くるみや さん プロフィール

  •  
くるみやさん: ひとにやさしくじぶんにやさしく
ハンドル名くるみや さん
ブログタイトルひとにやさしくじぶんにやさしく
ブログURLhttp://kurumiyasan.com/
サイト紹介文介護ってこんなに楽しい!体験記やあるあるなどを伝えていきます。備後弁が飛び交います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 178日(平均2.3回/週) - 参加 2018/01/12 11:55

くるみや さんのブログ記事

  • 介護研究 抄録の作り方
  • さて,マナブさんに誘われて,事例研究を発表することになったリサさん(「介護福祉学研究 事例研究」)。事例研究のスライド作りも終わりました(「介護福祉学研究 スライドを作る」)。今回は,抄録づくりに挑戦です。スポンサーリンク抄録とは「リサさん,おつかれ。」「おつかれさまでーす。」仕事が終わったリサさんは,マナブさんに声をかけられました。「事例研究の件なんだけどさ,抄録も作っておいてもらいたいん [続きを読む]
  • 介護研究 抄録の作り方
  • さて,マナブさんに誘われて,事例研究を発表することになったリサさん(「介護福祉学研究 事例研究」)。事例研究のスライド作りも終わりました(「介護福祉学研究 スライドを作る」)。今回は,抄録づくりに挑戦です。スポンサーリンク抄録とは「リサさん,おつかれ。」「おつかれさまでーす。」仕事が終わったリサさんは,マナブさんに声をかけられました。「事例研究の件なんだけどさ,抄録も作っておいてもらいたいん [続きを読む]
  • 第二回介護自慢大会
  • 2018年7月1日(日),以前告知していたように(第2回 介護自慢大会告知),「現場介護職員によるわたしたちの介護自慢大会」第二回を開催しました!12時〜16時の長丁場。そのあと,17時〜22時頃まで宴会。第一回介護自慢大会に引き続き,楽しい会となりました。参加者は,私を入れて22名。今回は,学生さんにも来ていただきました。今回は,第二回ということで,前回よりも落ち着いた雰囲気でできたと思います。 スポンサ [続きを読む]
  • 介護福祉学研究 スライドを作る
  • これまで,介護の研究方法について,いろいろ紹介してきた。(「自分たちの介護を研究したい!研究方法のまとめ」)前回,マナブさんに誘われて,事例研究を発表することになったリサさん(「介護福祉学研究 事例研究」)。今回は,事例研究のスライド作りに挑戦です。スポンサーリンクプロットを作るリサさんは,マナブさんに紹介された,事例研究のワークシートを作成しました。「マナブさん,この間教えてもらった事例研 [続きを読む]
  • 介護福祉学研究 事例研究
  • これまで,介護の研究方法について,いろいろ紹介してきた。(「自分たちの介護を研究したい!研究方法のまとめ」)でも,事例研究についてまだ紹介していなかったので,ここで紹介したいと思う。スポンサーリンク法人事例研究会「リサさーん,ちょっと相談があるんだけど。」リサさんが,仕事を終えて,引継ぎが終わったところに,マナブさんが話しかけてきました。「どうしたんですか?」「実はさ,施設長から,法人の事例 [続きを読む]
  • 第2回 介護自慢大会 告知
  • 2018年7月1(日),「現場介護職員によるわたしたちの介護自慢大会」第2回を開催します!このイベントは,現場介護職員が日頃のリハビリや介護への取組について発表する介護自慢大会です!第1回の様子は,こちら(「第一回介護自慢大会」)をご覧ください。みなさんが日頃行っている取り組みや事例を他事業所や他部署の介護職員さんに自慢したり、相談したりして、介護のちょっとしたノウハウやコツを共有できる場にできれ [続きを読む]
  • 介護研究 ポスターの作成・発表
  • 前回,施設長から学会発表をお願いされたリサさん。マナブさんに口頭発表とポスター発表の違いについて説明してもらい,リサさんはポスター発表をすることになりました。(「介護研究 ポスター発表に挑戦する」)さて,今回は前回に続き,ポスターの作成を始めます。スポンサーリンクポスターの作成マナブさんが自分のUSBをパソコンにつないで,リサさんたちにパワーポイントのファイルを見せました。「じゃあ,ポスターを [続きを読む]
  • 介護研究 ポスター発表に挑戦する
  • これまで,介護の研究方法について,いろいろ紹介してきた。(「自分たちの介護を研究したい!研究方法のまとめ」)ここでは,その研究を発表する方法について書いてみる。発表には,大きく分けて口頭発表とポスター発表があるが,ここではポスター発表について紹介する。スポンサーリンクはじめての研究発表「ちょっと,リサさん,いいかなあ。」リサさんはギクッとしました。急に施設長に呼びとめられたのです。「はい,な [続きを読む]
  • 介護研究のテーマ例
  • 「介護の研究をしよう!」と思っても,なかなかテーマを決められない,という人もいるだろう。このブログの読者からも,「研究はしたいけど,何を研究していいのかわからない。」という声を何度かいただいた。そこで,研究のテーマについて,少し書いてみたいと思う。スポンサーリンク研究テーマの決め方「介護研究の進め方(リサーチクエスチョンを立てる)」でも書いたように,研究テーマは,実際のところ何を選んでも良い [続きを読む]
  • 介護研究ーインタビューデータの分析ー
  • 施設長から,職員に仕事を続ける理由について調べるように言われたリサさん(「介護研究ーインタビューの種類ー」)。インタビューガイドも作成して,インタビューをする準備ができました(「介護研究ーインタビューガイドをつくるー」)。さて,今回はインタビューをしたデータの分析について説明します。スポンサーリンクデータの整理リサさんたちは,会議室を借りて,早速同じフロアの職員にインタビューを行いました。イ [続きを読む]
  • 介護研究ーインタビューガイドをつくるー
  • 前回の記事(「介護研究ーインタビューの種類ー」)で,施設長から,職員に仕事を続ける理由について調べるように言われたリサさん。マナブさんに,インタビューの方法についていろいろ教えてもらったリサさんとアキラさんは,職員の方個人個人に,半構造化面接を行うことにしたようです。[ad1]インタビューをシミュレーションする「半構造化面接っていうのは,質問項目を決めておいて,会話の流れに合わせて聴いていくん [続きを読む]
  • 介護研究ーインタビューの種類ー
  • これまで介護の研究法として,条件を比較する実験(介護研究 条件を比較する)やアンケート調査(介護研究−アンケート調査の方法−),単一事例の研究方法(介護研究ーABABデザインを用いた研究ー,音楽療法の効果を検証するーマルチベースラインデザインー)などを紹介してきた。このような方法はすべて,「行動の回数」や行動が起こったか起こらなかったか「Yes / No」で表されるデータ(「01データ」)など,すべて数値化 [続きを読む]
  • 音楽療法の効果を検証するーマルチベースラインデザインー①
  • これまで,単一事例の研究として,ABABデザインを紹介した(「介護研究ーABABデザインを用いた研究ー」,「寝たきりの高齢者へレク活動ーボディソニックの検討ー」)。ABABデザインは,ベースラインのAデザインを実施した後,介入のBデザインを実施し,その後いちどAデザインに戻さないといけない,というデメリットがある。実際の現場では,一度はじめた取り組みをいったんなしにする,というのは,現実的ではないかも [続きを読む]
  • 寝たきりの高齢者へレク活動ーボディソニックの検討ー
  • 介護の現場では,寝たきりの高齢者については,言葉による反応や行動・表情による反応が見られにくいこともあり,多くの介護職員がレク活動などを行いたいと思いながら,それが実践できずにいる現状がある。「寝たきりの方へのレクリエーション」では,そのような状況の中で,どのようなレクリエーションが実践可能なのか,重症心身障害児・者に対する療育活動を参考にしながら,提案してみた。というのは,「寝たきりの利用 [続きを読む]
  • 介護研究ーABABデザインを用いた研究ー②
  • 前回(介護研究ーABABデザインを用いた研究ー①),Aさんに,時間を早めて入浴してもらい,入浴拒否が減らすことができたリサさんとアキラさん。しかし,「それはAさんがうちの施設に慣れたからじゃないの?」と施設長は納得してくれません。施設長に納得してもらうにはどうしたらよいのでしょうか?前回の続きのお話です。スポンサーリンクABABデザイン「ほんと,施設長,むかつく!」アキラさんは,リサさんに愚痴をこ [続きを読む]
  • 介護研究ーABABデザインを用いた研究ー①
  • 介護施設の利用者は,それぞれがそれぞれに個性を持っている。そのとき,個別の対応が必要になる場面も出てくるだろう。その「個別の対応」が有効なのかどうか,検討することは意外と難しい。ここでは,個別の対応の効果を検討する方法について,例を示しながら説明する。スポンサーリンク入浴拒否の事例特養で働く介護士のリサさんは,「介護研究 条件を比較する」や「介護研究−アンケート調査の方法−」での実績が認めら [続きを読む]
  • 寝たきりの方へのレクリエーション
  • 寝たきりで,言語的反応や行動的な反応が見られない利用者の方へのアプローチは難しい。特に高齢者介護施設での寝たきりの方へのレクリエーションは,その人の反応が見られにくいし,しゃべることも動くこともできないから,どうしたらいいのかわからないことが多いと思う。実際,現場の方と話していても,このことを相談されることも少なくない。私は,「寝たきりの利用者への名前の呼びかけについて検討する」でも書いたけ [続きを読む]
  • 寝たきりの利用者への名前の呼びかけについて検討する
  • 「介護研究 条件を比較する」では,研究をする上で,条件による違いについてどのように検討したらよいか説明した。ここでは,実際に筆者が行った研究も紹介しながら,さらに条件の比較について理解を深めてもらいたい。また,研究をする上での注意事項なんかについても説明できればと思っている。スポンサーリンク筆者の論文の紹介まず,紹介する筆者の論文だが,これは筆者の博士学位論文であり,web上でも公開されている(「重 [続きを読む]
  • 介護職が研究をすることの必要性ー専門性を高めるためにー
  • 介護職の専門性を高めるために,必要なことは何だろう。僕は,介護職の専門性を高めることが,いまとても必要だと感じているし,介護に従事しているたくさんの人が,「専門性を高めたい」,「介護職を専門職として認められたい」と感じているのだと思う。それには,介護職が研究をして,それを共有することが絶対的に必要だと僕は思っている。いくら勉強しても研修に参加したりしても,それは介護の専門性を高めることにはつ [続きを読む]
  • 第一回介護自慢大会
  • 2018年4月22日(日),「現場介護職員によるわたしたちの介護自慢大会」第一回を開催しました!12時〜16時の長丁場。そのあと,17時〜21時まで宴会。そんなスケジュールでしたが,いろんな方々と出会うことができ,皆さんと楽しくお話することができました。参加者は,私を入れて18名。みんな熱心に議論していただきました。スポンサーリンク アイスブレイク今回は,「施設,法人の垣根を越えて,介護の取組や技術を共有しよ [続きを読む]
  • 自分たちの介護を研究したい!研究方法のまとめ
  • いくつか記事もたまってきたので,ここでまとめておこうと思う。このページは,固定ページにしておいて,随時更新する予定スポンサーリンク 介護職が研究をすることの必要性ー専門性を高めるためにー介護職の研究がなぜ必要なのかまとめました。かなり気合入れて書いてます!介護職を専門職として,他職種にも認めてもらいたい。そのためには,どうしても介護職自身が研究をして知見を積み上げていくことが必要です。それについて [続きを読む]
  • 介護研究−アンケート調査の方法−
  • ああ,ブログをだいぶ放置してしまった。。。前回,「介護研究 条件を比較する」という内容で,利用者の行動データを比較する方法を書いていたので,今度は,職員を対象にアンケートをとって,その属性間を比較する方法について書いてみようと思う。スポンサーリンクストレスの把握前回と同じように,リサさんと施設長に登場してもらおう。なお,前回同様,今回の話も実際の話ではなく,あくまで架空の話です。リサさんが仕事を終 [続きを読む]
  • 介護研究 条件を比較する
  • しばらく,研究方法関連の記事を書くのを休んでしまっていた。「介護研究の進め方(研究計画を立てる)」の続きです。研究全体のまとめはこちら正直,何を書こうか悩んでいた部分はあるんじゃけど,とりあえず研究計画の基本的な考え方を書いてみようと思う。他にも書かんといけんことはいろいろあるけど,まあ自分のペースで進めていきます。スポンサーリンク リサさんの苦闘例えば,施設内で,何かしらの活動をしたとする。じゃ [続きを読む]
  • 自立とは何だろう。日常生活自立,社会生活自立,そして経済的自立
  • 「自立支援」福祉の世界では,「自立」という言葉がよく使われる。でも,「自立」ってなんだろう。あなたは,「自立」してますか?スポンサーリンク「自立」とはデジタル大辞泉さんの定義によれば,「自立」とは,他への従属から離れて独り立ちすること。他からの支配や助力を受けずに、存在すること。「精神的に自立する」支えるものがなく、そのものだけで立っていること。「自立式のパネル」つまり,物理的な「自立」は,そ [続きを読む]