絵本のミラー さん プロフィール

  •  
絵本のミラーさん: 絵本のミラー 絵本を紹介します。
ハンドル名絵本のミラー さん
ブログタイトル絵本のミラー 絵本を紹介します。
ブログURLhttps://ameblo.jp/arcmirror/
サイト紹介文こどもはもう大きくなって、わたしはただの絵本好きです。読んだ絵本をご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 180日(平均2.9回/週) - 参加 2018/01/18 20:36

絵本のミラー さんのブログ記事

  • 絵本の紹介『としょかんのよる』(絵本のミラーのブログ)
  • 『としょかんのよる』文 ローレンツ・パウリ絵 カトリーン・シェーラー訳 若松 宣子ほるぷ出版本の色が茶色、めくると赤い見返し、背景が赤、黒、白と変わる文が、ほどよく、リズミカルに進みます。色合いのセンスが、地味に絶妙です。そして、何といっても、動物たちのケモノっぽい感じ、毛がもくもくと描かれていて、体がすごく動物の固有の立体感があって、すこしキャラクター化していても、動物の特徴はしっかり描かれていて [続きを読む]
  • 絵本のミラー『もりのえほん』(絵本のミラーのブログ)
  • もりのえほん (安野光雅の絵本)972円Amazon 『もりのえほん』 作・絵 安野 光雅出版社福音館書店森を絵に描く。木を描く。ということを、わたしも何度も頭に思い描いたのですが、実際、描くの難しくない?と思います。 葉っぱの一つ一つを描いていくんですかい?そんなことむりむり。適当に省略するの?その省略の仕方がわからない。なんかいい加減な印象の絵にならないだろうか。 森を描く常識的なテクがあるんでしょうか。 絵 [続きを読む]
  • 絵本の紹介『スースーとネルネル』(絵本のミラーのブログ)
  • スースーとネルネル1,080円Amazon 『スースーとネルネル』作・絵 荒井 良二偕成社絵本っていろんな背景を持つ作家さんがいて、絵本がどんなものか、何のためのものか、という概念も様々です。 もちろん、基本的にはこどものためのもの、というのはありますが。 絵本をつくるのも、あたえるのも、大人なので、それはあくまで、大人がこどもにいいと思った、こどもが喜ぶだろうと考えたものになります。 しかし、大人が、こどもが [続きを読む]
  • 絵本の紹介『まんげつダンス!』(絵本のミラーのブログ)
  • 『まんげつダンス!』パット・ハッチンス さく・えなかがわ ちひろ やく福音館書店 薄明かりになるとき、黄昏時、そして満月。 不思議な幻影を見るような気がする。 導かれるままに、何かしないではいられなくなる。 薄明かりの中で、わたしは歩みを速める。 本当の闇が訪れる前に、 急いで。浮き立つように。 薄明の鼓動。 と、唐突ですが、詩的にはじめてみました。 いや、単なる思い付きです。 ブタと馬と羊のお母さ [続きを読む]
  • 絵本の紹介『マジック・ラビット』(絵本のミラーのブログ)
  • マジック☆ラビット1,728円Amazon 『マジック・ラビット』アネット・ルブラン・ケイト 作岡田 淳 訳BL出版これもなんだかすごくリアルなお話なんですね。 設定は絵本らしくちょっとありえないことを描いているんですけど。 手品師と助手のウサギの話です。 ただ、なんだかこわいくらいに、ありそうもないことが、リアルに迫ってきます。 手品師とウサギがどれほど仲がいいか。 いつも一緒にいるのが、あたりまえなんですね。 そ [続きを読む]
  • 絵本の紹介『きょうは、おおかみ』(絵本のミラーのブログ)
  • きょうは、おおかみ1,944円Amazon 『きょうは、おおかみ』文 キョウ・マクレア絵 イザベル・アーセノー訳 小島 明子きじとら出版 こどもが選んできた絵本。 朝起きると機嫌の悪い女の子がオオカミになっています。ひとくせある絵本を借りてくるようになったなあ。 絵本のチョイスから、もう幼児ではない。けど絵本はまだまだ読む。本も読むけどね、という主張を感じます。笑 なぜこの少女は朝起きる前からそんなに怒っているの [続きを読む]
  • 絵本の紹介『ペンギンほっきょくへゆく』(絵本のミラーのブログ)
  • ペンギン ほっきょくへゆく Amazon 『ペンギンほっきょくへゆく』ジャック・デュケノワ 作大澤 晶 訳ほるぷ出版 この絵本はペンギンの絵本なんですけどね。 もうりっぱな パングワン ってセリフがあるんですが、、、 パングワンって何?と思ったんです。 この絵本は、たいてい読み聞かせてたので、いきおいを止めたくなくて、特にそういう絵本なので、パングワンって何だ?と思いながら、先を読んだんです。 主人公はグングン [続きを読む]
  • 絵本の紹介『スイミー』(絵本のミラーのブログ)
  • スイミー ちいさなかしこいさかなのはなし [ レオ・レオニ ]1,572円楽天『スイミー』作 レオ・レオニ訳 谷川 俊太郎好学社【閲覧注意】いきなりネタバレから始まる挑戦的なブログです。(笑) この絵本のラストは 黒い小さな魚のスイミーが、僕が目になる、と言って、同じ兄弟のたくさんの赤い魚といっしょになって、大きな魚になり、こわい本当の大きな魚を追い出してしまうのです。グラフィックデザイナーである、レオ・レオニ [続きを読む]
  • 絵本の紹介『りんごのき』(絵本のミラーのブログ)
  • りんごのき (世界傑作絵本シリーズ)864円Amazon 『りんごのき』エドアルド・ペチシカ 文ヘレナ・ズマトリーコバー 絵うちだ りさこ 訳福音館書店 木を育てたいと思っています。わたしのボタニカルライフも、数ヶ月続いています。(まだ、そんだけ?)弱ってしまった月桂樹は、はたして復活するのか。 親が植木に執着していると、こどもも真似するのか、こどもはミカンの種を植えました。 この絵本のこどもは、雪の日に庭の木に気 [続きを読む]
  • 絵本の紹介『ねっこぼっこ』(絵本のミラーのブログ)
  • 『ねっこぼっこ』ジビュレ・フォン・オルファース 作生野幸吉 訳福武書店毎日、植木の世話をするようになりました。今までは、あまり頓着していませんでした。自分のブログを読み返して、ちょっと文字ばかりだなと思ったので、美しいバラの写真です。これは、わたしが育てたのでなくて、公園のバラです。 あはあ?ヽ(・∀・)ノというわけで、『ねっこぼっこ』を読みました。ねっこぼっこは木の根の子供です。ねっこぼっこは、本当 [続きを読む]
  • 絵本の紹介『あるあさ、ぼくは…』(絵本のミラーのブログ)
  • あるあさ、ぼくは… Amazon『あるあさ、ぼくは…』作・絵 マリー・ホール・エッツ訳 まさき るりこペンギン社 小さいこどもの頃のことは、わたしは記憶力が弱いもので、あまり憶えてないのですが、家の回りや、近所の林の中のことはやけに憶えています。 山の中に入っていったら大きな黄色い夏みかんがなっていたのを鮮明に憶えていたりします。 近所に溜池があって、その暗い水面もよく憶えています。 そういう楽しいときは、な [続きを読む]