dumonde さん プロフィール

  •  
dumondeさん: ドバイから世界を見てみよう
ハンドル名dumonde さん
ブログタイトルドバイから世界を見てみよう
ブログURLhttp://fanblogs.jp/dumonde21/
サイト紹介文ドバイ駐在の会社員が海外生活や旅行、中東事情を紹介します。
自由文2016年からドバイ駐在。せっかく日本を離れたんだから、日本ではできないことに積極的に挑戦して、新しい視点を取り入れたいと考えながら生きてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 40日(平均8.9回/週) - 参加 2018/01/14 23:24

dumonde さんのブログ記事

  • アブダビのシェイク・ザイード・グランドモスクに行ってきた
  • UAE最大のモスクでアブダビの観光名所にもなっている。故シェイク・ザイード・ビン・スルタン・アルナヒヤーンUAE大統領兼アブダビ首長の鶴の一声で建設が開始された。1996年から2007年までの11年間に及ぶ巨大プロジェクトだった。建築デザインはシリアの建築家Yousef Abdelkyが手掛け、真っ白な建物に鮮やかな装飾が散りばめられた、巨大な宝石のようなモスクだ。このモスクの見どころは世界最大の手織りの絨毯に巨大なスワロフス [続きを読む]
  • ルーブル・アブダビ(Louvre Abu Dhabi)に行ってきた
  • 2017年の年末にオープンしたばかりのLouvre Abu Dhabiに行ってきた。場所はアブダビの市街地から橋を渡ったサディヤット島の海沿い。ジャン・ヌーヴェルが建築を手掛けた建物は真っ白な壁にグレーの幾何学模様のドーム。まるでモスクみたい(ミナレットはないけど)中に入ると、網のような構造のドームから光が差し込み、まさに「インスタ映え」する空間。海と一体になったような建築なので、今の時期には涼しくて快適。たくさんの [続きを読む]
  • ドバイにおける中国のプレゼンスの大きさ
  • ドバイに住んでいる中国人の数は一説には日本人住民の100倍(約30万人)とも言われる。それだけでなく、中国人の富裕層にとって成金趣味でインスタ映えするドバイが非常に魅力的らしく観光客が大挙して押し寄せる。少し前に銀座や心斎橋で見かけたように、大型の観光バスでイナゴのようにやってきて、ブランド物を爆買いしているのだ。そんな大切な「お客様」である中国人観光客のためにドバイは街中で「熱烈歓迎」といった感じで [続きを読む]
  • ドバイでお酒を楽しむには
  • イスラム教が国教のUAEではお酒を入手する方法が非常に限られている。街中にはフランス系スーパーマーケットのカルフールがたくさんあるが、お酒は一切取り扱っていない。お酒を提供するライセンスを持っている飲食店で飲むことはできるが、非常に割高。ビールが1パイント(約600ml)で1200〜1500円(!!)自宅などで飲むにはリカーショップと呼ばれる酒屋で購入することができるが、ドバイだとリカーパーミットというライセンスが [続きを読む]
  • ドバイでサウジ人(??)の物乞いに遭遇した
  • UAEでは物乞いの行為は禁止されている。法律上は逮捕されて、外国人だと禁固刑の後に強制送還されることになっているから、これまでは物乞いを見たことがなかった。昨日、家の近くを歩いていたら、横を走っていたSUV車が目の前に止まって「ハロー マイフレンド エクスキューズミー」と下手な英語で声をかけてきた。てっきり道を訊かれるのかなと思っていたら、いきなり握手を求められた。車には二人の薄汚いおっさんが乗っていて [続きを読む]
  • ドバイのフィッシュマーケットに行ってきた
  • 去年、新たに建設されたフィッシュマーケットに行ってきた。昔のフィッシュマーケットはオープンエアだったらしいが、新しいフィッシュマーケットは屋内型。建物の中は明るくて、意外と清潔。上のニュース記事の写真でわかる通り、小さなブースがたくさん並んでいて、会計もそのブースごとで支払は現金のみ。フィッシュマーケットという名称だけど、野菜や果物、肉の市場もあるので、巨大なスーパーマーケットのような感じ。まだ内 [続きを読む]
  • ドバイの新名所 Al Seefに行ってきた
  • ドバイにまた新しい観光スポットが誕生した。Al Seefはドバイクリークに面した屋外型のショッピングモール。先日紹介したLa Merのクリーク版と言った感じかな。・モダンな建物が立ち並ぶ。・西に歩くと急に伝統的なアラブ風の建物群に変わる・ジェラート専門店もアラブ風に・La Merのような海水浴はできないが、ウォーターフロントでAbraだけでなく豪華なヨットなども停泊している。ただ、ここもほとんどのお店がまだ建設中。さす [続きを読む]
  • イランで衝撃の朝ごはん キャレパチェ
  • イランの取引先に「イランのユニークな朝食をご馳走してあげる」と言われて週末の朝に待ち合わせをした。取引先の車に乗り込み、「休日なのに申し訳ないなぁ」「イングリッシュ・ブレークファスト的な朝食盛り合わせのイラン版かなぁ」とか考えていたら食堂に到着。店内に入ると・・・なんだか生臭い。吐き気を催すようなニオイ。それでも、「きっとイランのきたなシュラン的な名店なんだ!」と信じて料理を待った。そして出てきた [続きを読む]
  • UAEの運転事情
  • 今日のLovin DubaiにAbu Dhabiの道路で時速20km分の猶予がなくなるという記事を見つけた。UAEの道路はカメラがそこら中に設置されていて、速度超過の車を撮影して罰金を取る仕組みになっている。が、なぜか時速20km分の猶予が付与されていて、時速60km制限の道路の場合、時速80kmまではカメラが作動しない設定になっている。ドライバーたちはみんなこの設定を知っているので、プラス20kmのギリギリの速度で走っているケースが多い [続きを読む]
  • 効率がとことん悪いイランのアライバルビザ
  • イランではいつの間にか空港でアライバルビザが取得できるようになった。以前は現地の招聘側にイランの外務省で許可番号を取得してもらい、その番号を持ってイラン大使館にビザ申請をする必要があった。許可番号がなかなか出なくて時間を浪費することが多かったので、事前申請なしにアライバルビザが取れるようになったのは嬉しい。でも、そこはやっぱりイラン。一筋縄ではいかなかった。ビザの取得は問題ないんだけど、とにかく効 [続きを読む]
  • クレーマーに厳しいドバイ
  • UAEに言論の自由がないことは過去にも書いたが、政府への批判には殊更厳しい。今日のニュースでドバイ在住のインド人男性がドバイの交通局RTAにクレームのメールを入れたことで逮捕されたと書いてあった。どうやら男性は運転免許の試験に不合格になったことで「RTAは貧しい住民を意図的に不合格にして再試験をさせることでお金を稼いでる」という内容のメールをRTAに送ったらしい。詳しいことが書かれてないから不明だが、気になる [続きを読む]
  • イランのガソリン事情
  • イラン人の友人の車でテヘランの郊外に連れて行ってもらった。テヘランの北部は山岳地帯でそこから北東に進むと山間に集落がある。夏は避暑地として人気が高いらしい。自然が多いので、ピクニックが好きなイラン人は家族や友人と出かけて、テントを貼ってキャンプをしたり、外でイランの紅茶を楽しんだりする。で、途中にガソリンスタンドに立ち寄って驚いた。料金がリッター 「1000」と書かれている。1ユーロが55,700 IRRだから [続きを読む]
  • イランの物価について考える
  • イランに久々に行って驚いたのが、イランリアル(IRR)が大暴落していたこと。2017年末にイラン各地で反政府デモが発生したことで、ドルやユーロに資金が逃げたらしい。日本人からすると自国通貨が大暴落するなんて想像もできないだろうけど、イランに行くと「通貨=信用」なんだと実感する。イランの場合は公に発表されている公定レートだけでなく、実勢レートが存在する。空港の土産屋などでユーロ払いをすると公定レートで換算さ [続きを読む]
  • イランの国内線飛行機事情
  • 国内線のないUAEとは違い、イランは広い国なので、地方に行く場合には国内線の飛行機に乗ることがある。が、その国内線が非常に辛い。まず第一に空港が違う。国際線が就航しているイマーム・ホメイニ国際空港(IKA)ではなく、そこから50kmくらい北にあるメフラーバード国際空港(THR)まで行かなくてはいけない。THRの方がテヘランの中心部には近いので、街中から空港に行くにはTHRの方が便利だが、国際線でテヘランに到着してそのま [続きを読む]
  • テヘランにジュラシックパーク出現
  • テヘランでまさかのジュラシックパークを発見した。宿泊したエスピナス・パレス・ホテルの周りに何かないかなとGoogle Mapで調べていたら、Jurassic Parkの文字が。気になったので歩いていってみると・・・さすが期待を裏切らなさそうなシュールな入り口。さぞかし苦笑いさせてくれるんだろうと思って入場することに。入園料は大人6000トマーン(約200円)と良心的な価格。中にはジュラシックパークというだけあって、恐竜の模型( [続きを読む]
  • テヘランの最高級ホテルに宿泊 エスピナスパレスホテル宿泊記
  • テヘランの最高級ホテルに宿泊 エスピナスパレスホテル宿泊記テヘランの最高級ホテルと言われるエスピナス・パレス・ホテル Espinas Palace Hotelに宿泊してきた。テヘランの街の最北部で山の中腹と言ってもよいくらいの高台に位置しているので、遠く南に下った街の中心部からもその姿を見ることができる。まさかのヘリポートまで備えられている。外壁にLEDを付けているのか、夜はちょっとしたイルミネーションのような演出をし [続きを読む]
  • 旅先でのお金について
  • 先日イランに出張に行ってきた。イランではまだ経済制裁の影響でクレジットカードを使うことができないので、必要な現金をすべてハンドキャリーしなくちゃいけないという非常に怖い経験をしなくてはいけない。それに引き換え、UAEなどのGCC諸国や欧米、東南アジアではほとんど現金を持参しなくて良くなってきたという印象がある。現地通貨は国際キャッシュカードを使えばATMで引き出せるし、ホテルや買い物やレストランはクレジッ [続きを読む]
  • ドバイの道路事情
  • ドバイの高速道路は車線が多い。ドバイの大動脈ともいえるSheikh Zayed Road (E11号線)の場合、場所によっては片側だけで7車線も8車線もある。これだけの大きな高速道路にもかかわらず平日の夕方にはこの高速道路が車で埋め尽くされ大渋滞になる。ただ、これは車の数だけでなく、運転マナーとか、分岐や合流の構造上の問題による渋滞も多い。なので、ドバイは街全体で渋滞を減らすために工夫を続けている。高速道路では立体交差 [続きを読む]
  • 未完成でもオープンするのがドバイ流
  • 急速に成長する街として知られるドバイ。革新的なことにも積極的に挑戦する風土のため、ユニークな建物や商業施設が次々とオープンし、新しい建設プロジェクトがたくさん進行中。まるで競争しているかのように新しい施設がオープンするが、実は未完成の施設が多い。ショッピングモールだったら一部がまだ建設中だったり、店舗が歯抜け状態でもオープンしてしまう。昨年末に完成したサファリパークも動物がまだ全ては揃っていない。 [続きを読む]
  • ドバイでデザートサファリ体験
  • ・デザートサファリとはいわゆる「砂漠ツアー」ランドクルーザーなどの大きいSUVで砂漠の砂丘を縦横無尽に駆け抜けるアトラクション。ドバイなど中東で人気のアクティビティで、ドバイ観光に来る人にはデザートサファリを目当てにしてくる人も多い。・価格とサービスの種類一言でデザートサファリといっても、その内容はピンきり。高いツアーの場合、宿泊先までランドクルーザーで迎えに来てくれて快適だが、安いツアーの場合は、 [続きを読む]
  • エミレーツ航空のステータスがGoldになった
  • 昨日はドバイメトロのGold classについて書いたが、Goldといえば先日エミレーツ航空のマイレージ会員のステータス(Tier)がGoldになった!!これは嬉しい。Goldになると様々なメリットがあるが、その中でも私が嬉しいと思うのは次の3つ1)空港ラウンジが往復で使えるSilverだとドバイ空港でのみ利用可能だが、Goldなら他の空港でもエミレーツのビジネスクラスラウンジもしくは提携ラウンジが無料で使える。しかもゲストも1人無料 [続きを読む]
  • ドバイメトロのゴールドクラスに乗ってみた
  • ドバイのメトロには通常の車両だけでなく、女性専用車両が1両半と、ゴールドクラスが1両接続されている。ゴールドクラスは運賃が通常の倍で、しかも通常の車両や外からは中が見えない形になっているので、どんな雰囲気なのか乗らないと知ることができない。普段は全然メトロに乗る機会がないんだけど、ちょうど地下鉄の駅付近の店で飲み会をすることになったので、ゴールドクラスに乗ってみることにした。ドバイのメトロは日本のSU [続きを読む]
  • Abu DhabiのLe Meridien Hotel宿泊体験
  • 先日、Abu Dhabiに出張する機会があり、Le Meridien Abu Dhabiに宿泊してきた。仕事でSPG系のホテルを使うことが多いから、いつのまにか上級会員のステータスになっていたんだけど、なんと部屋がアップグレードされた!標準のStandard Deluxe Room → Deluxe Suite(たぶん)仕事で一人だったから、Suite roomは広すぎて、どこに座ったら良いのかわからない位だったけど、非常に快適な一夜が過ごせた。しかもClub Loungeに.. [続きを読む]
  • テヘランで最高のラムチョップ Shandiz Mashad
  • イランと言えばケバブを含め、羊肉の料理が有名だが、テヘランに行ったら絶対挑戦してもらいたいレストランがShandiz Mashadこのレストランのオススメはラムチョップ。ペルシャ語ではシシリクと呼ばれる料理で、通常は6本のラムチョップが皿に盛られてくるんだけど、この店はなんと串に刺したままの状態で供される。;ここのラムチョップは、イヤな臭みがまったくなく、柔らかくて超ジューシー。元々はイラン北東部のMashad発祥のレ [続きを読む]
  • ドバイの競馬事情
  • ドバイと言えば競馬を連想する人が多いはず。私はそもそも競馬に興味がないけど、Dubai World cupというレースが世界最高の賞金額のレースだということは聞いたことがある。日本からもわざわざ賞金欲しさに遠征してくる馬もいるらしい(馬主の欲で日本からドバイまで空輸されるなんて、馬がかわいそう)知人のお誘いでドバイのメイダン競馬場に行ってみた。ドバイの夏は非常に過酷なので、競馬は秋から春にかけてしか開催されない [続きを読む]