nago3 さん プロフィール

  •  
nago3さん: 四柱推命 癒しのメール占い 和(なごみ)
ハンドル名nago3 さん
ブログタイトル四柱推命 癒しのメール占い 和(なごみ)
ブログURLhttp://nago3.blog.jp/
サイト紹介文四柱推命 癒しのメール占い 和(なごみ)であなたの輝く未来を見つけてみませんか。
自由文生まれた年月日時の四つの柱にはご自身ですら知らない長所や魅力が隠されています。自分の持ってる宝物を有効に活用しては如何でしょう。

四柱推命 癒しのメール占い 和(なごみ)であなたの輝く未来を見つけてみませんか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 242日(平均3.7回/週) - 参加 2018/01/19 14:51

nago3 さんのブログ記事

  • 安室奈美恵さん今後を占いました。
  • 昨日、とうとう歌手を引退された安室奈美恵さん。四半世紀にわたって時代をリードしてきた彼女の計り知れない才能と努力、そしてそれらを裏付ける彼女の運勢とは。今日はそんな安室さんの命式を探ります。年 丁巳(庚) 正官 比肩(長生)月 己酉(辛) 印綬 劫財(帝旺)日 庚辰(癸)     傷官(養)まず目についたのは彼女は魁罡の日の生まれです。特に女性にとっては魁罡は宜しくなくてご主人(パートナー)を運を [続きを読む]
  • モーニング娘 吉澤ひとみさんの命式について
  • 先日、交通事故を起こして逮捕された元モーニング娘の吉澤ひとみさんの命式が少し気になったので拝見しました。1985年4月12日生まれです。年 乙丑(癸) 偏財 食神 (養)月 庚辰(乙) 劫財 偏財 (墓)日 辛巳(戊)     印綬 (死)生まれた日は辛巳です。この日に生まれた人は、意外に強情で少々嫉妬心も強い人が多いです。 頭の良い人ですので、物事に気をまわし過ぎて却って人を疑ったりしてしまいます。 自 [続きを読む]
  • 今朝がた見た夢の話
  • 久しぶりの投稿です。今朝がたに変な夢を見ました。それは、私が四柱推命の勉強をしていた時に一緒に学んでいた兄弟弟子の初老の男性の夢です。夢の中のその男性は実際には見たこともない男性ですが夢の中ではそう思ってるのです。その男性との会話は主に師匠の話でした。「あんなこともあった・・・そんなことも」そんな懐かしい話をしてた時私が「あの師匠はまだお元気なんですかね?」と尋ねると。「何言うてるんですか、もう何 [続きを読む]
  • 東京五輪の為のサマータイム導入って本当?
  • 東京五輪も再来年に開催されますが、多くの問題もあるようです。その中でも命にかかわる深刻な問題が今年のような猛暑での気温の問題です。前回の東京五輪は10月10日に開会式があってその後は10月10日を体育の日として祝祭日となりましたが、今回は七月に開会式ということですので地球温暖化での猛暑は2年後も改善されるどころかますます深刻になってる心配があります。そこで政府が考えたのがサマータイムです。気温があ [続きを読む]
  • 十二運 絶
  • 今日は十二運の絶(ぜつ)についてです。絶とは、この世から全ての痕跡が消えてなくなって絶するという時期になります。死んで火葬されて(昔は土葬でした)墓に入ったお骨が土に返って生きてた全ての痕跡が土に返るというイメージです。昔から「死んでも死にきれない」という言葉をよく耳にします。何かの無念や怨念を以って死を迎えるときにいう言葉ですが、本当にそうなのかなと思う時があります。例えば現世で大成功して地位も [続きを読む]
  • 十二運 墓
  • 台風13号は東日本の太平洋海岸を舐めるように北上しています。テレビニュースを見ていますと海岸では波も高く危険な状態なようですので絶対に海岸には近づかないようにしてください。さて、今日は十二運の墓(ぼ)の説明です。墓とはお墓を意味しますのでお墓な話をいたします。人が一生の役目を終えて死を迎え、そして遺骨を納めて安住の地となるのがお墓です。私が若いころに先輩から聞いた話です。「人は片足で立ってるよりも [続きを読む]
  • 十二運 死
  • 今日は立秋です。暦の上では今日から秋になりますが、台風が列島に接近してる影響で今日は気温も平均的ですしなになによりも心地の良い風があって助かっています。さて、今日も久しぶりになりましたが十二運の死の説明です。死とは文字通りに人の生命が終わりを告げる時期を表します。「死」なんて縁起でもない!と言って別の表記を使ってる流派もありますが、これはこれで重要な意味がありますので気にせずに使ってほしいものです [続きを読む]
  • 十二運 病
  • 十二運の説明をすっかりご無沙汰していました。(苦笑)前回は衰でしたので本日は病(びょう)になります。病とは病(やまい)を意味します。今まで現役で働いてきた人がリタイヤし、そして加齢からの病になった姿です。この様に衰から以降は弱弱しいイメージの十二運になりますけど、逆にそんなに無理をしなくても自然体に任せて世渡りができる運勢の持ち主と考えると、悲観することや卑下する必要もありません。ただ男性の場合は [続きを読む]
  • 土用の丑の日
  • 本日は土用の丑の日です。と、申しますよりも「ウナギの日」と言った方が直接的かもしれませんが、そもそも土用とは何ぞやと言いますと、一年のうちの12か月にはそれぞれに支が配置されていて、例えば。春は寅卯辰夏は巳午未秋は申酉戌冬は亥子丑と三つずつの支が振り分けられています。その中でもそれぞれの最後の支である、春は辰  夏は未  秋は戌  冬は丑の四つの支は季節の変わり目のクッション的な季節を表していまし [続きを読む]
  • 【癒しの占い 和(なごみ)】ホームページ開設
  • 長らくブログもサボってしまっていて申し訳ありません。実はこの数日間は鑑定判断の合間に、かねてよりの懸案だった【癒しの占い 和(なごみ)】のホームページを作成に忙殺されていました。作成とは言っても何しろ初めてのホームページですので勝手がわからずに、四柱推命や方位吉凶鑑定などについての紹介や、各種占いの説明も載せてある程度完成させてからの予定でしたが、それではいつまでも開設できませんので、取りあえずは [続きを読む]
  • 水害の地域が東に移動しています。
  • 数日前までは九州を中心に大規模な水害が発生していますが、徐々に豪雨が東に移動しています。兵庫県内でもたくさんのかか線が氾濫して被害を出していましたが現在は中部日本に命に係わるような災害に襲われています。また、一旦過ぎたかのように思える九州や四国にも新たに大雨の恐れがあるようですので避難勧告が出る前に避難したりしてほしいです。こういう記録的な大雨になればインフラ整備の進んでいる都会は比較的被害にも強 [続きを読む]
  • 親孝行してますか。
  • 私にはもう両親はこの世にいませんから親孝行はできません。今更「生きてるうちにもっとしておけば良かったのに」と後悔しても始まらない事なのですが・・・。昔、あるお坊さんから聞いた話があります。「生まれたばかりの赤ちゃんは本当に可愛らしい限りですが、その可愛さこそが一生分の半分の親孝行となってる」というお話でした。赤ちゃんだった時代のこの様な笑顔や仕草がその子が親にせねばならない親孝行の半分以上をそれだ [続きを読む]
  • 方位吉凶判断(旅行や短期留学)
  • 人は生まれてから死ぬまで一度も引っ越しを経験しない人は現在社会においては粗、居ないといっても過言ではないでしょう。学生さんでさえ長期の留学する人もいますが、その場合も厳密にいえば「引っ越し」となりますのでしっかりと吉凶判断をする必要があります。では短期の数週間程度の留学なら方位の判断は必要なのかというと、その場合は旅行と考えるべきですから、九星気学での判断は必要はありません。(旅行の場合は八卦・易 [続きを読む]
  • 人生の不思議と占い教室
  • 昨夜、と言っても日付が今日に変わった午前零時から始まった、日本対セネガルの試合をご覧になられて今日は寝不足の人も少なくはないことでしょう。わたくしも試合開始からしテレビ観戦していましたが、先制されては追いつき、また突き放されては同点にするという粘り強い戦いで勝利に近い引き分けに持ち込めました。もしも昨夜の試合で勝っていれば決勝リーグに進出という場面でしたが、勝利してあっさりと決勝リーグに進出を決め [続きを読む]
  • 海外からのご相談者
  • 先日ですが、海外からのご相談がありました。依頼されてきたのはご主人で日本人の方で、ご本人の今後の運勢と、もう一人は奥様の運勢も併せてのご依頼でした。驚いたことに奥様の命式は「北方合」されていて、大変な大人物に嫁ぐかもしくはご主人を大人物に出世させる強い運勢の女性だったのです。過去に同じような方合で大人物な男性と結婚するという命式の方に、某有名女性タレントさんが居られます。今回のご相談者の奥様は方合 [続きを読む]
  • 相性判断(危険な相性)
  • 先日、ある年配の女性から娘さんのお見合い結婚についての相性判断を求められました。娘さんと相手の男性のお二人の生年月日を並べて判断していますと、確かに相性も良く、普通に判断していれば問題なく思えてきましたが、ある視点からの判断でこのご縁談は前に進めるべきではないと進言したのです。夫婦関係だけではなく全ての人間関係でもいえることですが、相性だけではなくて互いの目に見えないご縁も時として命式表に現れるこ [続きを読む]
  • 十二運について
  • 本日、とうとう北海道を除く全ての地域で梅雨入りとなりました。梅雨入りと同時に台風が太平洋沖を北東に移動していますので地方によっては道路の冠水や土砂崩れなどの被害が心配されますのでどうか、ご用心してください。そこで今回は順番としては十二運の病ということになりますが、先日、お問合せメールフォームからブログ読者の方からご質問がありました。「私も四柱推命を少し勉強していますが、十二運での衰から後はあまり良 [続きを読む]
  • 十二運 衰
  • 暫く体調を壊していまして鑑定で精いっぱいの状況でしたのでブログも滞っていましたが今日からまた再開させていただきます。では、本日は十二運の衰です。衰とは文字撮りに衰退を意味しています、前回の最高潮の帝旺から一歩過ぎた位置にありますので会社や組織ではトップの社長を帝旺に例えるのでしたら、衰は代表権のない会長職や相談役という立場です。強さとしても弱い部類に入りますが、極端な弱さとも言えません。戦国大名の [続きを読む]
  • 十二運 帝旺
  • 本日は十二運の帝旺です。帝旺とは帝王に通じる文字でもありますので人生の頂点を意味して、会社での立場ですと社長さんになります。しかし「満ちれば欠ける世の習い」の如くに後半は下り坂になる傾向がありますので帝旺を持っている人は人生の後半にこそその真価が問われることになります。また、猪突猛進な面がありますが、その後のフォローができない癖がありますのでそれらの点に注意していれば大いなる発展も夢ではありません [続きを読む]
  • 十二運 建禄
  • 今日は十二運の建禄です。建禄の禄とは「禄を食む」の禄で、成人した人が独り立ちした姿を現しています。そして主君に仕える意味にもなります。前回の冠帯はまだ生意気盛りの若者に対して建禄は一人前の大人を意味します。十二運中、一番勢いのある星ですので建禄が月日の柱にあって、運勢命式が調っている人は大いに発展しますので精進努力の甲斐もありますが、運勢が調わない人はその逆に物事を感情に任せてやりすぎて大失敗(失 [続きを読む]
  • 十二運 冠帯
  • 本日は十二運の冠帯です。冠帯は成人になった時期、そして独り立ちする意味を持ちます、しかし、まだ本当の大人ではなくて現在ならば大学生という時期でしょう。まだまだ青二才な面もあって大人になり切れていない時期を表していますので、冠帯が命式中に二つ以上ある人はちょっと自分を大きく見せようとする自慢めいた傾向があって、他人からの評価がそのために下がってしまいます。イメージとしては生意気盛りの青年といったとこ [続きを読む]
  • 十二運 沐浴
  • 暫く体調が優れずにブログからも遠ざかっていました。久しぶりの本日は十二運沐浴の説明です。沐浴はまさに母の胎内から生れ出たその瞬間を意味していますので、生れ出る喜びと今後の長い人生の苦しみの始まりとなりますので吉凶両面の作用が出てきます。そして沐浴の特徴は迷いが出ることです、悪い言い方をすれば優柔不断というのでしょうか。それでもその悪癖を改善して事に臨めば万事ことはうまく運び、それが開運法の一つにな [続きを読む]
  • 十二運 長生
  • 十二運の長生の解釈には流派によって若干の違いがあります。「この世に産声を上げて誕生するがなお保育を必要としている。」という流派もありますし、「臨月間近の一番安定した時期」と言い表す流派もあります。当流派では後者を用いています、その理由は次の「沐浴」とは母の胎内から生れ出たその最初に産湯を意味してるからです。そこで、長生は母の胎内で健やかに過ごしてる時期ですので、自分のやりたい事が出来る徳を持ってい [続きを読む]
  • 十二運 養
  • 十二運はこの世に生を受けてから、この世から絶するまでの過程を示しその強さや作用を意味しています。昨日は最初の「胎」を説明しましたので本日は「養(よう)」となります。養は母の胎内で養育されている時期ですので、胎よりは力はありますがそうは強くはない十二運ですが、生命力に溢れていますので悲観するほどの弱さでもない平均的な強さであると言えるでしょう。ご自身の命式表の中に養のある人は、その柱にもよりますが養 [続きを読む]
  • 十二運 胎
  • 十二運の最初の星は「胎」(たい)となります。胎はこの世に生命が宿る瞬間を意味しますので母の子宮の中での最初の姿です。ですので生面を受けたばかりですから実際には力は強くは無くてどちらかと言えば弱い部類の星になります。しかし、物事の最初ですから流行とか先進的な意味が強く表れてきますので胎のある柱に通変星の吉星があればよい意味での先取的な考えをしますが、凶星があれば悪い意味での流行を追って、取り返しのつ [続きを読む]