pocoapoco2017 さん プロフィール

  •  
pocoapoco2017さん: 山あり谷あり 投資の記録
ハンドル名pocoapoco2017 さん
ブログタイトル山あり谷あり 投資の記録
ブログURLhttps://ameblo.jp/pocoapoco2017/
サイト紹介文アメリカ株を中心にいろいろな国の株式に投資しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供903回 / 365日(平均17.3回/週) - 参加 2018/01/11 15:43

pocoapoco2017 さんのブログ記事

  • ダウ続伸 ゴールドマン・サックス好決算で急騰
  •  1月16日のダウは155ドル高(+0.65%)と続伸しました。大手銀行の決算を好感しました。  ゴールドマン・サックスは、想を超えた第4四半期決算で、+9.5%とこの10年間で最高の上昇率となりました。バンク・オブ・アメリカも+7.2%と急騰しました。  ダウ銘柄では、14銘柄が上昇しました。去年の騰落率最下位のゴールドマン・サックスが急騰してベストとなり、ベライゾンが−1.76%でワーストでした [続きを読む]
  • 米国市場大きく反発 ユナイテッドヘルス上昇
  •  1月15日の米国市場は大幅に反発しました。ダウは155ドル高(+0.65%)となり、24000ドルを回復しました。S&P500は2600、ナスダックは7000とそれぞれ大台を回復しました。  イギリスの下院でEU離脱案が大差で否決されましたが、事前に分かっていたことで影響はありませんでした。それよりも企業の決算に敏感になっています。 ダウでは、23銘柄が上昇しました。ベストはユナイテッドヘルスノートパソ [続きを読む]
  • ダウは86ドル安で続落 金融が高い
  •  1月14日のダウは86ドル安(−0.36%)となり、続落しました。  ダウ構成銘柄は9銘柄が上昇しました。JPモルガンとゴールドマンカックスの金融株が上昇し、メルクとファイザーの薬品株が下落、アップルも下落しました。 ナスダック100では、スポーツ衣料のルルレモンが+5.73%でベスト、ハードディスクのウェスタンデジタルが−4.95%でワーストでした。 [続きを読む]
  • ダウは週間で2.4%上昇
  •   ダウは先週、週間で563ドル(2.4%)の上昇となりました。昨年末比では、668ドル(+2.87%)の上昇です。200日移動平均線も上向きになろうとしているところです。  上海もこれまでのところは小康状態です。  15日には、イギリスでEU離脱の協定案が採決される予定ですが、承認の見通しは立っていないということで、波乱含みですね。平成28年6月に行われた国民投票でEU離脱派が多数となったとき、日経平 [続きを読む]
  • 香港6日続伸 上海も上昇
  •  1月11日の香港ハンセン指数は+0.55%となり、6日続伸となりました。39銘柄が上昇しました。昨年パフォーマンスが一番悪かったスマホ関連の瑞声科技が+5%でベストでした。ワーストは昨日急騰した中国生物製薬の−3.88%でした。 年初来騰落率では、米菓子の中国旺旺が+12.04%でトップ、自動車の吉利汽車が−19.57%でラストとなっています。 [続きを読む]
  • 日経平均195円高 日立と武田 大幅高
  •  1月11日の日経平均は195円高(+0.97%)と反発しました。  コア30指数も+0.89%上昇しました。21銘柄が上昇し、日立が+8.64%と急騰し、今年になって好調の武田も+5.1%上昇しました。 年初来騰落率では、武田が+19.14%でトップ、村田が−10.57%でラストとなっています。 [続きを読む]
  • ダウ5日続伸で24,000ドル回復 ボーイング上昇
  •  1月10日のダウは122ドル高(+0.51%)となり、5日続伸し、24,000ドルの大台を回復しました。  GEが+5.18%と大幅上昇しています。  デパートのメイシーズは利益見通しの悪化で−17.7%の暴落です。 ダウ構成銘柄では20が上昇しました。ベストはボーイングの+2.55%でした。そういえば、昨年の最初もボーイングがトップを独走していました。ワーストは製薬のファイザーとメルクでした。 ナ [続きを読む]
  • 香港5日連続高 上海は反落
  •  1月10日の香港ハンセン指数は+0.22%となり、5日連続で上昇しました。22銘柄が上昇しました。中でも、中国生物製薬と石薬集団の2つの製薬会社が大幅に上昇しました。 最初の7日間の昨年末からの騰落率では、中国旺旺が+13.69%でトップになっています。 [続きを読む]
  • 日経平均 円高で大幅反落 花王が下落
  •  1月10日の日経平均は、円高が進行したため、263円安(−1.29%)と反落しました。  コア30指数も−0.89%となりました。10銘柄が上昇し、ベストはJR東日本の+2.15%、ワーストは花王の−5.45%でした。 5日目が終わった時点での、昨年末比の騰落率ですが、シャイアーを買収する武田薬品がトップで、+13.36%、花王がラストで、−9.58%となっています。 [続きを読む]
  • 香港大幅続伸 上海も上昇
  •  1月9日の香港ハンセン指数は+2.27%となり、大幅に4日続伸しました。50銘柄中48が上昇しました。ベストは昨日のワーストだった吉利汽車で+8.41%、ワーストはリンクリートの−0.62%でした。  上海総合指数も+0.71%と反発しました。 [続きを読む]
  • ダウ3日続伸 ボーイング上昇
  •  1月8日のダウは256ドル高(+1.09%)となり、3日続伸しました。今年は、FANG+指数と小型株指数ラッセル2000の出足が好調です。 ダウ構成銘柄では、26銘柄が上昇しました。ベストがボーイングの+3.79%、ワーストがシェブロンで−0.44%でした。 ナスダック100では、79銘柄が上昇しました。ベストは飲料のモンスター・ビバレッジの+6.23%、ワーストは遺伝子解析の−4.59%でした。 [続きを読む]
  • 香港は続伸、上海は小幅反落
  •  1月8日の香港ハンセン指数は+0.15%と小幅に続伸しました。34銘柄が上昇しました。ベストはユニクロとも取引のある衣料品製造の申洲国際集団が+3.95%、ワーストは自動車の吉利汽車で−11.28%でした。  上海総合指数は−0.26%と3日ぶりに小幅に反落しました。 [続きを読む]
  • ダウ98ドル高で続伸
  •  1月7日のダウは98ドル高(+0.42%)となり、続伸しました。22銘柄が上昇し、ベストはホームデポの+1.97%、ワーストはコカコーラの−1.3%でした。  私が長期保有しているたばこのアルトリアはダウングレードされて、−3.02%と大きく値下がりしました。  今年になってGEがやたらに元気で、今日も+6.2%と大きく続伸しています。 ナスダック100では、75銘柄が上昇し、ベストはAMDの+8.2 [続きを読む]
  • ダウは一転746ドルの大幅高 
  •  1月4日の米国市場は、昨日から一転して大幅上昇となりました。ダウは746ドル高(+3.29%)となり、昨日の下落分を取り戻しました。  12月の雇用統計が発表され、予想の184000人より、はるかに多い312000人の雇用増となりました。これで10年債利回りが急騰しました。  FRBのパウエル議長が、将来の金融政策について柔軟性を示す発言をしたことを市場は好感しました。 ダウ銘柄30すべてが上昇しま [続きを読む]
  • 香港と上海は大幅上昇 
  •  1月4日の香港ハンセン指数は+2.24%と大幅に上昇しました。50銘柄中47が上昇しました。中でも、値下がりが大きかった石薬集団と中国生物製薬の製薬2社の値上がりが大きくなりました。  上海総合指数も+2.05%の上昇となり2500ポイントを回復しました。そろそろ底を打ってほしいところです。 [続きを読む]
  • 大発会は452円安 村田製作所−9.8%
  •  1月4日大発会の日経平均は452円安(−2.26%)と2万円を大きく割り込みました。一時は700円安がありましたので、少し持ち直しました。  コア30指数も−1.43%となりました。村田製作所、キーエンス、ファナック、任天堂といった値がさ株が大きく値下がりしました。一方、内需株は比較的堅調で、セブンアイHDが+3.35%とベストでした。 [続きを読む]
  • アップルショックでダウ660ドル急落
  •  1月3日は、米国市場は大幅に下落しました。ダウは660ドル安(−2.83%)となりました。ナスダックは−3.04%と下落率が大きくなりました。安全資産である債権が買われ、10年債利回りが急低下しています。  大発会を迎える東京市場ですが、円高進行と米国市場急落のダブルパンチで厳しい幕開けとなりそうです。 ダウの2日目、ベライゾンだけが+0.36%とプラスとなりました。アップルは−9.96%と大き [続きを読む]
  • フェイスブックとお別れ
  •  主な保有株を昨年1年間のパフォーマンスのよいものから並べました。9銘柄の中、プラスになったのはスシローグローバルとアストラゼネカの2つだけでした。この中で、2012年6月に26.07ドルで買ったフェイスブックを年末に手放しました。相次ぐ問題に愛想がつきました。6年半で5倍のパフォーマンスでした。1ドル78円26銭の時に買っていますので、為替を考慮すれば、もう少しパフォーマンスはよくなります。 買 [続きを読む]