朱璃 さん プロフィール

  •  
朱璃さん: 本当は身近な霊感ブログ
ハンドル名朱璃 さん
ブログタイトル本当は身近な霊感ブログ
ブログURLhttp://akarinotobira.com/
サイト紹介文心が折れそうな時には、どうぞ訪ねて下さい。一歩を進めるヒントがきっと見つかるはずです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 157日(平均2.5回/週) - 参加 2018/01/11 16:23

朱璃 さんのブログ記事

  • 問題を解決したいのならば感情を捨てなさい
  • 自分を悩ませている問題は単なる現象だと受け取り、客観的に問題をみつめることが大切です。例えば金銭的に苦労している人が、お金の都合がつけば問題解決でしょうか。旦那の浮気に悩んでいる方は、旦那が浮気相手と別れたら問題は解決するでしょうか。また持病に不安を抱えている方が、持病が治ったと主治医に言われたら、それで問題は解決するのでしょうか。既に気が付かれたことかと思いますが、目の前に起こってることは単なる [続きを読む]
  • 許せないからこそ、手放しましょう
  • 四十五歳を過ぎた頃から、「まっ、いいか」と流すことができるようにもなりました。それまでは些細な言葉ひとつで神経を揺るがし、怒りの感情を野放しに出来ず、「ちょっと、待ってよ。冗談じゃないわよ」ってことになり、納得のいくまで追求していくことが日常茶飯事でした。そんな性格ですから相手がお客様であろうと、そこの部分は譲れずに、「お金を払えば、何をしてもいいって訳じゃないんだ」って具合に、客席で始まっちゃう [続きを読む]
  • 心魂が引き寄せるもの
  • 友人から依頼で、お仕事のお付き合いのある方のご家庭の、霊視鑑定をさせて頂いたことがあります。その方は食肉となった家畜処分のお仕事をしていらっしゃるのですが、ご家族の精神面に大きな問題を抱えていらっしゃいました。ご子息に「邪気」が取り憑き、引き籠り・精神障害を引き起こさせています。更に奥様にも軽度の「鬱」の症状がみられます。ご職業そのものに問題があるのではなく、その方の心魂に問題がありました。私達人 [続きを読む]
  • 霊視鑑定の在り方
  • 公に霊視鑑定を開示してから十年が過ぎ、対面鑑定・出張鑑定と実際にご依頼者の方や、そのご家族に直接お会いする機会が多くあります。出張鑑定の場合には、お自宅や土地を霊視することが多く、八宅派風水等の準備がありますので、或る程度の鑑定内容をお聞き致しますが、対面鑑定の場合には、ご依頼者の他に霊視に関わる方のお写真を、ご持参頂く旨をご連絡するだけで、霊視鑑定の具体的な内容を事前に伺うことは殆どありません。 [続きを読む]
  • 霊視鑑定結果のご感想 「潜在意識の記憶」
  • * 実際に頂戴致しました霊視鑑定結果のご感想を順不同にて、一切の手を加えずに掲載しておりますが、特定の固有名詞等に関しては●●の表示にさせて頂きました。(投稿日と感想受信日は同一ではありません)*安可吏の名前はHPを開設した当初から、朱璃に改名をするまでの字体です。鑑定ありがとうございました。何度も読み返しました。ほっとしました。友人については、今まで誰にも聞けなくて、誰かに尋ねたかった事でした。ただ [続きを読む]
  • メロディーが感動を引き寄せるには理由があった
  • 大分前になりますが、アーティストの谷村新司さんがトーク番組に出演されていた時のお話が、とても心に響き身動きが出来なく、昼食中の箸を持ったまま聞き入っていました。忠実に記憶をしたつもりだったのですが、いざ活字にしようとすると録画しなかったことを後悔するばかりです。うろ覚えの箇所もあり、私自身の解釈の問題もあるかとは思いますが、予めご理解の上、読んで頂ければ幸いです。音階には意味があるそうです。ドは土 [続きを読む]
  • 福島原発事故が見せたスピリチャル「諸行無常」
  • 至る所で耳にしていた「不況」という言葉を聞かなくなって久しくなります。商品を製造しても売れず、お金は動かず、人は動けなくなり…、殺伐とした月日が淡々と過ぎて行く中で、地元の中小企業の経営者であるお客様方も、例に漏れずして「不況」の波に飲まれ掛け、「参った」と声を揃えていたものです。当時経営をしていた私の店の売上も、想像を絶するほどの下降線を辿っていましたが、個人経営のビジネスには打開策など、どう足 [続きを読む]
  • 我慢からの解放
  • * 実際に頂戴致しました霊視鑑定結果のご感想を順不同にて、一切の手を加えずに掲載しておりますが、特定の固有名詞等に関しては●●の表示にさせて頂きました。(投稿日と受信日鑑定結果は同一ではありません)*安可吏の名前はHPを開設した当初からのもので、朱璃に改名をするまでの字体です。上杉 安可吏 さま鑑定していただきましてありがとうございます。現状をそのまま言われており、大変驚いております。鑑定を依頼したと [続きを読む]
  • 恋の行方を霊視する
  • * 実際に頂戴致しました(投稿日と同一ではありません)霊視鑑定結果のご感想を順不同にて、一切の手を加えずに掲載しておりますが、 特定の固有名詞等に関しては●●の表示にさせて頂きました。*安可吏の名前はHPを開設した当初から、朱璃に改名をするまでの字体です。上杉 様鑑定結果をお送りいただき、ありがとうございました。今迄に鑑定していただいた皆様のおっしゃる通り、「何でわかるの?」とまず驚きました。(笑)akari≪ [続きを読む]
  • お申し込みフォームのメンテナンスに関して
  • 只今、お申し込みフォームのメンテナンス中につき、大変ご不便をおかけいたしますが、下記メールアドレスよりお申し込みください。● 霊視鑑定のお申し込み先 ●*HPお申し込みフォームより送信して頂きますと、送信完了のお知らせが表示されますが、メールの送信に不具合が生じておりまして、受信できておりません。現在、調整中でございますので、お手数でございますが、上記「霊視鑑定のお申し込み先」よりお手続きをお願いし [続きを読む]
  • 子供たちが「魂」に傷をもつ背景
  • *鑑定結果のご感想はHP開設当初からのものを順不同にて掲載しています。 *朱璃の名前が「安可吏」と記載されているものは、改名以前のものです。 *ご感想は一切の手を加えておりませんが、ご依頼者のプライバシーを特定できるものを●●で消してあります。上杉様 この度は鑑定して下さり誠にありがとうございました!本当におっしゃる通りばかりでびっくりしました。 自分の考え方で、気をつけなきゃいけない事を改めて伝えて下 [続きを読む]
  • 理想をもつことの危険性
  • 安可吏先生           注1) 改名前からのご感想を順不同で掲載させて頂いております                          注2) 記事投稿日と感想のメールを頂戴した日付は違いますこの度は忙しい中での丁寧な鑑定ありがとうございました。私の心の奥にある感覚、そしてそれに起因する負の行動、思考を的確に指摘されつくづく自分ってそうなんだなあと再確認できました。そして、自分ではその部分が [続きを読む]
  • 霊視鑑定結果のご感想 過ち
  • ■ 何方かの特定がされないよう特定の固有名詞だけを隠し、メールの全文を記載しています。霊視鑑定ありがとうございました。夫はこの世にはもういません。それでも一つ一つ丁寧に霊視鑑定をしていただけたことは、メールから伝わってまいりました。これからも頑張ってください。私がHPを立ち上げて霊視鑑定を始め直ぐの、今から十年程前のご依頼者からの霊視鑑定の感想です。HPをリニューアルし、この十年目の節目に、今一度この [続きを読む]
  • 魂の輝きがもたらすもの
  • 人を思いやる気持ちは、実は自分自身の幸福度高め、結果的に自分のスピリチュアル(魂)を輝かせます。例えば、今現在懸命に働いていながらも、経済的困窮から抜け出せずに、金銭的な苦しみを背負っていると仮定し、必ず「極上のステーキを食べるんだ」ということをモチベーションに、歯を喰いしばり社会の渦の中で働いています。どんな困難な出来事も目標を持ちながら、くじけそうな時にはその思いを胸に士気を高めていけば、きっ [続きを読む]
  • スピリチュアル(魂)の輝きがもたらすもの
  • 人を思いやる気持ちは、実は自分自身の幸福度高め、結果的に自分のスピリチュアル(魂)を輝かせます。例えば、今現在懸命に働いていながらも、経済的困窮から抜け出せずに、金銭的な苦しみを背負っていると仮定し、必ず「極上のステーキを食べるんだ」ということをモチベーションに、歯を喰いしばり社会の渦の中で働いています。どんな困難な出来事も目標を持ちながら、くじけそうな時にはその思いを胸に士気を高めていけば、きっ [続きを読む]
  • 魂を育てるという使命
  • 反抗期によくありがちな、「好きでこの家に生まれてきたんじゃないわよ」と、子供は親を選べないを前提の台詞ですが、子供は親を確かに選んで、この世に生れてくるのだと思います。「私はもっとお金持ちの親の元に生れたかった」「私はもっと見識のある親の元に・・・」「私は・・・」と、誰もが一度くらいは、与えられていないことに対しての、       不運を嘆いたことがあるのではないでしょうか。 けれどスピリチュアル [続きを読む]
  • スピリチュアル(魂)を育てるという使命
  • 反抗期によくありがちな、「好きでこの家に生まれてきたんじゃないわよ」と、子供は親を選べないを前提の台詞ですが、子供は親を確かに選んで、この世に生れてくるのだと思います。「私はもっとお金持ちの親の元に生れたかった」「私はもっと見識のある親の元に・・・」「私は・・・」と、誰もが一度くらいは、与えられていないことに対しての、       不運を嘆いたことがあるのではないでしょうか。 けれどスピリチュアル [続きを読む]
  • 生かされているからこそ
  • 私は信仰している宗教をもっていませんが、幼少の頃から仏陀の教えや新約聖書などを意味も理解出来ないまま、ページをめくっていました。何のことやらさっぱり解らなくても、その膨大なページの中に大切な秘密が隠されているような気がして、ドキドキな気持でめくっていた記憶があります。二十代の頃に、ポスティングされていた布教のための小冊子を見つけ、雑誌のコラム欄を覗くような気持で読んでいくと、アメリカのある夫婦のこ [続きを読む]
  • 与えられる如何なることも、生かされているからこそ
  • 私は信仰している宗教をもっていませんが、幼少の頃から仏陀の教えや新約聖書などを意味も理解出来ないまま、ページをめくっていました。何のことやらさっぱり解らなくても、その膨大なページの中に大切な秘密が隠されているような気がして、ドキドキな気持でめくっていた記憶があります。二十代の頃に、ポスティングされていた布教のための小冊子を見つけ、雑誌のコラム欄を覗くような気持で読んでいくと、アメリカのある夫婦のこ [続きを読む]
  • 虚しさの原因はスピリチュアル(魂)との歪みかも知れません
  • 以前ブログへの問い合わせにもありましたが、人は日常の生活のなかで「虚しい」と感じることがあります。私自身も数え切れないほどの経験をしていますし、何処から現れ、何処へ去っていくのか、一日のなかで何度も襲いかかってくることもあります。満たされない、空虚感といった感情を「虚しさ」と呼び、その心の状態に陥っている様を「虚しい」というのだと思いますが、「私はいったい何をしてるんだろ」「こんなことをしていて、 [続きを読む]
  • 虚しさの原因はスピリチュアル(魂)との歪みかも知れません
  • 以前ブログへの問い合わせにもありましたが、人は日常の生活のなかで「虚しい」と感じることがあります。私自身も数え切れないほどの経験をしていますし、何処から現れ、何処へ去っていくのか、一日のなかで何度も襲いかかってくることもあります。満たされない、空虚感といった感情を「虚しさ」と呼び、その心の状態に陥っている様を「虚しい」というのだと思いますが、「私はいったい何をしてるんだろ」「こんなことをしていて、 [続きを読む]
  • 霊視鑑定との向き合い方
  • 霊視鑑定の捉え方に関する投稿の続編です。 『誰にとっての何のための霊視鑑定なのか』を読む大切なことを判断するのは本当に勇気がいることです。洋服一つ買うのにも散々色を迷い、ようやく色が決まったと思ったら、やっぱりあっちの方がいいかな・・・、と行ったり来たり繰り返し迷いながら、挙句の果てには今日は止めようとといった経験が、誰にもあるのではないでしょう。まして今後の人生を大きく左右するであろう重大なこと [続きを読む]
  • 霊視鑑定とどう向き合うのか
  • 霊視鑑定の捉え方に関する投稿の続編です。 『誰にとっての何のための霊視鑑定なのか』を読む大切なことを判断するのは本当に勇気がいることです。洋服一つ買うのにも散々色を迷い、ようやく色が決まったと思ったら、やっぱりあっちの方がいいかな・・・、と行ったり来たり繰り返し迷いながら、挙句の果てには今日は止めようとといった経験が、誰にもあるのではないでしょう。まして今後の人生を大きく左右するであろう重大なこと [続きを読む]
  • 霊視鑑定とどう向き合うのか
  • 霊視鑑定の捉え方に関する投稿の続編です。 『誰にとっての何のための霊視鑑定なのか』を読む大切なことを判断するのは本当に勇気がいることです。洋服一つ買うのにも散々色を迷い、ようやく色が決まったと思ったら、やっぱりあっちの方がいいかな・・・、と行ったり来たり繰り返し迷いながら、挙句の果てには今日は止めようとといった経験が、誰にもあるのではないでしょう。まして今後の人生を大きく左右するであろう重大なこと [続きを読む]
  • 誰にとっての、何のための霊視鑑定なのか
  • 霊視鑑定の限界について考えることがあります。ご依頼者の性格や現状の複雑さによって霊視自体が困難なことや、視えてくることの数々を組み立てることが難しかったり、以前にもブログに書きましたように、霊視の結果を出すことは、医者がMRIの画像を見て病の原因を探し当てることに似ていると思います。其々の因果関係が容易に視えてくることも、霊視の入り口を変え、何度霊視を繰り返しても、断片的なパーツとしてしか視えてこな [続きを読む]