コスモス さん プロフィール

  •  
コスモスさん: 大好きなおばあちゃんが2人共認知症に。
ハンドル名コスモス さん
ブログタイトル大好きなおばあちゃんが2人共認知症に。
ブログURLhttp://kireina-ohana.seesaa.net/
サイト紹介文要介護4で介護施設に入居、要介護2で一人暮らし。孫の立場から思うことを更新します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 285日(平均2.5回/週) - 参加 2018/01/18 21:19

コスモス さんのブログ記事

  • 絶対に忘れちゃいけない人
  • 父方の祖母の話です。おばあちゃん、いよいよ息子(私の父)のことも本格的にわからなく…?先日、父と母が話していた時にこのような内容の会話が聴こえてきました。「もう自分(父)のこともわからなくなったかも…」「○○さん(担当のケアマネ)もわからないみたい…」楽観的な父も、さすがに落ち込み気味、そう感じました。スポンサードリンク おばあちゃんは入院→施設に入る前には一人暮らしだったので、父よりもケアマネさんの [続きを読む]
  • 特養から自宅に戻る可能性
  • 母方の祖母の話です。昨日の記事の続きです。突然の入院でしたがおばあちゃんは無事に退院して母はホッとしています。おばあちゃんが入院している間に私は1度母と会ったのですが、「もう家に戻って来られたら絶対に(面倒)みれない…。」と母が嘆いていました。特養→病院に入院→自宅?どういうこと?スポンサードリンク 私は知りませんでしたが、特養から病院等へ入院して、その期間が3ヶ月を超えると特養を退所しなくてはいけ [続きを読む]
  • 今回の入院は施設側の都合…?
  • 母方の祖母の話です。おばあちゃんは入院してから5日後の昨日、退院して特養に戻りました。当初は“週末のみ”という感じだったそうですが、絶食が続いて体力が落ちてしまったので少し長引いたそうです。(※先週の金曜日に入院)現在は体調は回復しています。大ごとにならなくて本当に良かったです。以前も書いた気がしますが、おばあちゃんがまだ家にいて私もまだ一緒に住んでいた頃、おばあちゃんは1度だけ救急車で運ばれたことが [続きを読む]
  • 胃腸風邪?入院することになったおばあちゃん
  • 母方の祖母の話です。今日父から聞いたのですが、母方のおばあちゃんがこの週末入院することに。今日のお昼頃、母の携帯に何件かの着信があったそうですが、母はすぐに気付かず…。その後気付いて折り返したら、「(おばあちゃんの)嘔吐が酷いので病院に連れて行ったところ、週末は入院とのことです。」という内容でした。胃腸風邪?まさかノロウイルス?以前も書いた気がしますが、冬場になるとこういう施設等で感染性胃腸炎などの [続きを読む]
  • もう1人のおばあちゃんにも会えました
  • 父方の祖母の話です。今日は父と一緒におばあちゃんのいる施設に足を運びました。以前にも書いた通り、子どもは母にお願いしました。母や叔母さん同様父も施設には時々顔を出していますが、私が行くのは初めてです。久しぶりに会えたおばあちゃん。私のことは…何となく覚えているような、どこか忘れているような、曖昧な感じでした。スポンサードリンク 以前はどちらかというと母方の祖母の方が認知が進んでいる印象でしたが、 [続きを読む]
  • 思い出して、忘れて、また思い出して…その繰り返し
  • 母方の祖母の話です。母と叔母さんは先週もおばあちゃんに会いに行っていますが、昨日また特養に顔を出しに行ったそうです。ところが…おばあちゃんは昨日は叔母さんのことをはっきり理解できなかったそうです。いつも再会した時は最初に「私のこと誰かわかる?」と聞くそうなのですが、昨日叔母さんが尋ねると「…娘の誰か?」との返答が。名前を忘れてしまったのかな。母のことは名前もしっかり覚えていたそうなので、叔母さんは [続きを読む]
  • 認知症になると顔付きが変わる?
  • 母方の祖母の話です。先日母と叔母さんがおばあちゃんに会いに特養に行きました。おばあちゃんは最近娘達(母と叔母さん)のことはしっかり覚えているようで、「誰かわかる?」と、母や叔母さんが聞くと「○○だろ!」(※娘達の名前)そんな当たり前のことを聞いてどうするの!という感じで返事をするそうです。一時期は娘達のことも忘れかけていたおばあちゃん、やっぱり完全に忘れることはなかった、ということかな☆スポンサードリ [続きを読む]
  • もう1人のおばあちゃんとも再会の予定
  • 父方の祖母の話です。先日母方のおばあちゃんと再会したのを機に、父方のおばあちゃんとも近々会う機会をつくることができそうです。父方のおばあちゃんも外出できないことはありませんが、今度は父と私が施設に出向くことになると思います。その間私の子どもは母にお願いします。私の都合が良い日とおばあちゃんの体調などが良い日には会おうと思えば会うことはできます。簡単そうでなかなか実現できずここまで来てしまいましたが [続きを読む]
  • 涙を流したおばあちゃん
  • 母方の祖母の話です。今日のお昼、実家でおばあちゃんに会ってきました。最後に会ったのは母と叔母さんが私の家に連れてきてくれた時。それがいつだったのかはっきり覚えていませんが、靴を脱がずにそのまま室内に入ってきたことは鮮明に覚えてます…。その時以来の再会です。時々写真では見ていますが、実際におばあちゃんに会ったらかなり老けた印象でした。もともと白髪でしたが、真っ白感がさらに増した?スポンサードリンク [続きを読む]
  • おばあちゃんに会える!
  • 母方の祖母の話です。おばあちゃんが明日少しだけ実家に戻ってくるみたいで、私も実家に行きます。特に何かあったわけでもないと思うのですが、母から話を聞きました。もしかしたら小さな子どもがいてなかなか会いに行けない私の為…?とも思ったり。おばあちゃんに会うのは本当に久しぶりです。しかし、私のことを“私”だと認識できるのか、そんなことを思うと心の準備も必要だと感じます。おばあちゃんと会うのに心の準備がいる [続きを読む]
  • がん?認知症?本当に怖いのは…?
  • 以前は著名人が亡くなっても“知らない人”、“名前はわかるけど…”、という感じだったのが、ここ最近は知ってる人も随分と多くなりました。自分も歳をとった証拠ですね。最近多いと思うのが、がんで闘病している人やがんで亡くなってしまう人。自分よりも年下の人ががんで亡くなるとやはり無念です。新たながん治療への可能性に繋がる発見、素晴らしいです。スポンサードリンク 認知症はがんのように直接死に繋がる病気ではな [続きを読む]
  • うがいは困難だけど、手洗いはこまめにしているおばあちゃん
  • 母方の祖母の話です。昨日母と叔母さんがおばあちゃんに会いに特養に行ったそうです。2人は月に1.2度は特養に足を運んでいるので私も同行すれば良いのですが、幼い子どもがいるのでなかなか簡単にはいきません。(場所見知りが激しい子です)特養で赤ちゃんが大泣きしたらやはり迷惑ですよね…。こんな状況なので、母も私を誘うようなことは特にありません。正直複雑な気持ちでもあります。スポンサードリンク おばあちゃんは相変 [続きを読む]
  • ひ孫の名前を覚えていたおばあちゃん
  • 父方の祖母の話です。おばあちゃんが私の子ども、つまりひ孫の写真を見て「○○ちゃん元気にしてる?」と名前を覚えていたそうです。(父から聞いた話です。)その次に出たのは「(この子は)今どこにいるの?」だったそうですが。(父は住所を答えたそう。)ひ孫の名前を覚えているなら私のことも何となく覚えてくれてるのかな?そんな淡い期待が膨らみます。父が今日おばあちゃんを病院に連れて行ったそうです。定期的に通っているもの [続きを読む]
  • おばあちゃんが久しぶりに外出したら、体調を崩してしまった
  • 父方の祖母の話です。先週の話になりますが、おばあちゃんの銀行口座(定期)を解約する為に、父とおばあちゃんが2人で銀行に出向きました。本人確認ということでしょうが、おばあちゃんは終始ぼんやり座っていたそうです。でも、術後はずっと施設で過ごしているので久しぶりの外出となりました。それで疲れてしまったのか、もしくは猛暑の影響なのか、その日の夕方から体調を崩してしまいました。スポンサードリンク たまたまその [続きを読む]
  • 落ち着いているおばあちゃん
  • 父方の祖母の話です。しばらくかいていませんでしたが、おばあちゃんは変わらずショートステイ先の施設で過ごしています。母とは違い、父はおばあちゃんの話はあまりしてきません。私が何か聞けばもちろん教えてくれますが、楽観的と言うか何というか、いつもそんな感じです。でも、父はきっと自分の母親が“認知症”という事実を受け入れることに時間がかかったのかと。誰だって“そんなはずはない!”と思いたいですよね、おそら [続きを読む]
  • 高齢者(認知症疾患者)のエアコン問題
  • 連日暑い日が続いています。屋外はもちろん、屋内でも熱中症になる危険は潜んでいます。以前も書いたかもしれませんが、父方の祖母は自宅で熱中症になったことがあります。まだ自宅に住んでいた頃(1人で)、真夏の暑い日にエアコンをつけず昼寝をしていたら気分が悪くなり、緊急の呼び出しボタンを押して助けを求めました。※高齢者向け住宅なので万一の時の為にそういうボタンがあります。そして駆け付けた事務所の人が救急車を呼 [続きを読む]
  • おばあちゃんが100歳まで生きたら…?
  • 母方の祖母の話です。今日また母と叔母さんが特養のおばあちゃんに会いに行くそうです。隣県に住んでいる叔母さんはおばあちゃんに会いに行くのは月に1回のペースでしたが、最近は月に2回のペースで会いに行くそうです。(その時は母も同行)そのことを昨日母から聞き、叔母さんもいろんな思いがあるんだろうなぁと。実際月に2回にしたのは、「後悔しないように…」という理由だそうです。スポンサードリンク おばあちゃんは特養に [続きを読む]
  • ※誤嚥性肺炎には要注意!
  • 誤嚥性肺炎をご存知ですか?☆嚥下の機能が低下すると、食べ物や飲み物が正しく食道へ入らずに気道に入ってしまうことがあります。これを、誤嚥(ごえん)といいます。誤嚥すると、気道で細菌やウイルスが繁殖し肺炎を起こすことがあります。これを誤嚥性肺炎と言います。治療しても、嚥下の機能が低下していると、また誤嚥してしまいます。そのため、誤嚥性肺炎を繰り返すこともよくあります。誤嚥性肺炎は重症化しやすく、命にかか [続きを読む]
  • どうして私のおばあちゃん達は認知症に…?
  • 世の中には考えても仕方のないこともあります。そうとわかっていても、やっぱり考えてしまいます。どうして私のおばあちゃん、しかも2人揃って、認知症を患ったのか?母方のおばあちゃんはよく手先を動かしていたし、習い事もしていて身体も動かしていました。父方のおばあちゃんは時たま1人で旅行に行くなどこちらもアクティブな印象。年相応に呆けるとしても、どうして“認知症”なのか?旦那のおじいちゃんとおばあちゃんは90歳 [続きを読む]
  • 83歳!今日はおばあちゃんの誕生日
  • 母方の祖母の話です。今日7月9日はおばあちゃんの誕生日。83歳になりました。先日母達がおばあちゃんに会いに行った時、施設内で7月生まれの人達の誕生日会(?)のようなものが開催されていたそうです。でも、おばあちゃんは「自分が何歳かは知らない…」と答えたとのこと。認知症の影響もあるかと思いますが、歳をとると単純に忘れることもあるのかな?とも思ったり…。(私も時々自分の歳っていくつだっけ…?!と思うことがありま [続きを読む]
  • 字が書けなくなったおばあちゃん
  • 母方の祖母の話です。先日母と叔母さんと私の従姉妹が特養にいるおばあちゃんに会いに行きました。結局私は行けませんでした。後日おばあちゃんと従姉妹の2ショットの写真を見せてもらいましたが、おばあちゃんは元気そうで安心しました。元々髪の毛は白髪でしたがさらに真っ白になったように感じました。スポンサードリンク 今回の訪問にあたり、ある書類の手続きの為おばあちゃん本人の署名等が必要とのことで、書いてもらった [続きを読む]
  • おばあちゃんに会える機会
  • 母方の祖母の話です。今週母と叔母さんが特養のおばあちゃんに会いに行くそうです。そして今回は、私の従姉妹も一緒に同行するとのこと。従姉妹は2.3回特養にいるおばあちゃんに会いにいってます。医療関係の仕事をしてるので、そういう意味では認知症のおばあちゃんに対する対応がとても上手です。スポンサードリンク 私も会いに行きたい…のですが、子どもが風邪気味なので現段階では微妙な感じです。私自身のことを詳しくかく [続きを読む]
  • 認知症の薬は効果がない?!
  • 先日、フランスの保健省が“認知症薬に十分なエビデンスなし”と衝撃の発表をしたとか?ちなみに、現在日本で健康保険が適用されているアルツハイマー型認知症の治療薬は、・ドネペジル(日本の商品名アリセプト、以下同じ)・ガランタミン(レミニール)・リバスチグミン(イクセロン/リバスタッチ)・メマンチン(メマリー)こちらの4種類です。フランス保健省は、上記4種類の治療薬について、さまざまな副作用が懸念される一方で、 [続きを読む]
  • 認知症になってさらに太ったおばあちゃん
  • 母方の祖母の話です。完全に個人的な思いですが、病気になると食欲が落ちて痩せる・やつれるイメージです。ただ、認知症はそうとは限りません。おばあちゃんは昔からよく食べる人で、何でも食べますが特に肉好きです。肉好きの老人は“健康で長生きする!”などとテレビで見たことありますが、どうなんでしょう。スポンサードリンク 認知症になると食欲不振になるケースも中にはあるみたいです。しかし、おばあちゃんは全くそん [続きを読む]
  • 暴力、パワハラ、セクハラ…それでも介護の仕事をするということ
  • 介護職員の7割がパワハラや暴力の被害を受けたことがある、そんなニュースを見ました。介護職員と言っても介護の対象が認知症患者以外の場合もあるかと思います。私のおばあちゃん達は暴力は一切しません。ただ、母方のおばあちゃんは時々嫌味っぽいことを言うことはありますが。スポンサードリンク パワハラの場合、介護対象者のみならず、その家族から受けることもあるそうです。確かに、家族もいろんな思いがあり、望むことも [続きを読む]