うめこ さん プロフィール

  •  
うめこさん: ひだまり公園ブログ2
ハンドル名うめこ さん
ブログタイトルひだまり公園ブログ2
ブログURLhttp://sapporohidamari.sblo.jp/
サイト紹介文札幌市手稲区にあるひだまり公園の様子
自由文公園の中の植物や、そこで出会った生き物たちを、近所のおばさん目線で観察中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 128日(平均7.0回/週) - 参加 2018/01/16 18:26

うめこ さんのブログ記事

  • タチツボスミレの特徴と見分け方
  • ひだまり公園のスミレはそろそろ見ごろを過ぎたようです。でもスミレって、色んな種類があるようで、素人でも見分けられる方法はないかと調べてみました。ついつい花ばかりに目がいってしまうんだけど、茎の付き方や葉のかたちなども重要な見分け方なんですね。1)地上茎があるかないか地上茎というのは、茎の途中から茎が別れているかどうかという事。このスミレは、地上茎がある。一本の茎から葉っぱが出てる。2)托葉(たくよ [続きを読む]
  • 日だまり公園カタクリの場所に咲くルイヨウボタン
  • ルイヨウボタンの花が咲きました。ひだまり公園のカタクリの保全地区に毎年咲いています。葉っぱがボタンに似ているから、この名前がついたそうです。ルイヨウボタンの葉っぱは薄っぺらくて か弱そうなのに、生存厳しい野山に咲くんだから、すごいなあって思う。花は黄緑色。立派な花びらは6枚かと思いきや、これは萼片なんですと。私は今まで、こういうふうに見えるものは全部花びらだと思っていました。そしたら、萼片が、まる [続きを読む]
  • 松の雄花はイチゴのようなかたち
  • 松の先に新しい花がついていました。マツボックリ??調べてみたら、松の雄花のようでした。
    イチゴのような形値をした部分が長く伸びて、花粉をいっぱい溜めるそうです。にほんブログ村
    スポンサーPRPR style="display:block" data-ad-client="ca-pub-5320440475992667" data-ad-slot=&qu
    ot;4533439014" data-ad-format="auto"> [続きを読む]
  • 日だまり公園のニリンソウ
  • ニリンソウ。一本の茎から2つの花が咲くのでニリンソウ。でも実際は1本や3本もあるそうです。花びらに見えるのは萼片だそうです。萼片は5〜8枚。このニリンソウは8枚ありますね。1輪目に咲く花の萼片は多いけれど、2輪目に咲く花の萼片はどれも5枚のようでした。こちらは、ほんのりと紅をさしています。にほんブログ村スポンサーPRPR style="display:block" data-ad-client="ca-pub-5320440475992667" dat.. [続きを読む]
  • 仲睦まじいコムクドリのオスとメスその違い
  • コムクドリのカップルだと思います。穏やかな陽気のなかで、2羽ともなんだか幸せそう。 ”今日は気持ちのよい日だ”    ”そうね、あなた・・・・”   とかなんとか言ってるんでないかい。コムクドリはスズメよりもふた回りくらい大きくて、性格は穏やかだと思う。そーっと木の下に行っても逃げずにいてくれます。左側がオスで右側がメス。ちょっとわかりにくいので、以前に撮った写真を載せてみました。こちらがオス。翼と [続きを読む]
  • エゾリスは今冬毛から夏毛に毛変わり中
  • 新緑の向こうから、ガサガサっという音に見てみると、久しぶり!エゾリス!あれ、体の色がまだらだ。ちょうど今が毛変わりの時期のようです。頭とシッポには、まだ茶色い冬毛が残っていて、胴体はほとんど毛の短い夏毛に変わってる。でも、所々 冬毛の混じっているところがあって、体がデコボコに見える。まさに、毛変わりの真っ最中って感じです。4月に会ったときにはまだ冬毛でした。エゾリスの夏毛と冬毛、毛変わりしたあとの [続きを読む]
  • モミジは5月も見ごろハウチワカエデ
  • モミジと言えば秋の紅葉だけれど、春もいいです。ちょうどハウチワカエデの真っ赤な花が咲いています。なかなか近くに寄って見る事はないから、こんな花が咲くって事も知らない方がいるんじゃないかなと思いました。私が知ったのは、ほんの数年前でした。花の大きさは1センチくらい。雨や風から守られるように、葉っぱの下に咲いています。 [続きを読む]
  • 四角にこだわりのあるレンプクソウが不思議
  • 遊歩道のわきにレンプクソウが咲いています。花も黄緑色をしているので、始めに気付くまでが大変。でも、一度見つけてしまうと、そこいらへんにいっぱいあることがわかります。花の大きさは、2センチくらい、茎から花の高さまでは10~15センチくらいです。1本の茎の先に、花がまとまって5輪咲きます。その咲き方が不思議。てっぺんにひとつ。側面に、サイコロのように4っつの花がついています。さらに面白いのは、レンプクソウ [続きを読む]
  • 雪虫の住処 ヤチダモも芽吹きました
  • ヤチダモの木から、モクモクと盛り上がっているものがあるよ。新芽だとは思うけれど、その時見上げた木は大きいから枝先がよく見えません。写真にとってから見てみると、こんなふうになっていました。私がヤチダモの事を知ったのは、カワイイ顔に見える葉痕(ようこん)を知ってからでした。冬はこんな感じ。 [続きを読む]
  • 札幌のひだまり公園のサッポロスゲ
  • そうめんが押し出されたようなこの花は、サッポロスゲ。(別名はハナマカ゛リスケ゛)。札幌で発見されたからだそうです。個人的にだけど、花が咲くまえのマダラ模様というかウロコ模様というか、つぼみに出会ったときは、芸術的に美しいなあとレンズを覗くたびに思います。いつのまにか老眼が進んだようで、肉眼ではまったく見えなくなってしまいまして・・・でもそのぶん、いいものを見たときの感動は大きいって事ですね。このフ [続きを読む]
  • オオカメノキの花
  • オオカメノキの花が咲き始めました。葉のシワがとてもきれい。立体的で厚みは感じられる葉で
    す。にほんブログ村スポンサーPRPR style="display:block" data-ad-client="ca-pub-5320440475992667
    " data-ad-slot="4533439014" data-ad-format="auto"> [続きを読む]
  • フキの葉先から水分を放出
  • 日だまり公園にはあちこちにフキが生えているけれど、西側に小川の近くのフキは、自慢が瑞々しいとあって、毎年のようにフキの雫が見られる場所。朝早く行くと、こんなフキが見られます。今回はフキだけではなくて、隣りに生えている草の先にも雫がついていました。葉の先から水が排出されているのがわかりますね。余分な水分を排出フキは水をどんどん吸い上げますね。とくに若いフキはその力が強いので、夜の間に吸い上げた余分な [続きを読む]
  • 薄い空色の卵
  • 枯れ葉の上に水色をした鳥の卵が落ちていました。セキセイインコの卵よりはちょっと大きいように思う。拾ってみたらとても軽くて、中のものが、カラカラいってる。無精卵だったのか、それとも卵が生まれてまもなく落ちてしまったのか、どちらにしてもこの卵からはヒナは孵らないようです。 [続きを読む]
  • アオジのオスとメスの違い
  • 笹薮の下でひょっこり姿を見せてくれたのは、アオジ のメスだと思う。オスと比べると全体的に薄い感じがします。それから、オスは目の回りが黒いけど、この子はそれがありません。気のせいか、優しい顔に見える。ん、この子もかわいい、美人だね。 そしてこちらがオス。 >> [続きを読む]
  • 日だまり公園のアジサイの葉痕(ようこん)
  • 日だまり公園のアジサイも、一気に新芽を伸ばし始めました。新芽が出ている下の部分は、葉痕(ようこん)と呼ばれる、葉を落とした跡ので、栄養を運んだ管の部分が人の目鼻に見える。アジサイの葉痕は、おでこから膨らみ始めた新芽を、ちょっと喜んでいるようにも見えるかな。にほんブログ村スポンサーPRPR style="display:block" data-ad-client="ca-pub-5320440475992667" data-ad-slot="453343.. [続きを読む]