行政書士 小笠原渉 さん プロフィール

  •  
行政書士 小笠原渉さん: 「中国語・英語に対応」ワンダ国際行政書士事務所
ハンドル名行政書士 小笠原渉 さん
ブログタイトル「中国語・英語に対応」ワンダ国際行政書士事務所
ブログURLhttps://ameblo.jp/wanda-gyosei/
サイト紹介文外国人法務サービスに特化した行政書士事務所です。 各種ビザ(就労、結婚、家族、留学等)、帰化申請等
自由文中国語ができる行政書士、中国語・英語ができるスタッフが外国人法務サービスを提供いたします。
「主な取扱業務」
〇在留資格(就労ビザ、留学、結婚、定住、家族滞在、高度専門職、経営・管理など)
〇帰化
〇会社設立(登記は提携の司法書士に依頼)
〇相続
〇内容証明
〇許認可(民泊、宅建業、建築など)
https://www.wanda-gyosei.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 292日(平均0.3回/週) - 参加 2018/01/19 13:23

行政書士 小笠原渉 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 住宅宿泊事業者(民泊事業者)になったら何をすればいいのか
  • 墨田区の中国語ができる行政書士 小笠原です。 2018年6月15日から住宅宿泊事業(いわゆる民泊(以下民泊))が開始されました。現在までに全国で1万件以上が届出されており、その内東京23区内では3,000件を超える届出がされています。当事務所でも既に数十件の届出を行っておりますが、既に来年のご依頼予約を受けるなどその人気は衰えを見せておりません。ご依頼を受けるそのほとんどが海外のお客様となっており、セカンドハウ [続きを読む]
  • 住宅宿泊事業(民泊)を始めるにはどんな書類が必要?
  • 墨田区の中国語ができる行政書士 小笠原です。 2018年6月15日から住宅宿泊事業(いわゆる民泊)が開始されます。年間180日以内しか営業できないという制限はありますが、これまでのホテル、旅館、簡易宿所に比べればずっと簡易な方法で申請することが可能です。 しかし、何も対応をする必要がないわけではなく、実際には消防法上の要件を満たすために事業用火災報知機を設置するなど対応が必要です(管轄の消防署に要確認)。 そ [続きを読む]
  • 留学期間中に休学したらビザはどうなる?アルバイトはできるの?
  • 墨田区の中国語ができる行政書士 小笠原です。 日本で大学生活をする中で、休学して長期国内旅行がしたい!海外に短期留学したい!と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。 大学生活は色々なことに挑戦できる有意義な時間です。では、外国人留学生の方が、一旦休学した場合、その方の在留資格(ビザ)はどうなるのでしょうか・・・ 続きを読む こちらのフォームからご質問ください。 お問い合わせ 日本語 聯絡 繁體 [続きを読む]
  • 留学生の出席率問題。大学生は出席率何%以下だと問題になるのか?
  • 麻布十番の中国語ができる行政書士 小笠原です。 東京で大雪が降ったと思ったら、今度は大寒波が来ています。朝はとても寒くて辛いですね。東京のマンションは灯油ヒーター禁止となっているため、部屋が温まるのに時間がかかります。正直冬は自動車通勤、そして寒冷地仕様の住宅を供給する北国の方が快適でしょう・・。 大学生(大学院生)は出席率何%以下だと問題になるのか?外国人留学生が日本で勉学する際、学校の成績以外に [続きを読む]
  • 外国人留学生を雇う際に気をつけるべきこと
  • 港区麻布十番の中国語ができる行政書士 小笠原です。 人手不足が叫ばれる昨今、あらゆる業界で外国人留学生の姿を目にします。当事務所のコンビニエンスストアにも常に外国人スタッフが在中してサービスを提供してくれています。 皆さんは外国人留学生を雇用しているときに、何か気をつけていることはありますか?外国人留学生の多くは小遣い稼ぎではなく、生活費を稼ぐために本気で取り組んでいます。人によってはシフトに入れる [続きを読む]
  • 民泊ホストが自ら有償でガイド可能に!【無資格ガイド解禁】
  • 港区麻布十番の中国語ができる行政書士 小笠原です。 本年1月4日からついに通訳案内士制度が緩和され、無資格者でも有料で通訳案内ができるようになりました。今後も通訳案内士は残りますが、いわゆる名称独占(通訳案内士と名乗れるのは有資格者だけ)となります。観光庁のウェブサイトによると、類似する以下の名称も禁止されています。〇通訳ガイド〇地名+ガイド〇公主体+ガイド(国家ガイド、○○市ガイド等)〇行為+ガイド( [続きを読む]
  • ベトナム滞在で感じた、ベトナムの勢い
  • あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。 港区麻布十番の中国語ができる行政書士 小笠原です。 事務所開きは本日となります。実は、昨日までベトナム社会主義共和国へ行っていたのです。 今回は一週間ホーチミンに滞在してまいりました。 ホーチミンは首都ではないものの、ベトナム最大の都市であり、フランス植民地時代に残された建物が今も多く残されています。 そのほかにも高層ビルが立ち並ぶ地 [続きを読む]
  • 留学ビザから就労ビザへの変更手続きはいつからできるの?
  • 港区麻布十番の中国語ができる行政書士 小笠原です。 間もなく1年を終えようとしておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。来年3月に学校卒業予定の留学生の方は、就職も決まり、あとは卒業するだけ、という方もいらっしゃると思います。 しかし、もう一つ大きな試練が残っています。それは在留資格変更許可申請です。いわゆるビザ変更のことです。 一般的な留学生の方は在留資格が「留学」ですから、そのままでは働くこ [続きを読む]
  • 台風の日は出勤?台風休み導入の検討を!
  • 港区麻布十番の中国語ができる行政書士 小笠原です。 週末はまたしても台風が列島を襲いました。私も日曜日は一歩も外へは出ずに、自宅で映画鑑賞していました。 もし、台風が平日にやってきたらどうなるのでしょうか。おそらく出勤ですよね?基本的に日本では台風休みというものが確立されていませんので、たとえ台風で電車が止まっていても、「とりあえず来い」となると思います。 地方では車通勤が多いですから、出勤せざるを [続きを読む]
  • 大学を卒業しなくても、就労ビザは取得できるのか?
  • 港区麻布十番の中国語ができる行政書士 小笠原です。 10月になって肌寒い日々が続いていましたが、今日は比較的暖かいですね。日中はコートを着る必要がないくらいです。 *********************************************************在留資格の仕事をしていますと、外国人個人だけではなく、企業からご質問を受けることもあります。その中でもよくあるのが、「大学を卒業していなくても、就労ビザは取得できるのか?」というもの [続きを読む]
  • ワーキングホリデーからの就労ビザ取得は難しい?
  • 港区麻布十番の行政書士 小笠原渉です。 日本にワーキングホリデー制度を利用して来られる外国人の方は多くいらっしゃいます。 ワーキングホリデー制度の特徴は(日本における)、その就労時間に制限がないことです。しかも、ワーキングホリデーの申請前に就労先が決まっている必要もありません。 通常来日する際に取得する在留資格(ビザ)は、就労先が決まっている必要があります。しかし、ワーキングホリデーでは来日後に勤務 [続きを読む]
  • 過去の記事 …