dumonde さん プロフィール

  •  
dumondeさん: ドバイから世界を見てみよう
ハンドル名dumonde さん
ブログタイトルドバイから世界を見てみよう
ブログURLhttp://fanblogs.jp/dumonde21/
サイト紹介文ドバイ駐在の会社員が海外生活や旅行、中東事情を紹介します。
自由文2016年からドバイ駐在。せっかく日本を離れたんだから、日本ではできないことに積極的に挑戦して、新しい視点を取り入れたいと考えながら生きてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 145日(平均5.0回/週) - 参加 2018/01/14 23:24

dumonde さんのブログ記事

  • 日中の労働禁止令
  • ドバイのMinistry of Human Resources and Emiratisationが6月15日から9月15日までの日中の労働禁止令を発表した。対象は直射日光を受ける仕事で、禁止は12:30~15:00の間。日によっては気温が50℃を超す日もある訳だから、労働者の健康を守るための素晴らしい制度だと思う。違反した企業には約15万円から150万円の罰金が課されるらしい。基本的には建設労働者などを念頭に置いた禁止令なんだろうけど、警備員とかの屋外で働く人は [続きを読む]
  • 静寂と渋滞のラマダン
  • イスラム教の断食月ラマダン。残すは約10日イスラム教の暦は未だに太陰暦を使っているため、ラマダンは毎年約10日早まる。ここ数年は日の長い6月前後にラマダンがくるため、飲食ができない時間が長くて辛い。しかも、ここドバイでは6月には日中の気温が40℃を超えるため、日中に外出するのは非常に辛い。ラマダン期間中は日中の飲食ができないだけではなく、音楽を流すこともできないため、普段は賑やかなショッピングモールにも静 [続きを読む]
  • 「ごおいでいただき」??
  • 海外に来ると変な日本語をよく見かける。きっとGoogle 翻訳みたいなもので自動翻訳したものをそのまま載せるからか。一つ一つの単語の直訳としては理解できるんだけど、文全体としては不自然だったり、そもそも意味が違ったり。で、今日はアブダビの展示会場でこんな日本語を見つけたThank you for visitingはGoogle翻訳だと正しく「お越しいただきありがとうございます」と出てきた。「おいで」と「いただき」をくっつける時点で [続きを読む]
  • ドバイサファリが一時閉園
  • 2017年の12月12日に開園したばかりのドバイサファリ(動物園)が早くも閉園するらしい。といっても5月15日から10月1日までの夏期の間のみらしく、その間にupgradeをするらしい。upgrade前にサファリに行かなかったので、新装開店しても何が変化したかに気づけないのが残念だ。夏は暑くて旅行客も減るし、ドバイの住民も海外で休暇を取る人が多いので、夏期は営業しないという施設は他にもある。Global VillageとかMeydan競馬場あた [続きを読む]
  • 今日の天気は・・・・「砂嵐」
  • 今朝起きたら外の世界が真っ白だった。てっきり季節外れの霧が出たのかと思ったら、砂嵐だった。普段なら家の窓から見える高層ビル群がまったく見えないくらい視界が悪く、外に出ると埃っぽい。風はそれほど強くなかったので物が飛んでくるほどではないが、道路上で砂やゴミが舞っていた。Khaleej Timesの記事によれば飛行機の遅延も発生したらしいGoogleで「ドバイ 天気」とググってみたら、「ちり煙霧」と出てきた。そんな天気 [続きを読む]
  • アブダビでカヤック体験
  • 日本から友人が遊びに来て、少しはアウトドアでアクティビティをしたいという要望だったので、アブダビにシーカヤック体験に行ってきた。インターネットで探すと業者がいくつかあって、今回は約2時間のSea Hawk社のガイドツアーに申し込んだ。1人AED160(約4,800円)カヤックは一人乗りと二人乗りから選べて、料金は同じ。慣れていなければ楽できる二人乗りがオススメ。会話も楽しめるしね。写真を撮りたかったけど、スマホの持ち込 [続きを読む]
  • Washmenがサービス縮小
  • オンラインの洗濯サービスWashmenを使おうと思いアプリで洗濯物の引取を注文したところ、エラーメッセージが来た。何度かやり直しても注文できないので、カスタマーセンターに連絡を取ったところ衝撃的な答えが返ってきた。「お客様のエリアは注文数が少なく、渋滞も多いので対応時間を制限することにしました。金曜日以外の午前10時から昼12時の間のみ、洗濯物の引き取りが可能です」確かに金持ちが住むエリアじゃないし、渋滞も [続きを読む]
  • 今度はVR Parkがオープン
  • 世界最大のショッピングモールであるDubai Mallに新しい施設ができた。その名もVR Park名前の通り、VRを使ったアトラクションが18種類ある屋内型の遊園地。Dubai Mall近くのCity WalkにもHub Zeroという屋内型のゲーム遊園地があるので、客の取り合いになりそうだ。Hub Zeroは入場料を支払って、ゲームし放題(しかもほとんど並ばない)という仕組みだが、VR Parkは入場料無料で、ゲームごとに料金を支払う(AED15から)買い物客の [続きを読む]
  • 今度はVR Parkがオープン
  • 世界最大のショッピングモールであるDubai Mallに新しい施設ができた。その名もVR Park名前の通り、VRを使ったアトラクションが18種類ある屋内型の遊園地。Dubai Mall近くのCity WalkにもHub Zeroという屋内型のゲーム遊園地があるので、客の取り合いになりそうだ。Hub Zeroは入場料を支払って、ゲームし放題(しかもほとんど並ばない)という仕組みだが、VR Parkは入場料無料で、ゲームごとに料金を支払う(AED15から)買い物客の [続きを読む]
  • まだ作るの?ドバイのウォーターパーク
  • ドバイのLa Merに建設中のウォーターパークが今月完成するらしい。その名もLaguna Waterparkドバイには既に主だったウォーターパークとしてAquaventureやWild Wadiがあるが、人口300万人程度の都市に3つもウォーターパークは必要なのか?(隣のアブダビにもYas Waterworldがある)旅行客を狙っているのかもしれないけど、海外からドバイに来た旅行客が3つもウォーターパークをハシゴするとは思えない。ホテルや遊園地やショッピン [続きを読む]
  • クウェートの渋滞対策
  • クウェートはイラクの隣にあるオマケのような小さい国だし、人口も少ない(約400万人)ので渋滞は少ないのかと思ったら全然違った。公共交通機関が未発達な上に、タクシーもメーターを使わないという前近代的な社会のため、自家用車を持つ比率が高いらしく、朝や夕方にはクウェートシティを中心に大渋滞が発生していた。ただ、車が多すぎて渋滞するというよりも、運転マナーが悪いことによる交通渋滞の発生が多いように感じた。特 [続きを読む]
  • 国の第一印象は空港で決まる
  • 外国を始めて訪問する場合、その国の第一印象は空港で決まると思う。その国で最初に足を踏み入れるのは空港だし、右も左もわからない外国人がどこまでスムーズに入国できるかで、その国のおもてなし度が大抵測れてしまう。ドバイ空港のターミナル3だと入国審査のフロアに向かうエレベーターの奥に巨大な滝(?)があったり、天井が高くて開放的だったり、非常に近代的なイメージがある。少しでもスムーズに入国できるようにスタッ [続きを読む]
  • 国の第一印象は空港で決まる
  • 外国を始めて訪問する場合、その国の第一印象は空港で決まると思う。その国で最初に足を踏み入れるのは空港だし、右も左もわからない外国人がどこまでスムーズに入国できるかで、その国のおもてなし度が大抵測れてしまう。ドバイ空港のターミナル3だと入国審査のフロアに向かうエレベーターの奥に巨大な滝(?)があったり、天井が高くて開放的だったり、非常に近代的なイメージがある。少しでもスムーズに入国できるようにスタッ [続きを読む]
  • 中東での交渉はスポーツだ
  • 中東での交渉はとにかく体力勝負である。負けず嫌いな人が多いからなのか、些細なことでも交渉事になると中東では真剣勝負になる。特に市場などで価格交渉になると、目の色が変わる。これはアラブ人だけではなく、イラン人とかトルコ人も同様だと思う。市場などで商品に興味を示すと、大げさな演技を交えながら売り込んでくるオジサン達。時には知っている日本語を得意げに使って親しみをアピールしてみたり、お茶を出してみたり。 [続きを読む]
  • クウェートでのフィリピン人の労働が禁止に
  • Work ban on Filipinos in Kuwait 'permanent'このニュースの見出しを見た時、てっきりクウェート政府がフィリピン人の労働を禁止したのかと思ったんだけど、その逆だった。フィリピン政府がフィリピン人にクウェートでの労働を禁止するというニュースだった。「働かない自国民」を抱える湾岸諸国の産油国にとってはフィリピン人は貴重な労働力。一般的に英語が上手だし、安くて、愛想が良いということで接客業で重宝されていたフ [続きを読む]
  • Dubai Passはお得か?
  • ドバイが5月16日から観光客向けにDubai Passの販売を始めるらしい。http://dubaipass.ae/Dubai Passとは3日間有効の入場パスで2種類ある。A. Dubai Unlimited - AED899 (約27,000円)下記の観光地への入場が3日間フリーパスになる。1. AquaFun inflatable park, JBR2. Aventura Park, Mushrif Park3. Dubai Fountain Boardwalk vie.. [続きを読む]
  • フジャイラでステイケーション
  • 日本から友人が来て、「UAEで海水浴したい」と言うので1泊2日でFujairahへ行ってきた。FujairahはUAEの北東部にある首長国で、ドバイからだと車で1-2時間。インド洋に面するオマーン側にあるので、ドバイのあるペルシャ湾側と違って海が綺麗だし、波もある。UAEではステイケーション(Staycation)という言葉をよく見かける。StayとVacationを合わせた造語で、たぶん「遠出せずに近場でのんびりバケーションを過ごす」という意味かな [続きを読む]
  • あれ?免税店なのにVATが課税されてる
  • ドバイではお酒を買うライセンス(Liquor permit)というものがあり、そのライセンスを持っていない人は酒屋で買い物をすることができない。そのため、ドバイに住んでいる住民は他の首長国に買い出しに行くか、ドバイ空港の到着時の免税店でお酒を買うのが通常だ。海外出張の帰りに免税店でお酒を買ったところ、レシートにVAT 5%と書かれていた。あれ?免税じゃないじゃん?Duty Free ShopってVATが免税になるからDuty Freeなんじゃ [続きを読む]
  • バーレーンはCareemでもUberでもタクシーが来る
  • バーレーンの通常のタクシーは運転手がバーレーン人という湾岸諸国では珍しい自国民ドライバーの仕組みになっている。というのも、石油の枯渇が間近だったバーレーンでは、自国民の雇用を生み出すことが大切だからだ。ただ、産油国の場合、まともな自国民はしっかり教育を受けてホワイトカラーになるものである。特に湾岸諸国の場合は勤労を美としないため、肉体労働やタクシーの運転手などを蔑視する傾向がある。とすれば、どうし [続きを読む]
  • バーレーン ~不良サウジ人の遊び場~
  • 今月の頭に1932年以来最大の油田が発見されたというニュースになったバーレーン。バーレーンはアラビア半島の横にぽつんとある小さい島国で、日本人に馴染みがあるのはF1のレースくらいだろうか。産油国ではあるが、石油の枯渇が迫っていると言われていた。石油の枯渇に備えて湾岸諸国での金融の中心都市を目指していたが、いつの間にかドバイにその座を奪わてしまった。航空産業で湾岸諸国のハブになるべくGulf Airを立ち上げる [続きを読む]
  • Asia Asiaのブランチはちょっと・・・
  • 「味も眺めも最高だよ」と欧州出身の友人に連れられて、Dubai MarinaにあるAsia AsiaのFriday Brunchに行ってきた。「ドバイのオシャレな建物にあるアジア系レストランは不味い」という先入観を持っているから、どうせここも不味いんだろうなと半信半疑で・・・Dubai Marina Mallに隣接するPier 7のエレベータを上がると入り口が。早速「これでもか!」というくらいにアジアっぽい装飾。いかにも不味そう。予約名を告げて、テラス [続きを読む]
  • ドバイフレームに行ってきた
  • 昨年末に完成した世界最大の額縁(?)ドバイフレームに行ってきた。高さ150mでエレベーターを昇ると展望台になっている。Burj Khalifaの展望台に比べたら圧倒的に低いから、観光客はいないだろうと思っていたら、意外にもチケット売り場には行列ができていた。きっとチケットがAED50 (約1500円)と安いから、格安旅行者にとっては行きやすいのかもしれない。来場者もほとんどが南アジア系で、いつもの独特の匂いを発していて、密 [続きを読む]
  • ドバイ-アブダビ間の長距離バスが新しくなる!?
  • 今日のTimeOut Dubaiのウェブサイトに「New luxury coaches will travel between Dubai and Abu Dhabi」という記事を見つけた。ドバイの交通局が新たに316台の車両を購入するとのこと。そのうち143 new deluxe intercity coachesとなっているから、ここからアブダビ行きのバスが相当数割り当てられるんだろうな。ドバイ政府の大人買い。でも運賃は片道たったのAED25(約750円)120kmくらい.. [続きを読む]
  • イスラム教の勉強の続き
  • 先日、コーランについてマンガで読んだ続きとして橋爪大三郎氏の「あぶない一神教 (小学館新書)」を読んでみた。この本は佐藤優氏との対談形式で一神教(ユダヤ教・キリスト教・イスラム教)を比較している。イスラム教については、その成立についても触れてはいるけど、私の疑問に答えているような項目はなかった。とはいえ、イスラム教が国家とかナショナリズムと馴染みが薄い理由とか、一部のムスリムが欧米を敵視する理由を知 [続きを読む]