ギンコ さん プロフィール

  •  
ギンコさん: すてきな水彩画ギャラリーGINKO
ハンドル名ギンコ さん
ブログタイトルすてきな水彩画ギャラリーGINKO
ブログURLhttp://ultorawaon.jugem.jp/
サイト紹介文水彩画中心に、ちょっとした旅先の写真や絵画・映画・観劇・アニメ・漫画のトークのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 331日(平均3.7回/週) - 参加 2018/01/18 20:24

ギンコ さんのブログ記事

  • 「夕暮れて銀杏」
  • ☆2018年 12月寂しげだと言う人もいますが、黄昏時の風景が大好きです。日が落ちる寸前のまばゆい輝きに照らされるといつもの見慣れたありふれた景色も幻想的に見えてきます。そんな風景をいつか描けたらと思いつつまずは銀杏の葉っぱから。 ●もっと眩しい感じ、出したかったです。 [続きを読む]
  • 「雲場池のカレンダー」
  • ☆2018年 12月水彩画教室でカレンダーの絵を描きました。水彩画も描けるという触れ込みの鳥の子紙を教室で購入しましたが砂漠の砂なみに水を吸い込み、なおかつ吸った絵の具は金輪際返すものか、と言わんばかりの強情ぶり。「この選択は失敗でしたね」と先生も苦笑です。ぼかしも色抜きも不可の上、すぐにグズグズにたわむ用紙をなだめすかすようにして仕上げました。ふぅーっ! ▲せっかくのカレンダー仕様の紙。 手作業のよう [続きを読む]
  • 「ルプルス」
  • ☆2018年 12月クリスマス用のベルギービールがグラスと共に到着!ちょっと構図に変化をつけて描いてみました。泡の感じが分からなくて何度もビールを注ぐ… ▲「ルプルス」とはホップにちなんだ名前だそうです。 ホップの毬花がオオカミの顔に形が似ていることから ラベルにはオオカミが描かれているんですって。 [続きを読む]
  • 痴漢たちのお話
  • ☆2018年 12月 「何度も下着を盗られて本当に困っているのよ。ブラジャーって高価だし、新しく求めるにしても試着してぴったり合ったサイズのものを探すのってけっこう大変でしょ?あぁ、面倒なことだわ」と知人がため息をつく。被害にあったのは御年76歳のおばあちゃんの下着だ。回覧板で下着泥棒が頻発している知らせを受けて、三世代同居の知人宅では女子高生を含む女性たちの下着は全て室内干しにしていた。限られた干し場所を [続きを読む]
  • 「秋の影」
  • ☆2018年 12月もう師走だというのに銀杏の木。なんとか形になって嬉しいです。スタンピングの練習したりして、ボツの絵が続き心が腐る前にようやく仕上った一枚。来年、もっと満足できる銀杏が描けたらいいな。 [続きを読む]
  • 「月うさぎ」さんの到着と「Skeb」
  • ☆2018年 11月山本淳平さんの作品が我が家へやってきました!天にも昇るよろこび!いえいえ、この場合は月でしょうね!あぁ、この幸せを誰かと分かち合いたい!…と思ってもあー、誰もいないわぁー、悲しいー!仕方がないのでリビングでひとり、歌い舞い踊り、スキップをし「うおぉおん、うおぉおん」と内心で月に雄たけびました。 ▼厳重注意でほどいた梱包の下には阪急百貨店 の梱包  ▼予定では玄関に飾るつもりでした [続きを読む]
  • 「3時のおやつ」
  • ☆2018年 11月水彩画教室の題材「清涼飲料水とチョコレート箱」円筒形と長方形の形を描く練習です。ビールは炭酸飲料などと屁理屈を言わずに清涼飲料水を求めましたが、こんな甘ったるいおやつは願い下げですね〜コークのしゅわしゅわ泡が描きたかったのです。 [続きを読む]
  • 「赤い実」
  • ☆2018年 11月何の木か名前は知りませんが毎日のように通る道に赤い実をつける木があります。初冬の高い空に映えてキレイだなぁ、っていつも思います。でもいよいよ食べるものがなくなる冬の終盤までヒヨドリが寄り付かないところをみるときっとおいしくはないんでしょうね。 [続きを読む]
  • 山本淳平作品展 行ってきました
  • ☆2018年 11月「キリンさんのお話」で述べた山本淳平さんの作品展へ行ってまいりました。阪急うめだ本店の7階、美術画廊。三連休初日なので、阪急梅田駅から店内から人混みがすごかったです。そんな中、山本淳平さんの作品が並ぶ静かな美術画廊はまろやかな別世界。山本淳平さんと「さん」づけでお呼びするのは「先生」とお呼びするのは、深い海に届くおひさまの光みたいなこの方にはなんだかそぐわない気がするからです。 ▼山 [続きを読む]
  • 「バイカラーローズ」
  • ☆2018年 11月時々、1〜2本の花がラッピングされたささやかな花を自分のために買います。いつもの花屋さんで見かけたバイカラーのバラがあんまりキレイだったので2束(2本分)求めました。パートナーは「エンジェルテイル」という花です。 久しぶりにゆっくり描けて満足。 [続きを読む]
  • トイレのお話
  • ☆2018年 11月今週はご用のお出かけが多かった。神戸の中心街三宮で、所用で立ち寄った会社のイベントでたまたま興味あるトピックスのセミナーがあった。席に空きがあったので拝聴させていただくことにする。社員のお嬢さんが、丁寧に案内して下さることに「こんな下々の者にもったいないことでございます」と内心恐縮し、1時間を超えるセミナーに備えてトイレを拝借する。ごく普通のオフィスビルによくあるクリーンで機能的なお手 [続きを読む]
  • 「折り鶴」
  • ☆2018年 11月三日も筆を取らないと禁断症状が出そうになりました。忙しい時のお助けハガキサイズ。好・き。シンプルな形なので描き易いと考えたら大間違いでしたね。もっとメタリック感、出したかったな。 ▼春に訪れた金沢の「21美」のお土産「おりあみ」です。 買ったことをすっかり忘れてました。 鶴を折ろうとしたら、折り方もすっかり忘れておりました!   [続きを読む]
  • 「ごろりころり」
  • ☆2018年 11月水彩画教室で描いた「サツマイモと柿」です。去年も同じ題材で描いたので少し趣向を変えてみました。袋の中からお芋がごろり、柿がころりと出てきたところです。先生が「二つの物が重なり合ったところを色抜きして明るくすると遠近感が出てきますよ」と手直しして下さいました。ちょっとしたことで全体の印象がぐっと変って目からウロコ! ▼去年描いた「サツマイモと柿」 [続きを読む]
  • 「大椿」
  • ☆2018年 11月以前、ボランティアで一人暮らしの年配の方々の安否確認をした時期がありました。その中のひとりの老婦人のお話がステキでよく長居をしてしまったものです。その方の生家には樹齢何百年かの真っ赤な椿の大木があり、幼かったその方は兄弟たちとその椿の木に登っては、仕事から戻るお父さんを待ち受けたそうです。「自分に絵を描く才能があれば、あの見事な椿の木を描いて残したい」と、記憶の中だけに残った生家と椿 [続きを読む]
  • 「秋の東屋」
  • ☆2018年 11月水彩画教室で写生した近くの公園です。2週にわたって描いていたら木々の様相がみるみるうちに変わって、あれれ!となりました。あらゆる意味で潔さに欠ける絵です。反省。 [続きを読む]
  • 見た目は大事というお話
  • ☆2018年 11月今年の夏は半端なく暑く、ことのほかビールがうまい夏だった。 数年前のやはり今年のような猛暑の夏、久しぶりの旧友たちと、久しぶりのベルギーバーで集った。暑いわ焼けるわ汗だくだわ、化粧は落ちる、服は張り付く、喉は乾く。「お嬢ちゃん、お嬢ちゃん、ヒューガルデンのラージね」こんな暑い盛夏に飲む一杯目はヒューガルデンがお約束だ。B子も負けじとラージサイズ、C子はさんざん逡巡した後ニュートンをオーダ [続きを読む]
  • 「白椿」
  • ☆2018年 11月リアルでは白い花が一番好きですが絵に描くのはけっこう難しいです。輝くような白をどう表したらいいのか試行錯誤してみました。前回に続きウォーターフォード紙の裏面に描いてます。ボツ絵はたくさんあるのでリサイクルには事欠きません! [続きを読む]
  • 「落紅葉」
  • ☆2018年 10月「ウォーターフォード紙は両面に描けますよ」と水彩画教室の先生が教えて下さいました。「えー、失敗した紙ならそこそこあります!」試しに裏面に描いてみました。描けましたね… ▲岩国市の紅葉谷公園の落ちた紅葉 [続きを読む]
  • 「ハロウィンクッキー」
  • ☆2018年 10月ラッピングのフィルムとラッピングされた中身とどちらから色付けしたらいいのかしらん?とか何色から塗ればいいのか?とか悩む時間の方が多かったように思えます。 バスケット部分を色抜きしてラッピングされてる感を出すつもりだったんですが、色が混じってしまいそうで止めました。あぁ…悩ましい。 [続きを読む]
  • 「購読料もお得です」
  • ☆2018年 10月村で水彩画ブログ巡りをしているとけっこう気になるのが広告です。メタボのお父さんの出っ腹やら毛穴が不潔なお鼻のアップ(←しかも動く)やら割れたゴリゴリ筋肉とか、本当に勘弁してください〜いや、筋肉はまだいいんですが、オイルまみれの様子がなんだかオーブンに入れる直前の生肉を連想して、嫌です! 先日は東京新聞の広告が目に入りました。きれいな子だなぁ…ってハガキサイズに急ぎ描いてみる。 [続きを読む]
  • 着物のお話
  • ☆2018年 10月この時期は季節の入れ替えやらなんやらで大忙しです。衣替えの勢いに乗って、久しぶりに着物の虫干しをしました。 ●「ちらり」 去年描いた和装の女性 学生時代、せっせとバイトに励んでいたが、懐はつねにからっけつ。北風吹きすさぶロシアの大地のようにお寒いことこの上ないありさまで成人式の振袖なんて、興味がどうのというレベルの話でなく,そんなものより金をくれ! さて、社会人ともなるとそろそろと結婚式 [続きを読む]
  • 「ハロウィン・ア・ラ・モード」
  • ☆2018年 10月フルーツがとりどり乗ったR・フィールドのプリン・ア・ラ・モードです。プリンは大の苦手ですが、仲良く寄り添うジャックとゴーストのかわいらしさに負けてしまいました。 ▲食した後、試しにコーヒーを入れて 飲んでみたら、カップとして使うには 案の定のビミョーさ。 なのでミニミニの観葉植物を飾ってみました。 百均で買った本物のカボックです。 百円ショップ恐るべし! [続きを読む]
  • 「オ・ダマンド」
  • ☆2018年 10月 作誕生日のケーキを求めにロールケーキで有名な「R・フィールド」まで行ってきました。そこの店舗では気まぐれにパンを販売してたりするんですが、たいていはお昼で売り切れです。が、この日はなんと!大好きな「クロワッサン・オ・ダマンド」がラスト一つ残っていました!うわぁ〜、神さまからの誕生日プレゼントだ〜絵に描き上げるまでおあずけね。 ▲カリパリッのクロワッサンにたっぷりのアーモンドスライス、 [続きを読む]