たける さん プロフィール

  •  
たけるさん: 1級建築施工管理技士 トラの巻
ハンドル名たける さん
ブログタイトル1級建築施工管理技士 トラの巻
ブログURLhttp://fanblogs.jp/archicome/
サイト紹介文1級建築施工管理技士 合格の為のサポートブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 33日(平均3.8回/週) - 参加 2018/01/10 02:07

たける さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 地盤改良工事 をする時の注意事項
  • 主な地盤補強工事は以下の2点ですが、 ・深層柱状改良 ・浅層改良柱状改良の事故の考察をしたいと思います。設計ミスによるもの 地盤改良したのに不同沈下した 地盤補強しなくて不同沈下した 地震で不同沈下した その他対策:地盤調査はSS試験だけで済まさず   必要に応じて別の試験方法も追加する。 ※SS試験(スェーデン式サウンディング試験)SS試験では1mあたりの半回転数が150を超えると、信頼性が低くなる。追加 [続きを読む]
  • コンクリートは【打つ】もの
  • 先日、コンクリート造の建物の出来形検査を行いました。出来形検査というのは、コンクリートの打設が終了し、その階を支える型枠及び支保工がとれてから仕上工事に入るまえにコンクリートの仕上状態を見るものです。きちんと施工されていたら、それほど、大変な検査ではなく、耐震スリットがある場合はそれらが所定の位置におさまっているか、目地の位置及び深さは正しいか、コンクリートの仕上がり状況でジャンカやひび割れはなど [続きを読む]
  • 地業工事/地盤改良
  • 地業工事深層地盤改良の工法としてはエスミコラム工法やエポコラム工法などがあるが、ここではエポコラム工法の説明を行う。-------------------------------------------------------------エポコラム工法(籠式複合相対回転攪拌工法)-------------------------------------------------------------(一財) 先端建設技術センター建設技術審査証明取得 .. [続きを読む]
  • 新年の験担ぎ
  • 新年の験担ぎはかかせません昨年は奈良のどんと焼き+若草焼き+花火でとても良い年になりましたので、今年も行く予定でいます。春日の大とんど今年は、1/27(土)のようです。@ 春日大社 / 奈良市まずは、どんど焼き巨大な火炉で焚きあげられる勇壮な炎の乱舞に思わず圧倒!春日大社境内の飛火野に火炉(5m×2m、高さ2m)を設置し、正月に神社に持ち込まれた古いお札やお守り、注連縄飾りなどを焚き上げる。(2017年の画像)この火 [続きを読む]
  • 新年、自己啓発の書籍
  • 自己啓発書籍の紹介☆★★☆★☆★☆☆今年の抱負、スケジュールをまとめるのにすくなくとも、年始に一冊、自己啓発の書籍個人的なかたよりがあるかもしれませんが..(笑)   ●「ブラック・スワン ー 不確実性のリスクと本質 」 ナシーム・ニコラス・タブレ著・望月衛訳 ダイヤモンド社 人は自分で思っているほど実際には物事を把握し予測することはできない と著者タブレは言う。 表題のブラッグ・スワンとは、 白鳥は白い [続きを読む]
  • 安藤 忠男 という建築家
  • 安藤忠男という男建築家の学歴を考えると...他のジャンルなら、表現者であろうとする者は、大学へ行かなくなる。場合によっては、中途退学をしてしまう。建築業界は違う。表現者であろうとする者は、しばしば大学院へ進学する。この差はいったい何なのでしょうか?   彼がコンクリートの肌ざわりに魅了されたのは、ルイス・カーンのソーク研究所を写した写真が手がかりになったという。さらに洗練の度合いを高めていった。コン [続きを読む]
  • 鉄骨工事 / 製品検査
  • ================7章 鉄骨工事================鉄骨の製品検査鉄骨造の製品検査には中間検査と受入検査というのがあります。中間検査というのは製作の途中で行うもので全数作ってしまってからの検査で不良が発生した場合に被害が大きくなるようなケースで行うもので、比較的規模の大きいものの場合に行います。受け入れ検査というのはすべての鉄骨部材ができあがった(出来高 100%)時、現場へ受け入れる前に行う検査です。製品 [続きを読む]
  • 現代 日本建築の四相を考える
  • 現代 日本建築の四相を考えるシリーズの第1冊めT_ADS TEXT 02「もがく建築家、理論を考える」東京大学建築学専攻Advanced Design Studies 編東京大学出版会大御所の建築家のたくらみがつづられています。隈 研吾、磯崎 新、香山壽夫、藤森照信、大野秀敏、妹島和世などなどこのシリーズでは戦後の日本建築の多様性を「理論」「技術」「都市」「人間」の四相から見直し、現代の建築に続く問題として考察されています。下記にて、無 [続きを読む]
  • 寒中コンクリートの初期凍害防止対策
  • ----------------------------------------------------寒中コンクリートの初期凍害防止対策----------------------------------------------------コンクリートの温度は、打ち込み後の凍結を避けるためには、10℃程度を確保する必要が、一方、打ち込み温度を上げると所要の単位水量の増加や凝結が早くなること。温度ひび割れが発生する可能性が生じることなどに注意が必要。【 土木学会示方書 】で.. [続きを読む]
  • コンクリートの品質管理(強度)
  • コンクリートの品質管理についてコンクリートの品質管理でもっとも重要なのは、指定された材齢で所定の強度が発現していることです。その規定基準は何に基づいているかというとJIS A 5308-2014(レディミクストコンクリート)の強度の判定基準によります。JIS A 5308によると、強度は①1回の試験結果が購入者の指定した呼び強度の強度値の 85%以上、かつ②3回の試験結果の平均値が購入者の指定した呼び強度の強度値以上である場 [続きを読む]
  • 高力ボルト接合に関する用語
  • 鉄骨工事の用語そのうち高力ボルトに関する基本的な用語をまとめました。覚書にどうぞスプライスプレート: 添え板。継手を構成するために母材に添える板。フィラープレート: 厚さの異なる板を高力ボルトで摩擦接合する場合、 その差が 1mm 以内になるように充填する板。JIS形高力六角ボルト: 頭が六花形の高力ボルト。 ボルトの頭にF10T と刻印されている。 Friction Joint(摩擦接合) 10 tf/?2 = 100 N/mm2 Tensile [続きを読む]
  • 各種コンクリートの施工計画のポイント
  • 特殊なコンクリートの施工計画の注意点【水中コンクリートの施工計画】 ※場所打ち杭、地中連続壁に用いる・水中で材料分離が生じ所定の強度が得られないことがないように、単位セメント量の下限値が決められている。(土木学会示方書)350 kg/?以上、(JASS5)360 kg/?以上・トレミー先端はコンクリート内へ 2m以上挿入すること。・余盛り高さ(土木学会示方書)50 ?以上、(JASS5)50〜100?============================ [続きを読む]
  • 問題の早期解決のために
  • 現場を管理していく上で、問題解決を早い段階で行うことは重要なことです。意匠図と構造図及び設備図の整合があまりとれていない図面で契約してしまった場合、重大な問題に発展しないように最も早い段階で図面の読み込み、問題点を解決しておくべきです。ささいに思える問題でも、後々に重大な問題に発展してしまう場合があるので、注意する必要があります。まさに、ドラッガーのいう「すでに起こった未来」です。契約図を注意深く [続きを読む]
  • コンクリート構造物に発生するひび割れの抑制について
  • コンクリート主任技士試験の問題からですが、コンクリートのひび割れの抑制についてよくまとめられているので、品質問題の対策として参考まで問題)コンクリート構造物に発生するひび割れの抑制について、あなたの専門の立場から記述しなさい。( 32字 × 25行 = 800字 )(H09)【方針】・ひび割れの原因・対象とするひび割れ・抑制の重要性・抑制対策・効果・まとめの順で記述する【解答例 】コンクリート構造物に生じるひび割れ [続きを読む]
  • 平成29年度 1級建築施工管理技士 実地試験 終了
  • 1級建築施工管理技士試験お疲れ様でした。総合資格学院より29年度の 1級建築施工管理技士 実地検定の総評が出ていますのでリンクを貼り付けておきます。参考まで。29年度 1級建築施工管理技士 実地検定の総評29年度 実地 問題実地試験の発表日は 平成30年 2月 2日(金)の予定になっています。当日は、建設業振興基金 ホームページでも受験番号にて確認できるようです。しばらくはお休みですねお疲れ様でした。 [続きを読む]
  • セメントのはなし
  • セメントの性状 ASFSこれを覚えておくだけでいい A → S → F → SC3A C3S C4AF C2Sこれは水和熱の発熱量の順C3A > C3S > C4AF > C2Sであり、強度発現の順C3A > C3S > C4AF > C2S1日 28日 ー 長期ちなみに収縮性の順でもあります。水硬性のカルシウムシリケートを主成分とするクリンカーに適量のせっこうを加えて微粉砕した粉末、及びこれ.. [続きを読む]
  • 鉄筋の基本的力学特性
  • 鉄筋の基本的力学特性品質面での復習ですSD295AとかSD345の295とか345とは?いったい何かというと、降伏強度(fy)のことでそれぞれ、295N/mm2および345N/mm2のこと。その強度までは鋼材の綱種にかかわらず弾性範囲内で弾性係数およびひずみほぼ一定。降伏ひずみεy の求め方は fy = Es × εy より( 物理でいう バネの式 F = k × X と同じ) εy = fy/Es となる。降伏点 降伏点= 降伏点荷重 / 公称断面積 鋼材のヤング.. [続きを読む]
  • 過去の記事 …