アッキー さん プロフィール

  •  
アッキーさん: ゴルフの話題
ハンドル名アッキー さん
ブログタイトルゴルフの話題
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/akkii0910/
サイト紹介文一般ゴルファーのために参考になる情報を分かりやすく書いています。
自由文還暦過ぎたら、暖かい東南アジアに移住して、ゴルフ三昧の夢んかなえ、3年前からタイのバンコク暮らし。毎日ゴルフのことばかり考えながらアンダーパーで回ることを夢みて日々工夫しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 25日(平均3.4回/週) - 参加 2018/01/18 18:49

アッキー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 読者を惑わすゴルフ雑誌
  • ゴルフ雑誌は新しいネタ探しが大変で、いい加減な記事もあると以前から紹介していますが、今回も見つけました。フェイクと断定はできませんが、あれっと疑問が生じる記事です。アルバ740号1月25日号の「右OBと左OBのティーショット 行っちゃダメなサイドを確実に回避!」と... [続きを読む]
  • ゴルフボール比較記事のスポンサーへの忖度
  • 週間ゴルフダイジェスト1月23日号に「ボールの値段と性能を大検証」と言う記事がありましたので紹介します。記事では、タイトリスト、スリクソン、ブリジストンのプロボールと廉価ボールをドライバー、アイアン、アプローチ、パターの各ショットで比較しています。プロボールは多層構造、廉価ボールの多くは2ピース構造です。ドライバーショットドライバーショットで最大飛距離の差はあまりみられません。下記のデータでは、廉価ボ [続きを読む]
  • 2018/01/13 Navatannee golf course
  • 復調の兆しが見えてきました。前日のブログの4スタンス理論をなるべく取り入れようと、右前足軸のスイングを意識しまして回りました。前半はそこに意識し過ぎたせいか、度々変なタイミングになったり、右手打ちでハーフシャンクになったりで、自信のない思うようなスイングができませんでした。しかし、後半の11番で150ヤードを6番で軽く振った右にグリーンを外しましたが、その時のリズムが良くて、以降、多少のミスショットがあ [続きを読む]
  • 4スタンス理論って知ってますか?
  • 4スタンス理論とは、人間にはそれぞれ生まれつき決まった身体特性があり、それを4種類に分けて体の動き方を説明する理論です。そのタイプによって、ゴルフスイングや練習方法も変わるみたいです。タイプは体の重心をどこで支えているかの違いで、下記の4種類に別れます。A1タイプ:石川遼,松山英樹,片山晋吾,矢野東,アダムスコット,江連忠, 近藤共弘, 古閑美保, 上田桃子, 木戸愛A2タイプ:中島常幸,谷口徹,宮里藍,タイガーウッズ, [続きを読む]
  • アイアン復活かな?
  • 今日のバンコクは30℃越えて久しぶりに暑い。暑いと体が良く動くのか、不調の原因がわかったのか、アイアンの調子がずいぶんよくなりました。いろいろ、スタンスやグリップ、切り返しのタイミングなどを工夫しながら練習していると、復活のヒントが見つかりました。アドレスの時に、6:4ぐらいで左足体重にした時に上から叩くイメージができて、ナイスショットで方向性もよくなったのです。最近は知らず知らずのうちに、テイクバッ [続きを読む]
  • 2018/01/06 Navatannee golf course
  • 昨日は整体で体の可動範囲が広がったせいか、ドライバーショットでいつになく体がスムーズに動いて、ナイスショットが多かったように思います。しかし、アイアンショットはなかなか以前のようなタイミングで打つことができず、パーオン、ボーギーオン率も下がり、バーディーおろかパーも危うい状態です。スイング軌道はそんなに急に変わらないと言われているので、タイミングの問題だと思われます。可動範囲も広がったことだし、ス [続きを読む]
  • 体の可動範囲を広げるために
  • 先日の月曜日は年末同様に散々な結果で89もたたいてしまいました。どうしても歳を取ると、体全体が硬くなって可動範囲が狭くなり、今までのイメージに動作が伴わなくなったように思います。また、そう思うと、よけいスイングやリズムがおかしくなり、負のスバイラルに落ち込みそうになっています。それと、2ヶ月前ぐらいから、イスに座って前屈みでパソコンを操作すると、左肩甲骨の辺りに痛みが走り、左手の小指から肘にかけて痺 [続きを読む]
  • 2017/12/30 Navatannee golf course
  • 昨日が今年の打ち納めでしたが、散々たる結果に終わりました。しかし、ブログの最後の反省で、新しい発見がありました。それは、年寄りは年寄りなりのスイングを目指すこと言うことです。同組で友達の息子で大学時代は野球部で、昔は360、今でも300ヤードは軽く飛ぶ37歳の方とご一緒しました。こちらは必死で打っても250〜260ぐらいなので、鼻から勝負するつもりはなかったのですが、彼のスイングの肩の可動域が180度以上なのを見 [続きを読む]
  • ゴルフダイジェストのフェイクニュース
  • 最近、ゴルフのネタ探しに困ってきました。しかし、ゴルフ雑誌は毎回毎回あれだけのネタを良く探してくるなぁと感心するばかりですが、良く見ると嘘っぽいネタやこじつけネタも結構多いようです。従って、今回はゴルフ雑誌のあら探しをしました。ゴルフダイジェストの1/9,16合併号の「超一流は腕とクラブが160度以内だった!」と言う記事に疑問を持ち、検証してみました。記事では、ジョーダン・スピース、ジャスティン・ローズ、ロ [続きを読む]
  • 距離測定器はこんなに便利
  • 最近購入した距離測定器で確実にスコアアップが見込まれます。まず一番有効なのは、グリーン手前のバンカーの縁からピンがどのくらい離れているかが分かることです。コースの設計上、手前のバンカーはよりグリーンに近く見えるように設計されている場合が多く、手前からアプローチする時には落とし場所が限られているように見え、かなりのプレッシャーになり、打ち過ぎることが多々あります。しかし、距離測定器を使えば、バンカー [続きを読む]
  • 2017/12/24 Navatannee golf course
  • 昨日は、久々のin,out共に30台でした。復活の原因は距離測定器です。各ショットの距離が正確に分かるので、安心して打てるのが、特に、100ヤード以内のアプローチが不安なく打てることが良い結果に繋がっていると思います。ところで、最近ミドルアイアンの精度が悪く、気にするとよけい不安になって、思いきったショットが打てなくなっています。ヒール寄りのショットが多く、シャンクもたまに出たりします。原因をいろいろ考える [続きを読む]
  • 過去の記事 …