ミコリー さん プロフィール

  •  
ミコリーさん: 自立した子を育てる!ミコリー流子育て法
ハンドル名ミコリー さん
ブログタイトル自立した子を育てる!ミコリー流子育て法
ブログURLhttps://ameblo.jp/mikolykosodate/
サイト紹介文子供の自主性を伸ばし、自立した人間形成のための子育て法を紹介しています。
自由文今注目されているモンテッソーリやシュタイナー教育。それらそっくり?と言われるミコリー流子育て法。
我が子の子育てに28年前より取り入れてきたそのノウハウを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供212回 / 306日(平均4.8回/週) - 参加 2018/01/13 18:05

ミコリー さんのブログ記事

  • 孫ッチと外孫ッチ
  • 私には本当の孫ッチの他に、いっぱい外孫ッチがいる。笑今回の日本弾丸ツアー中に孫ッチと2カ月前に生まれた友達の娘の外孫ッチにも会ってきた。 ↑嫁子ちゃんと一緒にランチをした新宿伊勢丹のベビールームにて 以前会ったときは寝返りも出来なかった孫ッチも今では、ハイハイからさっと立ち上がるように〜( ´艸`)子供の成長は本当に早い!!(∩´∀`)∩次に会うときには歩いているだろうな〜 そして、神戸に住むお友達の子ど [続きを読む]
  • 娘の仕事姿
  • 公私ともに忙しく、ここはすっかりと放置プレイになってしまって・・・ずいぶんとご無沙汰でした。 そんな中、10月28日から11月9日まで、夫の家族や友達を引き連れて日本に弾丸ツアーに行っておりました。笑ちょうど日本行きの便に娘が搭乗するということで〜私や夫、一緒に旅行に行った夫の友達夫妻ともわくわくしながら搭乗しました。 私が乗り込むことを知っていたパーサーの計らいで、離陸前にエコノミー席なのにスパークリン [続きを読む]
  • 娘からのプレゼントはデカかった!笑
  • ずいぶんご無沙汰でございました。いろいろとしているうちに時間が経ってしまっていました。(^◇^;) 9月から働いている娘が初任給で買ってくれたのは、ipad Proでございます\(^o^)/ ついでにカバーになるキーボードもつけてくれました。スマホがi-phoneなので、使いやすいだろう・・・ということでMac BookではなくiPadを買ってくれたのでした。\(^o^)/ 一番安いiPadをリクエストしてたんですが、まさかProを買ってくれると [続きを読む]
  • 子育てにも活かせる!愛情を感じるものを知ること
  • ゲーリーチャップマン博士の書著に「愛を伝える5つの方法」があります。そのことを紹介した動画です。 愛を伝えるものの5つとは肯定的な言葉一緒に過ごす時間プレゼントサービス行為スキンシップなのですが、これらはもちろん何をされても嬉しいものですよね?でも人にはそれぞれ、特に○○をされると嬉しい!というものがあります。そのものを知ることで、効果的にピンポイントで相手に愛情を伝えることが出来るようになりま [続きを読む]
  • 赤ちゃん用体温計
  • 体温計、みなさんはどんなのをお使いですか?我が家の体温計はこれ!! ピジョンのチビオンというものです。 これは、なんと双子が赤ちゃんのときに使っていたもの。予測は44秒で測れるもので20年以上前に買ったものが未だに現役!爆笑 気になって調べてみましたが、今はおでこにあてるタイプや耳で計るものになっていますね。 我が家では体温計は年に何回登場するだろう?というくらい家族そろって健康なので、電池も切れ [続きを読む]
  • 男にお願いを聞いてもらう方法
  • 子供の幸せは家庭円満から・・・ 夫婦のすれ違いのほとんどは、男性心理、女性心理を理解していないことが多いのです。知っていれば防ぐことのできる夫婦喧嘩もたくさんあります。 前回の「男に話を聞いてもらう方法」に引き続き「お願いを聞いてもらう方法」です。 子供の教育ランキングに参加しています。応援 よろしくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 子供と一緒に入れるトイレ
  • ショッピングセンターで何気に入ったトイレが広かった!!笑 大人用トイレ(右側)と子供用トイレ(左側) 赤ちゃん用のいすが設置されたトイレはよくありますが、マザーズルームでもない普通のトイレに親子で入れるトイレがあるのはこちらでも珍しいかも??日本でもこういうのはあったと思いますが、個室の大きさにびっくりしました。笑 昔、双子が小さいころ。二人乗りベビーカーが一緒に入れる大きなトイレがあるところは一 [続きを読む]
  • つかまり立ちしました!
  • 孫ッチ生後8カ月!!いよいよハイハイが完成し、そこからつかまり立ちをしたようです。\(^o^)/ 孫ッチのパパ。つまり私の長男は6カ月でハイハイ&つかまり立ち。8カ月で1人歩きをした驚異的な身体能力でしたが、孫ッチは平均的に順調に発達して行ってるようです。\(^o^)/ たまたま量販店でセールになっていた手押し車←今どきは何ていうのでしょう?(;^_^A 青いのが欲しかったのですが、ピンクのしか残ってなくて〜笑裏に [続きを読む]
  • 抱っこ時の子供の靴問題
  • お外で、子供を抱っこしたときに子供の靴は脱がせていますか?(;^_^Aということをトピックにしたネットニュースを読みました。 自分の子どものときはどうだったかな〜もう30年近く前になるので、うろ覚えではありますが、電車に乗った時や座席に座ったときには脱がせていましたが、他のときには脱がせずに抱いていたような・・・特にオーストラリアに移住してからは、こちら様式で家の中も土足OK!チャイルドケアやプリスクール [続きを読む]
  • 男に話を聞いてもらう方法
  • 夫や彼に話を聞いてもらっていますか? 男は解決屋。愚痴を聞いて欲しだけなのに、解決策を出して来たり、しょーもない話!と一蹴されたり、ちゃんと聞いてくれなかったりしませんか?(;^_^A夫や彼に話を聞いてもらえる魔法のフレーズを紹介しています。 動画 しあわせ男塾!女塾!! 第21回 練習が必要ですが、男性に話を聞いてもらえるようになりますよ。(^_-)-☆話を聞いてもらえるよになれば、愛されている感もバンバン [続きを読む]
  • 産後クライシスに陥らないために 10
  • 産後クライシスに陥ってしまった夫婦。上の子が出来てから5年間。毎回 「パパが子供を甘やかす」 と同じことでもめています。(−−)ここは子供に関してのことだったのですが・・・よくよく話をしてみれば、友達の心の中には 「夫が子供ばかりを構って、私を構ってくれない」 という不満が大きいことがわかりました。一般的には、夫が母になった妻に対して抱く気持ちですよね?(;^_^A 友達のご主人は、イクメン王!?と言っても [続きを読む]
  • 産後クライシスに陥らないために 9
  • 産後クライシスに陥ってしまった夫婦と陥らなかった夫婦の何が違うのか? 夫婦は同じ方向を目指して一緒に歩めると一致団結できるのですが・・・産後クライシスに陥ってしまった夫婦の原因は”子育て方針の違い”からでした。 子供が5歳と3歳なので、勉強ではなくしつけ重視の期間で、友達はミコリー流を取り入れて、時間のマネージメントや自主性を重んじる教育をしていこうとしているのに、それをご主人が全部崩してくれるのが [続きを読む]
  • 産後クライシスに陥らないために 8
  • 産後クライシスに陥る夫婦と陥らない夫婦がいます。陥らなかった夫婦と陥ってしまった夫婦の何が違ったのか?を分析してみたいと思います。 産後クライシスに陥らなかった夫婦は、うちの息子夫婦。産後クライシスに陥った夫婦は、私の友達夫婦。←今、一番の危機を迎えています。(−−) うちの息子夫婦は嫁子が上手に息子を立て、お願いごとをして育児に巻き込んで行っています。息子も嫁子に乗せられているのは理解していると [続きを読む]
  • 産後クライシスに陥らないために 7
  • 産後クライシスに陥らないためのヒントを書いてきましたが、夫婦二人で気を付けてやって欲しいことが 二人だけの時間を作る妻だけの時間を作ってあげる性生活を取り戻す この3つがとても重要です。 日本では、子供が生まれると家族という結びつきのみ!?になってしまう夫婦が多いのですが、夫婦あっての子ども。そして家族です。まずは、夫婦の結びつきをしっかりしておくことが大事!! 二人だけの時間を作る核家族化していて [続きを読む]
  • 産後クライシスに陥らないために 6
  • 産後クライシス時代には、ホルモンバランスの崩れや、家事や育児に役に立たない夫を疎ましく感じることが多々あります。苦笑つい夫を蔑ろにし、もう要らないや・・・なんて思うときもあると思うのですが、そうではなく、夫を育児に巻き込んでいくことは妻の役目!(^_-)-☆ 父親というものは、妊娠した時から母親になる女性とちがって、子供が出来てから「そうなった!?」と感じるもの。苦笑赤ちゃんが笑うようになってから!とか [続きを読む]
  • 産後クライシスに陥らないために 5
  • パパとママの心得の前に・・・ぜひパパに見ていただきたい動画です。 どうすれば妻を幸せにしてあげられるのか?そのヒントを紹介しています。しあわせ男塾!女塾!!‐第20回 男性専科・女を幸せにするために 妻の話を聞いていますか?右から左でなく、解決策を言うのではなく、つまらない!と切り捨てるのではなく・・・しっかりと話を聞いていますか? 話を聞いてもらえると、女は落ち着きます。愛されていると思えます。 [続きを読む]
  • 産後クライシスに陥らないために 4
  • 産後クライシスにならない&早々に終わらせるためのパパへの注意点は前回にあげましたが、ママにも注意していただきたいことがあります。 妊娠中−夫を妊娠劇場に引っ張り込みましょう。妊娠したその瞬間から(胎内に)子供がいる!という自覚を持てるのは女性の特権ですが、だからといって夫をカヤの外にしないでください。妊娠を共有し、例えば母親学級で習ったことを夫と一緒に復習したり、育児雑誌を一緒に見るなど、母と子だ [続きを読む]
  • 産後クライシスに陥らないために 3
  • 産後クライシス真っ最中のパパに考えて欲しいことがあります。それは昔の妻ではない!母という生き物!!になってしまった!ということ。これを受容することで産後クライシスを終わらせることが出来ます。 昔の妻はいない!ということを知るまだ子供がいないころは、妻は自分のために料理をし、世話を焼いてくれて、夜のお供にも気持ちよく応じてくれたな〜あの頃に戻りたい・・・と思っても、今は昔とは違うのです!まずそこをし [続きを読む]
  • 産後クライシスに陥らないために 2
  • 産後クライシスに陥いる70%のカップルとそうでないカップル30%の何が違うのでしょうか? ほとんどの母親は、妊娠したときから母親業をしています。赤ちゃんが生まれた時点で「子供に対する想い」が父親とは大きな差が開いています。母性が強ければ強いほど、その差は広がります。産後クライシスは一般的に出産後から2〜3年続くと言われていますが、母親は赤ちゃんを守ることにやっきになり、いつも気が立っている状態にな [続きを読む]
  • 産後クライシスに陥らないために
  • ちょっと今日は私の専門分野(結婚生活アドバイザー)を・・・子供が生まれてから【配偶者が変わった!】や【配偶者との関係が変わった】と思うカップルは多いものです。よく聞くのは、 *妻が子供に掛かり切りになり、構ってもらえなくなった*夫がうっとおしい。面倒くさい。イライラするものになってしまった 子供が生まれて幸せになったと答えたカップルはたったの30%。(−−)70%のカップルが、子供が出来たことで二 [続きを読む]
  • 街中で見つけた
  • この前、街で見かけたすごいものを紹介!!(^_-)-☆ なんと6人乗りベビーカー!!( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚この顔文字のように思わず何度見をしてしまったというシロモノ。笑 どこかのチャイルドケア(保育所)の2歳児くらいの子どもたち&保育士さんでしょうが、この多人数ベビーカー2台が歩道を闊歩する姿は圧倒でした。思わずカメラを構えたときに信号が変わり、写真を撮ることはできなくて残念でした。(;^_^A 日本 [続きを読む]
  • 愛情の受け取り力を磨く!!
  • 愛情の受け取り力とはなんでしょう?? 結婚して長くなったり、子供が生まれて忙しい日々が始まったりするとつい感謝の気持ちを忘れてしまいがちに・・・「私ばっかり!怒」などの想いが日に日に強くなり、気が付けば大爆発を起こしてしまったり・・・(;^_^A 愛情の受け取り力が不足することは、愛情タンクの中のエネルギーが減ってしまうことに繋がってしまいます。どうすれば愛情の受け取り力が磨けるのか?動画の紹介です。 し [続きを読む]
  • ローマ字の罪とフォニックスの話
  • 今もローマ字って学校で教えてるのでしょうか? 昔(1998年当時)は小学校4年生で教えていたと思います。長男は小学3年生の11月にオーストラリアに来たので、ローマ字もアルファベットも知らずのままでした。(;^_^A何も知らないところから英語に慣れ親しんだので、長男の英語はオーストラリアなまりはありますがネイティブ並みの発音になっています。 英語の前にローマ字を教えるのは問題!知らない単語が出たときについローマ字 [続きを読む]
  • 日本とオーストラリアで国名の違い
  • 日本語は、その国の言葉をその国の発音通りにカタカナにしています。なのでオーストラリアに来てからいろいろと驚いたことがありました。 英語学校のクラスメートが「グリースから来た」と言う。地理が得意でだいたいの国は把握してる私なのに、その国がわからない・・・辞書で調べてみたら ギリシャ←知ってるがな!!笑 「ターキーってどこや!?」「トルコやがな!!」 「ヴィエナってどこや!?」「ウィーンやがな!!」 と一 [続きを読む]
  • いつでもどこでも、しつけの時間です
  • あるテレビ番組を見ていて「う〜ん」と思ったのが、回転すし屋の待合所におばあちゃんと孫が座席が空くのを待っていました。孫が「お腹減った〜」と言いだしたので、席に案内されていないのにおばあちゃんが回転レーンからお皿を取ってきて、待合所で食べだして驚いた!というもの。 こういうときは「お腹減ったよね〜でも今、お客さん一杯だから、もう少し待とうね」というのがしつけ。 我慢をすることを教えるのも、もちろん食 [続きを読む]