pocoapoco2017 さん プロフィール

  •  
pocoapoco2017さん: 山あり谷あり 投資の記録
ハンドル名pocoapoco2017 さん
ブログタイトル山あり谷あり 投資の記録
ブログURLhttps://ameblo.jp/pocoapoco2017/
サイト紹介文アメリカ株を中心にいろいろな国の株式に投資しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 10日(平均13.3回/週) - 参加 2018/01/11 15:43

pocoapoco2017 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • IBM,GE急落 米国市場(1月19日)
  •  週末の米国市場は政府機関閉鎖の懸念が薄らいだことから反発しました。19日は小型株の上昇が大きく、循環物色されています。◎ダウのレースではIBMが大きく下落したため、前日の3位から12位まで後退しました。GEも4日連続で大幅安となり、先が見えない状態で、最後尾を走っています。◎S&P500のベスト3はすべて一般消費財銘柄です。ナスダック100のROSTもそうです。AIで注目されているNVDAも買わ [続きを読む]
  • 政府機関閉鎖懸念で反落 米国市場(1月18日)
  •  1月18日の米国市場は、政府機関閉鎖の危機のため、ダウは98ドル反落しました。上昇スピードがこれまで速すぎたので、当然のスピード調整です。◎昨年度末からの騰落率では、保険のユナイテッド・ヘルスが2位に浮上しました。一方で、GEは3日間大幅続落で最下位に沈んでしまいました。◎ナスダック100のベスト1のASMLはオランダの半導体製造装置メーカーで、昨年度末の173.82ドルから203.36ドルま [続きを読む]
  • 史上最高値更新 米国市場(1月17日)
  •  1月17日の米国市場は、好調な企業決算を受けて、急騰しました。ダウは終値で初の26000ドルに乗せました。S&P500とナスダックも史上最高値を更新しました。◎ダウの上昇スピードがますます加速しています。25000ドルから26000ドルまでわずか8日間で到達しました。◎昨年度末からの騰落率では、ボーイングが他の銘柄のはるか上を飛行中です。GEがマイナスに沈みました。◎個別ではS&P500とナス [続きを読む]
  • ダウ26000ドル維持できず 米国市場(1月16日)
  •  連休明けの米国市場は、ダウが日中280ドル高の26086.12ドルをつけましたが、終値は小反落しました。小型株の下落が大きくなりました。また、恐怖指数VIXが15.2%急騰しました。◎ダウ構成銘柄では、肺がんの治療薬の成功でメルクが買われ、会社の分割案が浮上したGEが売られました。◎昨年度末からの騰落率では、メルクが2位に浮上しました。◎S&P500ではアンダーアーマーが大きく下落しました。◎ [続きを読む]
  • きれいな右肩上がり
  •  1月15日(月)は米国はキング牧師記念日で証券市場はお休みです。  私が長年保有している二つの銘柄の比較をしたいと思います。米たばこ大手のアルトリア・グループ ( MO ) と英製薬大手のグラクソ・スミスクライン ( GSK ) です。両銘柄とも高配当銘柄として注目している人が多いと思います。MOは2010年から、GSKは2008年から保有しています。二つの銘柄の年足チャートを作成しました。上がMO、下がGSK [続きを読む]
  • カップ麺を買ってみた
  •  先週は円高が進んだこともあって、外国株を3つ買いました。  一つ目は、昨年12月に香港市場に上場したばかりの日清食品( 01475 )です。名前からわかるように、日本の日清食品ホールディングスの中国・香港事業子会社です。まだ、上場したばかりでどうなるかわかりませんが、長いお付き合いになるように、中国でもブランド力を高めて成長してくれることを願っています。日本の日清食品が1株約8000円、中国の日清食品が [続きを読む]
  • 週間 三市場の動き(1月8日〜1月12日)
  •  日経平均は111円台まで円高が進んだため、先週0.3%下落しました。ニューヨークでは110円台をつけていますので、週明けはどう反応するでしょうか。  ダウは先週だけで2%、507ドルも値上がりしました。これで昨年度末からは4.4%、1084ドルというあきれるほどの値上がりです。  目立ちませんが、上海も好調です。昨年度末には、200日移動平均ぎりぎりまで下げて、どうなるのか心配しましたが、その後 [続きを読む]
  • どこまで行くの? 米国市場(1月12日)
  •  週末の米国市場は、JPモーガン、ブラックロック、ウェルズ・ファーゴの銀行株が、予想より良い四半期決算を発表したことや小売り売上高が良好だったことから力強く続伸しました。2003年以来の良い1年のスタートだそうです。◎ダウ構成銘柄の動き 上昇24銘柄 下落6銘柄  ベスト3   ボーイング 2.47%   シスコ 1.92%   メルク 1.84%   ワースト3   GE −1.37%   IBM  [続きを読む]
  • 急騰 米国市場(1月11日)
  • 1月11日の米国市場は、世界同時経済成長と企業の決算発表への期待から急反発しました。 4つの指数とも大幅に騰がりました。中でも小型株指数のラッセル2000が1.73%の大幅上昇でした。昨年度比騰落率ではボーイングがダウ構成銘柄の一番上を飛んでいます。また、S&P500構成銘柄でもデルタ航空等の航空会社が好調です。反対に消費関連株が弱いです。 ◎ダウ構成銘柄の動き 上昇26銘柄 下落4銘柄 ベスト3  シ [続きを読む]
  • 一休み 米国市場の動き(1月10日)
  •  1月10日のアメリカは3つの指数とも小幅に反落しました。中国がアメリカ国債の買い入れを縮小、または停止する懸念が出たこと、そして、トランプ政権が、NAFTA(北米自由貿易協定)から脱退する懸念が出ました。ダウ構成銘柄の動き 上昇13銘柄 下落17銘柄  ベスト3   ジェネラル・エレクトリック +1.99%   JPモーガン +1.10%   メルク +0.88%   ワースト3   インテル  [続きを読む]
  • 米国市場の動き(1月9日)
  •  1月9日の米国市場は3つの指標とも続伸しました。企業の決算発表の時期が近づき、楽観論が優勢となりました。  ダウ構成銘柄の1日の動き ベスト3  ボーイング +2.67%  ジョンソン&ジョンソン +1.59%  ジェネラル・エレクトリック +1.53%  ワースト3  インテル −2.5%  ウォルマート −1.2%  プロクター&ギャンブル −0.73%  昨年度末からの騰落率順に並べました。 [続きを読む]
  • 長期のパフォーマンス
  •  何度も書いていますが、昨年は日米で株式が下記のようにすばらしいパフォーマンスを上げました。 人間というのは不思議なもので、去年のすごい数字を基準にして、今年のパフォーマンスを見込むようになります。だから、皆さん非常に強気になるのだと思います。ここは、一度頭を冷やすために、長期の株式のパフォーマンスを計算してみました。 1997年からの20年間と2007年からの10年間の年平均上昇率を計算すると [続きを読む]
  • フェイスブック株 10倍達成
  •  フェイスブック ( FB ) の株が年明け急騰し、投資資金が円建てで10倍になりました。購入は2012年6月ですので、5年半かかりました。  購入  26.07ドル 1ドル  78.26円 現在 186.85ドル 1ドル 113.10円  外国株への投資はうまく行けば、株価の上昇と円安のメリットを享受できます。 もちろん、逆になれば、株安と円高というダブルパンチをくらい、ダメージは大きいです。私はこれま [続きを読む]
  • どうにも止まらない
  •  ダウは1月4日に25000ドルの大台に到達しましたが、そこに至るまで、それぞれの大台に到達した日時とそれに要した日数を調べました。 2016年11月の大統領選以来、アメリカの株価の上昇が止まりません。だんだん加速がついて、急角度の上昇になってきています。24000ドルから25000ドルまではわずか23日で到達しました。これはもう、行くところまで行くしかないでしょう。私としては大相場が生まれてか [続きを読む]
  • 週間 三市場の動き(1月2日〜1月5日)
  •  皆さん本当に強気です。私はこの上昇スピードにとてもついていくことができません。週末、ニューヨークはダウ、S&P500、ナスダックとも史上最高値を更新しました。雇用統計が予想より下回る148000人のプラスでしたが、FRBの政策には影響がないだろうとのことです。  日経もたった2日間で、ニューヨークや上海を上回る上昇率でした。200日平均との乖離も広がっています。  上海が昨年の遅れを取り戻せるか注目で [続きを読む]
  • インデックスファンドの動きから
  •  三菱UFJ国際投信のイーマクシス・シリーズは様々な資産クラスのインデックスファンドを提供しているので、参考になります。海外資産クラスも円建ての動きがわかります。2017年の騰落率を調べました。 改めて、2017年は株式クラスが騰がったことがわかります。中でも新興国株式が高騰しました。毎年、買われるセクターは入れ替わることが多いですので、今年はひょっとすると、国内リート、米国リート、コモディティ [続きを読む]
  • スタートダッシュ
  •  1月2日から取引が始まったアメリカ市場の勢いが止まりません。ダウは2日間で200ドル以上騰がって、最高値を更新し25000ドルが視野に入ってきました。 S&P500 も初めて、2700ポイントをつけ、ナスダックも7000台に乗りました。小型株の指標であるラッセル2000も大幅に騰がっています。原油も騰がっています。  ダウ構成銘柄では、今年の犬の中の犬、GEが2日間で4%上昇しました。同じく犬に選ばれたエク [続きを読む]
  • 銅関連株
  •   2017年は世界同時好況ということで銅が31.9%も上昇しました。そこで、世界の銅関連の銘柄を調べました。やはり、よく騰がっています。今から買うには、少し遅い気がしますが、表中では、オーストラリアのBHPビリトンとイギリスのリオ・ティントの配当利回りが魅力的です。 [続きを読む]
  • 2017年の振り返りと2018年に向けて
  •  ここ数年、一番利益を上げられやすい投資対象は、日本の優待株投資だったと思います。優待株を売ることなく握りしめていた人が一番資産が増加していると思います。私は、途中で売ってしまって、後悔することが何回かありました。私の持株の中では、ヨシックス、ファンケル、カワタ、クロスキャット、AGS、バリューHR、コシダカ、ビックカメラ、エスケーホーム、グッドコムアセット等がよく騰がりました。アメリカ株に投資してい [続きを読む]
  • 過去の記事 …