さとり さん プロフィール

  •  
さとりさん: 無音から雑音まで
ハンドル名さとり さん
ブログタイトル無音から雑音まで
ブログURLhttps://ameblo.jp/satori41/
サイト紹介文音楽好きのブログです。 その日の気分で様々なジャンルの音と呟きを発信してます
自由文その昔エレキベースやってました・・
今はHAPI・MINIドラムを暇に任せて叩いたり、、唄うことも踊ることも好きです♪♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 263日(平均4.4回/週) - 参加 2018/01/10 01:17

さとり さんのブログ記事

  • 群青 - 阿部芙蓉美
  • シンガーソングライター 阿部芙蓉美(あべふゆみ)この人のことは全く知らなかったけれど見えない所に実力派シンガーが隠れてるいい曲がたくさんありますネットで調べてみると 北海道 稚内市 出身のシンガーソングライターで2004年から活動そして2007年に『群青』でメジャーデビューとありましたこういう人がもっとメディアに紹介されたらいいのに・・にほんブログ村 [続きを読む]
  • Fleet Foxes - Mykonos
  • フリート・フォクシーズ はアメリカ・シアトル出身のバンドで2006年活動開始のバンドアコースティック中心の牧歌的サウンドが特徴ですジャンルは「バロック・ポップ」、「フォーク・ロック」だそうです心象風景のような動画が気に入ったのでUPしました♪にほんブログ村 [続きを読む]
  • Neil Finn - Widows Peak
  • 昨日は久々に二ールフィンを聴きながらガスコンロの前で暑さと格闘してた冷製スープを作るために。です部屋の室温を下げても火を使うと火の周りだけ暑い私も徐々に夏バテモードで食欲も落ちてるで、喉ごしの良い野菜たっぷりの冷製スープを作ることに・・だしの素、コンソメ、しょうゆ、塩、酒、そして隠し味に白味噌を入れるのがミソ♪具材は夏野菜と玉ねぎ、きのこ類、にんにくなど適当にあるものをオリーブオイルで軽く炒めて冷 [続きを読む]
  • Harold Budd - As Long As I Can Hold My Breath
  • 日々が慌ただしく過ぎて行ってます雑事に追われてる感覚は心地よくありませんねおそらくこれからは月に2〜3度くらいのペースでの更新になると思いますがよろしくお願いしますさて、、この曲は昔よく聴いてた瞑想音楽によく似ていますこういう音楽をアンビエントって言うんでしょうか?当時はなかったジャンルですハロルド・バッドは作曲家でありピアニストでもある・・ウィキで調べると1936年生まれだそうで、、ご高齢ですねにほ [続きを読む]
  • Michael McDonald - I Keep Forgettin
  • マイケル・マクドナルドドゥービーブラザーズの頃から声が好きだった・・そう云えばこの曲も好きでよく聴いてたことを突然思い出した音楽ブログを始めたおかげで失われた記憶の欠片が戻って来つつある・・大きな断絶を抱えた人生なので、、忘却の彼方に失われたものが大半を占めているのですがこうして再び戻って来つつあるような・・と言っても細切れではあるのですが・・。にほんブログ村 [続きを読む]
  • Mark Knopfler - Wanderlust
  • 今日は台風が連れてきた雨雲のせいで全国的に雨ここはまだ降ってないけど、今にも降りだしそうだちょっとアンニュイな気分でこの曲を聴く・・マーク・ノップラースコットランド生まれのギタリスト、ソングライター、音楽プロデューサー80年代に活躍したダイア―・ストレイツのリーダーでもあった人「ボブ・ディランやJ・J・ケイルの影響を強く受ける」とウィキにありましたギターピッキングが声のシブさを倍増させてるにほんブログ [続きを読む]
  • Azymuth - Dear Limmertz
  • こういうカッコイイベース音を聴くと、、我を忘れてひたすらベース音だけを追いかけてしまう癖は残ってるもはや40年も前の話ですが、、昔取った杵柄(とても小ぶりの杵ですが・・)Azymuth(アジムス)は60年代後半に結成されたブラジル、リオ出身のジャズフュージョントリオキーボード奏者のベルトラミは2012年に亡くなったけど今も現役で活躍してるようですにほんブログ村 [続きを読む]
  • Scorpions - White Dove
  • スコーピオンズもリアルタイムで聴いてません(当時はバンド名を聞いたことがある程度)ドイツの出身のハードロック、ヘビメタバンドだそうですがスローなバラード曲も多いですねもの悲しいギターの旋律からしても正統派な感じがしますにほんブログ村 [続きを読む]
  • Cocteau Twins - Pink Orange Red
  • 火星の大接近の影響で炎、熱、そして「渇き」に包まれる地球山火事も世界のあちこちで発生している日本列島も異様な猛暑で、、おまけに近海の海水温の上昇により台風も多発してるそのせいか、、今日も朝から蒸し暑さが半端ない久々にコクトー・ツインズを聴いているこの曲を聴いてたら脳内に火星が浮かんできた・・なぜか哀しいお盆が近づいてきてるせいもあるか・・。にほんブログ村 [続きを読む]
  • Red Hot Chili Peppers - Californication
  • 聴きたい曲がたくさんあって追いつかない毎日があっという間に過ぎて行く・・レッド・ホット・チリ・ペパーズもじっくり聞いてみたいバンドの一つ私は完璧に旬を逃しているので詳しいことは何も知りません・・ギタリストのフルシアンテの方を先に知ったほどですからまぁ、、あんまり欲をかかずに、、マイペースで聴いていきます♪にほんブログ村 [続きを読む]
  • Dionne Warwick - The April Fools
  • 今朝、YOUTUBEを自動再生にして掃除をしてたらこの曲がかかって思わず手を止めた聞き覚えのある曲、、どころか、、この曲を毎日のように口ずさんでた時代があったことを思い出した中学生の頃だったと思う調べてみるとカトリーヌ・ドヌーブ主演映画『幸せはパリで』の曲と知ったそう云えば、、あの頃、家に映画音楽特集のレコードがあったからそれで聴いて知ったのだろうか?でも私の耳に残ってるのはこのディオンヌ・ワーウ [続きを読む]
  • Amon Amarth - Under the Northern Star
  • 台風の影響でか、、風があって少しだけ涼しい朝けれどまだまだ暑い中、こんな曲を見つけた体の中にある熱いエネルギーの塊がクラッシュされる感覚歌詞にも、、どことなくクールダウンさせられた感あり暑い時にはこんなヘヴィメタル系もいいですね♪アモン・アマース (Amon Amarth)スウェーデン出身のメロディックデスメタル・バンド(1988年〜1992年に活動)とウィキにありました にほんブログ村 [続きを読む]
  • CARAVAN - Nightmare
  • 以前にもUPしたキャラバン抒情的な曲が多いようです・・プログレシブと言っても時にポピュラー、時にジャズロック風だったりとジャンルに囚われないような「柔」なバンドですその奥行きの深さが聴いてて飽きない理由かも?!にほんブログ村 [続きを読む]
  • Elliott Smith - Waltz # 1
  • 昨日はエリオット・スミスを聴いてたこの人を知ったのはほんの3年ほど前・・どこか哀愁を帯びた温かみのあるトーンに惹かれました34歳という若さで他界されたことも哀愁を誘う要因かもしれませんこの曲は「ワルツ」、、3拍子は心躍るリズムブンチャッチャ・・・にほんブログ村 [続きを読む]
  • Yasuaki Shimizu 清水靖晃 - 日々の泡
  • 私にとっての「現実」も「泡」のようなものだ日々どこからともなく湧き上がっては、、消えてゆく幻日のような現実の繰り返し・・うんざりして、飽き飽きして、息苦しくなる時もあるけれどそれもまた、泡のように消えてゆく泡は消えても取り残された私がいる・・・わたしは泡沫の証人 にほんブログ村 [続きを読む]
  • Euphoria - quiet rain
  • 今日は朝から曇天で、雨まじりの風も吹いてる今はまだ静かな雨ですが皆既月食というタイミングにたぐい稀な進路を通って、台風が近畿地方にもやって来るそうです月が満ちて太陽から隠れる頃月は波を誘い大地は風を誘うeuphoria(ユーフォリア)は、日本の男性3人組ポストロックバンド123RECORDS所属。2001年に結成、、2003年3月ミニアルバム『floral dew』でインディーズデビュータイ最大のロックフェスではキセルとも共演したこと [続きを読む]
  • The Finn Brothers - Edible Flowers
  • 今朝は二ール・フィンを聴きながら料理を作ってた朝のうちに作らないと昼からは暑くてなかなか身が入らないから・・。こちらはフィンブラザーズということでお兄さんと一緒に歌ってる絶望と希望がない交ぜになったような感じのメロディがいい動画とタイトルは合ってない気がするけど、、そこがまた面白いそれにしても二人ともシブくてかっこいいな・・黒いTシャツだけでこんなにもかっこいいおじさんはなかなかいません にほんブ [続きを読む]