朱璃 さん プロフィール

  •  
朱璃さん: 本当は身近な霊感ブログ
ハンドル名朱璃 さん
ブログタイトル本当は身近な霊感ブログ
ブログURLhttp://akarinotobira.com/
サイト紹介文心が折れそうな時には、どうぞ訪ねて下さい。一歩を進めるヒントがきっと見つかるはずです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 292日(平均1.8回/週) - 参加 2018/01/11 16:23

朱璃 さんのブログ記事

  • 生命の本質 限りある人生のなかで
  • 「死すべき時を知らざる人は、生くべき時を知らず」という言葉を見つけました。夏目漱石が、その美学を自身の執筆の中で紹介している、ラスキンという19世紀イギリスの美術評論家の言葉だそうです。ハッとして筋肉が硬直してしまうような、メッセージに出会うことがあるかと思いますが、細かな意味解釈などせずとも、文言の波動がまず心に刺さります。読み返し「なるほどなあ」と思い、更に読み返し「うまいなあ」と思い、再び読み [続きを読む]
  • 心とはうつろい易く、去っては来るの繰り返し
  • 季節の変わり目には、体調の変化を始め、気持ちに変化が生じることも多く、短い夏が大切だった恋を連れていってしまうと、季節に別れを告げる長雨が、いっそうのこと未練を深くさせるかも知れません。いつの時にでも恋の終わりはあるけれど、うろこ雲を見つけるこの時期の失恋が、格別に辛く感じるのは、季節が冬に向っていく風の音や木の葉の匂いが、寂しさと共鳴し合う波動だからなのだろうかと、毎日届けられる霊視鑑定のご依頼 [続きを読む]
  • 霊視 魂の叫び声が聞こえる
  • この十年の間、霊視鑑定を重ねながら、私は霊視鑑定の意味や価値観を、様々なご依頼者との感慨深い関わり合いによって、手探りで見つけながら現在に至っています。ご依頼者様が抱えている問題や苦悩を、霊視によってその原因を読み解き、解放へと導いていくのが、自身の霊視鑑定の真髄だと自負してきましたが、そのこと以上に重要で、緊迫した問題があることに気が付き始めています。それは「魂」の叫びです。霊視鑑定を依頼してく [続きを読む]
  • 霊視鑑定結果のご感想 「可愛げがあれば愛される」
  • * 実際に頂戴致しました霊視鑑定結果のご感想を順不同にて、一切の手を加えずに掲載しておりますが、特定の固有名詞等に関しては●●の表示にさせて頂きました。(投稿日と感想受信日は同一ではありません)*安可吏の名前はHPを開設した当初から、2017年に朱璃に改名をするまで使用した字体です。上杉 安可吏さまお世話になっております。●●です。鑑定結果をどうもありがとうございました。ホントによくおわかりになるのですね [続きを読む]
  • 霊視鑑定結果のご感想 「だらこそわかること」
  • * 実際に頂戴致しました霊視鑑定結果のご感想を順不同にて、一切の手を加えずに掲載しておりますが、特定の固有名詞等に関しては●●の表示にさせて頂きました。(投稿日と感想受信日は同一ではありません)*安可吏の名前はHPを開設した当初から、2017年に朱璃に改名をするまで使用した字体です。上杉様この度は丁寧な鑑定をありがとうございました。皆さんの感想を読ませて頂いていましたので、当たっている事はもちろん、気持ち [続きを読む]
  • ツキたければ与えよ
  • 日常生活の至るところで、自分に有益に働いたかどうかによって、「ついてる」「ついてない」と運の良し悪しを口にします。「ついてない」を口にする人ほど、更に「ついていない」に遭遇し、逆に「ついている」が口癖の人は、益々もって「ついてる」を引き寄せていますが、これら相反する二人は、本当にツキのある人とツキのない人なのでしょうか。私の身の回りにもこれら二つのタイプを象徴する様な方々がいますが、よおく観察して [続きを読む]
  • スピリチュアル 思考を停止させることのすすめ
  • 名残惜しそうな夏を横目に、日没が確実に早くなっているのを感じます。朝方に窓を開けた時の秋の香りが、もの悲しさを呼び覚まします。夏から秋に掛けて気持ちがゆっくりと沈んでいく経験は、誰もが記憶の何処かにあるかと思います。特別な経験がない限り、夕暮れの風に吹かれるススキを見て、気持ちがワクワクしたり、心が躍ったりすることはないはずで、私達がそこに感じるものは一抹の寂しさであったり、漠然とした不安感といっ [続きを読む]
  • 霊視鑑定結果のご感想 「何故、私はためされたのか」
  • * 実際に頂戴致しました霊視鑑定結果のご感想を順不同にて、一切の手を加えずに掲載しておりますが、特定の固有名詞等に関しては●●の表示にさせて頂きました。(投稿日と感想受信日は同一ではありません)*安可吏の名前はHPを開設した当初から、2017年に朱璃に改名をするまで使用した字体です。「ご感想」 上杉安可吏先生鑑定結果を読ませて頂きました。今まで数回他の霊視鑑定を受けましたが、申し訳ないのですがどの鑑定にも疑 [続きを読む]
  • 霊視鑑定士が知る除霊の必要性
  • 霊視鑑定をインターネットで始めたことで、本当に沢山の方々が過去に霊視鑑定を受け、霊の憑依があると言われ、除霊をして貰った経験ががあることを知りました。それでも状況は何ら変わらず、次から次への霊視サーフィンに乗って、私の元に霊視鑑定の依頼がくるようです。ここで申し上げたいのは、浮遊霊や地縛霊などの霊の憑依によって、何らかの障りが起こっているというのは、実例としては多くはないということです。除霊を専門 [続きを読む]
  • 霊視とは自身の「氣」をもって、「氣」を読み解くものです
  • 「氣」という字が付く言葉は色々あります。皆さんもよく知っている「息吹く」という言葉は、呼吸する・息を吹くといった意味ですが、この「息吹く」という字は、他に「氣吹く」とも書くようです。古代から「息」と「氣」は同じように考えられていたようですね。こういった言葉に出会うと、スピリチュアル=「魂」の一片に触れたような氣がして、ワクワクと楽しくなります。漢字は三千年位前に中国で出来て、日本で漢字が使われるよ [続きを読む]
  • 盆踊りに込められた魂とは
  • お盆に入りましたが、ご先祖様の供養にお墓参りのご予定はありますでしょうか。遠方にいらしてお墓までは足を運べない方も多くいらっしゃるでしょうが、そんな方はご自宅の香炉でお線香を焚き、日頃の無事を感謝し手を合わせるだけでもいいのです。その供養の心はお線香の香りに乗ってご先祖様へと届きます。折に触れて申しあげておりますが、想いは形式ではなく行為に込められたお心そのものが大切で、そのお心でしか繋がることは [続きを読む]
  • 霊視鑑定結果のご感想 「魂の叫び」
  • * 実際に頂戴致しました霊視鑑定結果のご感想を順不同にて、一切の手を加えずに掲載しておりますが、特定の固有名詞等に関しては●●の表示にさせて頂きました。(投稿日と感想受信日は同一ではありません)*安可吏の名前はHPを開設した当初から、2017年に朱璃に改名をするまで使用した字体です。上杉先生昨日は、無理をお願いしまして鑑定をして頂きありがとうございました。先生と話をする前は、あれも聞こう、これも聞こうと頭 [続きを読む]
  • 霊視鑑定結果のご感想 「子を想う」
  • * 実際に頂戴致しました霊視鑑定結果のご感想を順不同にて、一切の手を加えずに掲載しておりますが、特定の固有名詞等に関しては●●の表示にさせて頂きました。(投稿日と感想受信日は同一ではありません)*安可吏の名前はHPを開設した当初から、2017年に朱璃に改名をするまで使用した字体です。上杉 安可吏先生霊視鑑定結果のメールを読んで、本当に驚きました。子供達のそれぞれの性格を的確言いあてています。私自身のことに [続きを読む]
  • スピリチュアル「魂」とは
  • 「魂」って、どこにあるの?「心」って?「魂」=「心」ではありません。「魂」を表現するのは難しいのですが、自分を創造している核というのが適切かもしれません。私達の心は日々の出来事に振り回され、思考と感情の影響によって、日々変化しています。どんな風に変えてしまうのかを決定付ける舵が「魂」です。同じ出来事でも其々に反応が違うのは、過去経験による思考の有り方もさることながら、最終的な決定をする「魂」の違い [続きを読む]
  • 霊視による自分の中の自分探し
  • 前世を知りたいという霊視の依頼はかなりの数になります。それを知ることが良いことかどうか、私はいまだに明確な答えが出ないでいます。この現世に於いて上手くいかないことや望ましくないことを、総て前世に押し付け投げ出してします危険性を度々感じるからです。ただ殆どの方は「腑に落ちた」と少し身軽になられるようです。興味があることや拘り、癖等の原因と結びついていることが多いからかも知れません。多くの方の前世を霊 [続きを読む]
  • 霊視鑑定結果のご感想 「埋められていた井戸」
  • * 実際に頂戴致しました霊視鑑定結果のご感想を順不同にて、一切の手を加えずに掲載しておりますが、特定の固有名詞等に関しては●●の表示にさせて頂きました。(投稿日と感想受信日は同一ではありません)*安可吏の名前はHPを開設した当初から、朱璃に改名をするまでの字体です。上杉安可吏様前世の鑑定ありがとうございました。28日の井戸祈祷の報告が大変遅くなり、申し訳ございませんでした。もう神社が見つかった時点でほっ [続きを読む]
  • 梅雨鬱との向き合い方
  • 何かにつけて季節柄を冒頭に持ってくるのはどうかと思うのですが、既に梅雨が明けたところもあると聞き、軽いため息を付きながら、窓越しに細く光る雨の流れを見ています。今年もまた梅雨の訪れで、私の弱い精神はどんな放物線を描くのだろいうかと、花粉から解放される間もなく憂鬱になるのが恒例ですが、猛暑が数日続いて元気いっぱいだったのも束の間、昨日からのシトシト小雨で、気持がざわついています。もう60年も生きている [続きを読む]
  • 生きてるからこその四苦八苦
  • 心というものは、自分のものでありながら、なかなか言うことを聞いてはくれません。もう泣くなと言い聞かせれば、更に泣き、諦めろと言えば地団太を踏む。勝手にしろと捨て置けば、とぼとぼと付いて来る。昨日晴れても、今日は始終雨だったりします。でもそれでいいのだと思います。明日は晴れて欲しいと願う心に、太陽は射すのですから。生きているからこその、四苦八苦です。ブログランキングに参加していますので、ワン [続きを読む]
  • 無事、お引越しが完了しました!
  • お手のもんだと自負していましたが、開けても開けても段ボールの山で、何とか人間らしい生活が出来るようにと焦りながら、やっと設置したデスクに向って霊視をしていると、人の集中力の凄さ…人間のという意味ですが、むしろこういった望ましくない環境の中の方が、むっ、むっ・・・霊視に入って行き易く、能率もイ良いことを知りました。東大生の半数以上が自室ではなく、リビングの雑念とした場所で勉強をしていたというのも、何 [続きを読む]
  • 27日から29日午後まで、ネット通信が停止します。
  • 6月27日(水曜)から29日(金曜)の午後まで、お引越しのため、ネット通信が出来なくなりますので、ご了承ください。お申込みに関しましてのお返事は、29日に順次ご連絡を差し上げます。またご入金の確認メール、お写真の確認に関しましても、順次処理させて頂きました上でお返事を差し上げます。ご迷惑をお掛け致しまして申し訳ありませんが、何卒ご理解を頂けます様お願い申し上げます。Copyright © 2018 スピリチュアル [続きを読む]
  • 問題を解決したいのならば感情を捨てなさい
  • 自分を悩ませている問題は単なる現象だと受け取り、客観的に問題をみつめることが大切です。例えば金銭的に苦労している人が、お金の都合がつけば問題解決でしょうか。旦那の浮気に悩んでいる方は、旦那が浮気相手と別れたら問題は解決するでしょうか。また持病に不安を抱えている方が、持病が治ったと主治医に言われたら、それで問題は解決するのでしょうか。既に気が付かれたことかと思いますが、目の前に起こってることは単なる [続きを読む]
  • 許せないからこそ、手放しましょう
  • 四十五歳を過ぎた頃から、「まっ、いいか」と流すことができるようにもなりました。それまでは些細な言葉ひとつで神経を揺るがし、怒りの感情を野放しに出来ず、「ちょっと、待ってよ。冗談じゃないわよ」ってことになり、納得のいくまで追求していくことが日常茶飯事でした。そんな性格ですから相手がお客様であろうと、そこの部分は譲れずに、「お金を払えば、何をしてもいいって訳じゃないんだ」って具合に、客席で始まっちゃう [続きを読む]
  • 心魂が引き寄せるもの
  • 友人から依頼で、お仕事のお付き合いのある方のご家庭の、霊視鑑定をさせて頂いたことがあります。その方は食肉となった家畜処分のお仕事をしていらっしゃるのですが、ご家族の精神面に大きな問題を抱えていらっしゃいました。ご子息に「邪気」が取り憑き、引き籠り・精神障害を引き起こさせています。更に奥様にも軽度の「鬱」の症状がみられます。ご職業そのものに問題があるのではなく、その方の心魂に問題がありました。私達人 [続きを読む]
  • 霊視鑑定の在り方
  • 公に霊視鑑定を開示してから十年が過ぎ、対面鑑定・出張鑑定と実際にご依頼者の方や、そのご家族に直接お会いする機会が多くあります。出張鑑定の場合には、お自宅や土地を霊視することが多く、八宅派風水等の準備がありますので、或る程度の鑑定内容をお聞き致しますが、対面鑑定の場合には、ご依頼者の他に霊視に関わる方のお写真を、ご持参頂く旨をご連絡するだけで、霊視鑑定の具体的な内容を事前に伺うことは殆どありません。 [続きを読む]