楽々ペイント さん プロフィール

  •  
楽々ペイントさん: 楽々ペイント|神奈川県の外壁塗装
ハンドル名楽々ペイント さん
ブログタイトル楽々ペイント|神奈川県の外壁塗装
ブログURLhttps://rakurakupaint.com
サイト紹介文楽ペンでは6つのこだわりのもと、お客様が安心して外壁塗装をお任せできるサービスを提供しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 217日(平均2.5回/週) - 参加 2018/01/16 17:46

楽々ペイント さんのブログ記事

  • 雨漏りを防ぎたい!屋根塗装でできる?
  • 何かトラブルが発生して初めてわかるのが、当たり前に存在するもののありがたみです。そういった存在の1つがマイホームの屋根です。普段はあって当たり前、暑い太陽の日差しも、土砂降りの雨もシャットアウトしてくれています。ところで、その存在が途端に気になりだすのが、雨漏りなどトラブルに見舞われたときです。ふと気づけば、新築から10年以上が経っていたというわけです。こうした雨漏りなどのトラブルも屋根塗装で解決で [続きを読む]
  • 雨漏りの原因の9割が外壁塗装の劣化から?
  • 梅雨が終わって、夏到来と思っていたら、次に訪れるのは台風の季節です。日本は、雨がたくさん降る季節が意外と多いものですね。雨が多い季節は、当然雨漏りトラブルも増えます。その原因は、やっぱり屋根にあるのでしょうか?実は、雨漏りの原因は屋根よりも外壁であることが多いのです。しかも、メンテナンス不足など、外壁塗装をきちんと行っていれば、防ぐことができたかもしれないことが原因になっている場合が多いのです。雨 [続きを読む]
  • 足場なしでも可能?屋根塗装は危険と背中合わせ
  • 足場なしで屋根塗装は可能?外壁塗装に屋根塗装、水回りのコーキングに畳の張替えなどなど…挙げればきりがないのがマイホームのメンテナンスです。特に外壁や屋根の塗装は、内部の構造にも影響し、マイホームの寿命にも関係するため、避けられないメンテナンスです。であれば、できるだけ費用は抑えたいと思うのが人情です。そこで屋根塗装の工程を見ていくと、足場代って、これがなかなかの金額を占めているんです。必要なものな [続きを読む]
  • 世界に誇る二強、日本ペイントと関西ペイントを比較
  • 外壁塗装に欠かせない材料といえば、塗料です。塗料には、さまざまな性能が付加されていて、外壁塗装をするということは、外壁に色を着けるのと同時に、そうした塗料の性能も装備する働きがあるのです。例えば、耐候性や耐水性といった性能で家の構造を守るなど、外壁塗装に使われる塗料が持つ性能は、住まいそのものの寿命に大きく関わっています。しかも、塗料の種類によって耐久性が年単位で違うなど、塗料ごとにその特性にも違 [続きを読む]
  • 屋根塗装のローラー工法と吹き付け工法の紹介・比較
  • 屋根は、家を太陽の光や熱、雨から守る役割があります。しかし、その役割を長期間きちんと果たすには、屋根があるだけでは不十分です。屋根に防水性や耐候性をつけて、外部からのダメージから保護するために「塗膜」を作ることが大切なのです。その「塗膜」を作る方法である、「塗装方法」について解説していきます。この記事を読んで分かること屋根塗装の方法「ローラ工法」と「吹き付け工法」について違いが分かる現在、屋根塗装 [続きを読む]
  • オリジナル塗料の信頼性は?大手メーカー塗料とどちらを選ぶ?
  • オリジナル塗料で外壁塗装っていいの?外壁塗装を行う際に悩ましいのが塗料選びです。それはもちろん種類が多くて素人にはなかなか判断がつきにくいのが理由です。そのうえ、外壁塗装業者によっては、当社オリジナル塗料だから安いとか、持ちが良いとか、性能が高いとか、さまざまな営業トークを持ち出してきます。しかも、料金が安くなったり、持ちが良くなったりすると言われると、ついついオリジナル塗料が良さそうに感じてしま [続きを読む]
  • 【まとめ】トタン屋根の屋根塗装とメンテナンス方法
  • トタン屋根の屋根塗装大切なマイホーム、長く居心地よく過ごしたいと思ったら、メンテナンスが必須です。特に屋根は、どんな状況になっているのか、わかりづらいので定期的に屋根塗装やメンテナンスすることが大切です。また、屋根は常に雨や風、紫外線にさらされているので、メンテナンスが遅れると雨漏りなどの原因にもなってしまいます。特にトタン屋根は、サビが心配な屋根素材です。防水性が高いというメリットもあるのですが [続きを読む]
  • 近隣の外壁塗装でトラブル発生!正しいクレームとは?
  • 近隣の外壁塗装でトラブル発生!どうする?戸建て住宅をマイホームにしたら、欠かせないのが定期的な外壁塗装やメンテナンスです。外壁塗装は、そのメンテナンスの1つで、10〜15年ごとに行います。最近の住宅は、同時期に販売された分譲地や建売住宅によって建てられていることが多いです。そのため、外壁塗装を考え始めたら、お隣さんが一足先に工事のご挨拶に見えたなどということもしばしばありますよね。しかし、外壁塗装工事 [続きを読む]
  • アスベスト含有に気づいたら?外壁塗装をどうする?
  • アスベスト含有の疑い?外壁塗装はどうする?壁材に使われていたアスベスト(石綿)で健康被害が起きたなどという話も、最近は大きな話題にならなくなった気がします。そのせいか、そんな心配はもうなくなったのかと思っている方も多いようです。でも、気をつけてください!アスベスト(石綿)を含んだ建材を使った建物は、まだまだ建てられている可能性があります。一般の住宅でも同様で、ちょうど外壁塗装を考える築14〜15年とい [続きを読む]
  • 外壁塗装をDIYで行うときに使う道具はこれ!
  • 外壁塗装をDIYで!必要な道具とは?マイホームをより自分好みにするために外壁塗装をDIYで行おうと考える方は少なくありません。とはいえ、それにはさまざまな道具が必要になります。しかも外壁といえば、何もせずに手の届く範囲ばかりではありません。外壁塗装をDIYで行うためにどんな道具が必要なのか、確認してみましょう。外壁塗装の工程に応じたDIY道具外壁塗装をDIYで行うための道具を揃えるには、外壁塗装の工程を確認する [続きを読む]
  • 【水性塗料と油性塗料】外壁塗装に向くのはどっち?
  • 水性と油性(溶剤)がある外壁塗装用塗料外壁塗装は、マイホームのメンテナンスの1つです。その目的は、塗装面の劣化によって衰えた防水性などを再び向上させて住宅の耐久性をアップすることや外観の美しさを取り戻すことなど、さまざまあります。となると、次は外観の色を変えてみようかな?とか、長持ちする塗料はどれかな?などと考えて、塗料選びにも力が入りますね。そんなときに行き当たるのが、塗料の名称とともに並んだア [続きを読む]
  • シャッターや付帯部塗装は外壁塗装と一緒にやるとお得?
  • シャッター塗装は外壁塗装と一緒がいいの?外壁塗装というと、外の壁ばかりを思い浮かべてしまいます。しかし、屋根やベランダ防水を外壁塗装と一緒に行うのが良いのと同様に、付帯部も一緒に塗装をしたほうがメリットがあります。そうした付帯部の1つがシャッターです。外壁塗装を業者にお願いした場合、基本的に付帯部の塗装も行ってくれますので、注意点などポイントを確認しておきましょう。足場料金を節約!外壁と付帯部を同 [続きを読む]
  • 【節約】DIYでベランダ防水ってできるの?
  • DIYでできる?ベランダ防水せっかく手に入れたマイホームなら、長くキレイに住みたいと願うのは当然ですね。ところが、住いの維持費は意外とかかるものです。何とか節約を…と考えたときに挑戦したくなるのがDIYです。特に屋上を含めたベランダ防水は、劣化も早いところなので築4〜5年から気になる場合もあります。さて、ベランダ防水は、DIYでもできるものなのでしょうか?一般住宅に多く見られるベランダ防水は?まずは、どんな [続きを読む]
  • 外壁塗装と同時に!ベランダ防水についてまとめました!
  • 外壁塗装と同時にチェック!ベランダ防水外観塗装は、住いの外観をお色直し、そして保護を目的として行います。家全体を塗装しなおすためには、足場を組んだり、養生したりと、とても大がかりな施工が行われます。外壁塗装を行う際に、ぜひ一緒にチェックしておきたいのが屋上を含めたベランダやバルコニーの防水です。ベランダやバルコニーなども塗料によって防水機能が高められている場合があり、外観塗装と同様のケアが必要だか [続きを読む]
  • 外壁塗装における『硬化剤』とは
  • 外壁塗装を行う塗料に不可欠!?硬化剤外壁塗装に使う塗料には、いろいろなタイプがあります。「硬化剤」は、そのなかでもちょっと特殊なタイプの塗料に使われています。硬化剤を必要とする塗料は、二液型塗料といって、塗料を塗る直前にA液とB液の2つを指定の割合で混ぜてから塗るタイプのもの。一般的な塗料は、一液型で、混ぜる必要はありません。二液型塗料は、一般住宅で使用される場合、外壁塗装に用いるものや、鉄などに塗 [続きを読む]
  • 外壁塗装における『左官』とは
  • 外壁塗装にも関係?左官の仕事とは外壁塗装を考えると、「左官」あるいは「左官仕上げ」といった言葉を聞くことがあります。「左官」とは、大工と並んで古くから日本で建築に携わる職人の名称です。大工が木材を中心に扱って家などの建築物の構造や造作を組み建てる職人なら、左官は大工が作った構造に、壁や床を作り上げていく職人です。土やセメントを材料に、コテを駆使して仕上げます。外壁塗装は、外の壁の塗料を塗りなおす際 [続きを読む]
  • 外壁塗装における『建坪』とは
  • 外壁塗装に使う建坪とは家を建てたり、建てようと計画していると「建坪は?」などと尋ねられることがあります。一般的によく使われていますし、共通の認識もあるはずなのですが、誤解している人も多い言葉でもあります。実は、建築基準法上の用語ではありません。建築基準法上で使われているのは、「建築面積」。建築面積は単位を平方メートルで表したもので、これを坪換算したものが建坪です。どの面積を指しているかというと、建 [続きを読む]
  • 屋根に苔が生えたら危険?屋根塗装だけはすまないケースも
  • 屋根は雨・雪・紫外線などから家を守ってくれる大切な役割をしています。そのため、毎日毎日外部にさらされている屋根は、定期的な屋根塗装やメンテナンスをする必要があります。しかし、中には屋根塗装を怠ってしまい、屋根に赤茶色した苔が生えてしまっているお家もチラホラ。屋根に苔が生えてしまっていると、雨漏りを起こしたり、家の内部が腐食してしまう可能性もあります。今回は高額な屋根の工事を未然に防ぐためにも、屋根 [続きを読む]
  • オリジナル塗料で外壁塗装は危険?注意点は?
  • 外壁塗装をするときに、「オリジナル塗料」という言葉を聞いたことありませんか?外壁塗装業者の中には、大手メーカーの塗料より、オリジナル塗料をおすすめしてくる場合もあります。しかし、オリジナル塗料は、通常の塗料より費用が高く、性能が低いことが多いようです。今回は外壁塗装における、オリジナル塗料の注意点などをお話していきます。トラブル多い?外壁塗装におけるオリジナル塗料とはまれに外壁塗装業者の中には、「 [続きを読む]
  • 外壁塗装における『延べ坪』
  • 外壁塗装の費用に関係?延べ坪とは住宅を建てるとき、「〇〇坪の土地に、〇〇坪の家を建てた」などということを聞くことがあります。でも、家は平屋や2階建て、3階建てなどがあり、平屋と2階建てでは、例え1階がそっくり同じだったとしても、家の坪数は違うのでは?と疑問がわいてきます。実際、その家は何坪なの?という話を分かりやすくするのが、「延べ坪」という言葉です。延べ坪とは、各階の床面積を合計した延べ床面積を坪数 [続きを読む]
  • 外壁塗装のDIYでおすすめの塗料
  • 塗料に注目!DIYで行う外壁塗装を成功させるなら愛着のある我が家、自分で自分好みの色に塗れたら……。DIYで外壁塗装を考える目的は節約ばかりではありませんね。とはいえ、外壁塗装なんて普段はやり慣れないこと。DIYでの外壁塗装を成功させるためには、手間をかけたり、知識をつけてなければなりません。ここでは、外壁塗装でもっとも大切で、仕上がりに直結する塗料について紹介します。塗装のステップを確実に外壁塗装で一番 [続きを読む]
  • 外壁塗装における『立面図』
  • 外壁塗装にも必要な立面図とは戸建ての住宅を建てた経験があれば、何種類かの図面を受け取っているはずです。「立面図」は、そうした図面の1つ、必ず見ているはずです。立面図は、建物を真横から見た外観を図にしたものです。住宅は4つの面から構成されていますので、東西南北の四面分が作成されます。そこに書かれているのは、外観などの高さに関わる寸法です。一般的には、100分の1の縮尺が使われ、平面図と組み合わせることで建 [続きを読む]
  • 外壁塗装における『マスキング』とは
  • 外壁塗装の前に行うマスキングとは外壁塗装を行う際に、建物や庭、さらには近隣への塗料の飛散を防ぐために行われる「養生」。窓はもちろん窓枠やドア枠、雨どい、排気口など塗料をつけたくない部分をビニールシートなどで覆い、マスキングテープなどで止めて建物をカバーします。建物を傷めないマスキングを利用養生を行う窓枠などは、木材が使用されていたり、外壁とコントラストを持たせた色の塗料が塗られていたり、繊細な扱い [続きを読む]
  • 夏って外壁塗装はできるの?
  • 実際どうなの?夏に行う外壁塗装外壁塗装は、計画的に行うのが一番です。とはいえ、予想以上に劣化が早かったり、アクシデントがあって“外壁塗装をせざるを得ない”という場合があります。実は、外壁塗装には最適な季節があるのですが、こうなるとその時期を待ってもいられません。また、外壁塗装に最適な季節は施工業者にとっては繁忙期となります。そのため、短期間で行おうと手抜きになったり、料金が上がったりする可能性もあ [続きを読む]
  • 外壁塗装における『可塑剤』(かそざい)とは
  • 外壁塗装の塗料に不可欠「可塑剤」(かそざい)とは外壁塗装を行うのに塗料はもちろん不可欠ですが、この塗料の材料の多くに合成樹脂が使われています。ところが、合成樹脂は常温では硬いものが多く、外壁にスムーズに塗ることができません。可塑剤は、この問題を解決し、さらに耐候性などの機能を強化する、塗料の素材の1つです。可塑剤に求められる機能とは「可塑」(かそ)とは、柔らかく形を変えやすいことを言います。また、 [続きを読む]