みずき さん プロフィール

  •  
みずきさん: 夫が死んだら、こうなりました
ハンドル名みずき さん
ブログタイトル夫が死んだら、こうなりました
ブログURLhttp://komatsuna.hatenadiary.jp/
サイト紹介文2017年12月に夫を大腸がんで亡くしました。いろいろやりたいことあったのにね。立ち直るための記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 24日(平均2.6回/週) - 参加 2018/01/19 18:09

みずき さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 追善
  • 夫はとある分野では、とても有名…いや、必要とされている人物だった。ものすごくコアな分野ではあるけれど、彼がいなくなるのは大きな痛手であった。死んでしまう前にも、それは私の中でわかっていることだった。でも、死んでなお、そのことを強く実感させられた2ヶ月であった。たくさんの方がSNSやブログで追悼いただいた。そして、先日のイベントにご出演いただいた方から、今日は手紙が届いた。追善の気持ち。そうな [続きを読む]
  • SAIKON・・・?!
  • 悲しんでいる暇はない。そんな先週を過ごしました。夫が生きているときに一緒にやっていたイベントが、この土曜日に開催だったので、その準備に追われていました。たくさんの方のご協力でどうにかこうにか無事終了。ありがたくて涙が出ます。この涙は、感激の涙ですが。そんな中、我が家の娘の様子がちょっと変になり、病院へ行ったり検査したりも重なって、ちょっとしんどい私です。いや一番しんどいのは当の本人でしょう [続きを読む]
  • エンディングノート
  • 大好きな映画があります。「エンディングノート」と言う映画です。「これは、あるひとつの家族の物語。誰にでも訪れる最期の物語。」映画監督である砂田麻美さんが、自身の父親のがんが発覚してから、亡くなるまでの記録。いわゆる、ドキュメンタリーです。こう書くと、なんかお涙頂戴的な映画に聞こえるかもしれませんが、なんの。お父様も、そして監督本人も、ご家族も、皆さんとても素敵な楽しいキャラクターで、温かい [続きを読む]
  • 12月5日
  • タイトルは夫の命日です。12月2日には、入院していた病院まで見舞いに来てくれた若い人と、仕事の話を小一時間ほどしました。あの時、まさか3日後にいなくなるなんて、誰が想像したでしょう。昨年2017年の夏から、骨転移の痛みに悩まされてました。骨へがんが転移した痛みって、どんな痛みなんでしょうか。私には全くわかってあげられなかった。何度か「どんな痛み?」って聞いたんだけど、「言葉にできない痛み」としか表現し [続きを読む]
  • ただいま。そして、さようなら。
  • 最初にお知らせ。にほんブログ村の登録カテゴリーを変更しました。「結腸ガン」のカテゴリーにも少し引っ掛けていたんですけれど、よくよく考えてみれば、今現在がん治療中の方に読んでいただくには不適合かなと思って、そのカテゴリーからは外しました。夫はがんを克服できずに亡くなってしまいましたが、世の中にはたとえステージⅣであっても克服する人はいるらしいので、現在治療中の方には希望を失ってもらいたくないと思い [続きを読む]
  • 財布の中身
  • お気に入りの財布のメーカーがあります。メーカー名はアイソラ。とても使いやすいので、おススメですが、大きいので鞄を選びます。上は5年ほどの古株さん。下は今回新しくやってきた新人さん。ちょっと派手ですが、気分を変えたくて。これから私のお金をよろしくです。お財布の中身を引っ越しさせていたら、でてきました。夫がポートを付けて、抗がん剤をそこから入れていくという治療を開始する時に、本人である夫と [続きを読む]
  • 手懐けてみる
  • 昨日、にほんブログ村に登録したからでしょうか。閲覧数がいきなり伸びてます。ご覧いただいている皆さま、ありがとうございます。夫は2年前、腸閉塞を起こし緊急入院、横行結腸がんの肺転移のステージⅣという形でがんが発見されました。その後、手術を受け、抗がん剤治療をし、食事の内容を見直し、毎日ウォーキングしたり、それはそれは語り尽くせねほど様々なことに取り組みました。効果の程は正直わかりません。いろいろ [続きを読む]
  • 引き継いだと言えるのか
  • 実は、夫と私、とあるイベントを地元で企画して、2ヶ月に1回開催してました。ていうか、今もやってます。夫が企画し形にしてきたイベントです。退職後の趣味?生きがい?そんな感じにしたいって言ってました。全く儲けていないので仕事に出来る感じではないのですが、もう5年続いていて、お客さまも楽しみにしてくれています。私はお客様や対外的なこと担当で、夫がイベントの裏担当って感じでしたが、裏で牛耳っていたおじさんは [続きを読む]
  • 夫が死んで、約15日が経ちました
  • やっぱりブログを始めてしまいました。どうも気持ちを吐き出す場がなくて。友達や親類にも言えないことが言える場が欲しかったので。つい最近、夫を亡くしました。まだ50代でした。2年間の闘病。闘病って表現、あんまり好きじゃないけど、夫は確かに闘ってたから、いいのか。2年もあれば、覚悟ができそうでしょ?それがそうでもなくて、悲しみは波のように予期せぬ形でやってくるのです。こんなに辛いとは思わなかった。あま [続きを読む]
  • 過去の記事 …