かとうたかし さん プロフィール

  •  
かとうたかしさん: 人生の再生〜吹っ飛ばせ、多重債務!〜
ハンドル名かとうたかし さん
ブログタイトル人生の再生〜吹っ飛ばせ、多重債務!〜
ブログURLhttp://revivaloflife.blog.fc2.com/
サイト紹介文1,000万円を超える借金を小規模個人再生で乗り越え、復活した男の記録
自由文1,000万円の借金を大幅減額して、人生を復活させたサラリーマンの備忘録です。同じ悩みを抱える方の参考になればと思い、ブログを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 108日(平均1.2回/週) - 参加 2018/01/17 13:15

かとうたかし さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 小規模個人再生の申立における家計簿の作り方
  • 前回のブログで、小規模個人再生における必要書類の集め方について、その概略をご説明いたしました。【前回記事】小規模個人再生に必要な書類、そして収集のコツその中で、多くの人がどう対応するか迷いそうなのが、家計簿(家計収支表)。今回は、これに関するお話です。目次1. そもそも、家計簿なんてつけてる?2. 家計簿の様式は決まっていない!3. 正確な数値は通帳と突合できるものだけでOK!4. 自動車関係は割と簡単…5. ま [続きを読む]
  • 小規模個人再生に必要な書類、そして収集のコツ
  • さて、私の債務整理のお話。銀行カードローン、消費者金融、クレジットカード(キャッシング、ショッピング)の合計約1,000万円の借金を、小規模個人再生で減額し、月々の…ひいては日々の生活を立て直す作戦。はじめは、受任通知で債権者からの取り立てから身を守りつつ、弁護士費用を支払い切ってから満を持して小規模個人再生の申し立てをする予定でしたが、思いの外早く、モビットから訴訟を起こされてしまい、個人再生の申立 [続きを読む]
  • 自己破産の増加…ホントに銀行カードローンだけが原因?
  • Yahoo!ニュースにも掲載されましたが、最高裁がまとめた2017年(平成29年)の個人の自己破産申立件数(速報値)は、前年比6.4%増の6万8,791件で、2年連続の増加となったそうです。しかも、その伸び率は2016年(平成28年)が1.2%増だったので、ここから大幅に拡大した、ということになるんだとか。【ソース記事】個人の自己破産、前年比6.4%増 カードローン影響か記事によりますと、この背景には、銀行カードローンの影響が [続きを読む]
  • 職場で官報が回覧されている私でも、個人再生がバレなかった件
  • 小規模個人再生や自己破産をする際のデメリットの1つとして挙げられるのが、「官報に載る」ということ。ところが、「そもそも官報って何?」という人にとっては、これがどれくらいのデメリットなのか分からない、という話になるでしょうし、逆に官報が何かを知っている人にとっては、「えっ、そんなところに自分の名前が載るの!?」と、不安になったりするのではないでしょうか。ちなみに私は後者。官報に載ることをリスクとして理 [続きを読む]
  • 債務整理(個人再生)の際は、税金の滞納にも気をつけて
  • 債務整理の手続きをしていると、やはり借金の方に意識が行きがち。でも、税金の滞納という問題を同時に抱えている方も、実は結構多いものです。取り立ての恐怖などから、つい借金を優先しがちなイメージがありますが、税金の方もしっかり対応しておかないと、中長期的な生活の立て直しは困難になります。今回は、税金と借金の性質の違いに着目しながら、税金滞納にどう対応するかを考えてみようと思います。今回のテーマは、特に小 [続きを読む]
  • モビットから訴訟!差押えを回避しながら債務整理を進めるために
  • 小規模個人再生を個人の弁護士事務所の先生に依頼して、改めて各債権者に受任通知を発出していただき、まずはほっと一安心。あとは、生活を立て直しながら、弁護士費用の約50万円を、概ね6カ月×6万円+ボーナスでの追加14万円で払いきった後に、小規模個人再生の申し立てをしようということになっていました。ところが、ここで1つ、自分にとっては想定外の事態が起こります。1つの債権者から、訴訟を起こされてしまうのです。今回 [続きを読む]
  • 債務整理は個人の弁護士事務所に依頼した方が良いと考える4つの理由
  • これまでのブログで書いてきたように、私は、○当初、大手弁護士事務所に依頼していたものの、自分の思惑と異なる債務整理を推奨されたこと○弁護士さんがほぼ登場せずに事務員さんが中心に動いていたこと○その事務員さんの知識レベルに不安を感じたこと○きめ細かい対応ができていなかったことなどを理由に、個人の弁護士さんが運営する、言うなれば小規模な弁護士事務所へと契約を切り替えました。(そのときのエピソードはこち [続きを読む]
  • 債務整理中でもクレジットカードのある生活を送るために必要なこと
  • 前回、債務整理に先立って、銀行口座の整理を行っておくことの必要性をご説明しました。【ご参考】債務整理の前に意識しておくこと…銀行口座の取扱い今回は、債務整理の前に意識しておきたい、クレジットカードの取扱いです。基本的に、債務整理を行うと、クレジットカードの使用は不可能になります。ただ、そうはいえども、このご時世、クレジットカードを全く使わずに生活することはなかなか困難ですし、家族に内緒で債務整理を [続きを読む]
  • 債務整理の前に意識しておくこと…銀行口座の取扱い
  • 債務整理には、大きく「任意整理」「小規模個人再生」「自己破産」の3つがありますが、これらはいずれも基本的に弁護士などに依頼して手続きを進めます。そして、そのときに発せられる「受任通知」が、いわば債権者からのバリアとして機能して、直接の督促・取り立てから生活を守ることができるというのは、これまで説明してきたとおりです。今回は、債務整理を依頼する…つまり、受任通知を発する際に注意しなければならないこと [続きを読む]
  • 債務整理の弁護士事務所を切り替える際に意識すべきこと
  • 債務整理に向けて、大手弁護士事務所と一度は契約したものの、弁護士さんがほとんど登場しないことや、事務員さんの態度、債務整理の方向性などに不信感を抱いた私は、ついに「弁護士事務所を変える」という、大きな判断を下すことにしました。さて、どのように、事務所を変えていったのか…というお話です。債務整理を依頼する弁護士事務所を変える話って、あまりないように思うので、進め方などについて、少しでも参考になれば幸 [続きを読む]
  • 大手弁護士事務所との電話のやりとり…そして事務所を変更へ
  • 1,000万円の債務整理を行うべく、満を持して大手弁護士事務所へ行ったものの、自分が予定していた小規模個人再生ではなく、なぜか執拗に任意整理を進められ、「?」を頭に浮かべながらの帰宅。弁護士の先生ともほとんど会話を交わせず、事務員さんとのやりとりだけが続いたことも、この「もやもや」感に拍車をかけていました。さて、この後、どうしたものか…。目次1. 返済が止まる!受任通知の安心感2. 弁護士費用積立開始までの [続きを読む]
  • 大手弁護士事務所への不安…
  • 1,000万円の借金を抱え、借金を借金で返す自転車操業が貸付停止で立ちゆかなくなり、債務整理を検討することになった私。債務整理についてひととおり勉強し、自分に向いているのは小規模個人再生ではないか、ということで自分なりの方向性を持って、いよいよ弁護士事務所の門を叩くことにしました。とはいうものの、どうやって弁護士事務所を選べば良いのか…。目次1. ありがちな選択2. 執拗な任意整理への誘導3. 「弁護士」事務所 [続きを読む]
  • 弁護士費用は…あります! 出せます! 心配なく!
  • 受任通知の発送で返済ストップ!返済資金が弁護士費用に回ります!債務整理を行う場合、弁護士・司法書士に対する費用がかかります。これを単純にネットで調べてみると、やれ30万円だの50万円だのという数値が出てきて、「おいおい、こっちは借金でクビが回らないのに、こんなお金なんか払えるわけないだろ」という声が聞こえてきそうなところです。現に私もそうでして、それゆえに依頼を躊躇したものでした。では、実際のところは [続きを読む]
  • 任意整理、個人再生、自己破産…どれがいい? 債務整理の方法比較
  • 家族との平穏な日々を維持するため、債務整理を行うことを決心した私。とはいえ、債務整理がなんぞや、というのは、インターネットでいろいろ調べて、分かったような気になっていましたが、イマイチ、体系的に整理できていなかったのが現状でした。目次1. はじめに2. 債務整理 比較表3. 【基本方針1】借金の返済額をできるだけ減らしたい4. 【基本方針2】持ち家、車は維持したい5. 【基本方針3】家族、職場にはバレたくない6. ま [続きを読む]
  • おまとめローンは危険です!
  • 借入件数が増えてくると、ついつい興味を持ってしまうのが「おまとめローン」。目次1. おまとめローンとは2. おまとめローンの失敗3. 【失敗理由1】大金を手にすることによる金銭感覚の緩み4. 【失敗理由2】新たな借入への誘惑…5. おまとめローンよりも債務整理を!1. おまとめローンとはおまとめローンとは、複数の借入を一本化して、返済日を1つにまとめるとともに、月々の返済額が軽減される効果も期待されるという代物で [続きを読む]
  • 延滞なし〜自転車は倒れなかったが…〜
  • 確実に行い続けた返済借金を借金で返す自転車操業を繰り返し、気がつけば借金総額が1,000万円になっていた私。月々の返済額は、約26万円。私の月々の手取りが約35万円でしたので、借金を返した後に残るお金は約9万円。これで住宅ローンや各種生活費をまかなうことはとてもできないので、不足する例月の生活費を、新たな借金で補てんする、というのが自転車操業の詳細です。しかし、この自転車操業は、他社借入の増に伴って、メイン [続きを読む]
  • 過去の記事 …