僕の詩集 さん プロフィール

  •  
僕の詩集さん: 僕の詩集
ハンドル名僕の詩集 さん
ブログタイトル僕の詩集
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/1021akira
サイト紹介文我流ですが、読みやすく解かりやすい詩です。 人間・人生・生きるをテーマにしています。是非、ご覧くださ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供332回 / 283日(平均8.2回/週) - 参加 2018/01/10 07:23

僕の詩集 さんのブログ記事

  • 僕の詩集No.1833【 受 難 】
  •  受 難     にのみや あきら人間日常の苦労だけでそれ以外受けたくないのが人情でもやって来る戦争原爆地震等々戦争や原爆は人為的なもで避けられないこともないが地震など天災だけはどうしようもない受難日を作ってそれに耐えて行くしかない人類に生き物の世界に課せられた運命だ [続きを読む]
  • 詩集「目的のない旅」のご案内。
  • 詩集「目的のない旅」を(株)文芸社から出版、発売中です。 人間・人生・生きるなどをテーマに、読みやすく解かりやすい詩です。 ご興味がおありの方は、書店に出版社名・書名・著作者名を申し出て、ご購入ください。お取り寄せの形になります。 また、電子書籍の販売も下記の2店舗で扱っております。電子書籍ですと割安になります。是非、ご利用ください。 掲載しました作品は、私の初期作品、約800篇をブログに投稿し、その中 [続きを読む]
  • 詩集「目的のない旅」の電子書籍の販売について。
  • 詩集「目的のない旅」の電子書籍の販売をしております。取り扱い店は、下記の2店舗です。HPを開いていただき、検索欄に、書名・著作者名・出版社名を、同時に打ち込んで検索してください。即、表示されます。電子書籍ですと(700円?税)と格安になります。アクセスをして、是非、ご利用ください。よろしくお願いいたします。   Amazon Kindle ストアhttp://www.amazon.co.jp/kindlestore   楽天 Kobo 電子書籍ストアhttp://bo [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1832【 深 層 心 理 】
  •  深 層 心 理      にのみや あきら人間の心は理解しがたいまして深層心理は迷路のようなもの相手が何を考え何をしようとしているのか判断するするのが難しい人間気持ちを隠したがることが多いい嫌なことは他人には知らせない知られたくない人間はそんな状態で生きているだから秘密を持つのは当たり前深層心理は尚更隠し通したいのが人情 [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1831【 思い出の活用 】
  •  思い出の活用       にのみや あきら人間長く生きていると思い出が溜まってしまうあの時はこうしたかったあの時の気持ちはこうだった良い思い出なら良いが悪い思い出は困る削除したくなるだがそうは行かない一度 脳に収め刻んでしまったものは消せないそれならそれを活かすことだ残っている人生に役立つように料理をする思い出を甦らせ反省し検討し余生の活力にするそれが出来るのが人間ではないか [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1830【 芸 術 5 】
  •   芸 術 5      にのみや あきら芸術は人生を教えてくれるバイブルや経典にはない高貴な教えをしてくれる説明はしない押し付けもしない断定もしない鑑賞する人に任される従って受け取り方がさまざまそれがいいのだ決めつけない人生の教科書幅広い人生の教科書奥深い人生の教科書だから芸術は偉大だ [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1829【 詩 作 12 】
  •  詩 作 12       にのみや あきら 詩作で大切なのは切り口だ構想が決まったらどう料理するかどこをどう切って創って行くか読者が読みやすい出だしにする一行読んだだけで嫌気が差すようでは駄目だどう展開するか期待感があることそして勿論 作品には心があること出来れば教示・教訓が含まれていればなを良い難解で独りよがりは駄目ただ状況を述べただけでも駄目心情をメソメソ述べたものも駄目明るく前向きで建設的な作 [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1828【 詩 人 5 】
  •  詩 人 5        にのみや あきら詩人は人の心を表現するが冷たい与えるだけで後は知らんぷり詩人は僧侶でも聖人でもない平凡な一市民教示や人生相談はしない一見 純真な心の持主崇高な人間に見えるかもしれないがそうではない心を発信するがどれだけ人の役に立っているか怪しいものだ詩人を買い被ってはいけない本当に世の中を良くしよう人助けをしようなどと思ってはいないただ自分の想いを発信して満足しているだけ詩 [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1827【 交 感 】
  •   交 感        にのみや あきら人間同士はどれだけ感応し合えるか気持ちを解り合うには言葉を使うでも交感し合うのは並大抵ではない感応し合えなくて交感がかうまく行かずそれが誤解の元になるそれだけ人間は感情が複雑だと言うことだ人間交感し合って好感を持ち合おう [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1826【 人 生 32 】
  • 人 生 32     にのみや あきら人生ってなんだ人生が終わって見なければ判らない生きていても詰まらないことばかりそれでも努力して生きて行かなければならないこんな馬鹿馬鹿しいことはないでも怠けてものんびり生きても詰まらないのは同じだどっちに転んでも詰まらないのが人生良い人生にするしないは自分次第人生に負けるな生きることに負けるな真面目に生きていればきっと良いことがある [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1825【 地道に生きる 】
  •  地道に生きる      にのみや あきら人生地道に生きるに限るホームランバッターもいいけど苦労・危険がいっぱいそれより地味で手堅く着実に生きる方が賢い平凡いいではないかその方が安定安心着実それを好まない人間はいないはず世の中地道に生きてる人間が大半地道さの中で進歩躍進を目指せばいい [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1824【 モダンジャズ 】
  •   モダンジャズ        にのみや あきら義妹の葬儀の帰りに特急列車の中で携帯用CDプレイヤーでモダンジャズを聴く葬儀のすぐ後で不謹慎と言われるかもしれないが僕はモダンジャズが大好だ特急列車の軽快な走りと流れるようなトリオのピアノ演奏がマッチして爽快感が溢れるモダンジャズは並みの音楽ではない響きは祝い事のように感じるかもしれないが決してそうではない人を慈しみ人を敬う人生を語るモダンジャズは気高 [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1823【 人 生 31 】
  •  人 生 31       にのみや あきら何を掴めとハッキリは言えないがとにかく生きている内に何かを掴まなければならないでないと無駄な人生になってしまう人によって違うだろうが目的は同じ掴み損ねると人生失格誰も援助はしてくれない虚しく悲しい状態になってしまう頼りになるのは自分だけ努力をすれば何かは掴めるでも掴んでもそれで終わりではないそれを活かさなければならない活かすことによってやっと人生の血とな [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1822【 人 生 30 】
  •   人生 30     にのみや あきら人生は味気ない生き甲斐がないだがそこを何とかするのが人間人生に味わい・面白味・やりがいを見つけるのは自分の才能だからノホホ〜ンとしてはいられないのんびりしていると時間がなくなってしまう生き甲斐探しどころではなくなる人生と言う限られた時間で決めてしまわなければならないそうやって努力しても満足できる結果になるかどうか判らないのが浮世 [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1821【 通 学 路 】
  •  通 学 路        にのみや あきらこの道はある大学の通学路になっている時間になると男女交えた若い学生達の行列が次から次へと続く将来の期待と希望を抱いての通学はつらつとした学生達の未来はまだ未知数未来がこの通学路にかかっているきっとこの通学路は学生達に取って思い出深いものとなるだろうこの通学路は未来への人生の希望の道 [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1820【 飛 躍 】
  •   飛 躍     にのみや あきら人間飛躍が必要何時までも旧態依然ではダメ修行の時代から広い世界に飛び込むそして活躍をする質の良い仕事をするため進歩・向上に努力をするだがそれが一筋縄では行かない飛躍しなければならないが突飛な飛躍は他人の反感を買う行き過ぎた飛躍も身を滅ぼす飛躍と言っても簡単には行かない自分のペースに合った飛躍自分の生き方に合った飛躍を探求しよう [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1819【 人 生 29 】
  •   人 生 29     にのみや あきら人生は虚しい人生は寂しい人生は詰まらないそれをどう乗り越えるか虚しくならないように寂しくならないように詰まらなくならないように自分で工夫するしかないそれが人生だ考えないで努力しないで世の中を渡って行こうと思っても無理、大間違い壁を破って山を登って生きて行くのが人間だ人生だ [続きを読む]
  • 僕の詩集No1818【 悲 鳴 】
  • 悲 鳴    にのみや あきら日常 悲鳴を上げたくなることが沢山ある苦痛・恐怖・苦境に合って上げているのならまだしも大したことではないのに悲鳴を上げるのはいただけない何が原因で悲鳴を上げているのかつまらないことで泣き言のために悲鳴を上げているのでは他人に助けを求めても助けてもらえないだろう他人を頼らず自分の力で解決するしかない世の中はそんなに甘くない [続きを読む]
  • 詩集「目的のない旅」のご案内。
  • 詩集「目的のない旅」のご案内。2018-09-18 12:18:57 | ご案内詩集「目的のない旅」を(株)文芸社から出版、発売中です。 人間・人生・生きるなどをテーマに、読みやすく解かりやすい詩です。 ご興味がおありの方は、書店に出版社名・書名・著作者名を申し出て、ご購入ください。お取り寄せの形になります。 また、電子書籍の販売も下記の2店舗で扱っております。電子書籍ですと割安になります。是非、ご利用ください。 掲載し [続きを読む]
  • 詩集「目的のない旅」の電子書籍販売について。
  • 詩集「目的のない旅」の電子書籍販売について。2018-09-18 12:13:19 | ご案内詩集「目的のない旅」の電子書籍販売について。2018-09-03 10:08:24 | ご案内詩集「目的のない旅」の電子書籍販売をしております。取り扱い店は、下記の2店舗です。HPを開いていただき、検索欄に、書名・著作者名・出版社名を、同時に打ち込んで検索してください。即、表示されます。電子書籍ですと(700円?税)と格安になります。アクセスをして、是非、 [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1817【 無 知 】
  •   無 知    にのみや あきら無知は恥ずかしい自分のことに無頓着世情にも無頓着無頓着が故に他人に迷惑がかかるこの世の中で生きるならある程度の常識や知識を備えることでないと世の中を渡って行けないだから教育があり勉学をするそして心身を養うため芸術に親しみ運動をする自分を磨いて自分の幅を広げるのだ無知だから無恥でいいでは、困る [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1816【 根 絶 】
  •  根  絶      にのみや あきら困ったことだが世の中に根絶しなければならないことが山ほどある先ず悪政だ国民のことを顧みない政治政治家に反省を促したい次にテロリストこれも困ったものだ根絶の仕様がないほどはびこっているその次が麻薬個人の問題かもしれないが世の中を不愉快にさせる悪の根源だ根絶しなければならないことはまだまだ沢山ある問題はこれらによって人類が破滅しなければいいが [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1815【 人生の道標 】
  •  人生の道標      にのみや あきら人生の道しるべ如何に生きるべきか誰もがこれを頼りに生きている良い道しるべに出会えばいいがそれが運でもいつまでも道しるべに頼っていても駄目独り立ちが大切青いままだと大人になれない世の中のことを勉強し自分を見つめ自分で道標を決め生きて行かなければならない努力して恥ずかしくない人生を送ろう [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1814【 悔いのない人生 】
  •   悔いのない人生       にのみや あきら面白くない人生なんて悲劇だ同じ生きるなら面白おかしく生きたい苦虫かんで荒んだ顔して生きていてもなんの喜びもない面白おかしく生き人生を満喫するのだ堪能するのだそれにはなにか生きがいを見つけること趣味がいい一ツでいい一度だけの人生悲劇人生にならないように生きよう [続きを読む]
  • 僕の詩集No.1813【 変 質 】
  • 変 質     にのみや あきら自分に病的なところがあると思ったら直すようにしよう詰まらないことに固執したり拘っていると通常でなくなるそれでは他人との和を失う原因にもなる生まれつき備わっている気質だと、言って放っておくと大変なことになる意固地なのもその人の特質だろうが一般的に考えて可笑しいものは可笑しいだから直すようにしよう [続きを読む]