コスモス さん プロフィール

  •  
コスモスさん: 大好きなおばあちゃんが2人共認知症に。
ハンドル名コスモス さん
ブログタイトル大好きなおばあちゃんが2人共認知症に。
ブログURLhttp://kireina-ohana.seesaa.net/
サイト紹介文要介護4で介護施設に入居、要介護2で一人暮らし。孫の立場から思うことを更新します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 181日(平均3.3回/週) - 参加 2018/01/18 21:19

コスモス さんのブログ記事

  • おばあちゃんが100歳まで生きたら…?
  • 母方の祖母の話です。今日また母と叔母さんが特養のおばあちゃんに会いに行くそうです。隣県に住んでいる叔母さんはおばあちゃんに会いに行くのは月に1回のペースでしたが、最近は月に2回のペースで会いに行くそうです。(その時は母も同行)そのことを昨日母から聞き、叔母さんもいろんな思いがあるんだろうなぁと。実際月に2回にしたのは、「後悔しないように…」という理由だそうです。スポンサードリンク おばあちゃんは特養に [続きを読む]
  • ※誤嚥性肺炎には要注意!
  • 誤嚥性肺炎をご存知ですか?☆嚥下の機能が低下すると、食べ物や飲み物が正しく食道へ入らずに気道に入ってしまうことがあります。これを、誤嚥(ごえん)といいます。誤嚥すると、気道で細菌やウイルスが繁殖し肺炎を起こすことがあります。これを誤嚥性肺炎と言います。治療しても、嚥下の機能が低下していると、また誤嚥してしまいます。そのため、誤嚥性肺炎を繰り返すこともよくあります。誤嚥性肺炎は重症化しやすく、命にかか [続きを読む]
  • どうして私のおばあちゃん達は認知症に…?
  • 世の中には考えても仕方のないこともあります。そうとわかっていても、やっぱり考えてしまいます。どうして私のおばあちゃん、しかも2人揃って、認知症を患ったのか?母方のおばあちゃんはよく手先を動かしていたし、習い事もしていて身体も動かしていました。父方のおばあちゃんは時たま1人で旅行に行くなどこちらもアクティブな印象。年相応に呆けるとしても、どうして“認知症”なのか?旦那のおじいちゃんとおばあちゃんは90歳 [続きを読む]
  • 83歳!今日はおばあちゃんの誕生日
  • 母方の祖母の話です。今日7月9日はおばあちゃんの誕生日。83歳になりました。先日母達がおばあちゃんに会いに行った時、施設内で7月生まれの人達の誕生日会(?)のようなものが開催されていたそうです。でも、おばあちゃんは「自分が何歳かは知らない…」と答えたとのこと。認知症の影響もあるかと思いますが、歳をとると単純に忘れることもあるのかな?とも思ったり…。(私も時々自分の歳っていくつだっけ…?!と思うことがありま [続きを読む]
  • 字が書けなくなったおばあちゃん
  • 母方の祖母の話です。先日母と叔母さんと私の従姉妹が特養にいるおばあちゃんに会いに行きました。結局私は行けませんでした。後日おばあちゃんと従姉妹の2ショットの写真を見せてもらいましたが、おばあちゃんは元気そうで安心しました。元々髪の毛は白髪でしたがさらに真っ白になったように感じました。スポンサードリンク 今回の訪問にあたり、ある書類の手続きの為おばあちゃん本人の署名等が必要とのことで、書いてもらった [続きを読む]
  • おばあちゃんに会える機会
  • 母方の祖母の話です。今週母と叔母さんが特養のおばあちゃんに会いに行くそうです。そして今回は、私の従姉妹も一緒に同行するとのこと。従姉妹は2.3回特養にいるおばあちゃんに会いにいってます。医療関係の仕事をしてるので、そういう意味では認知症のおばあちゃんに対する対応がとても上手です。スポンサードリンク 私も会いに行きたい…のですが、子どもが風邪気味なので現段階では微妙な感じです。私自身のことを詳しくかく [続きを読む]
  • 認知症の薬は効果がない?!
  • 先日、フランスの保健省が“認知症薬に十分なエビデンスなし”と衝撃の発表をしたとか?ちなみに、現在日本で健康保険が適用されているアルツハイマー型認知症の治療薬は、・ドネペジル(日本の商品名アリセプト、以下同じ)・ガランタミン(レミニール)・リバスチグミン(イクセロン/リバスタッチ)・メマンチン(メマリー)こちらの4種類です。フランス保健省は、上記4種類の治療薬について、さまざまな副作用が懸念される一方で、 [続きを読む]
  • 認知症になってさらに太ったおばあちゃん
  • 母方の祖母の話です。完全に個人的な思いですが、病気になると食欲が落ちて痩せる・やつれるイメージです。ただ、認知症はそうとは限りません。おばあちゃんは昔からよく食べる人で、何でも食べますが特に肉好きです。肉好きの老人は“健康で長生きする!”などとテレビで見たことありますが、どうなんでしょう。スポンサードリンク 認知症になると食欲不振になるケースも中にはあるみたいです。しかし、おばあちゃんは全くそん [続きを読む]
  • 暴力、パワハラ、セクハラ…それでも介護の仕事をするということ
  • 介護職員の7割がパワハラや暴力の被害を受けたことがある、そんなニュースを見ました。介護職員と言っても介護の対象が認知症患者以外の場合もあるかと思います。私のおばあちゃん達は暴力は一切しません。ただ、母方のおばあちゃんは時々嫌味っぽいことを言うことはありますが。スポンサードリンク パワハラの場合、介護対象者のみならず、その家族から受けることもあるそうです。確かに、家族もいろんな思いがあり、望むことも [続きを読む]
  • おばあちゃんにも迷惑メールが…特殊詐欺には要注意!
  • (一応)母方の祖母の話です。夕方のニュースで特殊詐欺の特集がやっていました。認知症疾患者に限らず、高齢者を騙そうとする悪質な詐欺が本当に多いです。(母方の)おばあちゃんも、以前携帯電話を使ってる時に迷惑メールが届いていました。何と驚くことにその迷惑メールには、赤ちゃんの写真が添付されていて、いかにも私みたいな赤ちゃんがいる身近な人から送られてきたかのような内容のメールでした。写真と短いとメッセージの後 [続きを読む]
  • おばあちゃんはかろうじて息子の嫁のことを覚えている…?!
  • 父方の祖母の話です。両親が昨日、ショートステイ先のおばあちゃんに会いに行ってきたと。父のことははっきり理解しているけど、母のことは何となく、かろうじて名前は覚えている…という感じだったそうです。※おばあちゃんは母のことをいつも名前で呼んでます。6月上旬に再度ペースメーカーの手術をしていますが(あまり詳しいことは聞いていません)、そちらは特に問題なく体も大丈夫そうです。相変わらず、明るい性格ですが、言 [続きを読む]
  • 叔母さんが介護士の資格を取りました
  • 母の妹、私にとっての叔母さんがこの度介護士の資格を取りました。以前から勉強していて、昨日母に「資格が取れた!」と連絡があったそうです。何でも早々と訪問介護の仕事をするそうで、アクティブな叔母さんには少々驚いています。スポンサードリンク 叔母さんの場合は完全なる在宅介護ではありませんでしたが、月に10日程はおばあちゃんを預かる生活をしていたので、やはりその影響からいろいろと思うことがあったそうです。 [続きを読む]
  • おばあちゃんが自分の娘達の名前を忘れてしまった…
  • 母方の祖母の話です。昨日母と叔母さんがおばあちゃんに会いに特養に行ったそうです。月に1回は2人で会いにいってます。(叔母さんは隣県から来ます)面会後に母から私に連絡があったのですが、「おばあちゃんが私と○○(叔母さん)の名前忘れてた…」…え?!おばあちゃんは娘達のことを名前で呼んでいますが、それを忘れる日が来るなんて…。“名前を忘れる”いったいどういう感覚なんだろう…。ちなみに、名前を忘れただけで、母と [続きを読む]
  • 夢の中で“あの頃”のおばあちゃんと再会した
  • 昨日、夢におばあちゃんが…!(母方の祖母)まだ認知症になる前のおばあちゃんでした。遊園地みたいな所で妙な乗り物に2人で乗ってました…(苦笑)さすが“夢”。在宅介護だろうと特養に入居していようと時は流れて、あの頃のおばあちゃんがどんどん遠くなっていきます。今のおばあちゃんにも早く会いたいけど、結局実現できないままこれまた時が流れるばかり。おばあちゃん、ごめんね。でも、ありがとう。↓こちらも参考になります [続きを読む]
  • また手術をすることになったおばあちゃん
  • 父方の祖母の話です。今日父から聞きましたが、おばあちゃんは6月上旬にまた手術をするそうです。以前もしていますが、今回もペースメーカーの手術みたいです。詳細は不明ですが、手術ができる体力等はあるということです。認知症の症状は母方の祖母同様相変わらずみたいですが。おばあちゃんは80代後半、90歳に近いです。私が同じ立場だったらもう手術とかしたくない…。(というか若くてもしたくない)でも、生きるためには必要な [続きを読む]
  • 死因はアルツハイマー型認知症
  • 女優で日本舞踊家の朝丘雪路さんがアルツハイマー型認知症のため4月27日に死去していたことが19日、分かった。82歳。たった今知りました。津川雅彦さんの奥様ということは知っていますがその他のことはあまり詳しく知りません。しかし、死因がアルツハイマー型認知症。そう判断されることは実はとても稀なこと?アルツハイマー型認知症の他にも疾患がある場合はそちらが原因(死因)になることが多いようです。判断する側もな [続きを読む]
  • 初夏にセーターを重ね着するおばあちゃん&入居者同士の言い争い
  • 母方の祖母の話です。先日、母と叔母さんが特養に入居中のおばあちゃんに会いに行ったそうです。しかし、部屋に入るなりびっくり、おばあちゃんはセーターを2枚重ね着していたと…。ちなみに、施設内は快適な温度だったそうですが、おばあちゃんは「今日は寒いだろ?」と、母達に言ったそうです。そして、その後しばらくして「暑いから脱ぐわ!」と…。もちろん職員さんが気付けば声掛けをしてくれるはずですが、おそらくこの時は [続きを読む]
  • 認知症とターミナルケア
  • 昨日某テレビ番組を見ていたら、ターミナルケアという話題について触れていました。ターミナルケアとは終末期医療。延命治療をやめて残りの人生を苦痛なくいかに有意義に過ごすかということであり、最近では緩和ケアとも言うようです。ホスピスや在宅ケアも含まれているとのこと。個人的には癌患者と深い関りのある事柄かと思っていましたが、調べてみると認知症や老衰の場合でもそういう考え方はあるみたいです。認知症とターミナ [続きを読む]
  • ブログの更新がないことは、ある意味幸せなこと?
  • こんばんは。更新頻度が随分と落ちてしまいました。おばあちゃん達はそれぞれ施設で穏やかに過ごしています。だからこそ、私にとっては何もない…というか、もうこの先おばあちゃん達との出来事や行事などはないのかなぁ…と思うと寂しい気持ちになります。認知症の症状が酷くても自宅にいれば接する機会があり、例えそれが訳のわからないことだとしても会話を交わすことができるけど、もうそんなこともできません。でも、おばあち [続きを読む]
  • おばあちゃんが私のことを思い出した?!
  • 母方の祖母の話です。先日母から聞いたのですが、GWになる直前に、母と叔母さんの2人で特養にいるおばあちゃんに会いにいったそうです。身体は健康ですが、認知症の方は相変わらず…という感じだったそうですが、何と私のことを思い出した?!知っていた?!そうです!!…“知っていた”という表現は何だか変かもしれませんが。スポンサードリンク 母はおばあちゃんを訪ねる度に、(私も含めて)孫達のことを覚えているか?という [続きを読む]
  • GWだけどおばあちゃん達に会えない
  • GWと言えば、母方の祖母の場合、昔は親戚(従姉妹)がおばあちゃんの家に来て皆で集まれる貴重な機会でした。今では従姉妹達も仕事が忙しくてGWは会えません。そして、おばあちゃんが特養に入居してから初めてのGW。私は家族で実家に行きますが、おばあちゃんも親戚もいないGW、やっぱり何だか寂しいです。一方父方の祖母も、GWには家族(両親・私・兄弟)でおばあちゃんの家に行って、ご飯を一緒に食べていました。気付いたら、それも [続きを読む]
  • ふと、怖くなったこと
  • 昨日母と話していたら、「あれ?そうだっけ?」と、物忘れをしていた。と言っても母にとっては特別重要な事柄でもないし、“物忘れ”と言ってしまうと大袈裟かもしれないけど。でも、もしかしたらこういうことが“認知症”の始まり…?!と思ったら一瞬怖くなった。母は60歳、決して若くはない。そして、認知症の中には“若年性認知症”というものもある。つまり、いつ誰がなってもおかしくないということです。認知症はある日突然 [続きを読む]
  • 介護疲れと孫疲れ
  • 今日は私の母の立場について思うことをかいてみます。介護疲れは、これまでの更新でも何度か触れていますが、実の母親と同居をして在宅介護を続けた結果、鬱状態の手前、もしくはなっていたかもしれません。母のように精神的に参る人、その他にも体力的にきつい人など、介護疲れの症状も様々なようです。よく…と言ってはいけませんが、介護に疲れて認知症の夫or妻、両親を殺害…というニュースを見かけることがあります。私の母は [続きを読む]