KUMAの信州徒然日記 さん プロフィール

  •  
KUMAの信州徒然日記さん: KUMAの信州徒然日記
ハンドル名KUMAの信州徒然日記 さん
ブログタイトルKUMAの信州徒然日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/zipfusion
サイト紹介文難病と闘病後、人生感、価値観が大きく変わった。かけがえのない僕らの人生って何か?考える、そして想う。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 46日(平均3.8回/週) - 参加 2018/01/09 10:12

KUMAの信州徒然日記 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 検証「働き方改革関連法案」は必要か?
  • 前回に引き続き今回もこれがテーマだ。本当に「働き方改革関連法案」は必要なのか、独自の視点で検証を試みた。対象にしたのはG20の参加国で人口5000万人以上で私の独断による主要国とした。(人口の少ない北欧4カ国や金融、石油中心の国は対象から除くことになる)人口一人あたりのGDPを年間就業時間で割り算し、1時間あたりのGDPをその国の生産性(効率性)とした。勿論、私の独断の数値だが厚労省の捏造データよりましだろ [続きを読む]
  • 「働き方改革」で過労死増える‼?
  • 今、 TVではどのチェンネルも冬季オリンピック一色だが、重要な法案が国会で議論されている。政治には、あまり関心はないが、危惧する法案があるので声をあげることにした。その、ひとつが「働き方改革」だ。この法案が通ると、開発エンジニアは、必ず裁量労働制の対象となる。企業経営者は、人件費を抑えて最大の成果を求める。名ばかり管理職のサービス残業で社会問題化したのは記憶に新しい。「働き方改革」法案の本質は、先ほ [続きを読む]
  • 確定申告
  • 今日は、事前に作成した申告書を税務署の開庁時刻前に行って数十人の列に並んで待った。(私は5分間以上は立てないので、縁石に腰かけた)地方の税務署はデモなく平穏だった。今年の税務署職員の対応は、例年になく親切だった。サラリーマン時代は、会社で全部、源泉徴収と年末調整で済んだので良かったが、フリーとなると、当然、自分でやることになる。ここ一週間、税金について猛勉強した。まず不動産売買の収入(ある場合)に [続きを読む]
  • Peugeot 207CC エアコンパネルユニットバックライト電球交換
  • 一週間程前、エンジン始動時にエアコンの液晶が暗くて見づらいのに気づいた。液晶バックライトの球切れだ。206CCでも、インフォメーションディスプレイで経験したので、さほど驚かない。プジョー車は、こんなもんだ。このエアコンパネルユニットには助手席用の温度設定用のツマミが付いてる。温度感は個人差があるので、助手席にも配慮した機能だ。エアコンパネルユニットはカーナビも外すことになるので、結構、面倒な作業だ。既 [続きを読む]
  • シカゴ「長い夜」 25 or 6 to 4
  • 久しぶりに、シカゴの「長い夜」(原題は 25 or 6 to 4)をLPで聴いた。原題とはかけ離れたタイトル名だが、こっちの「長い夜」の方が松山千春よりずっ前だ。(笑)僕が高校生の時に出会った曲だ。リビングにあるデカいパイオニアのステレオで親が留守の時、大音量で良く聴いた。小学生はモンキーズ、中学生はビートルズが好きだった僕にとって、初めてこの曲を聴いた時、「目から鱗」でなく「耳からタコ?」状態だった。1969年に [続きを読む]
  • 「ギラン・バレー症候群の患者の会」へ入会
  • 「ギラン・バレー症候群の患者の会」の正会員になりました。「ギラン・バレー症候群患者の会」は、患者と元患者および家族や関係者の交流を促進することにより、互いに支援し励ましあい、患者と元患者の回復と生活の質を向上させることを目的とする会です。最近まで、まったく知りませんでした。少しでも体験を生かし、現在も闘病中の患者さんのお役に立てればと思います。厚生労働省は、ギラン・バレー症候群を難病(研究対象にさ [続きを読む]
  • 家のリフォーム
  • 今回は、同じような後遺症に悩む方へ少しでも参考になればと思い、私の家の中の様子を少しだけ紹介させていただきます。ギラン・バレー症候群を発症し今年の3月で、ちょうど10年となります。残念ながら後遺症として・両下肢の麻痺と疼痛・片足だけで立てない・目を閉じるとふらつく・少しの段差でつまづく・階段の昇降に手すりが必要・疲れやすい・握力が弱い・指先が痺れるそれと腰痛持ちであることです。後遺症と車椅子での老後 [続きを読む]
  • Peugeot 207CC Fディスクパッド交換
  • 207CCのフロントブレーキパッドが目視で厚さ1mm程度の危険域なので、交換することにした。ローターはノギスで測ったら片側0.8mm減、両方で1.6mmということになる。刻印のTH(THINの略)は錆びて読み取れないが、多分2mmだろう⁈ 次のパッド交換時にローターも交換することにする。後輪のブレーキパッドの厚さは5mm程度。まだ交換しなくて良いだろう。なるべくMTモードでエンブレを多用しよう。(プジョーは停車時、Dレンジが基本 [続きを読む]
  • 今シーズン2回目の本格降雪
  •   グー(柴犬)は喜び庭駆けまわり私の住んでいる長野県中部(中信)南部(南信)は、東京と同じく南岸低気圧の影響でいわゆる上雪(かみ雪)が降りやすい。今回2日目の本格降雪で早朝からコルセットして雪かきにおわれた。降雪量は前回は25cm、今回は12cm。東京は3cmで連日ニュースで大騒ぎだ。タイヤ用チェーンが売り切れ続出だそうだが、一体どれだけの人が自力で装着出来るのだろう。やった人ならわかるが結構大変だ。信州人 [続きを読む]
  • My home town
  • 市街地の中央を河が流れる城下町。この街で育って青春を過ごした。僕らは同じキャンパスで出逢った。お下げ髪が似合う笑顔が可愛い子だった。ひとつ歳下の短大生の彼女は、僕より先に就職した。この河を望むビルが勤務先だった。仕事帰り良く、河辺に座り、色々な話をした。夕陽に照らされ彼女の横顔が眩しく輝いてた。やがて僕も社会人になり遠く離れた都会へ赴任した。月に一度は彼女に逢いに高速道路を飛ばした。だが次第に都会 [続きを読む]
  • ギラン・バレー症候群闘病記 職場復帰編 その2
  • 【平成23年8月〜平成25年12月】翌日は、母親と奈良市へ電車で旅行の予定でした。当日早期、実家へ向かって高速道路を順調に飛ばして3つ目のトンネル(約4km)に入って間も無くして動悸とめまいに襲われました。息苦しくて窓を全開にし速度50km/hまで落とし、ハザードを点灯させながら、とにかく次のインターまでと20分かけ必死に運転しました。追い越し車線を猛スピードで車両が何台も過ぎて行きます。無事インターを出て、脱水症状 [続きを読む]
  • ギラン・バレー症候群闘病記 職場復帰編 その1
  • 私は、10年前にギラン・バレー症候群を発症し10カ月後に職場復帰しました。この記事はその模様を記憶を辿り書きました。「職場復帰編」では、どうしても業務内容が絡むので、守秘義務に配慮し、背景が分かりづらい部分もあるかと思いますが、ご了承ください。【平成21年1月〜平成23年8月】年が明けて、降雪にも関わらずサンダルを履いて杖を突いての10ヶ月ぶりの出勤となりました。車通勤でしたが会社の配慮で社屋に近い駐車場でし [続きを読む]
  • 本白根山噴火!またも繰り返される「想定外」
  • 1月23日午前9時59分、長野県の県境に程近い、群馬県の本白根山が3000年ぶりに噴火し、多くの方が死傷された。なぜ事前に立入り規制が実施されなかったのか気になり気象庁の観測状況を確認してみた。白根山には数々の観測点が配置されているのに対し、本白根山には観測点が配置されていない。(グラフから白根山は2014年に多くの地震回数が記録されているのが見てとれる)近年、噴火を繰り返す白根山が観測対象とされてきたのは理解 [続きを読む]
  • ナビ画面HUD計画(ナビ画面をヘッドアップディスプレイに)
  • プジョーの○○7シーリズまでは、ナビがエアコン出口の下にあり、一番視認性の良い場所はインフォメーションディスプレイが陣取っている。カーナビ装着は欧州車の方が遅かった影響もある。ナビ画面を見ながらの運転は動線が長く危険極まりない。取りあえずポータブルナビを置いているが、すっきりさせたい。それでナビ画面のHUD化を次のとおり検討した。①ナビ画面の外部出力端子(NTSC信号)をHUD②ナビ出力RGBの分岐回路を作りRG [続きを読む]
  • ベッドと車椅子間移動の必須アイテム  トランスファーボード
  • 私が使用したトランスファーボード(スライディングボード、スライドボードとも呼ぶ)です。握力が10kg位に回復すれば、両下肢が全く動かなくても、ベッドから車椅子に自力で移動できます。その逆も然り。使い方は、傍らの車椅子の座面とベッドにボードを渡し、体をスライドさせて車椅子に移ります。見た目はただの樹脂製ボードですが耐荷重135kgで両サイドの折れ部分が絶妙に機能して移動できます。スウェーデン製で、当時価格は2 [続きを読む]
  • 無機質な響き
  • 20代の時、ライバル企業の社員に「君の夢は何だ?」と聞いたことがある。彼は「30歳で年収1000万円、将来は役員になりたい」と言った。私は「別荘を持ちたい」と言った。外資系企業に勤務する同年代にも同じ事を聞いてみた。彼はエグゼクティブ何やらになって「社内大会で受賞スピーチし、スタンディングオベーションの喝采を浴びたい」と言った。闘病後の私にとっては、今ではどれも無機質な響きでしかない。夢は確かに個 [続きを読む]
  • ギラン・バレー症候群闘病記 自宅療養編
  • 年明けから職場復帰と決め、自立生活と車の運転に慣れるのを目標に1ヶ月間、自宅療養することにしました。生活面ではまず起床したらコルセットします。手すりさえあれば2階の行き来もでき入浴も問題ありませんでした。ただ顔を洗う時、目を閉じるとフラつきます。これは下肢の麻痺によるバランス不足を視覚で補なっている為です。だから真っ暗な廊下も歩けません。あと一時間おきの両足のストレッチです。どうしても時間が経つと [続きを読む]
  • Peugeot 207CC エンジンオイル交換
  • 突然、インフォメーションディスプレイに = ENJINE OIL LEVEL= が表示された。オイルゲージを確認すると下限レベルを下回っている。車検時にオイル交換して半年で2,000kmは走行している。説明書に、1,000kmで500cc減ると書いてある一方で7,000kmで交換とは矛盾した内容だ。要するにエンジンオイルを燃やして走る車だ。継ぎ足しながら3,000km毎にこまめに交換するのが無難だ。ディーラーや輸入車専門店以外のフランチャイズの整備 [続きを読む]
  • 問われる日本の「ものづくり」
  • 素材メーカーの神戸製鋼所、三菱マテリアルに続き、東レグループでもデータ不正が発覚した。いずれの企業も仕事で訪問したことがあるだけに、ショックを受けた。素材を使用した部品を組み立てる、その一分野が自動車だが、日産に続きスバルと不祥事が相次いだ。私も開発エンジニアの端くれとして、自分達が開発した試作機を製品化するために、JASO(日本自動車技術会規格)を満たすべく、「試作機改良→品質試験」を何度も繰り返し [続きを読む]
  • 愛車紹介
  • 愛車紹介① PEUGEOT 207CCPEUGEOT 206CC 307CCと乗り継ぎ現在は207CC。(CCとはクーペ&カブリオレ)CCの特徴は、その名のとおりクーペにもカブリオレ(オープン)にも変身できること。開放感を求めバイクに乗ったように、ヘルメット無しで異次元の開放感が味わえる。リアシート+2のコンセプトは206CCと同じだが次のとおり大きく変更された。・PSAとBMWが共同開発した1.6リッターエンジンを搭載・全長/全幅はハッチバックの207と [続きを読む]
  • ギラン・バレー症候群 手続き編(入院中)
  • 最近、たむらあやこさんの「ふんばれ、ふんばれ、ギランバレー!」を読みました。GBSの恐怖、痛みに前向きな姿勢に共感しましたが、同時に有給休暇や傷病手当といった手続きを意外と知られてないことに気付かされました。今回は、入院中に取るべき手続きについて説明します。まず、予備知識として病院には種類※があります。まず発症して治療を受けるのは大学附属病院や日赤などの急性期病院です。ここでは治療が終わると(正確に [続きを読む]
  • ギラン・バレー症候群 闘病記 入院編
  • 10年前、当時51歳で会社員の私は突然、ギラン・バレー症候群(GBS)に罹患しました。聞いたこともない病名に戸惑いながら、田丸様のHPに辿り着き他のGBS患者さんが寄せられた闘病記を読み大変参考になり、同時に勇気づけられました。この病気は意識がはっきりしている分、恐怖感に苛まれましたが記憶は鮮明でしたので職場復帰の1年後、現在も闘病されている患者さんに少しでもお役にたてればと思い田丸様に連絡しHP [続きを読む]
  • 戌年だワン
  • 柴犬3歳男の子 名前:グー (goo)性格:やんちゃだけど甘えん坊 見知らぬ人が通ったり、チャイムが鳴ると番犬モード突入!他のワンコに興味なし。人間の子供大好き。大事な物:おもちゃ(特にドギーちゃん)けんか相手はリモコンで動くロボ犬。好きな食べ物:ドッグフードに載ってるトッピング。特技:キャッチボール、フリスビー好きな遊び:追いかけっこ ドッグラン 1日の3分の2はSleeping dog!嫌いな事:お手(イヤイヤす [続きを読む]
  • 過去の記事 …