コスモス さん プロフィール

  •  
コスモスさん: 大好きなおばあちゃんが2人共認知症に。
ハンドル名コスモス さん
ブログタイトル大好きなおばあちゃんが2人共認知症に。
ブログURLhttp://kireina-ohana.seesaa.net/
サイト紹介文要介護4で介護施設に入居、要介護2で一人暮らし。孫の立場から思うことを更新します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 37日(平均6.4回/週) - 参加 2018/01/18 21:19

コスモス さんのブログ記事

  • 小さな?幸せを見つけたかもしれない
  • 認知症になり、おばあちゃん達は様々なものを失ってしまったのか?やはり失うものも多いと思います。父方の祖母に関しては、認知症+αでもあります。でも、母が言ってました。「(父方の)おばあちゃん、ある意味幸せかもね、毎日お父さんが付き添って…」CCUから一般病棟に移って以降、父は毎晩おばあちゃんの個室に泊まっているとのことです。離婚していて夫はいない、お付き合いしていた彼氏さんも突然亡くなってしまい、たった [続きを読む]
  • おばあちゃんは退院後、自宅に戻ることが困難…
  • 今日も父方の祖母の話です。昨日もかきましたが、病院は治療をする場所なので、その必要がなくなれば退院することとなります。たくさん繋がっている管がとれ薬の投与が落ち着けばおばあちゃんのせん妄もおそらく落ち着く…はずですが、やはり自宅に戻ることはなかなか難しいみたいです。担当のケアマネさんは、「何とか自宅に戻してあげたい!」とおっしゃっているそうですが、例え日中ケアマネさんが来るとしても、やはりそう簡単 [続きを読む]
  • 【ペースメーカーの手術】おばあちゃんはCCUから一般病棟に移りました
  • 今日は父方の祖母の話です。昨日突然父から電話がありました。今この状況での電話、いったい何だろう…と思いましたが、子ども(孫)に渡したいものがある、ということで家に来ました。その時におばあちゃんの状況も説明してくれました。(※現在父方の祖母は入院中です)タイムリー?にも昨日の朝、認知症患者は再入院のリスクが1.5倍という記事を読みました。原因は機能低下によるもの。おばあちゃんはまだ退院もしていませんが、や [続きを読む]
  • 「もう最後かもしれない…」
  • 今日は母方の祖母について。おばあちゃんが軽度の認知症になるちょっと前に、私と当時の彼氏(現在は夫)、そしておばあちゃんの3人で食事に行ったことがあります。その食事会はおばあちゃんの誕生日祝いでした。夫がおばあちゃんと似た者同士というか、どうも気が合ったようで、結婚前からおばあちゃんのことを気にかけてくれていました。そんな夫のことをおばあちゃんも気に入ってくれていたみたいで、私も嬉しい気持ちでした。結 [続きを読む]
  • 決して遠くはない将来、老老介護・認認介護になる可能性も0ではない
  • おはようございます。アクセスして頂き、ありがとうございます。ブログを始めてしばらく経ちましたが、想像以上にたくさんの方々に訪問して頂き驚いているのと同時に、更新の励みにもなっています。私は孫の立場なので、本格的に介護をしている訳でもなく、いろいろと理解不足だったり、わかっている振りをしているだけで、本当の辛さはわかっていない、もしかしたらそうかもしれません。でも、孫の立場だからこそ、おばあちゃんに [続きを読む]
  • 車窓から視界に入った介護施設のおばあちゃんを見て思ったこと
  • 昨日、母も父と一緒に父方の祖母のお見舞いに行ったそうですが、「まだ管だらけだった」「私のこともわからない」と連絡がありました。退院するのはまだしばらく先になりそうです。認知症の疾患に関係なく、入院することはやはり大変ですね。父は今週も徹夜で付きっきりなのか…?そうだとしたら、父の身体も心配です。スポンサードリンク 昨日出掛けた際、車の後部座席からぼんやり外を眺めていたら、至る所に介護施設があるこ [続きを読む]
  • 認知症の影響で“死”を考えるようになるのは、いったい誰?
  • 自分のおばあちゃん、それも2人揃って、何故認知症になってしまったのか。もしかしたら考えても無意味なことかもしれませんが、時々考えてしまいます。母方の祖母は絵と刺繍の習い事をしていて、手先をよく動かしていました。あとは体操にも通っていて、やや太り気味ではありましたが、それでも健康でした。父方の祖母は、習い事などはしていませんでしたが、旅行に行ったり、行事に参加したりアクティブに行動していました。2人共 [続きを読む]
  • 介護疲れ…介護する側も誰か・何かに頼る必要がある
  • おはようございます。手術後入院している父方の祖母ですが、父が夜も病院で付きっきりのようです。昨日母から連絡があり、「徹夜付き添いで疲れて今(夕方)は寝てます」と連絡がありました。入院していても、徹夜で付き添い…?術後の容態は安定しているようですが、やはり“認知症”ということが大きな要因なのかな…。高齢なおばあちゃん、いくら容態が安定しているとは言え、2度も手術をうけたらやっぱり負担は大きいはず…。こ [続きを読む]
  • 介護とお金の問題は切ってもきれない関係
  • ここ数日いろいろかいているので話が混同気味ですみません…。個人個人の話題の時はカテゴリーを分けて更新しています。今日は母方の祖母の話です。おばあちゃんは施設に入る前、最終的に平日は全て(月〜金曜)デイサービスに行っていましたが、それとは別で、時々週末にショートステイも利用していました。週末母に用事があることもあるし、そうでない場合でも、やはり毎晩毎晩夜中に様子を確認することは大変なことなので…。ショ [続きを読む]
  • 病名は心筋梗塞。本日再度手術をしてペースメーカーをいれます
  • 昨日父と会って話を聞くことができました。一昨日は両親も混乱気味だった為、「緊急手術にてペースメーカーを入れた」と母から電話で聞きましたが、そうではありませんでした。前処置といいますか、簡易的なもの(?)を入れたそうです。本日午前中に再度手術をして、ペースメーカーを入れるとのこと。病名としては心筋梗塞。認知症との直接の関連はよくわかりませんが、80代後半なので、こういうことがあってもおかしくはない…と。 [続きを読む]
  • おばあちゃんが救急車で搬送されて、そのまま手術をしました
  • 昨夜はバタバタしました。記事タイトル通りですが、昨日父方の祖母が救急車で病院に搬送され、その後緊急手術をしました。先日の記事にもかきましたが、おばあちゃんは風邪気味でここ数日点滴に通っていました。でも、まさかこんな一大事になるとは、父を始め私達家族誰もが思っておらず、驚いています。「人生本当に何が起こるかわからない…」母の言葉が身にしみました。スポンサードリンク 昨日は午前も午後もケアマネさんが [続きを読む]
  • 続・排泄関係の問題は、介護する側を精神的に追いつめる(※閲覧注意)
  • ※排泄関係の話です。 お食事中の方や気分を害させる方は閲覧をお控え下さい。☆本日も母方の祖母の話です。私達家族はおばあちゃんと同居生活をしていましたが、毎月、約10日間前後は、隣県に住む叔母さん(母の妹)がおばあちゃんの面倒をみるために自宅に連れて行っていました。車で片道約2時間ですが、おばあちゃんにとってはもう当たり前のことになっていたので、特に文句などは言わず、素直に行く、そしてまた帰ってくる、そん [続きを読む]
  • 排泄関係の問題は、介護する側を精神的に追いつめる(※閲覧注意)
  • ※排泄関係の話です。 お食事中の方や気分を害させる方は閲覧をお控え下さい。☆同居していたこともあり、母方の祖母の話が多くなりますが、ご了承下さい。おばあちゃんの部屋は1階にありますが、部屋を出てすぐの所にトイレがあります。認知症と診断されて以降、どんどんと様子がおかしくなっていく中でも、トイレは自力で行き、きちんとできていました。「排泄の世話までする日が来たらそれこそもう終わりだ…」と母はよく言って [続きを読む]
  • 衰えない“食欲”と増え続ける“体重”
  • (母方の祖母の話になります)おばあちゃんは昔から食べることが大好きです。それは認知症になって以降も唯一変わってないこと、そう言えるかもしれません。同居していた頃は家族皆でご飯を食べる機会が大半でした。週末は基本父もいて、その時だけは少々遠慮気味なところもありましたが、本当によく食べていました。身体の不調は特にありませんでしたが、身長が140?ちょっとの割には体重は若干重めでした。なので、母がよく「食べ [続きを読む]
  • 初孫である私も、おばあちゃん達に忘れられてしまったという事実
  • 私も含めて、母方の祖母には4人、父方の祖母には2人、の孫がいますが、どちらのおばあちゃんにとっても、私が初めての孫でした。初孫ということで、特別感があるというか、贔屓まではいきませんが、やっぱり何か感じるものも多いような気がしていました。特に、母方の祖母は、“本当に私のことが大好き!”と、母がよく言っていました。実際、認知症が進んでいろんなことがわからなくなり、孫の数や、存在自体も理解できなくなる中 [続きを読む]
  • 認知症のおばあちゃんと携帯電話
  • おばあちゃん達にとっても携帯電話は身近なもの。母方の祖母は、自分が認知症になって以降、自分の知人によく電話をかけていました。内容はたわいもない世間話や、“最近呆けてきちゃってね”など、わりと自分の話題が多かったように感じます。認知が進むにつれて、お稽古に通えなくなったので、知人と会う・話す機会が減って、寂しかったのかな?ただ、それが次第にエスカレートしていき、夕方の忙しい時間帯や、夜22時以降など、 [続きを読む]
  • 徘徊する・しそうなおばあちゃん達…母は夜安眠できなくなりました
  • 昨日の記事にも少し書きましたが、認知が進むと“徘徊”することがあります。同居していた母方の祖母(要介護4)は、実際に徘徊したことはありませんが、それは母や私達家族が傍にいたからであり、もし一人暮らしだったらしていた可能性もあるかと…。夜中に“玄関で物音がした?”と思い、母が2階から様子を見に行ったら、おばあちゃんが玄関の前に立って、鍵を開けようとしていたことが何度かありました。「何してるの?!」と母が [続きを読む]
  • ある日、突然、おばあちゃんの彼氏が亡くなりました
  • 父方のおばあちゃんはずっと一人暮らしとかきましたが、おばあちゃんの自宅に行くと、時々知らないおじさんがいました。怪しい人ではありません。私も最初は誰なのかよくわからなかったのですが、おばあちゃんの“彼氏”だそうで。ハイカラだなぁと思いました。でも、離婚しているし、相手の方も独身だったので、何の問題もないし、普通のことと言えば普通です。このおじさんは完全に同居していたわけではないみたいですが、いつか [続きを読む]
  • 私達家族には、もう1人認知症のおばあちゃんがいます。
  • 私達家族には、同居を始めたおばあちゃんとは別に、もう一人のおばあちゃんがいます。こちらは父方の祖母。おばあちゃんは父が幼い頃に離婚しているので、私にとっての父方の祖父はいません。なので、こちらのおばあちゃんも長年一人暮らしをしています。性格は母方の祖母とは随分と違うタイプで、とにかくポジティブ、そしてアクティブです。若い頃は海外にもよく行っていました。民族衣装?ではありませんが、いつも独特の服装で [続きを読む]
  • 認知症のおばあちゃんと同居したことを後悔していた母
  • おばあちゃんと母は、昔から馬が合わない、気が合わない2人。仲が悪いとかではなく、考え方が違うという感じです。いくら親子でも、分かち合えない部分は誰にだってあると思います。普通の同居ではなく、認知症のおばあちゃんを介護する為に始めた同居、母の疲れはすぐに出ました。同居を開始する前、私たち家族は賃貸住宅に家族4人で住んでいましたが、実はマンションを購入するつもりだったそうで。私と兄弟が社会人になる頃を目 [続きを読む]
  • 毎日デイサービスに通っても、認知の進行は止まらない
  • デイサービスに通い始めた頃は週に1回、それがそのうち2回、そして3回…4回…5回、施設に入る直前には平日は全てデイサービスに通っていました。通う日数が増えたのは、認知がどんどんと進み、それに伴い在宅介護の負担も増える一方だったため。介護レベルも少しずつ上がり、母の介護疲れも深刻さを増すばかりでした。同居を始めた当初、私は大学4年生だったので、自宅にいる時間もわりと長かったのですが、その後社会人になり、平 [続きを読む]