なおと さん プロフィール

  •  
なおとさん: 庭づくり?汚庭からの挑戦状
ハンドル名なおと さん
ブログタイトル庭づくり?汚庭からの挑戦状
ブログURLhttp://www.diygarden.shop
サイト紹介文ゼロから始める庭づくり。DIYでレンガ敷き、石積み花壇、堆肥&くん炭作り、ブロック塀の美化などを
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 133日(平均3.4回/週) - 参加 2018/01/19 20:36

なおと さんのブログ記事

  • 1本で2度美味しい!暖地桜桃の植え付け
  • 家でお花見をする野望を叶えるべく、桜を植え付ける。が、そこは食いしん坊(笑)、花のみならず実も楽しめる品種をチョイス。生まれ育った家の敷地には、桜の木が10本くらい植わっていた(※ど田舎)。春の一瞬、家の周りがぶわーっと花霞に包まれる。縁側に座ってそれを独り占め。日差しはぽかぽか、花びら舞い散り……なんともいえない春うららの思い出だ。ということで、新居の庭にもぜひ桜を植えようと思い立つ。サクラの木に [続きを読む]
  • 1本で2度美味しい!暖地桜桃の植え付け
  • 家でお花見をする野望を叶えるべく、桜を植え付ける。が、そこは食いしん坊(笑)、花のみならず実も楽しめる品種をチョイス。 生まれ育った家の敷地には、桜の木が10本くらい植わっていた(※ど田舎)。春の一瞬、家の周りがぶわーっと花霞に包まれる。縁側に座ってそれを独り占めする。日差しはぽかぽか、花びら舞い散り……なんともいえない春うららの思い出だ。ということで、新居の庭にもぜひ桜を植えようと思い立つ。サクラ [続きを読む]
  • 庭でフルーツ作るなら!おすすめ栽培指南本
  • 果樹を栽培するため、参考書を探す。探して探して、ようやく見つけた地味な一冊。その内容の濃さにしびれる。 庭を好き勝手できることになって、初めに思ったこと。いろんなフルーツ作りたい! 樹上完熟フルーツやら、市場に出回らないレアなフルーツ……生食はもちろん、ジャムにシロップ、コンポート……想像するだけでニヤニヤが止まらない。ひとまずは参考書を見つけなければ。「家庭で楽しむ果樹大全」的な栽培本を図書館で [続きを読む]
  • ついに決着…水道管の側に木を植えてもいいのか悪いのか論争
  • 誰もがきっと頭を悩ませる「地中管の側に木を植えてもいいのか?」問題。我が家でも紛糾していた議論に、ついに終止符が! 水道工事屋さんに直接きいた情報の備忘録。 水道管の移設工事ここはアプローチ脇に果樹を植えるべく掘っていた穴。(前回↑)前回からちょっとした変化が……実は水道管の位置が設計図と違うことが判明。先日早速やり直していただいたのだ(すでに自力で掘削していたので、工事はものの1時間で済んだ。よ [続きを読む]
  • 高圧洗浄機で汚ブロック塀を洗う(試運転)
  • 汚れたブロック塀をきれいにしたい! ついに購入、あこがれの高圧洗浄機。さっそく試運転してみよう!高圧洗浄機を選ぶ我が家は、古家を撤去した跡地に建っている。その関係で、敷地の二辺を古家時代のブロック塀に囲まれているのだが……うーん、この…汚れてる&威圧感!どうしてこうも人を陰鬱な気分にさせるのか、ブロック塀ってやつはよ……。いずれしっくいを塗ったくってやる! と決めているのだが、その前に洗浄が必要だ [続きを読む]
  • キウイ予定地の整地④(完)―マイルドな根域制限法
  • 将来のことを考えて、果樹の根域を制限しよう。今回はややマイルドな方法で。 今回は、キウイ予定地のつづき。前回は、このくらい土をふるって戻していた。今日も土をふるい、深さ40cmくらいまで埋め戻し、足でしっかり転圧する。転圧しておかないと、ここだけ水たまりになったり、植え付けた苗の根っこがぐらついたりしてNGらしい。さらに、あぜシートで仕切る。キウイは樹勢が強く、伸びて暴れまくるので、根域制限をして落ち着 [続きを読む]
  • これはコスい!堆肥を無料で手に入れる荒ワザ
  • ガーデニングや家庭菜園のベストパートナー「堆肥」。あればあるだけありがたい。幸運にもタダで大量にせしめることに成功したので、その手口をこっそり?ご紹介。 前回は、念願の酸性資材・松葉堆肥を仕込んだ。が、実際に使えるのは2年後だ。2年……遠ッ! 依然、我が庭土はアルカリ過剰のままである(泣)。そこで、松葉堆肥に次ぐ弱酸性資材であるもみ殻堆肥に目を付ける。うーん、もみ殻堆肥! ほしい! しかもアルカリ [続きを読む]
  • 土嚢袋で簡単に!落ち葉堆肥の作り方
  • 堆肥枠不要。コガネムシも予防。切り返しは適当にひっくり返すだけ。土嚢袋で簡単に落ち葉堆肥を作る方法をご紹介。 松葉堆肥を作りたい我が庭がアルカリ土壌と判明し、改良材として酸性の有機資材を探した。結果、松葉堆肥がピートモスに次ぐ酸性であることがわかった。うーん、松葉堆肥! ほしい! しかし市販品はない……となれば自作するしかない。ないものは作るッ それがDIYの精神ッ松葉を入手するには採取の許可をもらう [続きを読む]
  • 耐候性あり!1分で作るネームプレート
  • 書いて消してまた書ける! 紫外線と風雨に耐える! そんな植物用ネームプレートを簡単かつ安く作る方法を考えた。 我が理想のネームプレートもう何年も探しているのに、市販の植物用ネームプレートで、気に入ったものが見つからない。理想に近いものは、値段が高い。値段が安いものは、理想とかけ離れている。理想と値段の折り合いが付く商品がないのだ。いよいよ作るしかあるまい……知恵をふりしぼって考えてみた。 まず、理想 [続きを読む]
  • 酸性資材を探せ!―ピートモスの代用品
  • アルカリ土壌を改良したい! 手頃な酸性資材はないか? そのヒントはツツジ科の植生観察にあり!?アルカリ土壌の改良材硫黄我が庭(含め辺り一帯の土地)がアルカリ土壌であることが判明してから、その改良方法について調べていた。結果、硫黄の粉末が最も強力であることがわかった。硫黄の粉末:土にまぜると、土壌微生物の作用により土が酸性化する。酸性土壌を好むブルーベリー農園などで使われる。【送料無料】土壌改革 (微 [続きを読む]
  • キウイ予定地の整地③―粘土土壌のほぐし方
  • 通気性・排水性が悪いネッチャリ粘土。改良材を混ぜてサラサラにしよう。効率的な方法を考えた。 前回までのおさらい敷地の北端は、キウイフルーツの壁面仕立てを予定している場所。こういう石がゴロゴロ出土した地点だ。前回は、このくらいまで掘っていた。果樹の植え穴としては十分かなとも思った。が、なんか嫌な予感がするので、もうちょっと掘ってみたら……やっぱ出てきた巨石群! 戦国の世ならば築城に使えそうな石がゴロ [続きを読む]
  • 土壌pHを測る→ショッキングな展開に!
  • 試薬で我が庭のpHを測る。意外な結果に悶絶……あー、危なかった!  pH(ペーハー)とはご存じ、酸性・アルカリ性を示す値。高すぎても低すぎても作物が育たない。作物ごとに適正pHは多少ばらつきがあるものの、ほとんどの作物がpH5.5〜6.5(弱酸性)の土を好む。このpH帯では土壌養分がよく溶けるからだそうだ。引用元:「月刊現代農業2017年10月号」,72頁,農文協引用元:「月刊現代農業2017年10月号」,73頁,農文協一般的に [続きを読む]
  • アプローチのレンガ敷き④―目地にまさ王を入れる(前編)
  • 自己流で目地埋めを行う。砂の代わりにまさ王を使用。噴霧器が大活躍! 前回のおさらい前回は、レンガを並べ終わった。エッジレンガの補強やり直し今回は目地埋めをするのだけれど……その前に! エッジレンガに蹴つまずいて、レンガがこけてしまった(汗)。裾広がりモルタルの厚みが足りなかった様子。モルタルを練って、厚めに補強し直しておいた。目地にまさ王を入れる本日の主役。まさ王。(→メーカーHP)ご存じ、水で固ま [続きを読む]
  • アプローチのレンガ敷き③―レンガを並べる
  • アプローチを実際よりも長く見せたい! その一心でレンガの並べ方をあれこれ工夫。効果のほどは!? 前回のおさらい前回は、両サイドのエッジレンガをモルタル留めした。レンガを並べる今日はレンガをひたすら並べる。水糸を張って、レンガを一列スタンバイしてからスタート。※レンガは色味に気を付けてスタンバイしている。色にこだわる理由は後ほど……砂をうっすらまいて、かまぼこ板的な板切れでならす。レンガを置いて、勾 [続きを読む]