みずき さん プロフィール

  •  
みずきさん: 夫が死んだら、こうなりました
ハンドル名みずき さん
ブログタイトル夫が死んだら、こうなりました
ブログURLhttp://komatsuna.hatenadiary.jp/
サイト紹介文2017年12月に夫を大腸がんで亡くしました。いろいろやりたいことあったのにね。立ち直るための記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 106日(平均1.3回/週) - 参加 2018/01/19 18:09

みずき さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ブログを引っ越します
  • なんとなく以前から考え言えたのですが、ブログを引っ越します。感情の赴くまま書いてきたこのブログでしたが、ここに来て、もっとしっかり記録しようという気持ちが大きくなってきました。とは言っても、私のやることですから(^^;)そんなに几帳面にきっちりやるわけじゃない・・・って今から予防線張っていますが。そんな訳で、ペンネームも変更しての出直しです。引っ越し先は、https://note.mu/utsuboです。次のブログ [続きを読む]
  • 探し物はお墓です
  • 先に謝っておきます。お酒飲んで酔っ払ってます。文章がヘンでも、お許しを。今日、ひとりで近隣の霊園を回りました。夫のお墓探し、開始です。夫の実家は、今私たちが住む家からかなり遠方にあります。もちろん同じくお墓も遠方です。それも理由の一つなんですが、なんとお墓が満員御礼状態で、もう誰も入れません!みたいな。てことで、夫が入るお墓を探してます。私たちの家は、東京の都下にあります。いわゆる [続きを読む]
  • 未来の私
  • 最近、更に悲しみが強くなって、困ってます。せっかく冬が終わったのに。冬が終われば、気分も少しずつ変わると思ってたのに。夫が残した仕事があると、以前の記事に書きました。7回のうち3回が先日無事終了しました。残りの4回も年内には全て終了予定です。そうなると、いよいよ私の今後を考えねばならなくなります。未来の私はどうなるのでしょう。夫と結婚して子どもが生まれるまでは、いわゆるマスコミ系の仕事 [続きを読む]
  • もう行かない
  • 今日が最後だったと思う。夫がお世話になった病院へ行くのは。夫が私たち家族に遺してくれた、いくつかの保険申請に必要な診断書のやりとりで、夫が亡くなった後も、数回その病院へ行かねばなりませんでした。今日も、先週担当医にお願いしておいた診断書がが出来上がったと連絡があり、それを取りに行ってきました。これが最後の診断書申請だったと思うので(忘れているものがなければ)やっとあの病院へ行く用事はなくなりま [続きを読む]
  • 季節が変わっても
  • 伊集院静さんの「いろいろあった人へ」という本を読みました。いろいろあった人へ 大人の流儀 Best Selection作者: 伊集院静出版社/メーカー: 講談社発売日: 2018/03/14メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る伊集院さんほどの人でも、そうなるのか。というか、人ってそんなもんだし、みんな悲しみや苦しみを抱えながらも、何食わぬ顔して生きているんですよね。ただ、何食わぬ顔が出来るようにな [続きを読む]
  • 私もやります
  • いやー、春を感じて買った帽子、私がかぶると農作業中のおばちゃんにしか見えないという事実に愕然としている今日この頃です。そんなことはどうでもいいのですが。最近、ちょっと暗めの記事が続いたので。(この内容で明るめってこと自体があり得ないと思うけど)とうとうやることになりました。わかる人にはわかる、わからない人にはわからない(当たり前)実は、年明けからたまに出血がありまして。 [続きを読む]
  • 最期の言葉
  • 小林麻央さんが最期に「愛してる」という言葉を残したという話。医師の中にはそれを懐疑的に見ている人がいるという。そんなこと、言えたはずないということだそうで。在宅の診療をしている医師にしてみれば、そういう最期の言葉をしっかり残してこの世を去る方は、それなりにいらっしゃるとのこと。夫は結局、家に帰ることが叶わず、病院で息を引き取りました。確かに最期は息をすることだけでも辛そうで、言葉を残すど [続きを読む]
  • ワックスが捨てられないワケ
  • 毎日小さな喪失感に襲われながら暮らしてますが、今日は、洗面所の片付けの時に襲われました。「あ、こういうことやると思い出す」みたいなことじゃない時、例えば、遺品整理している時なら、そういう気持ちになることは覚悟の上なので、まあ仕方ないし諦めて泣きながらやるわけですが、暮らしの中に紛れ込んでいる「夫の痕跡」の発見には、かなりの打撃を食らいます。今日の洗面所の片付けで発見したのは、夫愛用のワック [続きを読む]
  • 100日経過
  • こんなに悲しいことで何日経ったか指折り数えることって、なかなかない。夫の死から百日が経ちました。四十九日は数えなかったんです。葬儀社の方が教えてくれたからってこともあるんですけど、あまりにあっという間で、数える間もなかったし、数える気力も無かった。今回は、誰も教えてくれなかったし、死んですぐより時間はあるので。しかしですね・・・バタバタした直後より、今の方がずっとキツイです。死んですぐは、本 [続きを読む]
  • おかあさんだから
  • 散々放置した後に、この炎上風タイトルはどうなの?と思いつつ、適当なタイトル思いつかなくて。ブログを始めてはみたものの、ただただ悲しいとかつらいとか書き続けるのって、どうなの?…と、思ったり、子ども達の精神的な支えにならなきゃ!と、強がってみたりしていたら、ブログ自体、やめた方がいいのかもしれないなあという気持ちがふつふつと湧いてきて、しばらく距離を置いてしまいました。先日、夫のこと [続きを読む]
  • 追善
  • 夫はとある分野では、とても有名…いや、必要とされている人物だった。ものすごくコアな分野ではあるけれど、彼がいなくなるのは大きな痛手であった。死んでしまう前にも、それは私の中でわかっていることだった。でも、死んでなお、そのことを強く実感させられた2ヶ月であった。たくさんの方がSNSやブログで追悼いただいた。そして、先日のイベントにご出演いただいた方から、今日は手紙が届いた。追善の気持ち。そうな [続きを読む]
  • SAIKON・・・?!
  • 悲しんでいる暇はない。そんな先週を過ごしました。夫が生きているときに一緒にやっていたイベントが、この土曜日に開催だったので、その準備に追われていました。たくさんの方のご協力でどうにかこうにか無事終了。ありがたくて涙が出ます。この涙は、感激の涙ですが。そんな中、我が家の娘の様子がちょっと変になり、病院へ行ったり検査したりも重なって、ちょっとしんどい私です。いや一番しんどいのは当の本人でしょう [続きを読む]
  • エンディングノート
  • 大好きな映画があります。「エンディングノート」と言う映画です。「これは、あるひとつの家族の物語。誰にでも訪れる最期の物語。」映画監督である砂田麻美さんが、自身の父親のがんが発覚してから、亡くなるまでの記録。いわゆる、ドキュメンタリーです。こう書くと、なんかお涙頂戴的な映画に聞こえるかもしれませんが、なんの。お父様も、そして監督本人も、ご家族も、皆さんとても素敵な楽しいキャラクターで、温かい [続きを読む]
  • 12月5日
  • タイトルは夫の命日です。12月2日には、入院していた病院まで見舞いに来てくれた若い人と、仕事の話を小一時間ほどしました。あの時、まさか3日後にいなくなるなんて、誰が想像したでしょう。昨年2017年の夏から、骨転移の痛みに悩まされてました。骨へがんが転移した痛みって、どんな痛みなんでしょうか。私には全くわかってあげられなかった。何度か「どんな痛み?」って聞いたんだけど、「言葉にできない痛み」としか表現し [続きを読む]
  • ただいま。そして、さようなら。
  • 最初にお知らせ。にほんブログ村の登録カテゴリーを変更しました。「結腸ガン」のカテゴリーにも少し引っ掛けていたんですけれど、よくよく考えてみれば、今現在がん治療中の方に読んでいただくには不適合かなと思って、そのカテゴリーからは外しました。夫はがんを克服できずに亡くなってしまいましたが、世の中にはたとえステージⅣであっても克服する人はいるらしいので、現在治療中の方には希望を失ってもらいたくないと思い [続きを読む]
  • 財布の中身
  • お気に入りの財布のメーカーがあります。メーカー名はアイソラ。とても使いやすいので、おススメですが、大きいので鞄を選びます。上は5年ほどの古株さん。下は今回新しくやってきた新人さん。ちょっと派手ですが、気分を変えたくて。これから私のお金をよろしくです。お財布の中身を引っ越しさせていたら、でてきました。夫がポートを付けて、抗がん剤をそこから入れていくという治療を開始する時に、本人である夫と [続きを読む]
  • 手懐けてみる
  • 昨日、にほんブログ村に登録したからでしょうか。閲覧数がいきなり伸びてます。ご覧いただいている皆さま、ありがとうございます。夫は2年前、腸閉塞を起こし緊急入院、横行結腸がんの肺転移のステージⅣという形でがんが発見されました。その後、手術を受け、抗がん剤治療をし、食事の内容を見直し、毎日ウォーキングしたり、それはそれは語り尽くせねほど様々なことに取り組みました。効果の程は正直わかりません。いろいろ [続きを読む]
  • 引き継いだと言えるのか
  • 実は、夫と私、とあるイベントを地元で企画して、2ヶ月に1回開催してました。ていうか、今もやってます。夫が企画し形にしてきたイベントです。退職後の趣味?生きがい?そんな感じにしたいって言ってました。全く儲けていないので仕事に出来る感じではないのですが、もう5年続いていて、お客さまも楽しみにしてくれています。私はお客様や対外的なこと担当で、夫がイベントの裏担当って感じでしたが、裏で牛耳っていたおじさんは [続きを読む]
  • 夫が死んで、約15日が経ちました
  • やっぱりブログを始めてしまいました。どうも気持ちを吐き出す場がなくて。友達や親類にも言えないことが言える場が欲しかったので。つい最近、夫を亡くしました。まだ50代でした。2年間の闘病。闘病って表現、あんまり好きじゃないけど、夫は確かに闘ってたから、いいのか。2年もあれば、覚悟ができそうでしょ?それがそうでもなくて、悲しみは波のように予期せぬ形でやってくるのです。こんなに辛いとは思わなかった。あま [続きを読む]
  • 過去の記事 …