aki71love さん プロフィール

  •  
aki71loveさん: 夫婦の夜事情
ハンドル名aki71love さん
ブログタイトル夫婦の夜事情
ブログURLhttp://aki71love.blog.fc2.com/
サイト紹介文友人には話せない私たち夫婦の夜事情の話です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 37日(平均3.4回/週) - 参加 2018/01/19 17:15

aki71love さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ついにその日が①
  • その言葉で、私はハッと我に戻りました。避妊もしないで挿入しようとしていた自分に気がついたのです。 相手の女性への心遣いのないその ような行為は、恋人として失格です。 自分の愚かさに気づいた私は、直ぐに行為をやめましたが、しかし、けして落ち込みはしませんでした。 なぜなら、以前は 『最後まではしないで』 と言っていた亜紀が今度は 『避妊さえしてくれれば、してもいいよ。』 と言っていると解釈したからです。 実 [続きを読む]
  • 次の行動
  • しかし、デートのたびにそんな関係が何度も続いていると、私の気持ちの中にしだいにイライラとストレスが溜まってきます。男なら当然のことなのでしょうけど、理性と感情がぶつかり合ってどうしようもなくなるのです。そして、付き合いはじめて5ケ月くらいたった、まだ寒い冬の日曜日の事でした。今、告白すると、実は計画的だったのですが、私は仕事場の鍵を持っていましたので、彼女を誰もいない仕事場に連れて行ったので [続きを読む]
  • その時の心境、その後
  • 亜紀と初めてキスを交わしてから、そこまでに至るまでに、ひと月以上経っていました。それが早いのか遅いかはわかりませんが、私たちは仕事場が同じだったこともあり、土日を含めて週に3〜4回は会っていましたから、多分かなり遅い方だと思いますが、どうなんでしょうか?亜紀は私が初めての男性だったし、凄く真面目な性格なので、私が気を遣いながら徐々に徐々に進めていったのは確かではありますが・・。それでも、それま [続きを読む]
  • 私のアレを④
  • しかし、その目は驚きと恐怖で血走っていたのです。そんな亜紀の口の中に自分のそそり勃ったモノを無理矢理咥えさせる事なんて、やっぱり私には出来ませんでした。私は自分の浅ましさに気づき、慌てて行為をやめて腰を引きました。 しかし、口で出来なかった事で私に悪いと思ったのでしょうか、次の瞬間、彼女は身を乗り出してきて、なんと自分から私の肉棒を握ってきたのです。 それは私にとっては意外な驚きでもあり、また堪らな [続きを読む]
  • 私のアレを③
  • しかし、次のデートの時、亜紀はまるで何もなかったかの様に普段通りに振舞っています。その様子を見て、私はホッと肩を撫で下ろしましたが、彼女は自分なりに吹っ切れたのでしょうか。亜紀の中で一体どんな変化があったかは計り知ることは出来ませんが、それにしても女性の心理ってよく分からないものですね。そして、辺りは暗くなり、私はいつも車を停める山の中腹の空き地に向かいました。当時私は、人目につかずにイチャイチャ [続きを読む]
  • 私のアレを②
  • それに触れるのは初めてとはいえ、彼女だって男性器に興味が無かったはずはありません。私は彼女の小さくて柔らかい手を上から包み込んで、一緒に前後に扱き始めました。亜紀は最初は顔を逸らしながら、嫌そうな顔をしてやっていましたが、その内に私のペニスをじっと見つめながら自分で動かし始めたのです。『そう、そう、それで良いんだよ。』そう言って、私は握っていた彼女の手を離しました。すると亜紀は自分一人だけで私のア [続きを読む]
  • 私のアレを①
  • さて、それではまた前々回の続きに話を戻そうと思います。その日から私は亜紀と会う度に、ひと気のない藪の中や丘の上や、誰もこないだろう貯水池などに車を停めて、激しく愛し合いました。と言っても、ディープキスから始まって乳房の愛撫をし、それから下半身へ移り、そこを暫くさわさわした後、壺に指を少し挿入して摩り、それで終了する、というお決まりのパターンを続けていた訳です。つまり、アレの挿入のギリギリの所までで [続きを読む]
  • イチャついていた時のエピソード
  • 少し過激な内容が続きましたので、この辺で小休止して、車の中でイチャイチャしていた時に遭遇した、ちょっとした事件を紹介したいと思います。前にも書いたように、私達は人目に付かない場所に車を停めて、前回まで、あるいはこの後書くような行為をしていたのですが、まず山の中腹にある、カップルの車が集まる空き地でのことを書いてみたいと思います。その場所は、5メートルずつ間隔を開けて車を停めても、7.8台は停められる [続きを読む]
  • ギリギリの行為④
  • 彼女の膣の中の感触はヌルっとしていて、しかも柔らかい肉襞によって指が強く締めつけられます。(いつかこの中に自分のペニスが収まるのだ)そう思うと、もう私の肉棒はギンギンに興奮してきて、我慢の限界に達しました。私は彼女の中に少し入っている指をさらに奥に進めようとしました。しかしその時、 目をしっかり閉じて顔をしかめ、必死で我慢している亜紀の顔が目にはいったのです。 さすがに私はそれ以上の行為は躊躇してしま [続きを読む]
  • ギリギリの行為③
  • (今なら大丈夫だ)心の中でそう呟いて、私はさらに溝の中に指を押し込み、手探りで入り口の窪みを探して、そこに中指を当てがいます。 すると、そこは随分柔らかくほぐされているように感じました。(よし!)私は躊躇なく中指の先を立てて力を入れながら、ゆっくりと彼女の蜜口に押し込もうとしました。 しかし彼女は緊張して力が入っているのか、脚を閉じようとして抗います。(亜紀は生理用品にタンポンを使っていたので、 [続きを読む]
  • ギリギリの行為②
  • それから数日後、仕事帰りに彼女を誘って、ひと気のない河原の茂みの中に車を停めました。あたりはもう真っ暗になっています。何時もの様に私は助手席の座席を倒して亜紀とキスを始めました。舌を絡めると彼女もそれに答えてきます。胸への愛撫にも抗う事は有りません。私は彼女の尖った先端を左手の指で摘みながら、右手でスカートのホックを外してファスナーを下ろします。亜紀は目を瞑り口を半開きにして、私の愛撫を気持ち良 [続きを読む]
  • ギリギリの行為①
  • 私は柔らかい膨らみの間に指をすべらせ、夢中で溝とその周辺を摩り上げました。しかし、女性の一番敏感な突起の存在は知っていたものの、当時私はそれが彼女の何処にあるかもわからずに、ただ溝の中に指をすべらせ、2本の指で摩っているだけでした。 前にも書きましたが、その時私は亜紀より少しは経験があったとは言え、それは薄暗い中での女性主導で、実際女性器をまじまじと見る事も無いし、どこの位置に何があるかなんて考えて [続きを読む]
  • 次の段階②
  • しかし、そこまでやってて男として途中て止める訳にはいきません。(じゃあ、逆にペニスの挿入以外だったら何をしてもいいのだ)と思い直した私は、亜紀のブラのホックを外して胸からブラジャーを取り除きました。綺麗な乳房の全部が私の目の前に晒されます。『あ〜っ』すると、溜め息混じりの小さな声を上げた亜紀の顔は、見る見る赤くなっていき、両手で顔を覆う様な仕草をして恥ずかしがっています。 本当に彼女はウブな女性な [続きを読む]
  • 次の段階①
  • キスをすると、男は次を次をと考えてしまう動物なのです。 当時は大抵、車でドライブデートをしていたので、今からお話しするほとんどの行為はすべて車の中の出来事です。 次のドライブデートでは、私は車を脇道に走らせ、誰もいない空き地に車を止めました。亜紀も今から何をされるのかは分かっているようで、黙って俯いたままにしています。『亜紀さん、』私の呼びかけに彼女が顔を上げた瞬間、私は彼女の唇に吸い付きま [続きを読む]
  • 初めてのキス
  • それから時間が経つにつれて、私と亜紀はだんだん仲良くなっていったのですが、好意を持っている関係から男女の関係に移るステップは、職場の目がある手前、なかなか難しい状況でした。しかし、ある事がきっかけとなって、私達は急激に接近することになりました。その日から、私達は二人だけのデートを数回重ね、ある日、ついに唇を重ねる日が来ます。それは、真夏の暑い日の日暮れ時の事でした。私は亜紀を自分の車に乗せて郊外に [続きを読む]
  • 妻との出会い
  • 妻(亜紀)との出会いは私が24歳、亜紀が22歳の時です。亜紀は社会人1年になった年で、私達は同じ職場の仕事上の付き合いで知り合いました。 最初に彼女を見た時、私は(何て綺麗で(可愛い)魅力的な女性なんだろう)と思いました。身中に電流がはしった、と言うのは、まさにこの事だと思います。つまり、私は彼女に一目惚れをしてしまったと言うわけです。それほど美人(可愛い)で凄く魅力的な女性でしたから、当然彼女を狙ってい [続きを読む]
  • 二人の恋愛事情
  • まずは、妻(亜紀)との出会いからお話ししていきたいと思いますが、その前に二人の恋愛事情からお話ししたいと思います。 私は学生時代はどちらかと言えばモテる方だったと、自分で勝手に思っているのですが、一方で真面目でとてもシャイな若者でもありました。軽く付き合った女性は何人かはいましたが、当時はセックスまでいかなくてもデートしたり二人で過ごすことを、付き合うと思っていたのです。そして思う人には思われず、思 [続きを読む]
  • 初めての投稿
  • 初めて投稿します。宜しくお願いします。 今日から書き始めたいと思います。拙い文章で読みにくいと思いますが、どうか我慢してお付き合いください。 私達夫婦は結婚して〇〇年になる熟年夫婦ですが、未だにラブラブ夫婦なのです。別に自慢しようと思っている訳ではありませんが、自分達が普通なのか、それとも変なのかがわからないのです。周りではセックスレスとか、あるいは盆と正月だけとか話している夫婦もいる中で 、私 [続きを読む]
  • 過去の記事 …