beemer・ひで さん プロフィール

  •  
beemer・ひでさん: 原ロブログ
ハンドル名beemer・ひで さん
ブログタイトル原ロブログ
ブログURLhttps://haraguchi.blog
サイト紹介文長崎県佐世保市にて営業します、創業85周年の呉服専門店です。
自由文着物に関する色々を写真と共にご紹介致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 277日(平均1.3回/週) - 参加 2018/01/13 22:47

beemer・ひで さんのブログ記事

  • 浴衣でご接待!
  • ▲ 毎日暑い日々が続きます。 弊社がある四ヶ町アーケードでは、市のインバウンド推進の一環として店頭にワゴンを出してワゴンセールを行う様にしております。 ▲ 写真でも分かりますように、主に中国人観光客の方をタ […] [続きを読む]
  • 浴衣でご接待!
  • ▲ 毎日暑い日々が続きます。弊社がある四ヶ町アーケードでは、市のインバウンド推進の一環として店頭にワゴンを出してワゴンセールを行う様にしております。 ▲ 写真でも分かりますように、主に中国人観光客の方をターゲットにお店の概要も市が作成してくれます。 コミニュケーションは英語を使うとスムースで、どちらもたどたどしい英語でネイティブの方と話すよりもよく通じる気がしますね。スマホの翻訳アプリも案外使えて、お [続きを読む]
  • 青白波 振袖
  • ▲ 目の醒めるようなブルー 今回はちょっとプレミアムな振袖のご紹介です。開催中の振袖展ではおよそ50セットほどの振袖をご用意いたしておりますが、その中でも原口呉服店が一押しでお勧めするのがこちらの商品。地は雲取りの地紋で […] [続きを読む]
  • 振袖用バッグ・草履
  • ▲ 振袖用のバッグと草履も可愛いものが入荷いたしております。 バッグの生地と揃いの鼻緒で草履の台の高さは3段。大きさによって京都の職人が鼻緒を別途すげますので、最初から足に馴染み履きごごちの良い草履です。 […] [続きを読む]
  • 振袖展開催中 2
  • ▲ 弊社二階においても沢山の振袖展示いたしております。 地色も柄も盛りだくさんの品揃え。お買い得のスタンダードな物からプレミアムな一点物まで、開催中は普段では中々お見せできない品質と数でご覧いただけます。 […] [続きを読む]
  • 振袖展開催中!
  • ▲ 8月1日より振袖展開催致しております。 期間中限定数3セットではございますが、通常60数万相当のお仕立て上り振袖一式セットを49万8千円にてご用意いたしました。どの振袖も呉服専門店ならではの呉服屋クォリティの商品でご […] [続きを読む]
  • 振袖展 始まります。
  • いよいよ始まります。 8月1日より9月8日まで、弊社展示場にて2018年振袖展開催いたします。先着限定3セットに限り、お振袖一式(振袖、袋帯、長襦袢、草履バッグセット、装用小物小物一式、お仕立て上がり) 通常60万円相当 […] [続きを読む]
  • プレ振袖展 その5
  • ▲ 色鮮やかな紅白のお振袖。 全体にところ狭しと花柄が配置されています。これだけ全体に柄が有りますと、合わせる帯は淡彩のあっさりした物が合わせやすように思います。 ▲ メインは「菊花」吉祥文様でも有り「長寿」を表します。 […] [続きを読む]
  • プレ振袖展 その4
  • ▲ プレ振袖展、4枚目の振袖は全体的にシックな色調の振袖です。 ▲ メインの上前の柄は花々に囲まれた「御所車」。 ▲ 全体的には遠山に霞や雲が掛かって、その中に華やかな花や吉祥紋様が描かれていますが、彩度の低い色合いを使ってるので落ち着いた控えめな印象を受けます。 ▲ 着物が控えめな色調ですので、合わせる帯や帯〆、帯揚げなどの小物類は思い切った色目の物で合わせますとバランスが取れてお互いに引き立つ組み合わ [続きを読む]
  • プレ振袖展 その3
  • ▲ こちらの白地の振袖は、清々しく清潔感があります。上前メインの柄は色々な花に囲まれた「貝箱」、他に雲取りの中に青海波 、七宝、松などの吉祥文様が散りばめられています。 ▲ 白地とブルーのコントラストが鮮やかで良く見ますと、白地の地には地紋があり照明の具合では光沢が出て生地質の良さが感じられます。 ▲ 8月1日からの「原口呉服店 振袖展2018」では単品販売はもちろんのこと、振袖一式をお得なセット価格にした [続きを読む]
  • プレ振袖展 その2
  • ▲ 2018 原口呉服店 振袖展 第二弾。薄いピンク色の地に「貝箱」と「笹の葉」の柄の可愛らしい振袖です。前回ご紹介した紅い振袖よりピンクの方がちょっと可愛らしい印象になります。 ▲ 図案は「貝箱」に「松竹梅」が重なり合ってとても縁起の良いものです。 ?(写真は高知城歴史博物館よりお借りしました。)▲ 「貝箱(桶)」とは良家の婦女の遊びである「貝合わせ」に用いる貝を収める箱の事で、貝は蛤が利用されていました。 [続きを読む]
  • 2018 原口呉服店 振袖展開催いたします
  • ▲ 2018年原口呉服店振袖展を8月1日より9月6日まで弊社展示場にて開催いたします。 ▲ 期間中は「振袖一式」 398,000円とお買い得なセットもご準備いたしております。▲ 写真の振袖は、京友禅染正絹振袖で、216,000円(税込)となっております。(お仕立て代、裏代は別途かかります。) ▲ 紅いさや型の地紋に大熨斗の柄の振袖。しっとりとした生地の風合いかこの振袖の素性の良さを表していると思います。 ▲ 振袖としてはオ [続きを読む]
  • 振袖「橘」
  • ▲ 黒字に淡いブルーの網代垣。青、オレンジ、紫、黄の橘の花が咲き乱れます。菱紋の地紋の生地は唐織で、重厚な質感を感じさせ生地の良さと柄の色彩が合わさってこの振袖を上質な物としています。 写真は、Wikipediaより引用しました。▲ 橘は桜と対をなす樹木で、京都御所の紫宸殿南庭には東に桜 (左近桜)西に橘 (右近橘)が植えられています。「桜」は花も葉も散る事より潔い武人の象徴とされてきた事に対し、一年を通し常に生い [続きを読む]