baguette さん プロフィール

  •  
baguetteさん: My Peanut 日仏で不妊治療・16トリソミーモザイク
ハンドル名baguette さん
ブログタイトルMy Peanut 日仏で不妊治療・16トリソミーモザイク
ブログURLhttps://ameblo.jp/leslilas/
サイト紹介文日仏で不妊治療5年。10回目の移植で妊娠。羊水検査で16トリソミーモザイク発覚。2016年7月出産。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 5日(平均11.2回/週) - 参加 2018/01/08 22:53

baguette さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • フランスへ戻ってから。
  • 日本に出発したのが、春の初めの3月。フランスに戻ってきたのは、半年後の9月。パリはもうすっかり秋の気配。。。 理由が理由だけに、フランスでも日本でも、ごく親しい友達にしか治療のために来日することは言ってなかった。だから、ちょっとみんなの前から消えていた。。。ナゾの半年、空白の期間という感じ。(不妊治療の辛いことの一つは、治療のことを公言できないこと。しかも、先の予定が立てられず、約束やお仕事にも影 [続きを読む]
  • 1度目の日本での治療 その3
  • 流産手術後。 1週間検診、3週間、5週間検診と続く。。。どうせ流産後は治療は2周期くらいできないわけだし、一刻も早くフランスに帰りたかった。でも万が一、子宮内が綺麗になってないと怖いし、今後もし、このクリニックで治療を続けるには、言われた検診には顔を出さないといけないだろうし、そして任意ではなく強制的に高額な値段を払って、手術日に受けさせられた流産の染色体検査の結果も聞きに行かなくてならない。なの [続きを読む]
  • 1度目の日本での治療 その2
  • 東京のクリニックでの最初の採卵。無麻酔での採卵、めっちゃ痛かった。。。卵巣を針でズキンと刺す、なんとも言えない独特の激痛!フランスは、いちいち全身麻酔だから。ここに通う何万人もの女性が耐えてきたんだと思うと、さすが日本人は辛抱強いわ。 採卵後には変なことがあった。ひたすらズキズキと痛かった採卵を終え、安静時間を過ぎ、階下で院長診察を待っている時から、お腹に激痛が始まる。看護師さんに訴え、座ってられ [続きを読む]
  • 1度目の日本での治療 その1
  • 東京のクリニックで授かったいとこが、親切にも事前に海外からの治療が可能かを、クリニックに問い合わせていてくれた。数ヶ月滞在できるなら、大丈夫とのこと。2014年3月に来日する。いろんなブログをみて、事前にクリニックの様子を予習して。普通は生理3日目に初診のようだけど、時間は無駄にしてられない。 到着して翌日、長旅と時差ぼけでかなりしんどいけれど、とにかく診察だけでもしてもらおう〜。フランスでの治療のデ [続きを読む]
  • フランス治療あるある、など。
  • 前回の記事で、フランスの技術とか色々文句言ってしまったけど。でも、不妊治療に保険が適応されるフランスのシステム自体は、やはり素晴らしいと思う。 薬局で手に入れた、ホルモン注射をなんどもしてる時、何気なく注射の入ってる箱の裏を見たら、定価100ユーロ(1万3000円くらい)とあった。それを何箱も何種類も、薬局で保険証を見せると、無料で支給されるのだ。 ホルモン注射って高いんだあ!こんな値段を見ると、 [続きを読む]
  • 日本での治療を決意。
  • 2回目の採卵で、運よく双子を授かった。数日後のエコーでは、胎嚢も確認。双子のうちの片方は、心拍もピコピコしっかり見えた!でも、ここはフランス。日本のような、こまめなエコー検査はない。(普通の妊娠中も出産まで3、4回しか検診がないらしい!)お腹をいたわりながら、双子も一緒に住める部屋探しを始めたりして、次回のエコーまでの数週間を、ひたすら待つ。 そして迎えた、待ちに待ったエコー。信じられない結果。心 [続きを読む]
  • 不妊治療を始めた頃。
  • 娘が保育園に通い出し、少しずつ自分の時間ができてきた。そんな中、ここまでの治療や経緯、今のうちに思い出せることを、書いておこうと思います。自分のためにも。。。海外での不妊治療。日本での治療。出生前のこと、その後。ずいぶん特殊な体験をいろいろしたなあと、あらためて思う。 *** 結婚したのが、2008年。私32歳。夫40歳。パリに住み始めたばかりで、フランス語もできないし、この地に慣れるまで、子供はちょ [続きを読む]
  • 9mois
  • 窓辺のクレマティスが満開。うちに来て3年目、今まででいちばん立派な花を咲かせてくれた! 9ヶ月。パリには珍しく晴れの日が続く、今年の春。すっかりご無沙汰の成長記録。 去年11月の心臓手術後、鼻チューブをなんとか卒業して退院したものの、年末年始くらいまでは、やはりミルクでかなり苦労の日々。。私もお世話と家事と買い出し、ミルクのこと、そして病院とこなしていると一日があっという間。娘を夜寝かしつけ、やっ [続きを読む]
  • 過去の記事 …