Mooming Style さん プロフィール

  •  
Mooming Styleさん: Mooming Style な暮らし
ハンドル名Mooming Style さん
ブログタイトルMooming Style な暮らし
ブログURLhttp://fanblogs.jp/mooming2style/
サイト紹介文いつまでも自分の足で歩き続けたいと願い、健康寿命を考えて、日々、暮らしております。
自由文ノルディックウォーキングが中心の話題になるかもしれませんが、健康長寿も考えて、このブログが、皆さまの何かのおチカラになれればと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 41日(平均2.4回/週) - 参加 2018/01/13 11:23

Mooming Style さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • A013- 健診と検診
  • 生活習慣病を予防するためには、栄養バランスのとれた食事と適度な運動が必要でありますが、これに加えて、『健診』と『検診』も重要だそうです。『健診』とは健康診断(又は健康診査)、つまり健康であるか否かを様々な項目から確認するものであるのに対し、『検診』は、特定の病気の早期発見を目的として行われるそうです。現在、高齢化の急速な進展に伴い、疾病全体に占めるがん、心疾患、脳血管疾患、糖尿病等の生活習慣病の割 [続きを読む]
  • A012- 健康と運動・スポーツ
  • 運動を含む身体活動をよく行う人は、生活習慣病の罹患率や死亡率が低く、また、高齢者にとっても日々の身体活動が寝たきりを防止する効果があると言われているそうです。たとえば、国立循環器病研究センターの調査では、1日の歩行時間や1週間のスポーツ時間が長い人の方が循環器病による死亡が減少するという結果になっているそうです。2014年厚生労働省委託調査では、健康のために今後気をつけたいことは何かという質問に対し、 [続きを読む]
  • A011- 「忙しい」と「経済的余裕がない」中での健康
  • 前のブログ(A010)の続きですが、『気をつけているが特に何かをやっているわけではない』方と『特に意識しておらず具体的には何も行っていない』人に対してその理由を聞かれたそうなのですが、理由①『特に理由はない』健康を維持するのって、それ程、大切なことではないのでしょうか?それとも、『自分は大丈夫』という自信があるのでしょうか?理由②『何をどうやったら良いかわからない』これは、あると思いますが、この回答が [続きを読む]
  • A010- 健康行動
  • 2014年厚生労働省委託調査で、『健康のために出費してもよいと考える額』と『実際に出費した額』の回答は、1ヶ月当たり『1,000円以上5,000円未満』が最も多く、意識と行動がほぼ一致しているように見受けられたそうです。また、別の質問では、9割近くの人が何らかの意味で健康について意識しているようです。そして、生活習慣には気をつけるようにしている人が実際にどのようなことを心がけているかというと、『食事・栄 [続きを読む]
  • A009- 肥満が引き起こす糖尿病
  • 体重は、健康状態との関連性が強く、肥満はがんや脳血管疾患、心疾患の要因となる動脈硬化や高血圧、脂質異常症などを引き起こすとともに、日本で急激に増えている糖尿病、高尿酸血症や痛風、脂肪肝、膵(すい)炎などとも関連性が強いそうです。食生活が欧米化し、肉類の消費が増えて魚類の消費が減少したことが原因で肥満の方が増加しているとも言われています。ここで言う肥満というのが、BMIが25以上と言われてて、私は、 [続きを読む]
  • A008- 食生活と健康
  • 『食生活と健康』についての話題を書かせていただきますが、苦手分野のひとつであり、私自身、偏った食事をしている中で、可能な限り、バランスよく食べようと考えてはいるつもりです。まず、生活習慣病の発症と重症化を予防するためには、過剰な塩分や脂肪の摂取量を減少させることと野菜・果物の摂取量を確保することが重要だといわれています。2012(平成24)年における朝食の欠食率は、男性が12.8%、女性が9.0%で、年代の割合 [続きを読む]
  • A007- 運動習慣のない運動不足
  • 前々ブログと前ブログ、其の五と其の六の続きですが、2007年の『リスク要因別の関連死亡者数』で3位おなった『運動不足』について、話させていただきます。運動不足というのは、運動習慣がないことから起こるのだと私は考えています。では、この運動習慣をつけるためには、どうすれば良いのでしょうか。今までのブログでも書いてきましたが、『生活習慣病』や『高血圧』などから考えると『運動はしないといけない』というのは、わ [続きを読む]
  • A006- 生活習慣病である高血圧
  • 前ブログ、其の五の続きですが、2007年の『リスク要因別の関連死亡者数』で、1位の『喫煙』について、其の五で触れましたが、今回の其の六では、2位に『高血圧』について、話させていただきます。まず、私自身が高血圧なので、この高血圧については、随分と過去に調べました。元々が10年以上前の40代の頃に、上の血圧が210ぐらい、下の血圧が140ぐらいありまして、とうとう薬を飲むようになったのです。父親も母親も血圧 [続きを読む]
  • A005- 喫煙と禁煙
  • 生活習慣病は、『食習慣や運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症や進行に関与する症候群』といわれています。2007年の『リスク要因別の関連死亡者数』では、ダン突の1位に『喫煙』があり、2位に『高血圧』があり、3位に『運動不足』があります。まず『喫煙』ですが、今現在、様々な禁煙するための本やグッズが売られていますし、『禁煙外来』という治療も医療機関でされていますので、過去に比べれば非常に禁煙はし [続きを読む]
  • 厚生労働省の発表(『2014年厚生労働省委託調査』の結果より)其の三
  • WHO(世界保健機構)では、『健康』を『肉体的、精神的及び社会的に、完全に良好な状態にあること』と定義しているそうです。2014年の日本人の意識調査結果では、『非常に健康だと思う』(7.3%)『健康な方だと思う』(66.4%)と答えた人が全体の73.7%だったそうです。多くの人は自分を健康だと考えていることがわかります。また、幸福感を判断する際に重視した事項で一番多かったのが『健康状況』で、世代別に『健康状況』を選ん [続きを読む]
  • 厚生労働省の発表(『2014年厚生労働省委託調査』の結果より)其の二
  • 前回のブログでは、健康寿命と平均寿命について、説明をさせていただきました。今回は、『高齢化の進展と人口構成の変化』についての話題を話ます。晩婚化や非婚化の進展によって、日本の合計特殊出生率は低下し、少子化の傾向は続いているそうです。一方で、医療水準の向上などにより、平均寿命が延びたことで、2013(平成25)年、総人口に占める高齢者の人口の割合は、25.1%となり、国民4人に1人が高齢者となっているそうです。 [続きを読む]
  • はじめに
  • 私は、厚生労働省のサイトから『健康寿命』という言葉を知りました。健康寿命とは、『健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間』と言われています。私は、2001年に自身の交通事故による右膝の複雑骨折のため、歩行が困難な上に膝を庇って、歩いた事による腰の椎間板ヘルニアとなりました。それを克服させてくれたのが、『ノルディックウォーキング』でした。ノルディックウォーキングの説明や紹介なども、このブ [続きを読む]
  • 過去の記事 …