AerialREAL さん プロフィール

  •  
AerialREALさん: すぐ近くにある世界:野鳥,ネコなど...
ハンドル名AerialREAL さん
ブログタイトルすぐ近くにある世界:野鳥,ネコなど...
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/aerialreal
サイト紹介文都市部近郊でも身近にいる野鳥の飛翔写真など、捏造(餌付け、ヤラセ)のない「本当の世界」の写真です。
自由文近畿地方中部地域の都市部近隣でも身近で観察できる野鳥写真,自然写真やネコ写真(野良ねこ写真)などの絶対非演出スナップです。
各写真の撮影地は、以前にネイチャーフォト系や動物写真系のフォトコンテスト入選作品が出た実績がある場所も多くあります。
カワセミ(翡翠),オオタカなど猛禽類(鷹)など人気の種類に限定せず ものさし鳥まで、大空を自由自在に翔ける姿の飛翔写真(飛びもの)を中心に掲載していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 38日(平均4.8回/週) - 参加 2018/01/11 06:33

AerialREAL さんのブログ記事

  • ハイタカ飛翔/●●お手軽「鳥の写真バッジ」が作れます●●
  • ページトップ(カバー画像)の写真。太陽は上から照らしているので、 上空を飛ぶ鳥を写すと 翼の下面が陰になることが多いですが、 この画では 両翼のかなり広い範囲に 光が入っています。オオタカ・ハイタカ・ツミの ハイタカ属3種は 形状がそっくりで、 色には個体差がある。現場では 「大きさ」の情報を含めて判別できていても、 その記憶がなくなった後になって写真だけを見ても 判別が難しくなるので、 間違ってる可能性も [続きを読む]
  • タイワンリス
  • とある街外れの、 以前には この群れのタイワンリスを被写体にした作品が フォトコンテストでの入選を 複数出している所でのもの。・・・まぁ、この画の良い悪いとは 全く関係ない話ですね x x x現場で目視で見ている時は動きがあるので特に思わないけれど、 写真になると 木の幹とよく似た色をしている。 [続きを読む]
  • カワセミ,カイツブリ・Face,Eye/リアル世界基準とネット世界基準
  • [共通] デジタル , 大砲レンズ , 縮小なしトリミングブログのような 画面上で見せるだけの写真なら、 リアル世界でのプリント用には使えない 画素数がうんと少ない極端なトリミングをしても それなりに見える画にできてしまう。逆には、 リアル世界でのプリント用に使える画をブログ用に縮小すると ディティールがごっそり消失して、 豆粒写真を極端なトリミングで切り抜いた画との差はとても少なくなって、 使い甲斐がない。特に [続きを読む]
  • Film:コサギ/夕焼けの飛び立ち
  • 夕焼け空を映す水面を背景に飛び立つ コサギ。フィルム一眼 , 300mm F5.6ズーム(広角端) , 同時プリントのほぼ全体手が届きそうなほどの近距離だったので、 ズームを最広角にしても 画面いっぱいのサイズになりました。他の人に ここまで至近距離に近づくことはないですが、 私がいても殆ど警戒しないので、 本当に足を踏まれそうな間近に隣接した状況で 平然と採餌していた中でのシーンです。 [続きを読む]
  • Film:アオサギ争い
  • 昔のフィルムでの写真。Y1フィルム一眼 , 300mm F5.6ズーム , 同時プリントのほぼ全体現代はデジタルで気軽に連写!連写!で膨大なコマ数を使えますが、 フィルムでは常に 撮れる残りコマと ランニングコストを考えないといけないので、 軽率にはシャッターを切れない時代でした。 [続きを読む]
  • カワセミ/●●「鳥の写真バッジ」が手軽に作れます●●
  • これは デジタル+大砲レンズ。アホほどトリミングしてます x x xちょっとピント感が甘いか??●● 「鳥の写真バッジ」が手軽に作れます ●●鳥の写真を撮る人が バッグに写真のバッジを付けてたりしますよね?わざわざ“ちゃんとバッジに加工された物”を発注して作ることもできるんでしょうが、 “似たような物”なら 自分で簡単に作れます。この画像の縦横比が 名刺(90mm x 55mm)とほぼ同じなので、 この画像の横が L判( [続きを読む]
  • ●●お手軽「写真バッジ」が作れます●● 作り方の説明
  • 鳥の写真を撮る人が バッグに写真のバッジを付けてたりしますよね?わざわざ“ちゃんとバッジに加工された物”を発注して作ることもできるんでしょうが、 “似たような物”なら自分で簡単に作れます。タイトルに「●●お手軽「鳥の写真バッジ」が作れます●●」と書かれている記事の写真は、 縦横比が 名刺(90mm x 55mm)とほぼ同じで、 構図もプリントとしては小さめの名刺サイズに適したものにしてあります。この画像の横が L [続きを読む]
  • Film:カイツブリ捕食
  • 潜水での採餌行動から、魚を捕らえて浮上した カイツブリ。Y1フィルム一眼 , 300mm F5.6ズーム , トリミングあり ( 3:2 の 400mm相当から 上下を切って 16:9 にした位の画角)水の上で暮らす鳥は、 基本的に たいていは岸から撮ることになるので、 どうしても距離が遠い状況が殆ど。そして、 カイツブリは小さいので、 少し遠いだけでも 望遠でもたいした大きさには写らない。でも、 機会は限られるが、 岸の近くで採餌を繰り返す [続きを読む]
  • Film:ミコアイサ捕食/パンダ鴨
  • 白黒はっきりして 目の周りが黒い“パンダ色”で人気の ミコアイサ。なので、 いつも デカい望遠レンズを担いだ面々が押しかけて来ては退避し、 そこにもまた押しかけて来られては退避し、で、 無限に追いかけ回され続けてしまう。でも、 本来は 人への警戒が特に強いということはなくて、 「わざわざ追い散らす馬鹿げた行動をする面々」さえいなければ、 自然な行動を 近距離から撮れるチャンスがある鳥。だから、 多々いる、 遠 [続きを読む]
  • Film:カワセミ/時代...(2)
  • 現代では、 デジタルの恩恵で 半ば無計画に連写+トリミングで 初心者にも簡単に写せるシーンになっていますが...Y1フィルム一眼 , 300mm F5.6ズーム , 同時プリントのほぼ全体フィルムでは、 トリミング殆どなし+失敗写真でも1コマ何十円もランニングコストがかかったので、 鳥の動体を撮ることの世界観は 今とは全く違う時代でした。 [続きを読む]
  • Film:カワセミ/時代...(1)
  • 後になってから載せるとヘンな感じになりそうなので、今のうちに供養 x x xY1[共通] フィルム一眼 , 300mm F5.6ズーム , 同時プリントのほぼ全体現代では超望遠が手軽に使えるようになって撮れる機会の自由度が格段に広がっているので 悪条件でまで写さなくてもいいんでしょうが、 フィルムの時代はこういう状況でも撮ってたんだな... [続きを読む]