ハリー東森 さん プロフィール

  •  
ハリー東森さん: シヌマDEシネマ
ハンドル名ハリー東森 さん
ブログタイトルシヌマDEシネマ
ブログURLhttp://harry-higashimori.blog.jp/
サイト紹介文映画歴半世紀 映画は映画館でお金を払って見るのが原則
自由文映画館に足を運び、お金を払って映画を見たからには、その作品のどこが良かったか、どこが気に入らなかったか、 “映画への想い” をちゃんと語るのが映画ファンだと思いつつ小欄を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2018/01/10 21:07

ハリー東森 さんのブログ記事

  • 年賀状 やっぱりこの先どうする? 続き
  • さて、その年賀状。昨年も小欄で綴ってるが、いつまで続けるか。である。終活の一環として、どこかでキリをつけたい。昨年末に昔の職場の同僚から届いた喪中はがきに、「今後も賀状についてはご遠慮させて頂きたいと思います。悪しからずご了承ください」の一文が記載されていた。私の母親は、亡くなる5〜6年前に突然「もーやーめた」と言って、年賀状を出すのを放棄した。私も元気なうちにそうしたい。「そういえば、〇〇さん(私 [続きを読む]
  • 年賀状 やっぱりこの先どうする?
  • 新しい年も一週間が過ぎて、世間はようやっと普段の様相になってきたようである。我が家のお正月といえば、いつもと相変わらずゴロゴロ、グータラの寝正月で、よーく考えてみたら一年中寝正月のようなものである。初詣は毎年お参りしている近所の犬飼山転法輪寺と、長女の家族たちと詣でた橿原神宮。これも毎年のことではあるが、ただただ願うのは “家族の健康” と “宝くじの大当たり” これだけである。引いたおみくじはど [続きを読む]
  • 2018年 劇場観賞映画総括
  • 我が国で一年間に公開される映画の本数をご存知だろうか。関連する業界団体や雑誌によってなぜか公表数値が異なるし、年によって相当なバラツキはあるものの、ざっくりいえば邦画600本、洋画(韓国・中国などアジア系も含め)600本の1,200本ほど。なんと年間1,200本。月に100本。映画評論家さえ、これだけ全ての作品を見ているとは思えないほどの多さである。その数多な作品の中からこの一年、鑑賞した映画が33本。たったの33本。 [続きを読む]
  • 2018年 テレビ観賞映画総括
  • この一年、我が家のテレビで見てきた映画を振り返りたい。ほとんどをWOWOW(一部はNHK BS、地上波民放)で鑑賞した映画の本数は84本。うち初見が50本だった。見始めたものの辛抱ができずに途中で放棄した作品もけっこうあったがそれらは除外している。タイトルを見てもどんな作品だったのか思い出せないものもいくつかあって、どうも情けない。ボケが始まっているのか、いやいや作品のレベルが低かったんだと思いたい。初見50本の [続きを読む]
  • 「アリー/スター誕生」見てきました
  • 今年最後になるはずの映画館で「アリー/スター誕生」見てきました。とにかくレディ・ガガの歌が聴きたかった。特にファンというわけでもないが、アカデミー賞やグラミー賞の授賞式などで披露されるパフォーマンスを見るにつけ、その音楽的才能に魅了されてきた。今回この作品で彼女をちゃんと拝見することができました。レディ・ガガはこんな顔立ちをしていたんだ。場末のオカマバーで、オネエ歌手たちに混じってフランス語で歌う [続きを読む]
  • 風邪をひく
  • 「朝から元気がないやないか 君ぃ どうかしたんかい」「しばらく 風邪ひいて 寝てたんやがな」「なに?」「風邪をひいて 寝てたんや」「そんなことするからや ふとんひいて寝んかい」往年のダイマル・ラケットのしゃべくりである。この数日、風邪でしんどい、しんどい。たかが風邪でもツラいのだ。こんなとき、寄る年波をつくづく感じてしまう。医者からもらった薬の副作用なんでしょう猛烈に眠い。この数日、風邪をひいて、 [続きを読む]
  • 4K8K どうするの
  • 本日12月1日から「新4K8K衛星放送」が低調に始まった。我が家の7年前に購入した55インチのテレビは、4K対応ではないので関係ない。4Kテレビを購入した人たちは、ようやっと見られるかと喜ぶかも知れないが、これまで販売されたほとんどの4Kテレビはチューナーを内蔵しておらず、専用チューナーを取り付けないと見られないらしい。騙されたみたいやないの。さらに今後運用が開始されるWOWOWなどの4K放送は、衛星波がこれまでと変わ [続きを読む]
  • ちゃんと挨拶しなさい
  • 我が家の夕食はだいたい7時くらいである。家人とふたりきりの、いつもながらの質素な食事ではあまり会話も弾まない。テレビをつけながらということになる。昨夜もテレビ朝日系列の「あいつ今何してる?」を見ながらの晩ごはんとなった。さて、そのテレビ番組である。オープニングのタイトルも出なければ、司会進行役の挨拶もなしに始まった。ゲストの紹介も無しである。エンディングはというと、スタッフなどテロップが流れただけ [続きを読む]
  • 1970年のこんにちは
  • 2025年の万博の開催地が大阪に決まった。ちょうど一週間前に万博記念公園へ紅葉を楽しみに行ったこともあり、あの頃のことが蘇ってきた。いまから48年前、私は社会人2年目の19歳だった。当時の職場は奈良市内、といっても郡山市に隣接した片田舎にあった。同期の仲間が数人いたうちで、車を持っているのが唯一私だけだった。安月給だから自分では買えない。姉夫婦から譲り受けたマツダのファミリア1000という車種で、これがまぁ同 [続きを読む]
  • いったい何があったのでしょうか
  • テレビのワイドショーなどを見ていて、アナウンサーやキャスターがニュースを伝える際の言い回しで、気になるのがある。「いったい何があったのでしょうか」これである。例えば、こんな報道があったとする。「〇〇市内に住む女子大生A子さんが、先日の土曜日に自宅からアルバイト先に向かったまま、行方不明になっています。彼女の身に、いったい何があったのでしょうか」A子さんは事件に巻き込まれたのかもしれない。心配である。 [続きを読む]
  • 宝くじをネットで買う
  • 宝くじ購入暦うん十年である。しょっちゅうではないが、ジャンボはほとんど購入している。ロト6とロト7は同じ番号をずっと継続して購入し続けている。「そんなん買うても当たらへんわ」と、家人に言われるが、何処かで誰かは当たっているのである。買わないと当たらないのだ。しかし・・・これまで・・・大して当たっていないのは事実である。それでも買わないと当たらないのだ。ただし、わざわざそのためだけに買いに出るのも面倒 [続きを読む]
  • 「ザ・アウトロー」見てきました
  • 雑誌スクリーン11月号の解説によると、“ロサンジェルスを舞台に、荒くれ刑事たちと伝説の強盗団の激しい攻防をスリリングに描き出す”そうで、主演がジェラルド・バトラーとなると、ちょっと見たくなる。それに近畿圏でも4館だけ、大阪府内では唯一、梅田ブルク7でしか上映していないとなれば、自称“へそ曲がり”は意地でも見たくなる。で、「ザ・アウトロー」見てきました。予想通りの出来で、最後までダレることなくピーンとし [続きを読む]
  • 記憶にない クレジット利用料を問い合わせてみたら
  • 我が家の支出で、クレジットの占める割合は現金よりも相当大きい。クレジットカードで精算できるものは、小さな金額でなければ、たいていはクレジットで払う。「カードなんかはコワいから使わへん」と仰る、いまだにカタクナなお方もいるようで、それが我が国のキャッシュレス決済が普及しない一因かもしれない。が、それではネットショッピングもできない。今や馬券だけでなく宝くじまでネットで買える時代である。我が家はクレジ [続きを読む]
  • 東北に行ってきました
  • 仙台にお住まいのAさんご夫妻から、一度遊びに来てくださいとお誘いがあり、それが漸く実現して、3泊4日の東北旅行に行ってきました。Aご夫妻とは、一昨年12月にキューバからスタートした西カリブ海のクルーズで知り合いになった。今年の2月にも南フランスのツアーにご一緒に参加し、これが三度目の再会になる。これまでこういった、いわゆる団体旅行を通して仲良くなった方々はけっこういたし、次も一緒に行けたらいいね、といっ [続きを読む]
  • 「クワイエット・プレイス」見てきました
  • 50を過ぎたあたりから、どうも怖いものが苦手になってきた。テレビで心霊現象なんかを取り上げた番組をやっていたりするとチャンネルを替えてしまう。ホラー映画なんぞというのはハナから敬遠してしまう。自分なりに、なぜこうなったかと分析してみるに、どうやらあの世が近づいてきて向こう側に行ってしまうような、そんな強迫観念からなのか。本国アメリカで、低予算ながら予想外のヒットとなっているそうなホラー映画となると、 [続きを読む]
  • 「イコライザー2」見てきました
  • むちゃくちゃ強いエエ奴が、むちゃくちゃワリィ奴らを、コテンパンにやっつける。という典型的なハリウッド製アクション映画は私がもっとも好みとするジャンル。その続編となるとこれはもう見たくなる。で「イコライザー2」見てきました。デンゼル・ワシントンはやっぱり強ぇえ。こうゆうの大好き。まず、冒頭のトルコでの列車内のアクションで、主人公マッコールがむちゃくちゃ強ぇえところを見せつける。前作での職業はホームセ [続きを読む]
  • ハワイ旅行 雑感その2
  • もう少し今回の旅行の印象を綴りたい。行き帰りの機内の客層がだいぶ変わってきたような気がする。20代、30代の子連れの夫婦が圧倒的に多い。それも1歳に満たない乳幼児から小学生低学年くらいまでいろいろ。夏休みやゴールデンウィークのオンシーズンを避け、会社を休み、幼稚園や学校を休ませ、料金の安い時期を狙って来ているんでしょう。格差だとか景気の低迷とかいわれるが、そんな印象はこの光景からは感じられない。ホノル [続きを読む]
  • ハワイ旅行 雑感
  • 一昨日ハワイ旅行から帰って、ようやっと一段落しました。ホノルル3泊、マウイ島のキヘイ4泊、ホノルルに戻って5泊。向こうで小欄をアップするつもりでいたけれど、のんびりし過ぎて怠ってしまった。最初の3泊の無料宿泊体験をいいことに、ちょっとゼイタクな旅行をしてしまい、結局のところタダより高いものはないということでしょう。反省。思い返せば、初めての海外旅行、初めてのハワイが新婚旅行だった。昭和50年(1975年)10 [続きを読む]
  • いざ 出発だ
  • 今夜、関空からチョット長めの旅行にでかける。台風21号の影響で、関空の機能がダウンしたときは、その被害の甚大さに、せっかく昨年から計画していたのにこりゃぁアカンやないの。と、諦めかけていた。それがなんと復旧の早いこと。関係者の方々の努力に、ただただ敬服。今回の旅行のきっかけは昨年の9月。羽田へ飛ぶ際の関空での出来事。空港でよく見かけるヒルトン・タイムシェアの勧誘に引っかかった。その昔 説明を受けたこ [続きを読む]
  • 落語会に行ってきました
  • 昨日、神戸文化ホールへ落語を聴きに行ってきました。昼の部と夜の部があり、どちらにしようかと迷ったが、福団治と文枝を天秤にかけて夜の部を選んだ。会場で配られたパンフレットを見てちょっと驚いた。トリは小三治か文枝が務めるものだと思っていたら、小三治が中入前のそれも志の輔の前に出てくるではないの。小三治のトリでじっくり聴きたかった。昼の部にしておいたらよかったのにと後悔した。それでも、78歳の人間国宝 柳 [続きを読む]
  • 「ザ・プレデター」見てきました
  • 「エイリアンVS.プレデター」が出たときには、ここまでやったら世も末だと思い、もうこういうのは映画館で見るのは止そうと決めていた。が、雑誌スクリーン10月号の解説で“1990年の「プレデター2」と直結する正統的続編”と紹介されたら、見たくなってしまう。で、「ザ・プレデター」見てきました。やっぱり映画館で見なくてもよかったな。ダメだねぇ。よくもまぁ次から次へと、取って付けたような話をこさえて繋いでくるもんだと [続きを読む]
  • 「MEG ザ・モンスター」見てきました
  • 「ジョーズ」以来、数多の “鮫で怖がらせる” 映画が作られてきたけれど、まぁほとんどが取るに足らない作品ばかりだった。監督が「クール・ランニング」や「ナショナル・トレジャー」のジョン・タートルトーブで、アクション俳優ではそこそこのジェイソン・ステイサムだとチョット気になる。それに他にこれといって見たい作品もないし・・・。で「MEG ザ・モンスター」見てきました。思っていた以上に面白かったやないの。マ [続きを読む]