おにぎりパパ さん プロフィール

  •  
おにぎりパパさん: おにぎりパパの、授業の作り方
ハンドル名おにぎりパパ さん
ブログタイトルおにぎりパパの、授業の作り方
ブログURLhttp://onigiripapa1031.hatenablog.com/
サイト紹介文小学校教諭おにぎりパパが教育について考えるブログです!
自由文働き方改革・授業論・実践紹介・教材紹介などを書いています。たまに投資についても語ります♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 5日(平均19.6回/週) - 参加 2018/01/14 02:05

おにぎりパパ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • サッカーのルールの作り方「ディスクサッカー」
  • そもそもまず「ボール運動のルールって何を基準に考えたらいいの?」っていう人はこちらを読んでください♪ボール運動の「ルール」の作り方 バスケットボールを例に - おにぎりパパの、授業の作り方今回は中学年のサッカーを紹介します♪こちらがおにぎりパパの提案する「ボール運動のルール作り五か条」です♪①本来の楽しさを損なわずに、みんなが活躍できるルール②点数がばかすか入るルール③技能が低くても、安心して取り組 [続きを読む]
  • 働き方の大改革「○○小学校公式LINE」
  • 「公式LINE」を始めたらどうだろう?朝の欠席電話、いちいち取るのめんどくさくない?欠席児童へ「明日の予定」を届けるために、紙に書いて近所の子にお願いするの、めんどくさくない?提出物が未提出な子への催促、めんどくさくない?そんなたくさんのめんどくさいを解決する案があります。○○小学校公式LINEです♪もし小学校公式LINEがあれば、欠席電話はなくなります♪明日の予定は写メでヒューンです♪未提出者への催促は子 [続きを読む]
  • ボール運動の授業の作り方 バレーボール編
  • バレーボールを語る前に、ボール運動の授業の作り方について読まれていない方はまずそれを読んでみてください♪ボール運動の「ルール」の作り方 バスケットボールを例に - おにぎりパパの、授業の作り方おにぎりパパの紹介する「ボール運動の授業の作り方」は、以下の通りでした。①本来の楽しさを損なわず、みんなが活躍できるルール②点数がばかすか入るルール③技能が低くても、安心して取り組めるルール④協力しないと勝 [続きを読む]
  • ボール運動の「ルール」の作り方 バスケットボールを例に
  • ボール運動のルールの作り方 ボール運動のルール、どうしてる?ボール運動は、上手い子と下手な子の技能差が顕著に表れる運動です。競技ルールそのままで授業をしても、どの子も満足する授業はできません。そこで、5年生以上で上手くいくバスケットボールのルールを例に、ボール運動のルールの作り方を紹介します。僕はいつも、5つの視点でルールを考えています。①本来の楽しさを損なわずに、みんなが活躍できるルール「初得 [続きを読む]
  • 授業の作り方 社会:政治の導入「探究:書き出し型」
  • 授業には型がありますまず「探究」って何?という人は前回のブログ記事を読んでください。「習得・活用・探究」の違いは、「重点の違い」です。 - おにぎりパパの教育について考えるブログ「探究」の授業は、これまたいくつかの型に分類可能です。今日はその中のひとつ「たくさん書き出し型」について紹介します。「たくさん書き出し型」って何?「探究の型」は、扱う「問いの種類」で分けます。問いは自分で作ってもいいですが [続きを読む]
  • 「習得・活用・探究」の違いは、「重点の違い」です。
  • 「習得」って何?習得は、「〜を身に付ける」ことが目的の活動です。マラソンは「体力」を身に付けることが目的で、英会話は「英語で会話する力」を身に付けることが目的です。こういった「習得」型の活動には、集団としての「課題」や「問い」がありません。毎時間「問い」のある習い事なんて聞いたことがないでしょう。だって習得したい技能は人それぞれなんです。だから個人個人で「目標」を設定する必要があります。個人個人で [続きを読む]
  • エレメタリー背泳ぎとお風呂特訓の威力
  • おにぎりパパの水泳指導の実績を示すのを忘れていました。過去の学級通信を載せます。平成27年度、5年生 クロール25m泳げない子が半数以上いる水泳苦手な学年でしたが、全員見事に達成することができました。最後の1人が達成したときのクラス全体の高揚感は、今でも忘れられません。平成28年度、6年持ち上がりの学年だったため、指導がイージーでした。この年は、おせっかいながら他クラスの指導にも入れてもら [続きを読む]
  • 授業格言 本当に見せたいものは隠せ
  • 本当に見せたいものは隠せ授業はたくさんの情報で溢れています。教科書にはいろいろなことが書いてあるし、先生の話も毎日たくさん聞いています。人間は刺激に慣れる特性があるので、「刺激的なひっかかり」のある部分がないと、子供たちはだんだんと飽きてしまいます。だから授業を最初から最後までダラーっと進めていても、子供たちは楽しくないし、何が大切かもわかりません。「刺激的なひっかかり」をつくり、注目させたい [続きを読む]
  • 水泳指導の超おすすめ! お風呂特訓
  • クロール25m泳げるようになってほしい!小学校教師として体育を指導していれば、誰でも一度は持つ願いなのではないでしょうか。しかし、小学校の水泳指導は年間わずか10時間ちょっと。その中でどの子も泳げるようにするのは難しいものです。さて、そんな「時間的に圧倒的に足りない」水泳指導ですが、上達を早める裏技があります。それが「お風呂特訓」です!お風呂特訓とは、お風呂の中で行う息継ぎの練習です。「ぶくぶ [続きを読む]
  • 水泳指導の超おすすめ! エレメンタリー背泳ぎ
  • 蹴伸びもバタ足も息継ぎの姿勢も身に付けた子が、なぜクロールを泳げないのか。ずばり怖いからです!水に浮かびながら、息を吸ったり吐いたりした経験がないからです!一般的には、ビート板を使って練習しますよね。確かにビート板は優れた教具です。ビート板を使って息継ぎの練習を繰り返せば、いずれは泳げるようになるでしょう。現にスイミングでは、どこもそうやって指導しています。しかし、小学校では、それだけでは物足 [続きを読む]
  • 読書記録:茂木健一郎さん「金持ち脳と貧乏脳」
  • 金持ち脳と貧乏脳私たちの脳の情動回路には「確実なこと」と「不確実なこと」のバランスをとる働きをする「ポルトフォリオ」という感情のシステムがあります。このポルトフォリオは、大人になるにつれて、自分自身の経験や知識、そして貯蓄などの十分な「確実性」の要素が増えれば増えるほど、「不確実性」=挑戦を積み増していくことができる仕組みになっています。いくら働いてもあまり貯蓄がなく、毎日それなりに食べていけ [続きを読む]
  • 水泳指導の進め方
  • 6年生のイメージで話を進めるが、3年生以上なら十分応用できます。水泳指導は4月から始まります。<水泳開始までの日程>①4月にいきなり「泳げる・泳げない調査」(口頭で十分)②4月の参観会で、保護者に「お風呂特訓」をお願いをしておく。③家庭訪問で、泳げない子の保護者に対して個別で「お風呂特訓」をお願いしておく。④6月に入ったら、休み時間に「床特訓」を行う。「お風呂特訓」とは、お風呂でする息継ぎの練 [続きを読む]
  • 読書記録:西野亮廣さん革命のファンファーレ 
  • 学校は面白い。自分の身長が低いのか高いのか、自分は運動が得意なのか苦手なのか、自分は勉強が得意なのか苦手なのか、自分は集中力があるのかないのか・・・・・・いろんなことを教えてくれる。当然、国語、算数、理科、社会なんかも教えてくれる。ただ、「学校が教えてくれないものがある」ことを把握しておかないと、社会に出た時に大きくつまずいてしまう。「学校が教えてくれないものあがる」考えてみれば当たり前の話です [続きを読む]
  • 過去の記事 …