帰り道、彼にちょっとだけ愚痴LINE。「でも、この先もあなたがずっと一緒にいてくれれば、それで十分だわ」と送ったら、「毎日会える訳じゃないけれど、アキという存在がいるから、僕は会えない日も楽しい [続きを読む]
  • 熟年カップルの事件簿
  • 今回のイチャイチャタイムで起きた事件。それは、彼がおヘソに出したいと言って中には出さず私のおヘソを狙って?出した時のこと。想像以上に勢いが良く、液体の半分がピチッと跳ねて敷パットにぺちょっと着地してしまったのです。彼の慌て振りったら!いつもコトが始まる前から、ティッシュの場所を確認をする彼。一滴たりとも液体をこぼしたくない彼。そんな彼の傍で、動いちゃだめ!と怒られながら、私はお腹を抑えられ、ゴシゴ [続きを読む]
  • 熟年カップルのお楽しみ2
  • お喋りあり、TVを見ながら爆笑あり、イチャイチャあり、お出掛けあり…で2週間振りの逢引を楽しみました。今までも2週間どころか、1か月会わないこともあったのに、今回彼はやたらめったら感じまくってしまい、危うく短い時間で終了するところでした(爆)。彼の場合すぐに復活は難しいので、やはり1回1回を大事にしないとね。2週間でこんなに感じて貰えるんなら、次は3週間あけてみようよ、と提案しましたが、却下されてしま [続きを読む]
  • 久し振り?のお泊り
  • これから行くよっていう連絡が長電話になってしまい、2人で大笑い!会ってから話せや!と突っ込みを入れつつ、これから2週間振りに彼がお泊りに来てくれます。自分のところで出来た野菜をたくさん持って来てくれるそうです。スイカが楽しみだな〜。 [続きを読む]
  • 延期
  • 今週の山登りは中止になりました。ギリギリまで判断を待っていましたが、今朝彼から「今週は止めて、来週にしよう」と連絡が入りました。延期になっただけなので、そんなにガッカリ感はないかな。その代わり、来週予定していたことを今週行うことになり一緒に出掛けます。だから彼は明日、猫毛だらけの我が家にお泊り。さて料理が下手な私は、晩ごはんに何作ろう??? [続きを読む]
  • 彼に求めること、私に出来ること
  • 彼と初めての夜を過ごした時、そもそも私の経験値が著しく低いことは前置きしつつも、彼の手練れた様子には驚かされました。自分のことは殆ど話さないので、若い頃がどうだったかは知りません。が、実践なくしてこうはなれないだろうな(笑)と思いました。真面目を絵に描いたような人だし、風俗は好きではないという言葉に偽りはないでしょう。でも、結婚前の若い頃は…きっとね。お互い色んな時代を経て、今は楽しくイチャイチャ? [続きを読む]
  • 2人の記憶に
  • 昨夜は職場の暑気払いで、終わって帰って来たら、またまたTVの前の床で寝入ってしまいました。それにしても、台風!今週末、山登りする予定なのに、何ということでしょう。いつもながら天気に恵まれない私達なのでした。最も今週末か来週末のどちらか天気の良い方に行こうと話していたから、行ければ良いのです。大きい仕事が一つ終わって、私も少しホッとしたところで彼と一緒に出掛けられるのが、何より嬉しい。こうしてまた、1 [続きを読む]