pipoparun さん プロフィール

  •  
pipoparunさん: おかんと私と、時々長男あるある
ハンドル名pipoparun さん
ブログタイトルおかんと私と、時々長男あるある
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/pipoparun/
サイト紹介文86歳の要介護オカンと同居する娘の心の叫び。きれいごとなんて言ってられないゼ。結構笑える私の小不幸。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 43日(平均9.3回/週) - 参加 2018/01/10 18:52

pipoparun さんのブログ記事

  • 考え方を変えましょう
  • 担当者会議の場でのこと。オカンは、デイケアのお風呂の順番が後の方なのが嫌らしい。相談員に聞いてみると、・ルートにより迎えの時間が決まっている(うちは遅い方になるとのこと)・同性介助なので、午前が女性、午後が男性と決まっている・到着後すぐにバイタルチェックをすることになるが、血圧が高いとなるべく順番を後にして安定した状態で入浴するなどの理由があった。オカンに、なぜ、入浴の順番が遅いと嫌なのかを聞いてみ [続きを読む]
  • 認定結果
  • この度、要介護5から要介護3となったオカン。2年間有効らしい。介護保険も厳しくなって、今まで保険適用だったことが適用外になることもあるらしい。同居ということで、さらにハードルが高くなる。「一緒に住んでるんだから、あなたがしなさい」ってことなんでしょう。いや、無理ですから。私が病気になるわ!というか、要介護5のあの状態から、要介護3まで復活したオカンの生命力、恐るべし。 人気ブログランキングへにほんブログ [続きを読む]
  • リラックス術
  • 私は、とにかく、力を抜くのが苦手。泳いでいても、楽器を演奏していても、脱力すべきところで、脱力できない。「脱力が学べる」ということで、プールで一緒のアスリート女子に紹介され、「システマ」体験に行ってみました。(たいぶ前ですけど)システマジャパン公式ページロシアの格闘術だそうです。「呼吸、リラックス、姿勢、動き続ける」で、小さくて細い男性が、筋骨隆々の男性を指一本で倒していました。どういう状況蚊伝わ [続きを読む]
  • 素敵な脳の構造
  • これは普通なのか?のつづきそう、私のモノが、リビングやキッチン、ダイニングにあると、「捨てられる」。本日、キッチンのシンクの上の水きり棚に目をやるとな、なんと!私のマグボトル発見。私は、200ml/350ml/500mlのマグボトルを持っている。夏はよく使う。出張の時は、お茶やコーヒーを持っていく。※お茶や水、コーヒーをコンビニなどで買うのは、人生の負けと思っている。オカンは、200mlの小さいマグボトルを持っている。 [続きを読む]
  • 件の洗顔石鹸
  • 「なんやら」って何?のつづき。言わないでおこう、と思ったけど、言ってしまった。「この洗顔使った?」「固形石鹸は肌が乾燥するから。新しいのを(ヘルパーさんと)買ってきたから、もう使ってない」「これ、5000円やねんけど」「ええっ?私、1cmくらいしか使ってないし、それに、もう少なくて、手が痛いからチューブから絞れない。」からの、自分の手がいかに痛いかの話に移行。めんどくさっ。どうでもいい話でした。皆さま、今日 [続きを読む]
  • 親子喧嘩の原理
  • youtubeで興味深い解説を見つけました。「武田邦彦の「ホントの話。」2018年2月9日放送」https://www.youtube.com/watch?v=Wy5jyN5Av90いくつかテーマがあり、親子喧嘩については、19:00-43:00くらいまで。(時間がない方は、22:00-32:00位でも大丈夫かな?)子育て中の親側からの解説ですが、基本的には、子から見た親でも同じと考えます。全てがあっているのかというと、よくわかりませんが、考えに取り入れると有用な部分もありま [続きを読む]
  • ありがたいと思います
  • 想像してみよう。もしも、介護保険制度がなかったら。2000年以前にこの状況が起きていたら。今の私の歳の女性で、このポジションにいるのは可能だったか?男性と同等程度に稼げていたか?そもそも働き続けていられたのか?老人福祉法で、これだけリクエストをして、サービスを選択して、自分の生活を守れたのか?いい時代に生きています。皆さまに感謝。 人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 入院中に骨折?(4)
  • 「入所中に骨折?(3)」のつづき(私が考えていた)当初の入所予定は、4月末から7月末まで。入所して直ぐに骨折したけど、予定に変更はなし。入所して、骨折事件が起きて、クーラー故障事件が起きて、色々ありましたが、スタッフの皆さまには本当にお世話になりました。前にも書きましたが、入所してしばらくした頃、看護師さんに言われました。「どんどんリクエストしてください。クレームも言ってください。私たちが言っても全然変 [続きを読む]
  • これは普通なのか?
  • 自宅は、そう狭くはありません。が、私のモノは、全て私の部屋1部屋に置いているため、私の部屋はモノだらけ。そんなの普通のことと思いますか?私だけが使っているコップ、弁当箱、香辛料、フードプロセッサーなど全部私の部屋。しかし、ドライヤーを洗面所に忘れた場合、さらに、そのドライヤーがオカンにとって使いやすいものであった場合、それは、オカンの部屋に行くか、良くても共同のものとなる。これは、昔からの話で、オ [続きを読む]
  • ストレス発散
  • 私のストレス発散方法は、プールで泳ぐこと。全然上手にならないけれど、楽しく泳いでいるのです。運動で適度に疲れると、リフレッシュできる気がします。たまに、泳ぎ過ぎて、疲れすぎることがあります。何事も、ほどほどが一番。皆さまも、疲れすぎないようにご注意を。 人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • やるやる詐欺(2)
  • 巷にはびこる「やるやる詐欺」別名「口だけ番長」「言った限りは、何が何でもやってやる」という傾向がある私も、オカンとの約束に関しては「やるやる詐欺」犯。「今度やっとく」(今度っていつやねん)「そのうちね」(まぁ、そのうちは一生来ないね)「時間があったらやっとく」(オカンに使える時間は現時点でmax) 人気ブログランキングへにほんブログ村い [続きを読む]
  • ナイスアドバイス(1)
  • 夫の母親を同居介護していた友人に「オカンの前に座って、ご飯食べるのは無理」(関連記事)という話をしたら、「あかん、あかん。それはキツい。どうしてもの時は、斜め前に座り」と言われた。さすがっす。彼女はいつもとてもいい意見をくれる。また、彼女からのナイスアドバイスがあると思うので、題名に(1)を追加。 人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 老人の脳と安全装置
  • 丁度、お昼休みに入った、12:01にヘルパーからスマホに入電。「11:45に通院介助で訪問したが、家電も携帯もチャイムも反応がない。クリニックにもいない」という内容。私の午後の予定は、社内研修。客アポではないので、大して段取りなく、帰宅可能。オカンが勝手に日にちを間違えて行っている可能性を考え、行きつけの整骨院、美容院に電話。(スタッフが車いすで送迎してくれています)オカン、どこにもおらず。帰宅するしかないよ [続きを読む]
  • 薬は一包化しよう
  • うちのオカン。たくさん薬があります。クリニックに、なるべく減らしてもらうように依頼をしています。が、朝・昼・夜・寝る前と飲む薬が違い、やっぱりややこしいです。私には、考える事がたくさんあります。今週の仕事の段取り。教えてもらった背泳の手のかきかた。同窓会の準備。などなど。オカンの薬の仕分けに使う時間はありません。そして、何より、私の本気度が薄い(極薄)なので、間違う可能性が大きい。※人間、興味がない [続きを読む]
  • 幸せに生きよう
  • 最近、会社で訃報通知が掲が多いのです。ご両親のご逝去。が、昨日の訃報通知は違いました。同期の女性がなくなりました。同期入社で、同じ事業部に配属されたのは、数十年前。その時、女性は、10名程だったと思います。時はながれ、女性は徐々に少なくなり、残ったのは、私と彼女。その彼女が亡くなりました。配属地も部署も違ったため、数十年間、ほぼ話したことはありませんでした。新人研修の頃から、発達障害気味の印象はあり [続きを読む]
  • 誰も完ぺきではありません。
  • 父が死んだのは、私がまだ20代の頃。1年以上前から大病院で精密検査を続けていて、結局、健康診断で異常が見つかった時には、末期で余命半年。その時は、納得もできず、様々な思いもあったのですが、結局、人の体なんて誰にも分らないのですよ。飲酒運転で暴走している車にはねられたわけではないのです。じゃぁなんで、別の病院に行かなかったのか?その選択は誰がすべきだったのか?人間が作り出した原発ですら処理できないので [続きを読む]
  • 信頼関係は大事
  • 老健入所時の不信、不満や、指摘などたくさんしてきましたが、スッフの方々、お一人お一人は全然悪くないのです。確かに、もうちょっとやり方を考えた方がいいだろう、ということなどはあります。それも、私だってお客様からそう思われている場面はたくさんあります。でも、やりたくても、さまざまな縛りでできないこともたくさんあるのです。オカンが入所していた老健で、最後には、看護師さんから「もっと言ってください。私たち [続きを読む]
  • コンプライアンス問題ですね
  • 限られた資源で、どこまでも、何でもしてもらって、リスクをゼロにしてって言うのは、不可能。老健入所中に、オカンは骨折したけれど、じゃぁ、「家にいたら骨折しなかったのか?」というと、そんなことはない。私が24時間見張っていれば、骨折しなかったのか?というと、そうでもないし、そもそも24時間見張っていることは不可能。というか、私の社会的存在意義はそれでいいのか?という話にもなる。ただ腑に落ちない点は多々あっ [続きを読む]
  • 知ることも大事
  • もともとうちのオカンは、謎であった。子供のころから、父とは話ができたが、オカンとは、話ができなかった。喋らないとか、学校の連絡をしないとか、ではなく、会話がなんとなく常にずれている感じがしていた。恐らく、物事をみる観点が違うのだと思う。なぜか、小学校の時も、担任が女性だと、いつもうまくいかなかった。発言には根拠を求め、会話には常に方向性が欲しかったからかな?どこに向かっているかわからない会話は、ど [続きを読む]
  • 教育は大事
  • とある有料老人ホームで仕事をしていた時に、たまたま聞こえてきた怖い会話。看護師(リーダー)と介護スタッフの申し送り現場。※詳細な言葉・表現などは、憶えていません。看護師「申し送り事項は、まとめて、必要事項を端的に伝えてください」確かに、言われても仕方ない、近所の人との立ち話じゃないんだからみたいな申し送りだった。介護スタッフ「じゃぁ、そのまとめる時間はどうしたらいいんですか?始業の何分前に来てまとめ [続きを読む]
  • 驚愕のカンファレンス
  • またまたオカンが老健に入所していた時の話。入院3ヶ月を経て、無理したら自宅に帰れなくもないけど、「いつか選択肢が施設しかなくなった時のために、オカンも私も1日でも若いうちに経験をしておこう」と考え、老健に入所。3ヶ月で対処予定なので、それに合わせてリハビリの計画を組むように依頼。もちろん、不測の事態もあるだろうが、計画とはそういうもの。それはそれ。前にも書いたように、4月下旬に入所し、GWの最中に風呂で [続きを読む]
  • 逆ルイセンコ
  • 美容院に行った帰りに、百貨店に寄って、オカン用に小マシなおかき、神宗の昆布、日持ちするちょっとしたおかず、本日の夕食にするまぁまぁ高い握り寿司を購入。帰宅後、リビングで紙袋から出していると、いつも座っている椅子に座ったまま、顔だけこちらを向けて見ている。気色悪い。が、見えないこと、無かったことにして、作業を続ける。と、これまたドラマに出てきそうな、弱々しい枯れた声で「私、胃が痛いからご飯は食べない [続きを読む]
  • お味噌の話
  • 骨折以来、オカンの買い物は、ヘルパーさんが車椅子で連れて行ってくれる一番近いスーパー。大型店ではないので、品揃えにも限界がある。家の冷蔵庫に、大手メーカーの味噌が入っていた。ああ、歳をとるってこういうことね。私は、家で、その類の味噌を見たことがなかった。オカンは、いつも、大好きな百貨店の物産展で、特産のこだわり品を購入していた。お金持ちではないけれど、金銭的面で考えると、百貨店までタクシーで行って [続きを読む]
  • 環境は自分で整えるのです
  • 傍若無人私、基本は、やりたい放題。自分の中に正義はあり、根拠も、正当性もあるけど、後で思い返してみると、やり方はどうなんだ?ということがよくある。「あの時こんなこと言ってたよね」という話を聞いた時、「全然覚えてないけど、いかにも私が言いそう」と思うことがよくある。「正しいけど大人としてどうよ?」という発言。この話が何に続くかというと、私は、ケアマネを3回変えました。1人目は、地域包括のNさん。そう、 [続きを読む]
  • ユダヤの法則
  • 「78対22の法則(ユダヤの法則)」(世の中は、すべて78:22で構成されている)というYouTubeを見て思った事。ずっと前から感じていたことと合致するなぁ。*************************「都市伝説」として語られていたので、その信憑性や根拠などはわかりません。興味がある方はググってください。例えば、人の体は水分78%、その他22%で構成されているというもの。********************** [続きを読む]