careforjapan さん プロフィール

  •  
careforjapanさん: 株式会社CareForJapanのまじめなブログ
ハンドル名careforjapan さん
ブログタイトル株式会社CareForJapanのまじめなブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/vzcare/
サイト紹介文※まじめにふざけます。
自由文CareFor(ケアフォー)は介護を求めている「リクエスター〈仕事依頼者〉」と、仕事の空き時間を使って介護をしたい「ケアスター〈介護者〉」を結びつけるマッチングサイトです。 CareForで副収入を得ることで、より充実した日常生活を送れる介護士を増やすことを目指しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 302日(平均1.2回/週) - 参加 2018/01/19 17:29

careforjapan さんのブログ記事

  • ケアフォーブログ第51回 【笑顔の基本】
  • 人と接する事なく出来る仕事というのは限られています。お客さんだけでなく仕事仲間との関係を円滑にする為にも、笑顔は重要なビジネス上のスキルの一つです。相手が社内の後輩であったとしてもぶっきらぼうにと言うより笑顔を添えてと言った方が、頼まれた方も気持ちがいいものです。笑顔を添えた方がいいのは何かを頼む時だけに限りません。笑顔は、ミスをした時にも有効です。と深刻に伝えると、相手も「なんだと!」と思わず声 [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第50回 【議事録の書き方の基本】
  • 会議や商談において、議事録を残しておく事は非常に大事です。後になって責任の所在が分からなくなってしまわないようにする必要があるのです。きちんと文書として、記録しておきましょう。他社の人を招いて、共同プロジェクトの会議をする際などは特に議事録を残しておいた方が良いものです。始まってすぐの時間帯は当然、なごやかに会議も進みます。しかし、時間の経過と共に先方の提案に納得がいかない部分も出始めます。うっか [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第49回 【エレベーターでのマナー】
  • エレベーターに乗る際もマナーがあります。自社のエレベーターに来訪者と乗り合わせる時には「お先どうぞ」と必ず来訪者が先に乗ように促します。先に乗り込んでもらいそして自分が後から乗り込み、操作板の前に立ち、操作をします。来訪者に行き先ボタンを押させるのはマナー違反です。しかし、もしかしたらボタンを押したい人かもしれません。必ず「押します?」と聞きましょう。「結構です」と断る人が大多数です。しかし、日本 [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第48回 【効果的な求人広告の写真】
  • このブログの読者の中には、求人広告を出す担当の方もいるかと思います。しかし、非常に素っ気ない、どんな職場なのかが分かりにくい求人広告が多いのが現状です。折角、求人広告を出す以上は効果的なものであるべきです。よく見掛けるタイプの写真ですが、これだけでは伝わりが弱いです。これは非常に伝わりやすいです。見た人が「あぁはいはい、その手の奴がいる職場ね」と感じる求人写真の方が誠意があります。実は、応募が集ま [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第47回 【喫煙のルール】
  • 喫煙のルールは職場によって異なります。しかし、最低限のマナーのようなものは共通してあります。まず、勤務時間内に頻繁に席を外して喫煙所に行き、タバコを吸うのはよくありません。喫煙所に行く事もなく仕事に励んでいる人もいるのです。「同じ勤務時間内なのに何故あの人は一服しに行っていい事になっているんだ…」と非喫煙者の人は思う事でしょう。自分の席で吸いましょう。吸いながら仕事をしていると非常に集中しているよ [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第46回 【初任給の受け取り方】
  • 初任給は会社に入り、初めてもらう給料です。片手でもらうような雑な受け取り方をしてはいけません。うやうやし過ぎるほどにうやうやしく受け取りましょう。うやうやしく受け取る姿を見ると上司も嬉しくなるものです。可愛がられる部下及び新入社員でいましょう。嬉しさのあまり給料袋を抱きしめてみたり給料袋に頬ずりをしてみたり給料袋にキスしてみたりしましょう。上司もご満悦です。ツイッターにわざわざ投稿するのも新社会人 [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第45回 【つり革の基本】
  • 通勤や帰りの電車内で、つり革を握る際にもルールは存在します。きちんとルールを守ってこその社会人です。多くの人が握る為、輪っかの部分をきちんと握らない人が多いです。確かに、沢山の人が握った部分を握る事に抵抗がある人もいるでしょう。少しズレた位置を握ったり手のひらが触れないようにする人を見掛けます。しかし、中途半端な握り方はみっともない印象を周囲に与えます。消毒をして、きっちり握りましょう。時折、つり [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第44回 【人の名前が思い出せない時の対処法】
  • 面識がある人の名前を忘れるというのは社会人失格です。見覚えはあるけど名前が思い出せない人とばったり会った時の対処をお教えします。こう伝えると先方もと名刺をくれる事があります。相手の名刺を見て、名前を確認するのです。しかし、相手が名刺をくれないケースもあります。他の手段としてと聞き、相手がと返答したらと言う手もあります。これは田中角栄元首相が使っていたテクニックです。便利なのですが、既に多くの人が使 [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第43回 【通勤電車内のマナーの基本】
  • 通勤電車内でのマナーは大切です。電車内で音楽などを聞きながら通勤する人もいるでしょう。しかし、イヤホンからの音漏れが周囲の迷惑になっているケースがあります。周囲に気遣いが出来ない人というのはビジネスパーソン失格です。周囲の人に耳栓を配布しましょう。時折、新聞を広げて読んでいる人がいますがマナー違反です。畳みましょう。畳めるところまで畳みましょう。広げてみた時にしわくちゃになるまで畳んでこそ気遣いの [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第42回 【合コンの基本】
  • 合コンは社会人としての資質が試される場です。合コンでは、まず自己紹介が求められます。きちんとと所属している会社名を名乗りましょう。 そして、合コンに来る女性というのは「この人は会社ではどういう業務をしている人なのだろう?」と気にするものです。と、どういった業務に携わっているかを発表しましょう。更に具体的にどういう会社なのかを説明します。極力、長く喋りましょう。こういった自己紹介をすると、女性達は「 [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第41回 【パワハラ対策の基本】
  • パワーハラスメント(パワハラ)は、職場内での優位性を後ろ盾に、精神的または肉体的苦痛を与える行為です。仕事上必要な範囲を超えた叱責などが該当しますが、明確なガイドラインがない職場も多く、無自覚にしてしまうパワハラも多いようです。相手に訴えられてしまえば、土下座をしても謝罪会見を開いてもお金を積んでも許してもらえる保証はどこにもありません。逆にしらばっくれても「てへへ…」とおどけてみせても許してもら [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第38回 【ヒゲの基本】
  • 社会人として働く以上は、男性であれば毎朝ヒゲを剃る必要があります。中途半端にヒゲを生やした状態で出社するのは考えものです。しかし、中にはヒゲを蓄えたいと考える人もいるでしょう。会社や職種によってその許容範囲は様々です。自動車などの整備をする人は、むしろヒゲを生やしておいた方がいいでしょう。つるんとした顔をしているよりは、ヒゲを蓄えている方が『いい仕事をしそう』な気配が出ます。しかし、お洒落なヒゲは [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第37回 【朝礼の基本】
  • 朝礼を実施する企業があります。しかし、ダラダラと習慣化しているだけの朝礼は嫌われます。特に会社のスローガンを大きな声で復唱するなどは非常に嫌われます。やなどです。これは【仕事が始まる】という【スイッチ】を入れる効果が期待されての事でもあります。しかし、大きな声を出す事で仕事へのスイッチを入れているだけなので内容としては何を言っていてもいいのです。でもいいですしと始業時刻を言っているだけでもいいです [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第36回 【オフィスカジュアルの基本】
  • オフィスカジュアルは、フォーマルなスーツを軸として、それよりはややくだけたファッションを意味します。取り入れる企業も増えましたが、基準が曖昧でどこまで許容されるのか分かりにくいという声もよく聞きます。普段の着ているスーツとワイシャツからネクタイを外すだけだとややだらしない印象を持たれがちです。オフィスカジュアル用のジャケットを準備しておくとネクタイを外しただけよりそれらしく見えます。もしくは上にジ [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第35回 【電話口での漢字の伝え方】
  • 電話口で名前の漢字表記を伝える事があります。「宮下」であればなどと伝えます。「古舘」であればなどと伝えます。と、多少時間がかかったとしてもこのぐらいであれば、それほど難易度として高くはありません。どうにかなります。電話口で困るのが『サイトウ』です。『サイ』の種類があり過ぎて伝えるのが非常に困難です。例えば『齎藤』さんの場合。と伝えたとしてもと、相手が『齎』に『もたら(す)』という訓読みがある事を知 [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第34回 【暑中見舞いの基本】
  • 暑中見舞いは夏の暑い盛りに、日頃お世話になっている人の家を訪問したり、手紙を出す風習です。現在は、わざわざ訪問する事は少なくなり、手紙だけのやり取りとなる事が多いです。手紙を送る時期は、7月7日頃から8月7日頃までという説と、夏の土用の時期である7月20日頃から8月7日頃までという説があります。もしくは、梅雨が明けてからという説もあります。このように諸説あるものに関しては結局のところ、時期が大幅にズレてい [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第33回 【メモの残し方の基本】
  • 仕事で言付けを頼まれた際は、きちんとメモを残し、相手に正確に伝えなければなりません。電話で言付け頼まれる時は、利き手にペンを持ち、利き手側の耳に利き手じゃない方の手で持った受話器をあてがい、用件を聞きます。この姿勢で聞かないと、デキる人に見えないので正しい伝言を伝えても信用してもらえないのが社会人です。スケジュール帳を片手にメモを取っているとよりデキる感じになります。「今度、飲み会でも…」が用件で [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第32回 【飲み会の基本】
  • 社会人に付き物である、飲み会のルールを把握しておきましょう。ビールをお酌する時は、瓶のラベルが上向きになるようにして注ぎます。しかし、自分がお酌をされる側の時、ラベルが下になっていたからといってその事を指摘するのは失礼にあたります。わざわざお酌をしてくれているのですから。「自分がする側の時は気をつけなければならないが、人には指摘しちゃいけないルールってなんだ?」そう感じるかもしれませんが、社会人の [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第31回 【お中元の基本】
  • 7月はお中元のシーズンです。お中元は日頃、お世話になっている人に贈るものです。ただ、何を贈ると喜ばれるかに頭を悩ませる方も多いとは思います。例えば新鮮な桃しかし贈られる側からすると、それが何人もの人から同時に沢山届くと食べきれず、かといって冷蔵庫にも入りきらず、困ってしまいます。ぶどうメロンさくらんぼも同様の理由で困ってしまいます。「わ〜珍しいビワだ!」と贈られた時は思ってもよく考えたら日持ちしな [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第30回 【クッション言葉の基本】
  • クッション言葉は、人に何かを依頼したり、あるいは依頼を断ったり、反論を述べる際などに、言いたい事の前に添えて表現を柔らかくする為のものです。ビジネスの現場ではよく使われます。やの《恐縮ですが》、《あいにくですが》がクッション言葉にあたります。商談後になかなか帰ろうとしない他社の人がいるとします。しかし、まさか「早く帰れ」と言うわけにはいきません。と遠回しに聞く事によって、お客様に不快な思いをさせず [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第29回 【スケジュール管理の基本】
  • 仕事のスケジュールを自分できちんと管理できてこそ真の社会人です。最近では、スマートフォンのカレンダーでスケジュール管理をしている人が多いようです。しかし、仕事中にスマホをイジっていると、スケジュールをチェックしているのか、ゲームをしているのか、周囲の人からは非常に分かりにくいものです。年配の上司ともなると尚更、快く思わない可能性が高いです。「何、仕事中に携帯なんぞイジっているんだ」と。ここはやはり [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第28回 【社会人としての『父の日』の正しい過ごし方】
  • 6月の第3日曜日は父の日です。父の日は、母の日に比べて非常に存在感が薄いです。しかし、日頃の感謝を込めて盛大に祝ってしかるべきです。普段、借りないような会場を貸し切って盛大にお祝いしましょう。お父さんに直接聞けば「いいよ父の日なんて普通に過ごせば」と言います。しかし内心では、盛大に感謝の気持ちを表してほしいに決まっているのです。大きな会場を押さえましょう。料理も奮発しましょう。しかし、どれだけお父さ [続きを読む]
  • ケアフォーブログ第27回 【傘の持ち歩き方】
  • これから本格的な梅雨のシーズンを迎えます。当然、傘を差す機会が増えます。そして雨がやんだ後に、傘を閉じて持ち歩く機会も増えますが、傘の持ち方がなっていないとビジネスパーソン失格です。電車内などで鞄と共に傘を肘に掛けている人がいます。しかし、これでは周囲の人に傘の先端が当たりやすくなります。大変、迷惑です。やめましょう。地面と傘が平行になる持ち方は、後ろを歩く人にぶつかる危険性があります。小さなお子 [続きを読む]