女ひとり、歳をとる。 さん プロフィール

  •  
女ひとり、歳をとる。さん: 女ひとり、歳をとる。
ハンドル名女ひとり、歳をとる。 さん
ブログタイトル女ひとり、歳をとる。
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mona1112
サイト紹介文お金なしの60代、犬2匹と同居中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 212日(平均4.1回/週) - 参加 2018/01/18 22:00

女ひとり、歳をとる。 さんのブログ記事

  • 墓じまいを考える。
  • わたしには家族がいません。病気になったときやケガをしたときに、自分の意識があれば、状況の判断もできます。でも、死んだ場合はどうなるのでしょう。もうわたしにはどうすることもできません。頼りは仲のいい従兄ですが、わたしより7歳も年上の男性。わたしが平均的な歳まで生きたとすれば、そのとき従兄には頼れないと思います。我が家のお墓は電車で30分ほどのお寺にあります。父、母、妹、父の妹が入っていますが、わたし [続きを読む]
  • 波立つ心の付き合い方。
  • 先日のカラオケ事件以来、Aさんはなんだか垣根の向こう側の人みたいです。まだ怒っているのでしょうか。こんなことはそうあることではないと思いますが、人生のどこかで、何回か遭遇しそうです。そのとき、どうしたらいいのでしょうか。前述のU子とは、お互いの心がモヤモヤしていたと思います。U子の結婚式にわたしだけ呼ばれなかったし、新居の招待も外されました(涙)。仕返しか〜!!!でも、その後会社を辞めて、わたしは趣味に没 [続きを読む]
  • 膝の痛み。
  • 久しぶりにTさんから電話がありました。Tさんはダイビングクラブのときの知り合いです。以前はふたりで海外へ食べ歩きやダイビングにも出かけましたが、わたしがダイビングをやめて、会う機会が減って自然と連絡が絶えました。なのに、ほんとうに何年ぶりの電話。ちょっと、びっくりするやら、うれしいやら。「〇〇駅って〇〇さんの家の近くでしょ。今度の25日にそっちに行くので会えないかな?」とTさん。「ええ、そうしましょう [続きを読む]
  • 22歳と63歳の怒り。
  • 時々仕事帰りが一緒になるYさんは、今月いっぱいで1日の仕事をやめて、午前中だけの仕事になります。もう15年ほど勤務していたけれど、元気なうちに趣味の洋裁をもっと本格的にやりたい、以前からそのことをYさんから聞いていました。67歳のYさんの気持ちはよくわかります。わたしはYさんの選択を応援したい気持ちでした。来月からは会えなくなるので、以前から行こうと言っていたカラオケに誘いました。「じゃ、Hさんも誘っていい [続きを読む]
  • 老いていくのは自分なのだ。
  • 60歳になるころから、自分の老いを日常的に感じるようになり、そのたびに戸惑い、悩み、悲しみ、疲れなど、辛い感情に囚われてしまい、どうしていいかわからずにいました。その解決の糸口になればと思い、このブログを始めました。日々のことを書くことで状況が整理され、問題がはっきりとし、解決の方向に向かうと思っていました。でも、半年たった今、いまだに同じことで悶々とすることが多いのです。五木寛之さんの『人生百年時 [続きを読む]
  • 小さな国の大きなもてなし。
  • 今回の旅は、やりたいことや食べたいもの、見たいものを書きだしました。遠くにあるため今までいつも後回しになって、実現できなかった『スンガイ・ブロー自然公園』へ行く。イギリスの料理人、ゴードン・ラムゼイさんがプロデュースした、イギリス料理のレストラン『ブレッド・ストリート・キッチン』で食べる。わたしはゴードン・ライゼムさんのちょこっとファンなので、お店の雰囲気を見て、お料理を食べてみたい。そして『ガー [続きを読む]
  • おいしかったもの②
  • シンガポールに着いたのは早朝でした。でも、ホテルのチェックインは午後3時。空港で少し時間をつぶし、そのあとボタニックガーデンに行きました。ボタニックガーデンにはレストランやカフェがあります。朝食を食べに午前7時半からやっている『カーサ・ベルデ』に入りました。目の前を散歩で歩く人たちや、犬の散歩をする人たちが次々にやってきます。小鳥たちはカフェのおこぼれ狙いに舞い降りてきます。フレンチトーストとアイス [続きを読む]
  • おいしかったもの①
  • 今回の旅行先はシンガポール。その目的のひとつは食べ歩きです。中国系の人種が多い国なので、中国料理店はたくさんあります。わたしは中華料理が大好き。日本では珍しい料理も多いです。食べた中で一番おいしかったのは、オーチャードのIONにある『粥麺専家』焼きそばとカイランのガーリック炒めが絶品でした。極細麺をオイスターソース味の仕上げ。一口食べるごとに、ウーッ、ウーッ、ウーッと声が出てました。カイランのガーリ [続きを読む]
  • 旅のためにできること。
  • 今日職場のロッカーでOさんに会いました。「あ〜ら、ど〜した?どっか行ったの?」「はい、ちょっと出かけてました」「なに?なに?どこ行ってたのさ?」「近場です」「近場って?国内?それとも海外?」矢継ぎ早の質問は、返事を考えている暇をくれません。休み明けの同僚たちの対応は想像していましたが、まったく想像通りでした。Oさんの質問はその後もわたしの旅行歴まで続き、「じゃ、支度があるので・・・」と、わたしはロッ [続きを読む]
  • 旅の疲れ方。
  • 今朝、旅行から帰ってきました。毎年、毎年、旅の疲れが増してきます。できるだけ疲れないように、疲れる前に休憩。数年前からは、少し疲れたらホテルに戻って休むことにしています。今日も空港着は早朝で、地元へ帰るバスの始発はまだでした。今まではその始発バスを待って、空港で朝食を食べていましたが、今朝は疲れていて朝食を食べる感じではありませんでした。少し遠回りになりますが、電車で帰ることにしました。きょうの [続きを読む]
  • 苦しみの受け止め方。
  • そんなに親しくない従弟からLINEが来るようになりました。初めはスタンプだけだったのですが、先日、深刻な文面が届きました。「俺、疲れちゃった。酒で逃げる。何も楽しくない!親の面倒、大変。本当に疲れちゃった!」従弟の母親、最近認知症の症状が進んでいるらしいのです。従弟の母親はわたしの母の妹で、母と叔母は仲が良かったので、小さいころはよく行き来をしていました。わたしも認知症の父と暮らしていたので、従弟の心 [続きを読む]
  • 気楽にいこう。
  • 最近、Tシャツを後前に着たり、ブラウスやカーディガンのボタンの掛け違いが増えました。Tシャツは柄物ならいいのですが、無地のものだと、パッと見てパッと着ると後前が逆。このときの失望感ってすごいです。もうがっくり・・・。ブラウスのボタンをかけ始めて、最後のボタンをかけると、まだボタンホールが残ってる。このときは失望感というより疲労感。はめたボタンをはずしながら、もう一度はじめからやり直す。あ〜あ・・・。 [続きを読む]
  • 世間話は必要か。
  • 職場では昼礼前の15分ほど、事務所のテーブルの周りに座って待機しています。その間はみんなでおしゃべりをしていますが、少し前までは新入りのわたしの話題が多く、どーした、こーした・・・と、どうでもいい質問ばかりで、ちょっとうんざりしていました。でも、入社して6ヶ月過ぎましたから、最近は別の人の話題になっています。正社員として働いてきたいくつかの会社の昼休みは、もっといろいろな話をしていた気がします。いわ [続きを読む]
  • うれし、かなし。
  • きのうの朝起きたら、喉が腫れてる感じがしました。「ジーク、おはよう!」って言うと、首をかしげるジーク。声が変です。「ジーク!ジーク!」その声を聞くたびにジークが首をかしげます。そんなに変なのか?固定電話の留守電に自分の声を入れてみました。ギョギョギョギョギョー!!!!!知らない男の人の声、しかも低い野太い声。おそろしや〜。仕事場へ行くとぎょっとした感じで、会う人ごとに、どーしたの?と言われました。きの [続きを読む]
  • 不安なとき。
  • 夏風邪をひきました。先週末からなんとなく喉が痛くなって、その日のうちに風邪薬を飲みました。次の日には喉の痛みも引き、いつもの日常に戻りました。念のため風邪薬は飲み続けていましたが、夜になると熱が出てきました。その繰り返しの1週間。健康には自信がありましたが、それも怪しくなってきました。ひとり暮らしの不便なときはこんなときです。夕方の犬たちの散歩は辛かった・・・。誰かに頼めるのなら頼みたかったけれ [続きを読む]
  • 不便なこと。
  • 朝食でヨーグルトに混ぜて食べようと、ナタデココとライチの瓶の蓋をあけようとしました。ナタデココもライチも大好き。この瓶詰を見つけたときは小躍りしたくらいです。いざ、ヨーグルトに混ぜるぞ〜と、瓶の蓋をあけると、あかない!グググッーと力を入れてもう一度、でも、あかな〜い!さらに全身の力をいっぱいに振り絞り、グッーーーーとふたを回すけどビクともしません。も〜、頭の血管切れそうだ〜。次は輪ゴムを蓋に引っ掛 [続きを読む]
  • その後、いろいろ。
  • 頭皮ケアのシャンプーとコンディショナーを使い始めて1ヶ月半が過ぎました。シャンプーの使いこごちは滑らかさで、頭皮のマッサージの指が軽く動きます。コンディショナーは頭皮にいいということなので、頭皮まで伸ばしてまたマッサージしています。抜け毛は減っているような気がします。排水溝が真っ黒だったけど、今は隙間が見えるようになりました。まだしばらくは使って変化を観察したいと思います。健康の減量のためにと [続きを読む]
  • スタイル改善は遠く。
  • きょう仕事が終わり、帰宅途中バスを待っていました。そこのバス停は終点なので、来たバスの乗車客は全員降ります。来たバスは満員でしたので、その時間がかかりました。ふと横を見ると太ったおばさんが、ティアレの花柄の黒いTシャツを着ています。あれ?わたしと同じTシャツだわ?いやいや、わたしだわ!色の濃いバスの窓に、たるんだその姿が映っていました。以前からこんなことはよくありました。でも、久し振りだったので忘れ [続きを読む]
  • ごめんなさい。
  • また職場のSさんの話です。Sさんはワールドカップを観るために早く寝て、中継が始まるころまた起きて観戦しています。「わたしさ、サッカーが大好きなのよ。イタリアまで試合を見に行ったわ」いつも朝は4時に起きているらしいので、ワールドカップを観るのも大変なんだと思います。「きょうは暑かったですね!」とわたしが言うと、「ほんとに暑かったよね。でも、わたし夏大好きよ」そう言ったSさん。それはよく分かります。Sさん [続きを読む]
  • へこんだ出来事。
  • きょうもスポクラへ出かけました。10時のオープンと同時にスポクラへ入ろうと、朝から準備しました。バスの時間も調べて、さあ出かけようと思って、鍵を探すとないのです。もう!! また〜!!!!鍵を置きそうな場所を捜す、捜す、捜す!!!・・・。お財布とハンカチと定期入れを入れた小さなバッグの内ポケットに入っていました。部屋をさっと出られるように、早めにバッグに入れておいたのです。スポクラのロッカールームへ着くとまず、 [続きを読む]
  • 決戦の前。
  • 定期健診の結果説明を受けてきました。なぁ〜んと、去年より体重が3.6?減っていました。働き始めたこととスポクラ通いが、功を奏したのでしょう。3年前に父が亡くなり、仕事もせずにブラブラしていたから、1年に1?のペースで体重が増えていました。でも、まだ、減量が必要な範囲です。食後の甘いものの渇望と、ひどい眠気が続いていたので、血糖値の数値が気になっていました。結果はあと少しで正常範囲内。炭水化物大好きで [続きを読む]
  • その声、聞こえてますか?
  • 仕事へ行く前にスポクラへ何回か行きました。仕事前の運動なんて、とても疲れるのではないかと思っていましたが、意外や意外、爽快感でいっぱいになり、仕事中も爽やかな気持ちでいられました。平日の午前中なので、プログラムの参加者は高齢者の方が多いのです。体が硬くて、俊敏性のないわたしには、高齢者と一緒に動くのがしっくりきます。・・・わたしが高齢者だということは分かっていますよ。きょうも午前中の、『モーニング [続きを読む]
  • 最後の選択。
  • きのうまたSさんと一緒の電車になりました。「きょうのごはんは何にするんですか?」と聞くと、「きょうは病院へ行くからお弁当にした」とSさん。「指の治療ですか?」「内科なの。心臓がちょっとね」去年ドアに指を挟んで15針縫ったSさん。先月に包帯が取れたので、その後の治療かと思いました。ちょっと突っ込んで聞きすぎたかな・・・。「わたしの父は狭心症で、足の血管で3本バイパス手術しました」「それそれ、わたしもそう [続きを読む]
  • それぞれの理由。
  • わたしのストレスはほとんどが職場の人間関係です。年配の女性が多いのでとにかくみなさん強い。それは内にも外にも自分を曲げません。しかも清掃の仕事10年から15年というベテランぞろいです。仕事に対するプライドは持ちすぎるほど・・・。でも、みなさんには、みなさんの理由があってのことだと思います。Sさんは定年前だというのに70代にしか見えません。疲れたとか、早く帰りたいとか、いつも言っています。顔はブルドッグ [続きを読む]
  • 労働の対価。
  • 先日、職場で定年の話になりました。「70歳過ぎても3ヶ月ごとの更新で、仕事が続けられるんだよ」「えっ、でも70歳過ぎている人っているんですか」「何人かいるよ。あんたも元気ならずっと仕事を続けられるよ」「ええ」「うれしいでしょ」「・・・」うれしくなんかありません。70歳過ぎても好きでもない仕事で、働かなきゃならないなんて。わたしは、いつまで、いくつまで、働かなきゃならないのでしょうか。きのうは千葉の大多喜 [続きを読む]