女ひとり、歳をとる。 さん プロフィール

  •  
女ひとり、歳をとる。さん: 女ひとり、歳をとる。
ハンドル名女ひとり、歳をとる。 さん
ブログタイトル女ひとり、歳をとる。
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mona1112
サイト紹介文お金なしの60代、犬2匹と同居中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 153日(平均4.7回/週) - 参加 2018/01/18 22:00

女ひとり、歳をとる。 さんのブログ記事

  • それぞれの理由。
  • わたしのストレスはほとんどが職場の人間関係です。年配の女性が多いのでとにかくみなさん強い。それは内にも外にも自分を曲げません。しかも清掃の仕事10年から15年というベテランぞろいです。仕事に対するプライドは持ちすぎるほど・・・。でも、みなさんには、みなさんの理由があってのことだと思います。Sさんは定年前だというのに70代にしか見えません。疲れたとか、早く帰りたいとか、いつも言っています。顔はブルドッグ [続きを読む]
  • 労働の対価。
  • 先日、職場で定年の話になりました。「70歳過ぎても3ヶ月ごとの更新で、仕事が続けられるんだよ」「えっ、でも70歳過ぎている人っているんですか」「何人かいるよ。あんたも元気ならずっと仕事を続けられるよ」「ええ」「うれしいでしょ」「・・・」うれしくなんかありません。70歳過ぎても好きでもない仕事で、働かなきゃならないなんて。わたしは、いつまで、いくつまで、働かなきゃならないのでしょうか。きのうは千葉の大多喜 [続きを読む]
  • いよいよ始まった?
  • きょう仕事へ出かけようと、バックを持って鍵を・・・と思ったら鍵がない!家を出る時間まであと5分です。ここしばらく、鍵をいろいろな場所に置くようになってしまい、探すのに手間取ることが増えましたが、いつもすぐに見つかっていました。でも、きょうは見つからない!どうしても、見つからない!もう時間切れだぁ〜!仕方がないので予備の鍵を使いました。仕事から帰ってまた鍵探しです。いつも鍵を置く場所、玄関の棚、玄関 [続きを読む]
  • 負のスパイラル。
  • 先日、Mちゃんに会いました。他にも2人、4人でゆっくりランチを楽しみました。久しぶりなので近況報告、そしてそれが一段落すると、60歳2人、63歳、64歳の話は健康の話へ移りました。Mちゃんは管理栄養士、企業などへ派遣され、栄養相談をしています。だからその日のランチは、さながら栄養相談会になりました。「ご飯食べた後、すごく甘いものが食べたくなるのよ。食後のデザートっていう感じじゃなくて、とにかくお砂糖でも舐め [続きを読む]
  • どう生きるのか②。
  • またテレビ番組の感想になりますが、NHK日曜美術館を観ました。『うれしくなくちゃ 生まれない 染色家 柚木沙弥郎の模様人生』型染めの第一人者・柚木沙弥郎さんは95歳。いろいろな人に助けられながらのひとり暮らし。2本の杖や歩行器で歩きながら、まるで老人というその外見からは想像できないほどの、作品たちの瑞々しさに驚きました。でもそれは、柚木さんの心の瑞々しさであるのです。「模様は形。形って何だろう。崩れて消え [続きを読む]
  • どう生きるのか。
  • きのうNHKスペシャル、『ミッシングワーカー 働くことをあきらめて・・・』を観ました。ミッシングワーカーという言葉を初めて聞きました。無職なのに求職活動をしていない人、親の介護などがきっかけで、働くことができない人が増えているそうです。特に独身の40代、50代の6人に1人が無職というのが現実らしい。番組では親の介護で仕事を辞めた人たちが登場します。ある人は認知症の始まった父親を、施設に移し再出発をします。 [続きを読む]
  • 音痴の原因。
  • 年齢相応のことだとは思いますが、もうだいぶ前から耳が聞こえづらくなっています。若い人同士がしゃべっているとき、外国語のように聞こえるし、車の走っている音は、前からなのか後ろからなのかわかりません。あっ、後ろから…と思うと、前の路地を車が通ったりします。でも、まだ、日常生活には支障は出ていませんし、友人たちにも同様な症状がある人はいます。先日、カラオケに行きました。Mちゃんと、もうすぐ82歳になるOさん [続きを読む]
  • 役に立つ。
  • ジークとモナはたったひとりのために役立っています。いつもぐらつきがちな飼い主の心を支え、運動不足になりがちな飼い主の散歩に付き合い、退屈な毎日をボール遊びで盛り上げます。わたしは中々そのことに気が付かず、静かに!とか、速く歩いて!とか、文句が多くなります。他人の役に立つってこういうことかもしれません。わたしは何の役に立っているのかしら・・・。モヤモヤした気分続きの仕事ですが、ジークとモナ [続きを読む]
  • どこからが認知症?
  • 最近、物忘れが多くなりました。鍵をかけ忘れる、物を置き忘れる、買い物に出て買い忘れる・・・、というようなものではなくて、今考えていたことが急に思い出せなくなる、ほんの一瞬前のことなのに思い出せない、食べたことは覚えているけど、食べたものが思い出せない、ちょっと認知症っぽい忘れ方です。わたしの母は50歳を過ぎたころから、物忘れがひどくなりました。そのほかのこともきちんとできなくなりました。若いころから [続きを読む]
  • 老化現象あれこれ。
  • 抜け毛が気になっています。原始人の憂い。育毛剤を使うことも考えましたが、まずは、頭皮の状態を良くしないと、育毛剤の浸透しにくくなるのではないのか・・・。そう思って頭皮ケアのシャンプーとコンディショナーを購入しました。使い始めて1週間ぐらいになります。ネットで調べて口コミの良さと、価格で選びました。お手軽にアマゾンで買えるのが便利。ノンシリコンということですが、シャンプーした後はすごくしっとりです [続きを読む]
  • 夜中のトイレ。
  • ここ1ヶ月ぐらい、毎日夜中にトイレに起きます。2時、3時、4時・・・、日によって時間は違いますが、突然目が覚めます。それまではほとんどありませんでした。そのあとは普通に眠れますが、朝の目覚めが鈍くなったきがしますまた歳をとったのだなと実感しています。就寝前にコップ一杯の水か麦茶を飲んでいます。血液ドロドロを予防できるかなって思って・・・。でも、少し前まではトイレに起きることはありませんでした。膀 [続きを読む]
  • イメージ。
  • 職場のOさんは、亡くなった西城秀樹さんのファンです。「25日がお通夜で、26日が告別式、青山葬儀所でやるんだってさ。でもさ、用があって行けないんだよね」「26日はカラオケ行くので、西城秀樹の歌を歌ってきますよ、お弔いに」とわたし。「えっ!ひとりで行くの?」「いいえ、友だちと一緒です」「じゃ、告別式行ってよ、わたしの代わりに」「いやぁ、それほどのファンじゃありません」わたしが家族のいない独身だからって、 [続きを読む]
  • カズ君の才能。
  • 今の職場に知的障害の人たちが、働いている部署があります。わたしたちが清掃で使った様々なタオル、モップ、ゴム手袋などを洗濯し乾燥させ、用具置き場にセットしてくれます。タオルだけで15種類ほど、使う場所によって素材や色が違います。洗い方もそれぞれに変えています。わたしでも間違えそうです。そこで作業する20代前半の10人ほどの男性たちがいます。その中でいつも社員の人に怒られているカズ君。「カズ君!それは違うで [続きを読む]
  • すぐくじけます。
  • なんだか、どんよりしています。今の仕事は単純で退屈、職場の人たちも低刺激的で、自分が働く意味を見出せません。でも、たった4時間のパートです。そんなに考え込まなくてもいいんですよね。なのに、どんよりしています。おまけにスポクラに通いだしたものだから、ゆっくりした時間が少なくなって、なんだか気持ちが疲れます。わたしはダラダラしていることが大好きなのに、スポクラのプログラムの時間に合わせて、テキパキと動 [続きを読む]
  • イラッとしたこと。
  • 最近、イラっとしたことがあります。おもちゃのボールで遊んでいたジークとモナ、わたしが転がすボールの方向を、真剣な眼差しで見つめていました。そろそろ出勤の時間になり、ジークが咥えていたボールを取ろうとしました。「返して!」と、何度言ってもガッチリ咥えて離しません。「ジーク、ポイして‼」無理に口から外そうとしたとき、中腰のジークがオシッコをし始めました。「ジーク! やめて!!」大量のオシッコは日ごろ従順 [続きを読む]
  • 臭いますか?
  • Mちゃんの家で集まったとき、わたしはSさんの隣に座りました。一緒だったKちゃんが後日わたしに尋ねました。「ねぇ、Sさん臭くなかった?」「臭くなかったけど・・・」「すごく臭かったよ。お風呂に入っていない臭いだった。だからわたしは隣に座らなかったの。そしたら〇〇〇(わたしのこと)が座ったから、どうだったかなと思って」「あ、そう、全然臭わなかった・・・」Sさんは男性でカツラ、ジムにも定期的に通っています。そこ [続きを読む]
  • コスパ。
  • 小さいころから運動が苦手でした。小中学校の体育の授業で、平均台は渡り切れず、跳び箱は1回も飛べず、体操の形を先生に腕づくで直され、運動がすっかり嫌いになりました。その後も運動を好きになるチャンスは訪れないまま、歳をとって行きました。動かず食べてばかりの初老の体は、成人病予備軍へまっしぐら。体質改善の必要に迫られて、家の近くのジムへ通い始めました。シャワー室はなく、マシンが7種類、トレッドミルが40 [続きを読む]
  • チクチク痛む。
  • 今度の日曜日に従妹夫妻が、我が家に遊びに来る予定です。去年愛犬を亡くして、ペットロスになったので、ジークとモナに会いたいというのです。去年一度我が家に来たのですが、そのときは従妹の姉夫妻も一緒だったので、犬たちと触れ合うよりも宴会になってしまいました。今度は姉夫妻抜きで、犬の散歩をしたいそう。友人のKちゃん曰く、「なんでひとりで来ないの? 犬が好きなのは奥さんなんでしょ」ホント、わたしもそう思い [続きを読む]
  • 痛いのはイヤじゃない。
  • 体重が増え始めました・・・(涙)痩せていくことをいいことに、必要以上に食べ始めたからです。引っ込み始めたお腹が、また出っ張り出しました。食前食後の甘いもの、夜9時過ぎのパンやおせんべいなど、太るのは当たり前、ホントに意志薄弱です。スポクラ通いは続けています。でも、プログラムのいろいろな運動が楽しくて、筋トレがおろそかになっています。それも体重増加の一因か・・・。ゴールデンウィークに、優待券がまだ [続きを読む]
  • 原始人の憂い。
  • 小さいころから髪の毛が太くて硬く、寝癖が付いた髪を父のポマードで整えていた小学校時代、ついたあだ名は原始人。ポマードをつけてもピンと立ったくせは収まらず、まるで原始人のようにボサボサ頭でした。去年の秋ぐらいから抜け毛が多くなりました。シャンプーした後はもちろん、朝起きると枕にも何本も髪の毛が抜けています。今まではそれほど気にならなかったのですが、ある日鏡を見ると髪の分け目から、地肌がうっすら見えま [続きを読む]
  • いいところ、悪いところ。
  • いとこたちはみんな夫婦仲がいい、先日のいとこ会でいつにも増して感じました。夫婦で座る席は隣同士、大皿の料理を夫の分まで取り、夫が送った私あてのLINEを夫の代わりに知らせる・・・。なんて仲がいいんでしょう。こんなシーンを目にしたとき、わたしはひとりでよかったと思います。だれの隣に座っても構わないし、自分の料理は自分で取り、LINEは自分で確認する、送ったことなどわざわざ知らせません。ひとりでできることは、 [続きを読む]
  • お酒の飲み方、いとこ♀の場合。
  • 先日、いとこたちの会食がありました。親たちの結束が強かったので、いとこ同士は小さいころからよく顔を合わせていました。でも、葬儀や法事以外で会うのは久しぶりでした。ちょうど70歳になったばかりのいとこがいたので、古希のお祝いに花束贈呈。宴もほどよく盛り上がりました。でも、そのあたりからいとこ♀の声が大きくなり始めました。お店の人が、「そろそろラストオーダーですけど」「じゃ、ビール3本とハイボール2杯お願 [続きを読む]
  • カメレオン。
  • 20年ほど前、派遣社員で働いていたとき、旅行の費用がないので、早朝の市場のアルバイトをしました。朝5時から8時までの海鮮物の仕分け作業。1月か2月だったでしょうか。朝5時の外はまだ真っ暗で、とても寒かったです。そこが終わってからでも、10時からの派遣先には間に合いました。当時、そこで働いていた人たちは、年配の女性、出稼ぎ中国人などが多かったようです。3,4日たって少し作業に慣れたころ、隣で作業している年配 [続きを読む]
  • ここはどこ? わたしは誰?
  • 仕事は毎日同じことを繰り返し、その日の作業は作業終了後、報告書に記入します。それとは別に、1フロア毎に1週間に1度やる作業があり、それも別紙の報告に記入します。同じ作業なのですが、作業する階が毎日違います。「あれ、何階だっけ・・・」・・・と毎日考えます。考えても、考えても、思い出せず、メモ用紙に書くようになりました。でも、肝心のメモが間違っている・・・。それで1週間の日付と曜日と作業階数を書いて、終わ [続きを読む]
  • 会いに行きます。
  • きのう老人施設にいる伯母に会いに行きました。伯母は母の5歳年上。93歳で時々忘れっぽくなりますが、昔のことはよく覚えています。きのうもいろいろな話を聞きました。母の実家は北海道でニシン漁の網元でした。祖母には兄がふたりいましたが、見込みの薄い兄たちを心配した曽祖父は、青森から腕のいい漁師を呼び、祖母の婿にしました。ニシン漁が順調で祖父母は大きな屋敷を建てました。10人いた子供たちは何不自由なく育ち、年 [続きを読む]