紙の工作 さん プロフィール

  •  
紙の工作さん: ぺーぱーくらふと・日本の城
ハンドル名紙の工作 さん
ブログタイトルぺーぱーくらふと・日本の城
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/8312964
サイト紹介文−紙の工作−
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 6日(平均9.3回/週) - 参加 2018/01/13 16:58

紙の工作 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 試作・松本城の太鼓門と太鼓櫓
  • ○ 松本城を描いた古い絵図を見ますと、太鼓門に「太鼓櫓」が描かれておりました。絵図を見ながら「太鼓門」と「太鼓櫓」を試作してみました。○ 手元にあった材料で作ったため、現地の建物とは絵柄やサイズは合っていません。水面を、もっと上げないとだめですね。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 国重文・高知城
  • ○ 高知城についての説明は、公式ホームページよりご覧願います。  http://kochipark.jp/kochijyo/○ 材料(展開図)は、webサイトで購入したものを使用しました。○ 基礎台、石積みの中の補強に発泡スチロール板(100均で購入)を使用しております。植栽は、鉄道模型用のものを利用しました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 伊予・松山城本壇
  • ○ 「松山城」の説明については、公式サイトをご覧願います。  http://www.matsuyamajo.jp/matsuyamajo/culture.html○ 展開図は、次のサイトからダウンロードしました。 http://cp.c-ij.com/jp/categories/CAT-ST01-0097/index.html○ 基礎台、石積みの中の補強として、発泡スチロール板(100均で購入)を使用しました。植栽は、鉄道模型用のものを利用しています。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 遺恨十年一剣を磨き…
  •  大河ドラマ「真田丸」と「おんな城主・直虎」を視聴し終ってみると、歴史の流れの中において、諸事の始まりは甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信による ” 信濃の国 ” の領地争奪戦ではないかと思います。それに勝利することが、関東制覇、さらには中部制覇、そして京へと連なっているように感じました。 その争奪戦が最も激しかったのは、1561年(永禄4年)の ”第四次川中島の戦い” であったと言われております。この戦いをメイ [続きを読む]
  • 国重文・丸岡城
  • ○ 福井県坂井市丸岡町に現存する国の重要文化財の「丸岡城天守」です。○ 材料(展開図)は、webサイトから購入したものです。背景は、無料素材を利用しての借景です。○ 丸岡城天守は、二重三階の独立式望楼型天守で、屋根瓦は寒冷地でも割れないように、福井県で採れる「笏谷石」(しゃくだにいし)という石材を使用しているということです。 築城は、越前の”一向一揆”に備えて、織田信長の命により柴田勝家の甥である柴田 [続きを読む]
  • 信州の五稜郭・龍岡城の縄張り図
  • ○ 長野県佐久市田口に所在する龍岡城(田野口藩・龍岡藩)は、函館五稜郭の約半分の規模で、函館五稜郭の3年後に築城されております。別名、「龍岡五稜郭」又は「桔梗城」とも呼ばれております。○ 龍岡城は、三河国奥殿藩の領地1万6000石の内、飛び地領地として1万2000石が信濃の国佐久郡田野口村にあったことから、幕府の許可を得て藩庁と陣屋を1864年〜1867年に移したものです。○ 築城主は、松平乗謨(まつだいらのりかた [続きを読む]
  • 松本城( 別名:鵞湖城 )
  • ○ 松本城の説明は、公式サイトからご覧願います。   http://www.matsumoto-castle.jp/splash○ 「松本城」の別名としては、「烏城」(からすじょう)、「深志城」(ふかしじょう)、「鵞湖城」(がこじょう)があります。 ところで、城主は、石川氏(築城)→小笠原氏→戸田氏→松平氏→堀田氏→水野氏(84年間)→戸田氏(142年間)→明治維新と変遷する中で、1532年に小笠原氏が「深志城」→「松本城」に改名したこと。また、水野氏の [続きを読む]
  • 国宝・松本城
  • ・松本城の説明は、公式サイトからご覧願います。   http://www.matsumoto-castle.jp/splash・展開図の入手先は、以下のサイトからダウンロード(無料)したものです。   http://cp.c-ij.com/jp/categories/CAT-ST01-0097/index.html・基礎台は、100円ショップで購入した発泡スチロール板を使用しています。また、植栽は鉄道模型用のものを利用しています。・お濠の水面は、下敷きの紙に水彩絵の具で「水模様」を塗り、乾いた [続きを読む]
  • 過去の記事 …