ふにふにふにこ さん プロフィール

  •  
ふにふにふにこさん: 働きたいけど働きたくない
ハンドル名ふにふにふにこ さん
ブログタイトル働きたいけど働きたくない
ブログURLhttp://tuv369.hatenadiary.jp/
サイト紹介文20代デブス元ニート喪女。 日々考えた何気ないことをつらつらと。 共感してくれる人がいるかな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 34日(平均13.2回/週) - 参加 2018/01/18 21:01

ふにふにふにこ さんのブログ記事

  • マウントを取ってくる人が多い話
  • 私はデブスな小遣い稼ぎフリーターの喪女である。友達も彼氏もいないし、性格も頭も悪くてコミュ障でドン臭くてスペックとしては最悪である。良いところと言えば、借金と犯罪歴がないことくらいだろうか。まあ、そんなところである。それは現在の話だが、今までもスペックとしてはそんな感じでいつも最悪であった。有り難いことに、私のような人間を構ってくれる人が時々いる。学校やバイト先、習い事なんかで。最初は皆、私のこと [続きを読む]
  • 最近、奇妙な現象が起きるので何だか少し怖い
  • どうも、オカルト都市伝説スピリチュアル大好きなどん底フリーター喪女のふにこです。最近、大したことではないのだが、妙な現象が起きるので同じような人がいないか気になっている。どんな現象かというととてもシンプルなもので「そこにあるはずのものが無くなり、そして数分後に現れる」というものである。どう考えても無くなるはずの無いものや目の前にあったものが目を離した隙にパッと消えて、次に目をやったら現れるのである [続きを読む]
  • イケメン好きなブスの苦悩
  • ※ 勢いで書いたので纏まってないと思う。整理できたときにまた少しずつ書き直すつもりである。私はイケメン芸能人が好きである。特にジャニーズとか若手俳優とか。ジャニーズならデビュー組は割と誰でも好きだし、今の若手俳優なら、竹内涼真とか菅田将暉とかそういう分かりやすいイケメンが好きである。これは私がデブス喪女だからではなく、女性はイケメンと呼ばれる芸能人が好きな人は少なくないではないのだろうか?だから彼 [続きを読む]
  • 毒親育ちとジャニヲタ
  • 私は中学生の頃からずっと応援しているジャニーズのグループがいる。本当に大好きで四六時中彼らの事を考えていた。友達もロクにいないし、彼氏なんてもってのほかで部活も勉学もまともにやらなかった私にとって唯一の生き甲斐であった。しかし、母親はその私の"生き甲斐としてのジャニーズ"を否定してきた人である。私がジャニーズファンではないのなら否定したも良いが私はファンなのである。それにも関わらず母親は私が一番好き [続きを読む]
  • なーんか、疲れてしまった
  • タイトルで分かる通り、愚痴である。最近、なーんもしてないくせにずっと疲れている。バイトだって週3日で暇で甘やかされてるし、就活休んでるし、家事もやってないし、本当になーんもしてないのである。人間的なまともな活動をやらずにただ毎日食っちゃ寝でスマホやってゴロゴロしてるだけなのである。私って本当に何なのだろう。学生時代に唯一仲が良かった友達は地方勤務になって「いつでも遊びにおいでよー」とか言いつつ、具 [続きを読む]
  • 人気芸能人なら事実婚もアリだな、と思った話
  • 今まで「事実婚」は曖昧でけじめのつかない関係だというありきたりなイメージを持っていたが、そうでもないということがやっと分かった。というのも、例えば片方が前科持ちだったり、親の介護をしていたりすると万が一の場合があったとき、相手の負担にならないように事実婚にすることがあるというのを初めて知ったからだ。我ながら恐ろしく世間知らずだと思った。かなりレアな例で言うと人気のある男性芸能人なんかは事実婚がベス [続きを読む]
  • バレンタインデーのトラウマ
  • バレンタインデーには嫌な思い出がある。それもチョコレートを渡した相手に嫌な思いをしたのではなく友達に嫌気がさした話なのだ。※ 長文&個人的な話であるため、他人のバレンタインデーなんぞ興味がない人は読まない方が良いと思う。中学2年生の頃。私は当時何故かスクールカースト最上位の子達と仲良くしていた。(後に大喧嘩して絶交したが。)その子達は性格が明るくて可愛くて行動的でノリが良かった。私は秋の運動会でリレ [続きを読む]
  • 素直で可愛いげのある文章、あれどうやって書くの?
  • どうも、みなさん!こんにちは、ふにこです!今朝は珍しく早起きしました!朝ごはんは豪華にホットケーキ!(ホットケーキの写真)久しぶりに作りましたが、なかなか上手に出来ました!バターとメープルシロップをたっぷりかけていただきました!ちょっと多いかな?と思いましたがあっという間にぺろり!平らげちゃいました。(空になった皿の写真)朝からこんなに食べたら太っちゃいそう(ToT)よし、これからウォーキングでも行ってこ [続きを読む]
  • 現代社会の「恋愛至上主義的価値観」について考える喪女
  • 戦後、お見合い結婚は激減し、恋愛結婚の時代になった。それに伴って、結婚までの家庭としての恋愛が社会においての最重要事項となり、人間としての誠実さよりも性的な魅力が重視される時代になった。世の中は何をするにしても「恋愛」「女子力」「モテ」「女子ウケ」「男性ウケ」等々の文字が並ぶ。映画やドラマ、小説も恋愛ものが多く、ファッションや小物なんかも恋愛がベースになっている。職業までもが「異性ウケ」を気にして [続きを読む]
  • 「努力しろ」と言ってくる人はどんなに努力しても認めてくれない
  • 「努力しろ」と言う人は相手が努力していないからそれを言っているのではなく、自分の意見を通したいが故に「相手は努力していない」という前提を成立させる目的で言っている。だからどんなに努力していても相手を認めないし、認めようとすらしない。相手の努力を認めてしまったら自分の支配の範囲が狭まってしまう。「自分は(成果が出ていなくても)努力しているから、何をやってもいいんだ」「お前は(成果が出ていても)努力してい [続きを読む]
  • 私のコミュ障の原因が絶望的な件について
  • 私は幼い頃からイメージで最近まで自分のことを・明るい・おしゃべり・社交的・性格が悪い・他人に興味がある・それなりのブス・それなりのデブ・結構頭が良い・運動が嫌い・努力が嫌い・真面目系クズだと思ってきた。しかし、実際は・根暗・あまりしゃべらない・人見知り・自己中心的で他人に興味がない・ものすごいブス・ものすごいデブ・なかなかのバカ・激しくない運動なら好き・適度な努力なら出来る・ADHD傾向があるというの [続きを読む]
  • 脱ニートしてから2ヶ月が経った
  • 昨日、初めてバイトを休んだ。当日の就業時間に電話をかけた。「すみません。今日、お休みさせてほしいんでs「はーい(ガチャ」5秒で切られた。休んだ理由も聞かれなかった。私は要らないということなのだろう。まあ、それはそれで別にいいのだが、ショックでもあった。これで私はクビになるんだろうな、という感じであった。ちなみに休んだ理由は特にない。特にないから休みたくなったのだ。いつもバイトの前日は朝方まで眠れない [続きを読む]
  • 元気かどうかは見た目じゃ分からないという話
  • 「鬱なのに元気そう」とか「まさかあの人がそこまで追い詰められてたなんて」とか言う人がよくいるけど、本当にいい加減だなあと思う。例えば、私は突発的な痛みには弱くて失神してしまう。採血の注射がちょっと痛いだけで意識が遠退いたり、階段でコケて膝をぶつけただけで意識が飛んだりしたことがある。だが、どういう訳だかじわじわくる痛みには結構強い。中学生の頃、どうしようもなく歯が痛くて歯医者に行ったときも医者に「 [続きを読む]
  • 父親がこのブログを読んでいるかもしれない話
  • タイトルの通りである。はっきりとした根拠はないが、そんな感じがするのである。私に向かって「ブログ始めたら?」とか言い出すし、「髪染めた?」と聞いてくるのだ。「そんなの普通のことだろう」と思うかもしれないが、ネットに疎い父の思考回路からして「ブログを書く」なんていう発想は到底、思い浮かばない。「なんでそんなこと言うの?」と聞いたら、口ごもったのである。ということは私のブログを発見した上でカマをかけた [続きを読む]
  • "過干渉の毒母"という簡単なお仕事
  • 私の母は過干渉である。過干渉と言えば、心配性で優しいイメージがあるかもしれないが全然違う。それは、どちらかというと過保護である。過保護は「世話焼き」だが、過干渉はとにかく「口出し」が多い。子どもの全てに口出しをして批評をして制限をかける。これが過干渉である。子どものためを思っているのではない、"自分の評価が下がらないように"子どもをコントロールするのである。過干渉とはとても簡単なお仕事である。とにか [続きを読む]
  • "倉橋ヨエコが好き"という不健全さ
  • 私は「倉橋ヨエコ」というシンガーソングライターが好きである。彼女はジャズテイストが中心のピアノの曲を多く出している。裏返したようにハスキーで時折こぶしを利かせた感じの歌声が特徴である。メロディはピアノで可愛らしいものや綺麗なものが多い。時折ロックテイストのものやポップなものもある。明るい曲も暗い曲もあり、基本的に歌詞はとんでもなくネガティブかつ自虐的である。開き直って明るいものもある。普通の恋愛や [続きを読む]
  • もう既に今年の目標をひとつ達成できなかった話
  • 2月になりました。「新年の目標」的なものを用意してその年の生活のひとつの指針として掲げている人もいるでしょう。ひとつひとつの目標を着実に達成している人もいるでしょう。素晴らしいです。そのままの勢いで一年間貫いていただきたい。私は「月に3冊本を読む」と目標を掲げたにも関わらず、1月は本を1冊しか読んでない。しかも読んだのは最初の週であり、それからは一切読んでない。1年の目標を1ヶ月目で挫折しているのである [続きを読む]
  • ブログ開始から3ヶ月が経った
  • こんにちは、ふにこです。私は今日も今日とて、いじけております。世界の皆様、今日も一日元気に楽しく素晴らしい人生を謳歌してくださいませ。それ以外の皆様、自分のペースで今日も一日なんとか"やり過ごし"ましょう。このブログを始めてから、ちょうど3ヶ月が経った。有り難いことに、アクセスも徐々に増えてきている。なんと、定期的にコメントしてくださる方もいて、本当にとても嬉しい。自分の書いた文章が多くの人に読んで [続きを読む]
  • 汚部屋住民なのに"几帳面"と言われた私
  • 私は、所謂"汚部屋"で生活している。幼い頃からずっと部屋は散らかり放題だった。部屋のあちらこちらに何もかもが散らばっている。ちなみに、水気には敏感なので飲みかけのジュースとかは無い。ただ服や本、雑貨なんかがあちらこちらに散らばっているだけである。"汚部屋住民あるある"なのだが、どこに何があるかはほとんど把握している。家族に「○○持ってる?貸して?」と言われたら、すぐに出せる。幼い頃からずっとこの状態だ [続きを読む]
  • 黒髪信仰によって益々拡がる顔面格差
  • 私は、黒髪ストレートである。が、めちゃくちゃデブスである。今、世間では謎の「黒髪ブーム」が来ている。服もシンプルでスポーティーなものが流行っている。素材だけで勝負させるこのブームは確実にブスやデブを○しにかかっている。「髪染めようかな〜」とブスが言うと、「いやー、黒髪の方がいいよー」と黒髪美人が言う。意地悪なオシャレブスも「やっぱり、地毛が一番似合うよ」とか「外国人は黒髪が好きみたいだよ」とか言う [続きを読む]