なおと さん プロフィール

  •  
なおとさん: 庭づくり?汚庭からの挑戦状
ハンドル名なおと さん
ブログタイトル庭づくり?汚庭からの挑戦状
ブログURLhttp://diygarden.s1003.xrea.com/
サイト紹介文ゼロから始める庭づくり。DIYでレンガ敷き、石積み花壇、堆肥&くん炭作り、ブロック塀の美化などを
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 271日(平均2.0回/週) - 参加 2018/01/19 20:36

なおと さんのブログ記事

  • 汚ブロック塀の美化プラン―有機塗料の残念な結果を踏まえて
  • 我が庭屈指の残念ポイント、汚ブロック塀の美化に挑む! まずは計画を練りあげて…。ブロック塀用の有機塗料のなれの果ても実況。 これは強敵、大勝負!汚ブロック塀の現状主庭をずらっと囲むブロック塀。その長さ20mあまり。なんとなく安っぽいし、古くさいし、無味乾燥だし、汚れているしで、ホントもう見るだけでゲンナリ。そろそろこやつをなんとかしよう。占有面積が大きいだけに、ここが美しくなれば今後のモチベーション [続きを読む]
  • コンクリート土留めを作る(3)コンクリを流し込む
  • そこには、知らぬ間にチェックしにきた現場監督(?)の確認済みサインが…… 引き続き、コンクリ土留め。前回は鉄筋を設置した。 (休日で、旦那氏が手伝ってくれている)今日はひたすらコンクリを練る。練る。練る。(腰と背中にくる!)ちなみに今回のコンクリは、セメント1、砂2、砂利4で作ってみている。なんとも素人っぽさ漂う表面仕上げ(汗)。ま、いっか。いずれレンガを貼ったり、土に埋まって隠れたりするものね。 [続きを読む]
  • コンクリート土留めを作る(2)鉄筋を仕込む
  • 特別な道具がなくても、それなりに鉄筋を曲げる方法とは… コンクリ土留めの施工現場。前回は型枠を設置した。今回は鉄筋を仕込む。とりあえず、とっつきやすいところから取っつこう。横の鉄筋を2段セットしてみた。コンクリート用の異形鉄筋(D10、長さ5.5m)は、ホームセンターで購入。半分に切って車に積んで持って帰ってきたものだ。ジョイント部分はステンレス針金で縛ってとめている。 両端を掴んでぐっとやっても……曲が [続きを読む]
  • コンクリート土留めを作る(1)うねる型枠で四苦八苦
  • 苦労して作った型枠がいきなり崩壊するという波乱の幕開け。 コンクリ土留めの本丸はここ。水路と敷地の境目だ。地面レベルを水路橋(右)に合わせるためには、20cmほど高さが足りない。ここに土留めを作り、増し土(土の山を崩す)して庭のレベルを均一にしようという計画。当初コンクリブロックを並べて作るのはどうか、とも考えた。しかし、真下に硬い間知石があって、穴をあけて鉄筋を垂直挿しして補強するという手段が素人 [続きを読む]
  • コンクリート土留めを作る(練習編)
  • 初めてのコンクリワークに挑戦。コンクリ圧なめとったらアカンかった…(汗) 今回のバトルフィールド、敷地の東端。 前面道路には傾斜もあり周囲のいろんな工作物のせいで、ちぐはぐしているのが残念ポイント。上辺が水平の土留めを作ってまとめたい。とはいえ、斜めのラインがありすぎて、コンクリブロックによる施工は困難だ。型枠を作って、コンクリを練って、流し込んで作るっきゃない。全く初めてだけど、やってみよう!さ [続きを読む]
  • 酸性土を好むクリをアルカリ土に植える
  • ブルーベリー並みに酸性土を好むクリ。アルカリ大地で育てるために、いよいよリーサルウェポンを投入。  改革してもらおうじゃないの!山栗の植生観察再三グチっているけれど、当地周辺はアルカリ大地だ(pH7.5〜8.0)。今回、栗の木を栽培しようと適性pHを調べたところ、なんと5.5〜6.0。ブルーベリー並みに酸性好きときたもんだ。 土壌の改良方法(農水省HP)5頁よりどうりで、このあたりのアルカリ山では山栗の木を見ないわけ [続きを読む]
  • 高圧洗浄機で汚レンガ道を洗う
  • まさ王ロットの違いに泣く! 目前にたたずむは汚れきったレンガ道……こいつにケルヒャーを食らわしてやりたいんですが、かまいませんね!! 悲報先日、レンガ道の後半部分がやっと完成したと喜んでいたのだけれど……アプローチのレンガ敷き(5)完成!Before&Afterアプローチのレンガ道がやっとこ完成。その道のりを振り返ってみる。レンガが乾いて、衝撃の事実発覚。 何かの日陰になってるわけではない……まさ王を買い足して施 [続きを読む]
  • カーポートを遊ばせない!ワイヤーを張ってブドウ棚を作る
  • カーポート屋根に一人で誘引用ワイヤーを張ってみた記録。 すっかりゴミ屋敷風になってしまった(汗)拙宅のカーポートであるが、庭のかなりの面積を占有している(幅6m×奥行き5m)。庭を余すことなく使い切るというのが、我が庭づくりのコンセプトだ。ここを単なるカーポートとして遊ばせておくなんてこと許されない。屋根を利用して、ブドウ栽培としゃれ込みたい(→見てるだけでわくわくが止まらない!カーポートブドウ実践画 [続きを読む]
  • 3つのポイントで頑丈な石積み花壇を作る
  • 庭を掘るたびに発掘される石、石、石……処分に困るきゃつらを檜舞台に押し上げる! モルタルは不要、石だけでがっちり締まる花壇の作り方とその実践。  ついに出番がやってきたーッ お告げ先日、図書館でアウトドア系の本を物色していたところ、ふと目に留まった一冊。amazon「楽しい山里暮らし実践術」,大内 正伸,学研パブリッシング,2013年,72頁 石が出たら、石垣を作ればいいじゃないつまり、石積み花壇を作ればいいじ [続きを読む]
  • 視覚の暴力!汚庭の現状2018年2月
  • 自らの 辱め 戒めのために、 晒して 記録しておく庭の現状……。 庭づくりを初めてはや4ヶ月。今の庭はどんな様子になったのか。なにしろ、ここに住まってもうすぐ1年になる……すでに感覚が麻痺していて、痛みを感じない今日この頃だ(汗)。ここでひとつ、写真越しに庭を見てみよう。客観的に現実を見つめ直すのだ……。 まずは、軽く、アプローチ兼カーポート付近から。レンガ道が完成したのはいいけど、ふるった庭土が山積み [続きを読む]
  • 深海魚に想いをはせて…キウイフルーツの植え付け
  • それは切なくも鮮烈なオスの物語……などと浸っているところに、悲しい事件が勃発。 早速だけど、キウイフルーツの木(見づらさ申し訳ない)。建築工事の邪魔にならない庭の隅に仮植えし、1年半育苗していたもの。キウイは結実までの年数が短いそうなので、早めに伸ばしておけば、今年の秋からでも収穫できるのでは……というもくろみだった。噂どおりの伸びっぷり。ただし、仕立て計画も何もなく、伸びるにまかせてボサボサ。主 [続きを読む]
  • もはや精神攻撃か!? 根域制限バッグを自作する
  • ぴったりサイズの根域制限バッグを作ろうとするも、あれこれ手こずり、あわや企画倒れ寸前に。失敗と後悔の連続……を追体験できる記録。 根域制限バッグがほしい果樹を植えるべく掘ったアプローチ横の穴。先日の調査で、塩ビ管水道の側に植樹をしても問題ないことがわかった。ついに決着…水道管の側に木を植えてもいいのか悪いのか論争誰もがきっと頭を悩ませる「地中管の側に木を植えてもいいのか?」問題。我が家でも紛糾して [続きを読む]
  • アプローチのレンガ敷き(5)完成!Before&After
  • アプローチのレンガ道がやっとこ完成。その道のりを振り返ってみる。 前回のおさらいアプローチのレンガ道。目地のまさ王が不足し、途中でストップしていた場所だ。あの後、すぐにまさ王を買い足した。けれども、いかんせん今シーズンの寒気猛々しさよ……連日この調子で、氷点下続き(汗)。水分が凍るとなると、セメントワークには向かない(まさ王にもセメント成分あり)。天気予報と睨めっこしつつ、施工できないまま地団駄を [続きを読む]
  • 1本で2度美味しい!暖地桜桃の植え付け
  • 家でお花見をする野望を叶えるべく、桜を植え付ける。が、そこは食いしん坊(笑)、花のみならず実も楽しめる品種をチョイス。生まれ育った家の敷地には、桜の木が10本くらい植わっていた(※ど田舎)。春の一瞬、家の周りがぶわーっと花霞に包まれる。縁側に座ってそれを独り占め。日差しはぽかぽか、花びら舞い散り……なんともいえない春うららの思い出だ。ということで、新居の庭にもぜひ桜を植えようと思い立つ。サクラの木に [続きを読む]
  • 1本で2度美味しい!暖地桜桃の植え付け
  • 家でお花見をする野望を叶えるべく、桜を植え付ける。が、そこは食いしん坊(笑)、花のみならず実も楽しめる品種をチョイス。 生まれ育った家の敷地には、桜の木が10本くらい植わっていた(※ど田舎)。春の一瞬、家の周りがぶわーっと花霞に包まれる。縁側に座ってそれを独り占めする。日差しはぽかぽか、花びら舞い散り……なんともいえない春うららの思い出だ。ということで、新居の庭にもぜひ桜を植えようと思い立つ。サクラ [続きを読む]
  • 庭でフルーツ作るなら!おすすめ栽培指南本
  • 果樹を栽培するため、参考書を探す。探して探して、ようやく見つけた地味な一冊。その内容の濃さにしびれる。 庭を好き勝手できることになって、初めに思ったこと。いろんなフルーツ作りたい! 樹上完熟フルーツやら、市場に出回らないレアなフルーツ……生食はもちろん、ジャムにシロップ、コンポート……想像するだけでニヤニヤが止まらない。ひとまずは参考書を見つけなければ。「家庭で楽しむ果樹大全」的な栽培本を図書館で [続きを読む]
  • ついに決着…水道管の側に木を植えてもいいのか悪いのか論争
  • 誰もがきっと頭を悩ませる「地中管の側に木を植えてもいいのか?」問題。我が家でも紛糾していた議論に、ついに終止符が! 水道工事屋さんに直接きいた情報の備忘録。 水道管の移設工事ここはアプローチ脇に果樹を植えるべく掘っていた穴。(前回↑)前回からちょっとした変化が……実は水道管の位置が設計図と違うことが判明。先日早速やり直していただいたのだ(すでに自力で掘削していたので、工事はものの1時間で済んだ。よ [続きを読む]
  • 高圧洗浄機で汚ブロック塀を洗う(試運転)
  • 汚れたブロック塀をきれいにしたい! ついに購入、あこがれの高圧洗浄機。さっそく試運転してみよう!高圧洗浄機を選ぶ我が家は、古家を撤去した跡地に建っている。その関係で、敷地の二辺を古家時代のブロック塀に囲まれているのだが……うーん、この…汚れてる&威圧感!どうしてこうも人を陰鬱な気分にさせるのか、ブロック塀ってやつはよ……。いずれしっくいを塗ったくってやる! と決めているのだが、その前に洗浄が必要だ [続きを読む]
  • キウイ予定地の整地④(完)―マイルドな根域制限法
  • 将来のことを考えて、果樹の根域を制限しよう。今回はややマイルドな方法で。 今回は、キウイ予定地のつづき。前回は、このくらい土をふるって戻していた。今日も土をふるい、深さ40cmくらいまで埋め戻し、足でしっかり転圧する。転圧しておかないと、ここだけ水たまりになったり、植え付けた苗の根っこがぐらついたりしてNGらしい。さらに、あぜシートで仕切る。キウイは樹勢が強く、伸びて暴れまくるので、根域制限をして落ち着 [続きを読む]
  • これはコスい!堆肥を無料で手に入れる荒ワザ
  • ガーデニングや家庭菜園のベストパートナー「堆肥」。あればあるだけありがたい。幸運にもタダで大量にせしめることに成功したので、その手口をこっそり?ご紹介。 前回は、念願の酸性資材・松葉堆肥を仕込んだ。が、実際に使えるのは2年後だ。2年……遠ッ! 依然、我が庭土はアルカリ過剰のままである(泣)。そこで、松葉堆肥に次ぐ弱酸性資材であるもみ殻堆肥に目を付ける。うーん、もみ殻堆肥! ほしい! しかもアルカリ [続きを読む]
  • 土嚢袋で簡単に!落ち葉堆肥の作り方
  • 堆肥枠不要。コガネムシも予防。切り返しは適当にひっくり返すだけ。土嚢袋で簡単に落ち葉堆肥を作る方法をご紹介。 松葉堆肥を作りたい我が庭がアルカリ土壌と判明し、改良材として酸性の有機資材を探した。結果、松葉堆肥がピートモスに次ぐ酸性であることがわかった。うーん、松葉堆肥! ほしい! しかし市販品はない……となれば自作するしかない。ないものは作るッ それがDIYの精神ッ松葉を入手するには採取の許可をもらう [続きを読む]
  • 耐候性あり!1分で作るネームプレート
  • 書いて消してまた書ける! 紫外線と風雨に耐える! そんな植物用ネームプレートを簡単かつ安く作る方法を考えた。 我が理想のネームプレートもう何年も探しているのに、市販の植物用ネームプレートで、気に入ったものが見つからない。理想に近いものは、値段が高い。値段が安いものは、理想とかけ離れている。理想と値段の折り合いが付く商品がないのだ。いよいよ作るしかあるまい……知恵をふりしぼって考えてみた。 まず、理想 [続きを読む]
  • 酸性資材を探せ!―ピートモスの代用品
  • アルカリ土壌を改良したい! 手頃な酸性資材はないか? そのヒントはツツジ科の植生観察にあり!?アルカリ土壌の改良材硫黄我が庭(含め辺り一帯の土地)がアルカリ土壌であることが判明してから、その改良方法について調べていた。結果、硫黄の粉末が最も強力であることがわかった。硫黄の粉末:土にまぜると、土壌微生物の作用により土が酸性化する。酸性土壌を好むブルーベリー農園などで使われる。【送料無料】土壌改革 (微 [続きを読む]