むうむ さん プロフィール

  •  
むうむさん: 未破裂脳動脈瘤治療から始める日記
ハンドル名むうむ さん
ブログタイトル未破裂脳動脈瘤治療から始める日記
ブログURLhttp://aneurysmdiary.seesaa.net/
サイト紹介文未破裂動脈瘤の治療を機会に始めたブログです。開頭手術の記録や日々の日記などを書きとめます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 45日(平均2.8回/週) - 参加 2018/01/12 12:16

むうむ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 未破裂脳動脈瘤治療記11 ついに入院治療1
  • ついに入院治療のときがきました。午後2時に来いとのことなので、午前中はゆっくりできます。ただ銀行の用事があるので、少し早めに家を出ました。この銀行に時間を取られ、遅刻ぎりぎりになりました。病院の近くにおいしそうな鰻屋があったので、入院前のランチはそこで食べようと思ったのに、食べるどころか昼抜きで病院へ入りました。妻はパート、娘は受験勉強で、単身乗り込みます。病院到着受付はすんなり終わり、病室が告げ [続きを読む]
  • 最後は6連続不合格か
  • 早いもので、子供の受験も明日1日を残すのみ。センター試験は日本史Bで満点を取るという幸先の良いスタート。前半はセンター利用・一般共、実力的に落とせない大学は確実に合格。更に、実力的には受かる可能性が高めの大学にも合格し、中盤から後半にかけて実力よりも高めの入試6連戦に向けて、絶好の展開になりました。6受験する内5は同じ大学です。乱れ打ちです。数撃ちゃ当たる!!(たぶん)の精神です。実力の足りない部分は数で [続きを読む]
  • 未破裂脳動脈瘤治療記10 入院準備
  • 手術が決定してからは精神的にもすっきりし、気分よくすごせました。ジョギングでダッシュしないこととトイレでいきまないこと以外は、特に気をつけることも無し。適当に生活していました。手術延期8月、一人旅に出かけていているとき、見覚えの無い電話番号から電話がありました。出てみると主治医からです。電話の主がわかった瞬間、結構血圧が上がったと思います。何か検査結果で悪いことがあったのかと思いきや、「9月の手術を [続きを読む]
  • 未破裂脳動脈瘤治療記9 参考にしたもの
  • 脳動脈瘤のタイプや治療法は、医療機関のWebサイトで公開されています。また、治療体験は個人のブログがいくつもあります(このブログもその一つになるよう、更新していきたいと思っています)。この頃、私が参考にしたのも、主にそのようなWebサイトでした。色んなサイトを探し回りました。その一部を紹介します。医師一番参考にすべき情報だと思います。自分の動脈瘤を見てアドバイスをくれるのですから。執刀医になる可能性も大き [続きを読む]
  • 受験・発表ラッシュ到来
  • 明日から2月末まで、子供の入試が本番に入ります。センター試験の後、一般受験は2校受けましたが、明日からは受験と合格発表の連続です。センター試験から約1ヶ月、結構長かった。子供も勉強はしているものの、流石に息切れ気味っぽい。こっちも刺激したくないので、あまり「勉強しなくて大丈夫?」とか言えない。今まで頑張って来たのも知ってるし、信じるしかない。大学生は確定センター試験は子供なりに良く出来たというものの、 [続きを読む]
  • 未破裂脳動脈瘤治療記8 開頭決定
  • 私の動脈瘤の場合、開頭でも血管内でも治療は可能といわれました。最終的には自分の判断です。もう検査もやりきり、情報もかなり集めていました。早めには治療したいと考えていたので、あまり時間を置くことなく、主治医やセカンドオピニオン、その他情報を考慮し、治療方法を決めました。開頭してクリッピングです。開頭にした理由私が開頭(クリッピング術)にした主な理由です。血管内(コイル塞栓術)で気になった点は、・私の場合 [続きを読む]
  • Runtasticのトラブル
  • ジョギングする時、距離やペースをつかむのにRuntasticというアプリを使っています。そのアプリが1月最後に走った時から、調子がよくありません。Runtasticは通常、1km毎に距離と走り出しからの時間をアナウンスしてくれます。が、1kmの距離がおかしかったり、アナウンスが遅れたりしたのです。例えば3.4kmとか、中途半端な距離でアナウンスしてくるのです。その日は最初からおかしかったのですが、なんとなく走り終わりの距離が実 [続きを読む]
  • 未破裂能動脈治療記7 1日に破裂する確率って?
  • 私の脳動脈瘤の場合、1年間に破裂する確率は1%〜2%です。それより低い、又は高いことも考えられますが、現代の調査・研究でわからない以上、その数字を受け入れるしかありません。私の場合50歳になったばかりで余命も考えると手術した方が良いと判断されました。しかし、放置しても一生破裂しないことも十分ありますし、今日というか次の瞬間に破裂するかもしれません。そういった不安定な状況で治療すべきか否か悩んでる人もいら [続きを読む]
  • ジョギング再開
  • 昨年11月に脳動脈瘤の開頭手術をして、今年1月からジョギングを再開しました。モチベーション低下11月20日に退院して、本当はすぐにでも走れそうでした(間違いなく走れた)。しかし、11月走らなかったことでモチベーションが下がっていました。私は趣味で週2〜3回ジョギングしています。一昨年(2016年)の走行距離は1609km走でした。昨年(2017年)も10月末で1300km弱走っていて、これは一昨年と同じくらいでした。しかし、11月は入院 [続きを読む]
  • 未破裂脳動脈瘤治療記6 セカンドオピニオン
  • 脳血管造影検査の結果が出た後、知り合いの脳神経外科医にセカンドオピニオンを受けました。好意に甘えて無料で意見を仰いだ形です。普通のセカンドオピニオンだと30分10,000円から20,000円しますから、助かりました。お願いするのに、今までの画像(MRA,3D-CTA,脳血管造影)に、今までの経緯と自分の知りたいことを書いた手紙を添えました。その脳神経外科医は、開頭手術を専門にしています。直ぐに意見をくれました。そのセカンド [続きを読む]
  • 未破裂脳動脈瘤治療記5 嫁を連れて検査結果を聞きに行く
  • 脳血管造影から約2週間後、夫婦で検査結果を聞きに行きました。一応、大きな手術になるかもしれないから、パートナーを連れて行かないと。これって大変な病気になった時の定番でしょ、くらいの気持ちです。診察での説明診察室に入り、次の説明を受けました。・動脈瘤の位置→無くはないが、珍しい位置にある・動脈瘤の大きさ→7mmくらい、突出部(ブレブ)もあり形が悪い・大急ぎではないが、放置しない方が良い・一年以内くらいには [続きを読む]
  • 予想外のセンター試験
  • 道に迷い、会場に到着したのが試験開始10分前とどたばたから始まった我が子のセンター試験ですが、結果としては予想外に頑張ってくれました。国公立大学を狙えるまで科目を広げらず私立狙いなので3科目受験ですが、その夜に発表された予備校の開頭速報で自己採点した結果は大体こんな感じでした。日本史B…100%英語…93%国語…83%ぴっくりです。一教科目の日本史が終わった後「ものすごくできた」とLINEがきたので、日本史は高得点 [続きを読む]
  • 検査で大学病院へ
  • 大学病院へ最初に紹介された病院は、凄く大きい病院でした。その規模に圧倒されつつ受付を済ませ担当科の教授の元へ。その医師は「無くはないけど、変わった場所にあるね。」とコメント。一度、脳血管造影の検査で、精密に調べてみましょうという事になりました。造影剤アレルギーはあるけれど、リスクよりもメリットが大きいということでした。その他、脳動脈瘤のリスクの説明を受けましたが、事前に得ていた知識と大きな差はなく [続きを読む]
  • センター試験
  • 今日はセンター試験、雪国のは人は大変そうです。我が子も出発しました。去年の今頃は冴えない成績だったのでどうなるかと思っていたら、その後グングン成績が伸び、今ではかなりの上位校を狙えるところになっています。「今日から勉強気合入れる」って宣言してから、相当勉強していてたみたいです。スマホもあまり使えないように、親の決めた(自分は知らない)暗証番号でロックしてました。ある意味、有言実行なので、我が子ながら [続きを読む]
  • 造影剤を使ったCT検査
  • 年明け、説明を聞きに2016年12月28日に「動脈瘤有り要精密検査」の結果をもらい、年末年始休暇中は検診施設と連絡取れず悶々とし、1月中旬、やっと検査結果を医師に聞くことができました。年末年始休暇中に動脈瘤のことにを色々調べる時間はあったので、手術しなくても経過観察は確実だろうと思い、何処かの病院を紹介してもらう気で臨みました。診察室に入ると、「動脈瘤が認められる等々」の説明(それはもう調査済みの内容)。「 [続きを読む]
  • 仕事納め後の通知
  • 脳ドックの受診動機私は脳ドックで脳動脈瘤を持っていることを知りました。ありがちですね。会社の制度で「がん検診制度」というのがあり、がんを見つけるための検診を受ける費用の一部を補助してくれます。胃、大腸、肺などを毎年順番に受けていたのですが、受診サイクル的に受ける部位が少なく、脳と腹部を調べることにしました。脳はMRIとMRA、腹部は超音波です。サイクル縮めて心配な部位を調べても良かったんですが、胃はピロ [続きを読む]
  • ブログ始め
  • 今日からブログを始めることにしました。きっかけは昨年した脳動脈瘤の開頭手術です。自分では「それほど気にしていなかった」つもりだったのですが、人生の中で思った以上に大きなイベントとなりました。今まで50年間キズを縫ったことも無い人間が、全身麻酔で頭蓋骨を開けるのですから、考えてみれば当然かもしれませんが。そんなわけで、この経験をきっかけに何かをしたくて、ブログを始めてみることにしました。未破裂脳動脈瘤 [続きを読む]
  • 過去の記事 …