たける さん プロフィール

  •  
たけるさん: CASE  STUDY
ハンドル名たける さん
ブログタイトルCASE STUDY
ブログURLhttp://www.us-case-study.jp/
サイト紹介文一級建築士 資格に役立つ 学校に行かずに
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 301日(平均3.0回/週) - 参加 2018/01/10 01:22

たける さんのブログ記事

  • レム・コールハース トークセッション (六本木)
  • ★世界の国境にとらわれずに活躍する建築家レム・コールハース氏新書「elements of architecture」(英語版)本体15,700円刊行を記念して…Rem Koolhaas: Elements of Architecture2018年10月31日(水) 17:45〜TSUTAYA TOKYO ROPPONGI(@六本木)にてレム・コールハース氏のトークセッションが開催されるとのことです。ご案内:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI他の参加者は建築編集者:キュレーター太田佳代子氏建築家:小林恵吾氏トーク終 [続きを読む]
  • 台湾の建築
  • ≡===≡===≡===≡===≡===≡===≡新建築 a+u 最新号 2018年10月号 ≡===≡===≡===≡===≡===≡===≡台湾建築の特集です。この四半世紀の台湾建築の変遷が わかりやすく紹介、解説されています。台湾に行く際の建築探訪の予習資料になると思います。【 01 】フィールドオフィス・アーキテクツ櫻花墓地【 02 】ジェイ・チウ・アーキテクツ 九二一地震博物館──車籠埔断層保存館【 03 】 クリス・ヤオ・アーテック 蘭陽博物館  [続きを読む]
  • 一級建築士 学科試験 合格発表
  • 一級建築士 学科試験の合格発表がありました。建築技術教育普及センター一級建築士 合格発表ダメだと思っていても、合格している場合があります。確認する必要があります。また、今からでも遅くはありません。設計業務に慣れてない方は、集中講習会をしている場合もあります。私自身も、二級の時は、合格発表からでも合格できました。まだ、1ケ月以上ありますので、大丈夫です。実際の設計業務の時は2〜3日、或いは翌日もってこい [続きを読む]
  • 一級建築士 製図試験のクリティカルパス3
  • 【 製図編 】その3〜作図編1.製図道具の作成及び準備2.記述問題の攻略3.作図編作図スピードが断然早いのは、一般的にはフリーハンドです。但し、真っ直ぐな直線を描くことに慣れていない人にとっては、比較的長い直線は平行定規のほうが早く引くことができます。そこで、平行定規で引くラインとその他フリーハンドで描くラインを決めておきます。平行定規及び三角定規で描くもの・通り芯及び通り芯寸法・構造伏図・テンプレ [続きを読む]
  • 一級建築士 製図試験のクリティカルパス3
  • 【 製図編 】その3〜作図編1.製図道具の作成及び準備2.記述問題の攻略3.作図編作図スピードが断然早いのは、一般的にはフリーハンドです。但し、真っ直ぐな直線を描くことに慣れていない人にとっては、比較的長い直線は平行定規のほうが早く引くことができます。そこで、平行定規で引くラインとその他フリーハンドで描くラインを決めておきます。平行定規及び三角定規で描くもの・通り芯及び通り芯寸法・構造伏図・テンプレ [続きを読む]
  • 一級建築士 製図試験のクリティカルパス3
  • 【 製図編 】その3〜作図編1.製図道具の作成及び準備2.記述問題の攻略3.作図編作図スピードが断然早いのは、一般的にはフリーハンドです。但し、真っ直ぐな直線を描くことに慣れていない人にとっては、比較的長い直線は平行定規のほうが早く引くことができます。そこで、平行定規で引くラインとその他フリーハンドで描くラインを決めておきます。平行定規及び三角定規で描くもの・通り芯及び通り芯寸法・構造伏図・テンプレ [続きを読む]
  • 一級建築士 製図試験のクリティカルパス
  • 【 製図編 】その11.製図道具の作成及び準備まずは持ち込み可能なものを確認します。「設計製図の試験」において 使用が認められる平行定規と型板についてその他、受験項目を注意深く読みサンスケやテンプレートを可能なかぎり加工やマーキングをします。※最近では、「目印としてマークしたり、シールを貼ったテンプレートの使用は認めません。」という規定が追記が追記されています。シールは不可とありまが、透明のセロテー [続きを読む]
  • 一級建築士 製図試験のクリティカルパス
  • 【 製図編 】その11.製図道具の作成及び準備まずは持ち込み可能なものを確認します。「設計製図の試験」において 使用が認められる平行定規と型板についてその他、受験項目を注意深く読みサンスケやテンプレートを可能なかぎり加工やマーキングをします。※最近では、「目印としてマークしたり、シールを貼ったテンプレートの使用は認めません。」という規定が追記が追記されています。シールは不可とありまが、透明のセロテー [続きを読む]
  • 一級建築士 製図試験のクリティカルパス
  • 【 製図編 】その11.製図道具の作成及び準備まずは持ち込み可能なものを確認します。「設計製図の試験」において 使用が認められる平行定規と型板についてその他、受験項目を注意深く読みサンスケやテンプレートを可能なかぎり加工やマーキングをします。※最近では、「目印としてマークしたり、シールを貼ったテンプレートの使用は認めません。」という規定が追記が追記されています。シールは不可とありまが、透明のセロテー [続きを読む]
  • ★マンション建替え決議後の事業の課題と円滑化
  • ★マンション建替え決議後の事業の課題と円滑化区分所有法で建替え決議をした後のマンションに対してマンションの建替え事業を円滑に進めることを目的に、「マンションの建替え等の円滑化等に関する法律」(マンション建替え円滑化法)が、2002年6月に制定されました。 > マンションの建替え円滑化法の概要この法律ができた背景には、次のような問題があったからです。①マンションの建替えの相談をしたくても、 身近な地方公共 [続きを読む]
  • ★マンション建替え決議後の事業の課題と円滑化
  • ★マンション建替え決議後の事業の課題と円滑化区分所有法で建替え決議をした後のマンションに対してマンションの建替え事業を円滑に進めることを目的に、「マンションの建替え等の円滑化等に関する法律」(マンション建替え円滑化法)が、2002年6月に制定されました。 > マンションの建替え円滑化法の概要この法律ができた背景には、次のような問題があったからです。①マンションの建替えの相談をしたくても、 身近な地方公共 [続きを読む]
  • ★マンション建替え決議後の事業の課題と円滑化
  • ★マンション建替え決議後の事業の課題と円滑化区分所有法で建替え決議をした後のマンションに対してマンションの建替え事業を円滑に進めることを目的に、「マンションの建替え等の円滑化等に関する法律」(マンション建替え円滑化法)が、2002年6月に制定されました。 > マンションの建替え円滑化法の概要この法律ができた背景には、次のような問題があったからです。①マンションの建替えの相談をしたくても、 身近な地方公共 [続きを読む]
  • 平成30年度 一級建築士試験の製図課題が発表☆
  • 平成30年度 一級建築士試験の製図課題===========================課題名「健康づくりのためのスポーツ施設」要求図書 ●1階平面図・配置図(縮尺1/200) ●2階平面図(縮尺1/200) ●3階平面図(縮尺1/200) ●断面図(縮 尺1/200) ●面積表 ●計画の要点等 (注1)・健康増進のためのエクササイズ等を行う温水プール のある建築物の計画(注2)・パッシブデザインを積極的に取り入れた建築物の計画(注3)・建築物の外 [続きを読む]
  • 平成30年度 一級建築士試験の製図課題が発表☆
  • 平成30年度 一級建築士試験の製図課題===========================課題名「健康づくりのためのスポーツ施設」要求図書 ●1階平面図・配置図(縮尺1/200) ●2階平面図(縮尺1/200) ●3階平面図(縮尺1/200) ●断面図(縮 尺1/200) ●面積表 ●計画の要点等 (注1)・健康増進のためのエクササイズ等を行う温水プール のある建築物の計画(注2)・パッシブデザインを積極的に取り入れた建築物の計画(注3)・建築物の外 [続きを読む]
  • 平成30年度 一級建築士試験の製図課題が発表☆
  • 平成30年度 一級建築士試験の製図課題===========================課題名「健康づくりのためのスポーツ施設」要求図書 ●1階平面図・配置図(縮尺1/200) ●2階平面図(縮尺1/200) ●3階平面図(縮尺1/200) ●断面図(縮 尺1/200) ●面積表 ●計画の要点等 (注1)・健康増進のためのエクササイズ等を行う温水プール のある建築物の計画(注2)・パッシブデザインを積極的に取り入れた建築物の計画(注3)・建築物の外 [続きを読む]
  • ★マンションの建替え
  • ★マンションの建替え1.建替え決議までのプロセス マンションの計画修繕を適切に行っていても、 いつかは建物が終わりを迎えるときがきます。 諸外国では、 マンションは超長期に使う、あるいは建物を解体し、 区分所有関係を解消することが前提ですが、 日本の制度では建替えることが前提となっています。 マンションの建替えは、 個人の居住や所有(財産)に与える影響が大きいため、 法律できめ細かくルールが決めら [続きを読む]
  • ★マンションの建替え
  • ★マンションの建替え1.建替え決議までのプロセス マンションの計画修繕を適切に行っていても、 いつかは建物が終わりを迎えるときがきます。 諸外国では、 マンションは超長期に使う、あるいは建物を解体し、 区分所有関係を解消することが前提ですが、 日本の制度では建替えることが前提となっています。 マンションの建替えは、 個人の居住や所有(財産)に与える影響が大きいため、 法律できめ細かくルールが決めら [続きを読む]
  • ★マンションの建替え
  • ★マンションの建替え1.建替え決議までのプロセス マンションの計画修繕を適切に行っていても、 いつかは建物が終わりを迎えるときがきます。 諸外国では、 マンションは超長期に使う、あるいは建物を解体し、 区分所有関係を解消することが前提ですが、 日本の制度では建替えることが前提となっています。 マンションの建替えは、 個人の居住や所有(財産)に与える影響が大きいため、 法律できめ細かくルールが決めら [続きを読む]
  • マンションの解散・解消
  • ★マンションの解散・解消マンションの再生方法には、耐震改修、大規模な改修、建替えなどがありましたが、あらたな選択肢として解消が加わりました。東日本大震災により大被害を受けたマンションでは、建替えや対規模な改修ではなく、「建物解体・除去、敷地の売却、管理組合の解散、 共有関係の解消」が行なわれました。こういったことを想定していなかった、日本の法体系では民法の原則に従って、全員の合意になります。しかし [続きを読む]
  • マンションの耐震改修
  • ★マンションの耐震改修近頃、頻繁に発生する地震により、耐震計画を検討するケースも増えてきていると思います。そこで、マンションの耐震改修について、ポイントとなる事柄をまとめたいと思います。1.耐震診断 耐震診断とは、地震に対する建物の強さや被害の程度 を診断することです。 日本においては、1978年の宮城県沖地震を受けて、 1981年(昭和56年)に建築基準法施行令が改正され、 建物設計の考え方が大きく変わり [続きを読む]
  • 建築計画 コメンタール
  • 建築計画 コメンタール■■ 重要ポイント ■■ 一級建築士 学科試験 建築計画の重要ポイントを整理したものです。知っておくべき基本事項、および設計製図にも役立つものを念頭に整理しました。§1.都市計画・マネジメント§2.居住施設§3.学校教育施設§4.社会教育施設§5.医療施設§6.高齢者施設§7.商業施設§8.細部計画§9.防災・避難 [続きを読む]
  • 計画 コメンタール 防災・避難
  • 建築計画 コメンタール■■ 重要ポイント ■■  §9.防災・避難1.防火・防災計画 ①2方向避難の確保が重要 ②エレベーター・エスカレーターを避難経路としてはならない。 ③建物の防火・防災性を高めるには、  防火区画を細分化して防火区画の面積を小さくする。 ④庇、バルコニーは上階への延焼防止に有効。 ⑤横長の窓は縦長の窓に比べ、  噴出する火炎が外壁から離れにくく、  上階への延焼の危険性が高い。 [続きを読む]
  • 計画 コメンタール 細部計画
  • 建築計画 コメンタール■■ 重要ポイント ■■ §8.細部計画1.階段と手すり ①階段のけあげと踏面の関係は、  2R + T ≒ 60? が昇りやすいとされる。 ( R:けあげ、T:踏面)  用途により、建築基準法により規定されている。 ②階段の最も一般的な階段の勾配は30〜35° 程度 ③手すりの高さは、  踏面の先端から成人の場合80〜85?程度。  幼児または高齢者対策として  60〜65?程度のものを設け、  二段手 [続きを読む]
  • コンクリートブロック塀に代わるもの【 生垣 】
  • コンクリートブロック塀に代わるものコンクリートブロックは使い用によっては有効であり、その塀が悪いわけではありませんが、先日の、大阪北部地震(H30.6.18)より、各地でCB塀の撤去等が行われています。では、代替えとしてはどういう計画をするのでしょうか?防犯上も早急に対応する必要があります。この機会にまちなみの緑化というのもどうでしょうか☆//生垣という選択垣根に適した木とは?垣根に適した木の条件と垣根に適し [続きを読む]
  • 計画 コメンタール 商業施設
  • 建築計画 コメンタール■■ 重要ポイント ■■ §7.商業施設1.事務所建築1)レンダブル比  事務室の有効面積 / 延べ面積 × 100 [ % ] ①建築物全体の総床面積に対する割合:  65 〜 75 % ②基準階床面積に対する割合:  70 〜 85 %2)コアシステム  3)基準階計画の基本 ①柱スパンは、RC造では 6 〜 8 mが経済的 ②基準階の階高は、3.3 〜 4.0 m 程度  天井高は、2.6 〜 3.0 m程度4)事務室の計画 ①事 [続きを読む]