デロセアルド さん プロフィール

  •  
デロセアルドさん: アニマロッタ4プレイ日記
ハンドル名デロセアルド さん
ブログタイトルアニマロッタ4プレイ日記
ブログURLhttps://derosearudo.blogspot.jp/
サイト紹介文アニマロッタのプレイ状況などを気まぐれに書いていく。何気に古参だったりする。(2012年開始)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 114日(平均1.8回/週) - 参加 2018/01/11 00:11

デロセアルド さんのブログ記事

  • さらにその後
  • あまり金がかからず楽しめる場所があったので、そこに移行。この空いた期間で自作アニマロッタを一部制作した。「WOLF RPG Editorでアニマロッタ風ゲーム」で検索すると出てくるかも。また、これ系統のものは「アニマロッタプレイ日記」に移行する。 [続きを読む]
  • その後
  • アニマロッタ4をやりたいがあまりやると金がかかるという問題から、自分でアニマロッタらしきものを作ることにした。よってその制作ブログに移転する。「EPGエディターの使い方」で検索。 [続きを読む]
  • 水中歩行作戦始動
  • そろそろ水中歩行をしようかと考え出した。といってもなにを言っているのか分からないので、去年の例を出してみる。小学校の頃プールで顔もつけられなかった我。高学年になっても記録がせいぜい5mしかプールで出なかった我。水を大の苦手としていた我だったが、4月頃は足のつかない水中に存在していたのだ。…舞台はダイビングプール。深いプールを経験してみたくなり、ダイビングプールを貸しきって挑戦。そして恐る恐る手すりを [続きを読む]
  • 4セメスター終了
  • ついに2回生が終わり、3回生を迎えることになる。2017年ではモンパレ課金終了、アニマロッタ4再開始、ボルダリング挑戦(手首付近が激しい筋肉痛)、落下(3.5m)、トランポリン、その他はじめての一人泊まり、ジェットコースター挑戦などいろいろと時代が動いた。モンパレは、1回のガチャで400円。ぼんっとごみが出るだけで400円。10連ガチャはまさかの約4000円である。これはあまりにひどいと見切りをつけたため、以降モンパレの [続きを読む]
  • 実験数学の宿題について
  • 再びレポート課題が出されて、我々は2月5日までにこれをmathematicaノートブック形式でまとめて提出せねばならない。問題としては、合成関数のRealPart(実部)とImaginaryPart(虚部)を求めるとかいうのと、閉曲線に関して線積分して値が0となる(Cauchyの積分定理)のを実際に視覚的に示す?のと、あとは方程式の近似数値解を求める手法としてNewtonRaphson法以外のBisection methodを用いてプログラミングせよとかいう課題。どちらも [続きを読む]
  • マリオ&ラビッツ プレイ感想4
  • ウルトラハードや究極のチャレンジ、難易度の高い目的エリア等の難しいチャプターをインターネットで調べてもみつからなくしょうがなく自力でほぼ全攻略せざるを得なかったマリオ&ラビッツ。結局有力な情報を得たのは3ワールドのコレクターの箱の場所のみか…?スーパーマリオオデッセイでははやく情報がでたのだが、やっぱりマイナー?なだけあってちょっと情報の提供者および提供スピードが滞っているのが問題だったらしい…。今思 [続きを読む]
  • マリオ&ラビッツ プレイ感想3
  • ここでは究極のチャレンジ、アルティメットについて述べる。ラスボスのクッパ討伐後に解放され、ラスボスを倒したからと調子にのって遊びにいくとほぼほぼ全員頭に星が回るであろうというくらいの難易度。おおざっぱに4つのステージの特徴を述べると、1ステージ目→敵を全て倒す2ステージ目→敵を30体倒す3ステージ目→目的エリア(遠い、が1箇所)にたどり着く4ステージ目→キノピオを目的エリアに連れて行く難易度を順に表すと、4 [続きを読む]
  • マリオ&ラビッツ プレイ感想2
  • 本日、チャプターのパーフェクト達成を除き、全てクリアした。さてその中で難易度が高かったものをあげるとするならば、スペシャルチャレンジ8種類と究極のチャレンジ4種類。それと一部のバトル。中でも記憶に残るほど結構やり直しを強いられたのは、1,アイスをもったクラッシャー2匹がいて、どうにかして目的エリアにたどり着く、というもの(今思えば簡単だが、当時はなれない敵利用で苦戦)2,1ターンで6エリアに、アイスクラッシ [続きを読む]
  • マリオ&ラビッツ プレイ感想
  • 我はマリオ系のゲームが好きでもあり、マリオ&ラビッツとかいうゲームをやってみた…。だが…。ムズイというのが率直な感想。さて何がムズイ、のか明らかにせねばなるまい。基本的にストーリーですらイージーモードでも後半は初見クリアは難しいイメージ。なにより2戦目でHP持ち越しというのが一番つらい。まあこれは練習やイージーモードにすることでなんとかなる…が。クッパJrには相当苦戦したし、何よりラスボスが3形態あり、 [続きを読む]
  • アニマロッタ4 今後の方針
  • 39度の熱を2日も出してしまってちょっとしんどくてアニマに行けず残念だったが、今後もアニマをやたらメダルが減らない限り継続する予定である。そしてそれと並行して、アニマロッタの各種確率を求めようかと思った。しかし、そう簡単には求まる確率でないことは分かっている。実際、最も難度が高い、というか事実上不可能なのはチェーンボンバーである。これは配置が完全ランダムではなく、何百パターンもあり、かつゲーム開始時 [続きを読む]
  • アニマロッタ初代 過去の業績
  • ここまで、一度たりとも画像を乗せていないので、エアプか?と思われてもしょうがないし、それ以前に文面だけだとこういうゲームは面白くないだろうから、ここではアニマロッタ初代からレア画像をピックアップしていくつもりである。アニマロッタ開始は2012年3月頃。ちなみにeパス、7時をすぎないとミリオネットの関係上使えなかった。アニマロッタ初代の思い出ワンダーチャンスで0ラインは有無を言わさず、りんごとかまったくくれ [続きを読む]
  • アニマロッタ4 各ゲームの我の記録
  • ビンゴガーデン 初代~4ラインリーチは2回くらい。しかし4ラインは一度もなし。チェーンボンバー 初代~次の1球で確実に全消し(20個近くが全消しリーチ)というのがあり、初代、2代目で比較的まあまあ全消しがあった。アニマロッタ4になってからはなんとなく下の方の番号が当たりやすい…?のはたぶん6ゲーム同時にできるようになったからか…。なお、たしか1つのライン上に番号が一つもない、というパターンがありうる。これ、ひど [続きを読む]
  • アニマロッタ4 クリスタルりんごについて
  • アニマ3の時代では、いやというほど虹たまが出てきてりんごをかき消されて挙句の果てに何ももらえず、というふざけた展開になっていたので、正直虹たまは他の人に出ればいいのにと思わないこともない。またこの場合、クリスタルは1回目の抽選で赤ポケット(確率4/8)に入ってようやく次に1/8や2/8の確率になり、さらに3回目の抽選になれば5/8または6/8で当たる、と記憶している。たぶん。アニマロッタ4ではこの問題点が改善され、羽 [続きを読む]
  • アニマロッタ4 一時お休み
  • ちょっと風邪になってしまったらしく、10時間かそれ以上延々とあふれ続ける鼻水、そして咳は出るし、なんといっても2日間くらい39度まで発熱したりして、残念なことになってしまったので、アニマロッタ4を一時中断して休もうかと思った。なお今日はのどが痛いが、まさかのプレゼンの日。3~4分なのでそれほど大ダメージではないが、当たる確率は50%だと思うので、今日は当たらないことを願う…。 [続きを読む]
  • アニマロッタ4 現時点での印象
  • 現在、ミュージックショップの解放を求めてスター収集中である。解放には残り230個程度の星(オートREBET)と、300個の星(動き)を解放する必要がある。だいたい半年以上のブランクがあったため、未だに2ページ目の前半とまりではあるが、またたく間に星獲得ランキングではトップに躍り出た…がランキングは別に気にしないので、とにかく初代アニマの音楽でJPCをやりたい。ビッグ以上はアニマ4の音楽が好きなので据え置き。現在、 [続きを読む]
  • アニマロッタ4 りんごの収集効率・ワンダーチャンス
  • まずはじめに言うと、機械が回収するつもりなら何をしても当たらないはずなので、とりあえず気休め程度の話であはあるが、やはりそうはいってもかなりゲームによって効率収集に差がでる。以下はそれを個人的なランキング順にしたもの。1位 ビンゴバルーン 基本カドに出て、りんごの取得がFREEの任意配置もありかなり楽。2位 チェーンボンバー 真ん中に出ればとりやすい。端でもまあ、難しいが不可能ではない。3位 アニマツリ [続きを読む]
  • アニマロッタ4 ビンゴバルーンの特徴
  • このゲームがもっともメダルが減りにくく、りんごが集めやすいような気がする。初期FREEマス追加マスは1~3個。最高配当はFREE4個分をオッズアップに、そして縦または横に7つ。あと1個はどこでもよい。これで25倍のオッズアップ4回で125倍。ただしこれは起こりえないといってもいい。狙うは普通に7個ラインビンゴ。ここでオッズアップに当たれば25倍→50倍。しかしこういうときはかたくなにオッズアップしようとしないという。虹り [続きを読む]
  • アニマロッタ4 ビンゴファームの特徴
  • 緑、青、赤カードが存在し、赤になればなるほど期待度アップ。ただし青カードでも緑となんら変わりないはずれカード、そして赤でも右上左上2つずつ構成、中心4マス、風車型FREE、端と真ん中だけFREEでないカードの構成だとちょっと残念。やはり16マス中12マス埋まっているカードが出なければ激熱ではないと思っている。何気にこのゲームは2ラインそろってもあまり配当がアップしないので、緑カードの時点でスーパー、ハイ [続きを読む]
  • アニマロッタ4 ハニーエイトの特徴
  • 8連すれば大きな配当が得られる、しかしまず最低WINの獲得すら難しく、ALLWINの妨げとなる代表格のゲームと言える。正直、直前の7連で終わる可能性が相当高いので、過度な期待は禁物。もう最初から端にスタートがあり、チャンス!が2つではもうだめっぽいムードに。最初から蜂が出てくる連チャンボーナスがあるが、これはかならず番号のない場所に蜂が発生する。8連以降は連チャンするごとに高配当をもらえ、そのたびにアナウンス [続きを読む]
  • アニマロッタ アニマツリーの特徴
  • 継続を行っていき、到達階数を上げていき特別な報酬をもらうゲーム。30F到達でりんご、40F到達ではよりいい色のりんご、50F到達でDIRECTJPC獲得。なお、このアニマツリーのフロア到達ボーナスのりんごは、かなり価値が高いのに注目。同じ金りんごでも、内部値が相当高い、といってもいいだろう。ただし30,40,50F到達直前のフロアで継続失敗することが多いのは日常茶飯事。だんだん登っていくとともに背景が変わっていくのもなかな [続きを読む]
  • アニマロッタ4 チェーンボンバーの特徴
  • 連鎖をしていくぷよぷよみたいなゲーム。赤、ピンク、水色、緑、黄色の5色のブロックと、3種ある爆弾が配置され、これによって連鎖を狙っていく。5連鎖以上でオッズアップ。ただしそのオッズアップの対象は昔は中央ラインにもあった気がしたが最近はほとんど端のラインになった気がする。そしてなにより、初代のころに比べて圧倒的に連鎖によるブロック消去率が落ちたと思う。全消しなど最近は見ていない。全消しの難易度は、初代 [続きを読む]
  • アニマロッタ4 ビンゴガーデンの特徴
  • 初代からずっとあるゲーム。高配当になることもあるが、意外にWINしにくい特徴が。最高配当は60倍。だがこれにつりあわないほどの4ラインビンゴの超激難。我も初代からやっていて、7球終了時点で4ラインリーチになったのはたぶん2回くらい。なにしろ絶対に8球目でないと4ラインは成立しないので。3ラインなら最速でシンキングタイム前に完成する。なお60倍の次のオッズが120倍になっているがディーラーゲームでもしない限り不可能 [続きを読む]
  • アニマロッタ 過去のプレイ歴
  • 最近再びアニマロッタを始めた、ということだが、実をいうと相当な古参である。きっかけはボウリング。とある場所でボウリングをして、帰りにメダル30枚チケットをもらった。そしてカザーン(このとき通常版)をプレイしたがあかん。その後近くにあったアニマロッタ(初代)に目をつけやってみるとなくなったが面白かった。そこで、生まれて初めてゲームセンターに行きだしたのだった。このころは6年くらい前だったのでまだ親と一緒。 [続きを読む]