ぽれぽれマンマ さん プロフィール

  •  
ぽれぽれマンマさん: ぽれぽれ育児
ハンドル名ぽれぽれマンマ さん
ブログタイトルぽれぽれ育児
ブログURLhttp://porepore-ikuji.hatenadiary.com/
サイト紹介文母乳育児、子供の発達、おススメ育児用品など、育児に役立つ情報を発信していきます。
自由文母乳育児につまづいた私ですが、混合栄養から完全母乳に成功した3つの方法を記事にしています。ラッチオン、ポジショニング、頻回授乳の効果的なやり方を実践するだけで、おっぱいは出るようになりますよ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 115日(平均2.1回/週) - 参加 2018/01/10 16:29

ぽれぽれマンマ さんのブログ記事

  • 【妊婦・授乳中・幼児】魚の摂取量に注意!水銀の取り過ぎの可能性あり
  • 妊婦生活をしているときに、「魚の水銀が胎児に悪影響を与える」ということを、母子手帳や厚生労働省が配布している資料で知った方は多いのではないでしょうか。ところが、アメリカやEUでは、妊婦だけでなく、幼児と授乳中のママも対象に入れていることをご存知でしょうか。そこで今回は、授乳中のママと子供を育てているお母さんに知っておいてほしい、魚と水銀の関係についてまとめました。授乳中のママと幼児が魚の摂取量に [続きを読む]
  • 【写真】赤ちゃんがしもやけになったので、病院で薬をもらってきた
  • 寒さが厳しくなって、雪が降る日もチラホラ出てきたころ。息子の足にしもやけができてしまいました…!そこで、病院に行って薬をもらうことに。しもやけの進行状態と、病院での処方についてまとめました。しもやけの進行最初は赤くなる寒風が吹き荒れてもおかまいなしで、水たまりの中をバシャバシャ遊んだせいか、暖房費をケチったせいか…、息子の足にしもやけができてしましました…!最初はこんなふうに赤くなっていただけな [続きを読む]
  • 【産後の避妊】授乳中は妊娠しない?正しい授乳性無月経法のやり方
  • 産後の経過が順調であれば、1カ月検診で医師から夫婦生活の許可をもらうことができます。授乳中は妊娠しないと言われますが、それは一定の条件を満たした場合にのみ有効です。そこで、授乳中の避妊方法と、その他の避妊についてまとめました。授乳中の避妊授乳をしていると、排卵するためのホルモンの分泌が抑制されて妊娠しにくくなります。これを利用した避妊方法を「授乳性無月経法」といいます。しかし、授乳を利用した避妊 [続きを読む]
  • 「授乳中にスマホ使ってもいいんだよ」小児科医のつぶやき
  • 「NO!スマホ育児」が大きくうたわれていますが、授乳中にスマホを使って、なんとなく罪悪感にかられた経験ありませんか?そんな中、「授乳中にスマホ使ってもいいんだよ」という小児科医のぱぱしょーさんのツイッターが、子育て中のママから指示されています。授乳中にスマホは使っていいと思います。気分転換に利用する目的もあり、情報を手に入れるためでもあります。授乳期間中は外出へのハードルが高く、スマホが唯一の外 [続きを読む]
  • 母乳育児の危機?
  • 母乳育児に苦労した私ですが、授乳中は、母乳育児に関する情報が限られていることにもどかしい思いをしました。そこで今回は、母乳育児をとりまく環境について考えてみます。母乳育児とインターネット卒乳した今、改めて母乳育児についてインターネット検索をしてみると、たくさんの母乳育児に関するサイトが出てきます。でも、検索結果の上位にくるサイトでさえ、情報源が不確かなものが多く、明らかに誤った内容が書かれている [続きを読む]
  • 情報源が確かな母乳育児のおすすめサイト
  • 出産してはじめて直面する母乳育児の大変さ。母乳育児で悩まれる方はとっても多いです。私もその一人でした。母乳育児をなんとかうまくできないものかと、眠い目をこすりながら、インターネットで検索する日々。でも、情報源の不確かなサイトが上位に表示されたり、それぞれのサイトで正反対のことを言っていたり…。なにが正しい情報なのか、よくわからなくなることがしばしばありました。多くのサイトを訪問した私ですが、その [続きを読む]
  • 情報源が確かな母乳育児のおすすめサイト
  • 出産してはじめて直面する母乳育児の大変さ。母乳育児で悩まれる方はとっても多いです。私もその一人でした。母乳育児をなんとかうまくできないものかと、眠い目をこすりながら、インターネットで検索する日々。でも、情報源の不確かなサイトが上位に表示されたり、それぞれのサイトで正反対のことを言っていたり…。なにが正しい情報なのか、よくわからなくなることがしばしばありました。多くのサイトを訪問した私ですが、その [続きを読む]
  • 母乳育児の支援ができない産科施設
  • 出産という一大イベントの場となるのが、産婦人科医院や助産院といった産科施設です。意外なことに、人員不足や設備上の問題で、適切な母乳育児の支援ができていない産科施設があるということをご存知でしょうか?妊娠中に完全母乳を希望していても、どの産科施設を選択したかが、その後の母乳育児の明暗を分けることになります。母乳育児を成功させるための十ヶ条「母乳育児を成功させるための十か条」は、WHO/UNICEFによ [続きを読む]
  • 母乳育児の支援ができない産科施設
  • 出産という一大イベントの場となるのが、産婦人科医院や助産院といった産科施設です。意外なことに、人員不足や設備上の問題で、適切な母乳育児の支援ができていない産科施設があるということをご存知でしょうか?妊娠中に完全母乳を希望していても、どの産科施設を選択したかが、その後の母乳育児の明暗を分けることになります。母乳育児を成功させるための十ヶ条「母乳育児を成功させるための十か条」は、WHO/UNICEFによ [続きを読む]
  • 【授乳のタイミング】「泣いたら授乳」では遅い。
  • 「泣いたら授乳」と言われますが、実は「泣く」というのは赤ちゃんの最終手段です。赤ちゃんは泣いていると、一生懸命メッセージを伝えようとするあまり、おっぱいを楽しむことができなくなります。赤ちゃんがおっぱいを欲しがっているときのサインを、早めに見つけて授乳を始めることで、スムーズに授乳が行えます。授乳のタイミング授乳のタイミングについては、よく「3時間おきに1回」、「1日に8〜12回」と言われます [続きを読む]
  • 授乳のタイミングとおっぱいサイン。「泣いたら授乳」では遅い
  • 「泣いたら授乳」と言われますが、実は「泣く」というのは赤ちゃんの最終手段です。赤ちゃんは泣いていると、一生懸命メッセージを伝えようとするあまり、おっぱいを楽しむことができなくなります。赤ちゃんがおっぱいを欲しがっているときのサインを、早めに見つけて授乳を始めることで、スムーズに授乳が行えます。授乳のタイミング授乳のタイミングについては、よく「3時間おきに1回」、「1日に8〜12回」と言われます [続きを読む]
  • 【授乳間隔が短い】原因と2つの解決方法。母乳不足を心配しないで。
  • おっぱいをあげてもすぐに泣いて、授乳間隔が30分〜1時間と短い。世間では、「授乳間隔は2〜3時間」といわれているけど、そんなに時間が空くなんて信じられない。授乳間隔が短いと、ママは体力的にも精神的にもまいってしまいますよね。「おっぱいが足りていないのかな?」と不安になったときに知っておいてほしい、授乳間隔が短い原因と解決方法をまとめました。授乳間隔が短い原因1 母乳は消化が速いまず、知っておいて [続きを読む]
  • 【授乳中のヘアカラーとパーマ】母乳育児の専門書を翻訳してみた
  • 授乳中でもオシャレをしたい!母乳育児中のママの中には、ヘアカラーやパーマをあてたいと考えている方が少なくないと思います。ただ、授乳中のヘアカラーやパーマについて調べたところ、日本語のサイトや文献では、根拠があいまいなものしか見つかりませんでした。そこで、ヘアカラーやパーマが授乳中の赤ちゃんに与える影響について、医療関係者が参考にしている専門書を翻訳してみました。ヘアカラーとパーマの母乳への影響結 [続きを読む]
  • 母乳育児の成長曲線を比較してみた(厚労省、WHO、日本母乳哺育学会)
  • 母乳不足感に悩んだときに頻繁に手にするのが、母子手帳にのっている「乳幼児身体発育曲線」だと思います。体重の増え方が、発育曲線のカーブより少しでも外れていると、「おっぱいが足りてないのかな…」と不安になりますよね。ただ、母子手帳にのっている「乳幼児身体発育曲線」は、ミルクで育っている赤ちゃんも含まれているため、完全母乳の赤ちゃんの成長曲線としては、不適切であるといわれています。そこで、母子手帳(厚労 [続きを読む]
  • 母乳育児の成長曲線を比較してみた(厚労省、WHO、日本母乳哺育学会)
  • 母乳不足感に悩んだときに頻繁に手にするのが、母子手帳にのっている「乳幼児身体発育曲線」だと思います。体重の増え方が、発育曲線のカーブより少しでも外れていると、「おっぱいが足りてないのかな…」と不安になりますよね。ただ、母子手帳にのっている「乳幼児身体発育曲線」は、ミルクで育っている赤ちゃんも含まれているため、完全母乳の赤ちゃんの成長曲線としては、不適切であるといわれています。そこで、母子手帳(厚労 [続きを読む]