婚活部長 さん プロフィール

  •  
婚活部長さん: 婚活は40代から。
ハンドル名婚活部長 さん
ブログタイトル婚活は40代から。
ブログURLhttp://konkatsu-forties.com/
サイト紹介文婚活経験を経て40代で結婚しました。自身の婚活活動と結婚の現実を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 35日(平均4.6回/週) - 参加 2018/01/18 16:34

婚活部長 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自分のカラを破ってみる。
  • フレッシュ平昌オリンピックの女子フィギュアスケートSPを観ている。滑走順は世界ランクの順なのか?私はその辺りあまり詳しくないが、よく目にするスケーターは後半に集まっている気がする。現時点のSPの順位を観ても点数は低い。スケート歴が浅い、若い選手たちが集められている前半は選手がリンクへ飛び出しウォーミングアップする姿をみているだけでも清々しい。どこの国の選手だったのか忘れたが、50年代風ファッションを意識 [続きを読む]
  • ○○でないといけない、という呪縛から自分を解放する。
  • 思いの呪縛10年も婚活をしていると婚活に対してのマイルールもどんどん変化してゆく。30代前半は「同年代が良いけど年下でもOK」「バツイチ子持ちはNO」など。当時はもっとあった気がするが、婚活サイト愛用者の私としてはそうでもしなければお相手を絞り込めなかったからである(多くの男性から申し込まれている訳ではなく男性のプロフィールを拝見している段階での話)。そうしてまた一年、また一年と婚活は続き、いよいよあと一 [続きを読む]
  • 言葉が出ない「代理婚活」。それって本当に結婚がしたいの?
  • 代理婚活ネットを見ていたら婚活にまつわる記事をみつけた。代理婚活の記事だ。何度かテレビで取り上げられていたのでどういうシステムなのかは知っていた。知っていたが読めば読むほどイラっとするのは私だけだろうか。朝日新聞の記事「代理婚活」のシステムを知らない方のために簡潔に説明すると・・「親が子供の結婚相手を見つける」こと。「お見合いじゃないのか」と勘違いされそうだが「代理婚活」の特徴は結婚パーティーを行 [続きを読む]
  • 自分に合った婚活方法で運命の人と出会う。
  • 婚活一言で「婚活」と言っても方法はたくさんある。婚活サイト婚活パーティお見合い結婚相談所婚活ツアー街コンは・・私のイメージだが信用ならない(既婚者が紛れ込む)ので含めない。もっと他にも方法があるかもしれないが代表的な活動としてはこんなところか。皆さんはどの方法で婚活をされているだろう。いろんな場所に赴いて婚活をされている方もいれば、私のように「婚活サイトのみ」という一つの方法にこだわっている方もい [続きを読む]
  • 婚活は疲れることのほうがはるかに多いことに気づく。
  • アラフォーの方向けブログ私のブログは、婚活を頑張っている(特に)アラフォーの方向けに綴っている。自分が40歳で結婚したということもあるが、同年代の女性を応援したいという気持ちが強いからというのが一番の理由である。誰よりも婚活の辛さはわかっているので、自分の経験から皆さんが遠回りせずに運命の方と出会える術を伝えていきたいと考えてはいるもののやはり「喉元過ぎれば熱さを忘れる」じゃないけど辛かった頃の自分 [続きを読む]
  • 結婚がしたいのなら婚活は続けること。何がなんでも続けること。
  • 継続続けることの難しさ。婚活に限らず、勉強、仕事、アルバイト、趣味、習いごと・・続けるって簡単そうで難しい。そんな中でも群を抜いて継続することが難しいと言えば「婚活」だと思う。10年以上婚活を続けていた私が言うのは矛盾しているように思われるかもしれないが、10年間ひたすら婚活を行ってきたわけではない。休みも必要婚活中の皆さまにはご理解いただけるかと思うが、婚活は自分自身を傷つける出来事のほうがはるかに [続きを読む]
  • 「会話が出来る相手かどうか」を重視する理由。
  • 会話出来ていますか?未だに私も一番気を付けていること。それは相手との「会話」。意識していても出来ていない事が多いので実は簡単そうで難しい、出来てそうで出来ていない人が多い。婚活に限った話ではなく職場でもそうじゃないだろうか。慕われている人に共通するのは「話をきちんと聞いてくれる」人。普通に聞いているだけではない。「話をきちんと」が重要で、それが出来ている人に人は集まるのである。「婚活」がきっかけ婚 [続きを読む]
  • 普通って何ですか?一般的って何ですか?
  • 普通は、普通の人は婚活のお悩みを拝見していると相談者の文言の中にも、回答者の文言の中にもほとんどと言ってよいほど使われている言葉が「普通は」「普通の人は」「一般的には」だ。この言葉は使わない方がよい。とくに婚活中の方は。婚活中に使ってはいけないワード誰基準の「普通」なのだろうと読む度に考える。既婚者?同じ婚活中の方?どの目線から言ったとしても発言者の感覚や何となくの統計にしか過ぎない。仕事や婚活以 [続きを読む]
  • 年齢に崖っぷちなんてそもそも無い。崖を作っているのは自分。
  • 年齢気にする?気にしない?私が結婚したのは40歳。あとひと月で41歳だったので「41で結婚しました」と言ってもいいくらいの年齢だった。今思えば婚活中に自分の年齢を気にしなことがない。「なぜ気にならないんですか?」と聞かれても返答に困るくらいだ。意識したことはなかったが改めて考えると年齢は婚活のネックにならないと思っていたのではないだろうか。それ以上でも以下でもない。年齢を気にする相手私は女性なので男性に [続きを読む]
  • 結婚はしてもしなくても良い。周囲の人間の言葉を鵜呑みにしないで。
  • 婚活疲れ婚活に疲れてくると「人を好きになる」ことを見失ってしまうことがある。末期になると「結婚ってなに?結婚とは?」と、哲学めいた考えまで浮かんでしまう始末。これ、完全に目標を見失っている。「こんなに辛い思いをするくらいなら独身でいいや」と決意した途端、親や周囲から「結婚」についてつつかれたりするもの。大きな声で「ほっといて!」と言いたいが友人がどんどん結婚し、会社の上司からも「彼氏は?」と聞かれ [続きを読む]
  • メールでのやり取りで疲れるようなら次の出会いを求めるべし。
  • メールでの出会い婚活サイトは数多くあるが、ほとんどの場合「メールでのやりとりからスタート」がスタンダードだと思われる。昨今のプライバシー問題を考えるといきなり身元を明かすのも気が引けるし何より怖い。登録していたブライダルネットでは、「互いに挨拶を交わしてから7日間はメールのやりとりのみ」という決まりがある。ビビビっときた相手には自分の連絡先を公開することもできるがリスクが高すぎるので(そんな直感は [続きを読む]
  • 婚活に疲れたら物に頼れ!ブライダルジンクス付きのものを購入した記憶。
  • 婚活疲れ婚活されている方なら一度は経験のあるこの「疲れ」。疲れの大半は相手の反応だろうと思う。私も何度経験したかわからないし、何度乗り越えたことか。夢に見た「結婚生活」を手に入れるために這いつくばって頑張っていたあの頃・・・。当然だが、婚活中でも日々の生活、仕事は続行するわけで仕事と婚活と・・・週末の休みも休めていない状態だった(メンタル的に)。婚活中の方の一言で乗り越える考え方をどう変えても「婚 [続きを読む]
  • あんた、いったい何歳ですか?
  • お相手の質婚活をしていたブライダルネット。他の婚活サイトと比べると使い勝手がダントツに良かった。が、サイトの使い勝手と出会う相手が良いかどうかは別物。旦那と出会う直前に出会った方のお話を今日はしたいと思う。over50のダンディなお相手ブライダルネットに登録したのは40歳目前だった。ギリギリ30代である。ギリギリ20代とはわけが違い、出会う相手の年齢も大きな差が出てきた。30代前半に婚活をしていた頃はお相手も30 [続きを読む]
  • 趣味は最初から一致しなくても大丈夫。他の条件を優先して。
  • 趣味結婚相手に「趣味が同じ」かどうかを重視する方がいらっしゃるかもしれない。私も婚活時代は結構重視していました。家にいることが好きな私に「アウトドア派」の人は合わないと思うから。この基本的な考えは変わりません。が、最初からバチっと合っていなくても大丈夫。そのうち似てくるから。スポーツ観戦好き旦那の趣味の欄に「スポーツ観戦」と書いてあった(ような気がする。もう覚えていない)。可もなく不可もない趣味。 [続きを読む]
  • ルックスは自分好みで「狙い撃ち」。そこは妥協するべからず。
  • ルックス私の婚活の場は99%ネットと言ってもよいくらいだ。何故なら結婚相手について知りたい情報が対面前から人を介さずに知ることが出来るから。顔写真が公開されていればお相手のルックス、出身地、家族構成、身長、体重、趣味、雰囲気が一目瞭然(詐称がなければ、の話)。結婚するにあたり必要な必要最小限のことを知っている上で、実際にメールでのやりとりで「人となり」を知っていく。「私、外見では選んでいませんので」 [続きを読む]
  • 今なら既婚者の気持ちも独身時代の頃の気持ちも理解が出来る。
  • 二十代で結婚した友人たち私には18歳の頃から仲の良かった友人が3人(私を入れて4人)いた。いつも4人で集まってはお茶したり旅行したりご飯を食べに行ったりしていた。その中の一人が23歳で結婚。自分は結婚なんてまだまだ先だと思っていたから結婚式に出席しても焦りなんて全くなかった。むしろ「友人の自由がなくなる」ことに心配をしたり(余計なお世話か)。駆け込んで結婚結婚はしたものの「子どもはまだつくらない」と言 [続きを読む]
  • 婚活中の男性に捧ぐ。変えられない状況は変えられる部分でカバーを。
  • 婚活中の男性の悩み私は女性なので男性が抱える婚活の悩みのそれとはちょっと違うかもしれませんが、一人の女性の考えとしてサラッと読んでください。何か参考になる部分があるかもしれません。女性が求める結婚相手の条件もちろん女性それぞれ譲れない条件というものがあります。人によっては「外見」だったり「収入」だったり「離婚歴のある人はNO!」だったり。これらの条件は・・・まぁ自分の力ではどうにもなりませんよね。心 [続きを読む]
  • 結婚相手の条件は必要。でも不必要な条件はすぐにでも手放そう。
  • 結婚相手の条件とは?「バツ1は嫌」と話す友人がいます。彼女は独身40代で親の自営を手伝っており、日々忙しそう。そんな彼女の結婚相手の条件「バツ1が嫌な理由」が私にはわかりません。バツ1の母親私はむしろバツ1ウェルカムでした。なぜなら母がバツ1だから。離婚した理由も聞いているし、バツの付いた人たちはなりたくてバツが付いた訳ではない。決断の一つに離婚歴があっても良いと考えていただけに友人の一言にビックリ [続きを読む]
  • 結婚の理想と現実。「この人となら大丈夫」が離婚の第一歩になる可能性。
  • 結婚の理想と現実かたい話なんてするつもりもない(出来ない)んですが、最初に質問させてください。あなたにとって「結婚」とは何ですか?一言でパッとは言えないですよね。私も言えません。じゃあ、聞くなよって話ですが。独身時代、既婚者の方へ同じ質問をしてみたんです。皆さん、口を揃えて「忍耐」と言ってました(笑)。今なら声を大にして言える。「めっちゃわかる!!!」そうなんです。一に忍耐、二に忍耐です。他人と暮 [続きを読む]
  • プライバシーポリシー
  • 個人情報の保護について「http://konkatsu-forties.com/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。個人情報の収集について利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する [続きを読む]
  • はじめまして。
  • 自己紹介はじめまして。東京在住の主婦です。30代で婚活を始め、40代で結婚しました。婚活ブログなんぞもはや今さらか、という気もしますが何が役立つかわからない、ということを身をもって経験しているので婚活中の皆さまのお役に少しでもこのブログが活きてくれればと思います。婚活の現実結婚生活の現実包み隠さず綴っていくつもりです。お時間があれば時々遊びに来てくださいね。投稿 はじめまして。 は 婚活は40代から。 に最 [続きを読む]
  • 過去の記事 …