anco さん プロフィール

  •  
ancoさん: マルチリンガル☆ファミリー 学びのブログ
ハンドル名anco さん
ブログタイトルマルチリンガル☆ファミリー 学びのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/multin-manabi/
サイト紹介文ドイツ人パパと三人の子どもとアメリカで暮らしています。マルチリンガルな家族の記録を残します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 284日(平均2.0回/週) - 参加 2018/01/14 06:47

anco さんのブログ記事

  • Taigaの言葉事情(二歳半)と初めてのYMCA
  • 2歳半になったTaigaですが、ようやく文章でお話が出来るようになってきました。これはひとえに1か月半の日本滞在の賜物です。 それまでは、日本語、英語そしてドイツ語と3か国語が混ざり合う環境で育っていたので、インプットの情報量が多すぎて処理が追い付かず、なかなかアウトプットが出来ていなかったようですが、日本でほぼ日本語だけに集中することができたので、頭の中がごちゃごちゃにならずに自分の言いたいことが言える [続きを読む]
  • サーカスに行きました
  • 日本に一時帰省してからブログから遠ざかっていました。学びのブログ銘打っているブログですが、学びというテーマで書くことが何となく重荷になってしまい、書きたいことが沢山あるのに心の中に留めておくばかりでした。 そんなモヤモヤした状態を打破したく、またブログとしてアウトプットしていければと思います。 学びと言うテーマにこだわらず、日々のことを備忘録として残していきたいです。 ***** さて、金曜日に思い [続きを読む]
  • 日本満喫中〜
  • 6月の中旬から日本に戻っています! 3年ぶりの日本を楽しんでいるのは、他でもないこの私。上げ膳据え膳の生活を堪能しています♪ とは言え、子供達も各々楽しんでいるようです。 実は、今回の日本帰省はビザに関して懸念事項があり、一年前には全く考えていませんでした。 でも、ビザでの面倒を乗り越えてでも日本に帰省したかった理由が2つあります。 それは、Naoの小学校体験入学とTaigaの発語促進です。 Naoは日本では1年生で [続きを読む]
  • 続いています
  • 最近は忙しい毎日でしたが、ドラゼミ・グローバルは続けています。 日本に行くまでに少しでも日本語をできるように、という切実な思いがあるので、ママの期待を背負ってNaoも頑張ってくれました。 とはいえ、毎日しっかりと言うのは難しく、気が乗った時に3日分まとめてやるというやり方に今のところ落ち着いています。 なんだかんだ言っても、算数の方がやる気があるようです。 日本に行くまであと数週間ですが、どうにか学校の [続きを読む]
  • 宝探し
  • 学年末の忙しさで、目まぐるしい毎日でしたがようやく学校が夏休みに入りました。 ホッと一息、と言いたいところですが、あと一週間で日本に行くので、その準備でまたバタバタしそうです。 でも、少し書きたいこともあるので、久しぶりにPCに向かってみました。 先日、Naoが7歳になりました。 今年は学校の友達を招待して、近くの公園でささやかな誕生日パーティーをしました。 今年のケーキはNaoの好きなポケモンのキャラクター [続きを読む]
  • いないはずの男がそこに!
  • Naoが一週間ほど学校を休んでいたのはこちらで書いたのですが、彼が学校に復帰した日は一年生全体で行うミュージカルの発表会でした。 Naoも体調を崩す前から1カ月ほど練習してきたので、このミュージカルにぜひ出たいと、頑張って体調を回復させようとしていましたが、熱は下がったものの、大きな声を出すとまだ咳き込む感じだったので、咳をして周りに迷惑をかけるのは良くないと判断して、観劇をするだけにしようという事にな [続きを読む]
  • 母の日ランチ at プリスクール
  • 5/13は母の日ですが、それに先立ってLilyのプリスクールでMother's Day Lunchonというものがありました。 このイベントは、ママたちの為に先生がお昼ご飯を用意してくれ、子どもたちがそのご飯をママ達に運んでくれます。 そして、ご飯の後は、子どもたちが母の為に練習してくれた歌を、ステージで披露してくれます。 このイベントは私が一番好きなプリスクールのイベントの一つです。 実は、Naoがプリスクールに行っていたころ、 [続きを読む]
  • Walking Pneumonia(歩く肺炎)?!
  • 我が家のNaoさん、実は1週間ほど学校を休んでいました。 そして、昨日から無事学校に行き始めました。 先週の水曜日くらいから咳が出始め、木曜日には発熱したとのことで学校から呼び出しがありました。 その後、金曜日は一日中、咳と熱で辛そうにしていたものの、土曜日の朝には熱が収まって、ただの風邪だったかなと思っていました。 ところが、午後からぐぐっと熱が上がり、本人も咳と熱でぐったり。でも、次の朝になると、熱 [続きを読む]
  • 頑なな男
  • 我が家のTaiga君ですが、イヤイヤ期全盛ではありませんが片足は突っ込んでいる感じです。 服を着替えたり、車に乗せたりするのが地味に面倒になってきました。 とは言え、まだ2歳になったばかりで、あの手この手で気を逸らすことが可能なので、まだまだ可愛いものです。 そんなTaigaですが、言語に関してはかなり頑なな面を見せています。 NaoやLilyには見られなかったので、ちょっと面白い半面これでいいんだろうか、と思う部分 [続きを読む]
  • Staff Appreciation week
  • アメリカではNational Teacher Dayと言うものがあり、今年は5月8日がその日に当たります。 その前後になると、教職員に感謝の気持ちを表すためのイベントをする学校が多いのではないでしょうか。 Naoの学校では4/30から1週間、Staff Appreciation Week(SAW)という教職員感謝週間が催されました。 PTAに参加していこうと思いますという投稿でも書きましたが、私は今回このSAWに企画から参加しました。 前年までは、教職員のゲーム [続きを読む]
  • 子どもの日
  • 日本の文化を子どもたちに伝えたい! ・・・なんて心の中では思っていますが、日々の生活に忙殺されていつも後回しになってしまいます。 今回も、「5月5日は子どもの日なんでしょ!!」ってNaoに言われて、数日前にようやく兜を出しました(苦笑) 前日に前歯が抜けたNao。 何やら静かにしていると思ったら、サングラスを掛け、スポーツドリンクをこっそり飲んでいたTaiga。 兜以外でも、何か端午の節句っぽいことをしてあげられ [続きを読む]
  • バラ、満開!!
  • 私たちが住む北カリフォルニアでは、今年は例年より寒くて、今でも朝夕は肌寒いですが、日中は半そででも大丈夫な日が増えてきました。 そして今、バラが満開の時期を迎えています。 至る所で、バラが咲いています。これはNaoがサッカーをしているグラウンドの近く 私たちが住むコンドミニアムも、バラが満開です。 見ても綺麗で香りも素敵なバラは、心を明るくしてくれますね。 自分で育てるのは難しそうなので、お手入れしてく [続きを読む]
  • まいにちのプリント
  • もう4月も終わろうとしていますね。 早いーーー!!!! 日本ではゴールデンウイークなんですよね。 アメリカではもうすぐ始まる夏休みを前に、イベントごとがラストスパートの様に山積みになる季節で、忙しい毎日です。 4月の頭にドラゼミ・グローバル始動!ということで、Naoがドラゼミ・グローバルを始めたことを紹介しましたが、実はLilyも小学館さんのまいにちのプリントのモニターをさせて頂いています。 Lilyはもうすぐ5 [続きを読む]
  • スペシャルデー!
  • Lilyのプリスクールではスペシャルデーと言うものがあります。 これは何かというと、クラスメートや先生から、あなたはスペシャルだよ!と言ってもらえる日です。 流れとしては、まずは親が自分の子どもの写真で飾ったボードを用意します。 そして、クラスメート1人1人がスペシャルデーの子どものスペシャルな所を発表し、先生がそのボードに記入していきます。 先生、親からのコメントも記入し、最後に自分自身のスペシャルな所 [続きを読む]
  • ガーデニングで生物のお勉強と食育!?
  • 先週からガーデニングを始めました。 私たちが住むアパートが管理している、住民共有のガーデニングスペースを一年間借りられることになりました。 ガーデニングスペースと言っても、1メートル四方ほどの小さいものですが。 でも土の入れ替えはアパート側がしてくれたので、私たちはただ植物の苗や種を埋めるだけなので楽ちんです。 今回は、2種類のトマトの苗と、はつか大根、きゅうりの種を植えました。 大きくなることを見越し [続きを読む]
  • PTAに参加していこうと思います
  • タイトルが何かの宣誓みたいになってしまいましたが、タイトル通りこれから少しずつPTA活動に参加していきたいな、と思っています。 日本ではPTAというとなんだか恐れられているイメージがありますが、私はアメリカでPTAのネガティブな話を聞いたことはありません。 PTAに参加することは義務ではありませんし、PTAの役員になるのもやりたい人だけで、強制されることはありません。 私の印象としては、PTAは 子どもの教育に関心が [続きを読む]
  • アルファベット Kの練習と文字の学習
  • 今日は久しぶりにアルファベットの練習の様子をUPします。 練習動画は撮っているのですが、編集に時間がかかってなかなかアップデートが追いつきません… 今日はアルファベットKです。 今回紹介したのは KING MILK それ以外にKで始まる単語は、 KANGAROOKOALAKITEKITTYKEY などが小さい子供でも分かりやすいでしょうか。 ☆☆☆☆☆ アルファベットの動画を撮っているおかげか、Lilyは最近はほとんどのアルファベットの大文字を [続きを読む]
  • プリスクールの個人面談
  • 先日、Lilyのプリスクールで個人面談がありました。 この時期に、先生が子どもと1対1で、英語の理解度や数字・図形などの認識度をチェックする時間を設けてくれます。 その際、子どもがキンダーガーテンに入学して問題ないかを先生がチェックリストを用いながら客観的に観察してくれます。 この結果を基に、先生と親だけで1時間の面談が行われます。 そして、我が家のLilyちゃんですが、キンダーガーテンに行っても全く問題ないと [続きを読む]
  • バラバラな春休み
  • 先週はNaoの学校の春休みでした。 イースターから1週間のお休みでした。 そして、隣の市にあるプリスクールに通うLilyは今週1週間春休みです。 そうなんです、アメリカは隣同士の市であっても、お休みのスケジュールが全く違います。(もしかするとカリフォルニアだけ?) 春休みだけではなく、始業、終業全てにおいて、市によってスケジュールが異なります。 なので、今回のNaoの春休み期間にLilyのプリスクールがあったため、遠 [続きを読む]
  • ドラゼミ・グローバル始動!
  • 今年度からモニター受講をさせて頂くドラゼミ・グローバルがようやく始まりました! Naoは日本だと新一年生になるので、一年生のドラゼミを受講します。 教材は自宅でプリントアウトできるのでとても簡単でした。 今日は手始めに国語のプリントをすることにしました。 国語の4月のカリキュラムはこんな感じで、毎日1単元学習すると10日でメインの学習が終わり、5日はオプショナルの学習が出来るようになっています。 算数も国語 [続きを読む]
  • 我が家のイースター
  • 今日(4/1)はイースターでした。 アメリカだとイースターと言えばエッグハントを思い浮かべる人が多いと思いますが、ドイツでは少し違います。 ドイツではカゴやお皿を鳥の巣に見立てて(Osternestと呼ばれます)、中に卵やウサギの形をしたお菓子やちょっとしたプレゼントを入れます。 そして、イースターウサギ(サンタクロース的な役割)が隠したOsternestをみんなで探し当てる、と言う習慣があります。 我が家は、今年は近所の [続きを読む]
  • プリスクールのSpring Party
  • 昨日はプリスクールのSpring Partyでした。 学校ではなく広い芝生のある公園で集まって、持ち寄りのランチをみんなで囲んで春の陽気を楽しみました。 先週までは雨模様が多かった北カリフォルニアですが、今週は春を通り越して夏が来たかのような天気です。 学校の先生によると、プリスクールでSpring Partyを15年くらい前に始めてから,Party当日は一度も雨が降ったことがないとか!! Spring Partyはイースター前に行うので、エ [続きを読む]
  • パパと虫観察
  • ご訪問ありがとうございます。ドイツ人の夫と長男Nao(6歳)、長女Lily(4歳)、次男Taiga(2歳)とともにアメリカのカリフォルニアに住んでいます。マルチリンガルな我が家の様子を、学びという観点を中心に書き綴っています。☆☆☆☆☆ 我が家のパパは仕事柄よく電子機器をもらってきます。 この前は、スマホに付ける顕微鏡をもらってきました。 こんな感じの、簡易の顕微鏡です。COM-SHOT 【 スマホのカメラが顕微鏡に 】 簡 [続きを読む]
  • 誕生日パーティー、3連続
  • 先日、我が家のTaiga君が2歳になりました! ついこの間産まれたばかりだと思ってたのに、いつの間にか2歳です。 赤ちゃんとは呼べないような年齢になりましたが、末っ子ちゃんは永久に我が家のベイビーです(笑) ロウソクも自分で吹き消せるようになりました。 ケーキとプレゼントにご満悦。 そして、この日は他にも2つの誕生日パーティーがありました。 Naoのクラスメートはアメリカの子どもが大好きな、Chuck E Cheese'sでパ [続きを読む]
  • カルテット
  • 今日は夫の働く大学の音楽ホールで、地域の人向けの無料コンサートがありました。 弦楽四重奏のコンサートで、1時間ほどのコンサートでした。 長い曲を演奏するのではなく、曲の特徴を説明しながら短い曲を演奏してくれたので、子どもたちも飽きることなく楽しむことが出来ました。 途中、子どもたちだけ舞台上に上がることができ、楽器を間近に見ることができました。 夫が来られなかったので、1人で3人の子どもを連れて行くこ [続きを読む]