takebou さん プロフィール

  •  
takebouさん: 高校野球観戦日記
ハンドル名takebou さん
ブログタイトル高校野球観戦日記
ブログURLhttp://takebou28-108.blog.jp/
サイト紹介文高校野球を見たときことをつづります。テレビに映らないプレーを見るのが宗旨です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 290日(平均1.5回/週) - 参加 2018/01/19 20:55

takebou さんのブログ記事

  • 第131回秋季中国大会準決勝・米子東v広陵
  • 新幹線を見学できるイベントに当選していたので、それに行く前の一時間だけという約束で球場へ行き、家族四人で決勝戦を見ることにした。球場の駐車場に着きスタンドに歩いている間に試合開始のサイレンが鳴ったが、かろうじて最初から見ることができた。両チームともに昨日の準決勝の試合とは先発投手を変えている。米子東は打順を少しいじっており、広陵は捕手も別の選手が出場している。試合は米子東が1回表に適時打2本で2点を [続きを読む]
  • 第131回秋季中国大会準決勝・創志学園v広陵
  • 前の試合がタイブレークまでもつれたため、当初の予定より1時間以上も遅れて試合開始。今日は帰宅したら、牛すね肉のビール煮を作る予定で出かけてきていたので(※2時間くらい煮込む料理)、一刻も早い試合終了を望みつつプレーボールのサイレンを聞いた。にもかかわらず、この試合でも負傷者が出て試合が一時中断するなど、この試合も大幅に試合進行が遅くなってしまった。日が西に傾き陰が長くなってきた試合の中盤以降は、さすが [続きを読む]
  • 第131回秋季中国大会準決勝・米子東v呉
  • ラグビーの日本vオールブラックスの試合や、鹿島アントラーズのACLの試合があったものの、稲刈りの片づけが終わったので球場に行くことにした。朝のうち冷え込んだものの、秋の日差しが照りつける中での試合。倉敷商を破って準決勝まで勝ち上がった米子東の実力はフロックではなかった。米子東は3回裏に1点を先制されたものの、3回までは一人の走者も出すことができなかった打線が直後の攻撃で二塁打を2本を放って同点に追いつくと [続きを読む]
  • 第100回記念選手権大会が終わって⑳
  • スポーツってさ、何をやってもいいわけではないということは、皆さんご存じのことだろう。たとえばということで例を挙げると、サッカーではボールを蹴るけれど、相手選手を狙って蹴ることなどあり得ないわけで(たまにあるけど)。これは極端な例だし、ルールでも禁止されているプレーだけど(※キッキングという反則になります)。ではルールで禁止されていなければ、何をやってもいいというものなのだろうか。私はそうではないと思う [続きを読む]
  • 第100回記念選手権大会が終わって⑲
  • そういえば、何度か“野球をよく分かっていない観衆が増えた”みたいなことを書いたので、そのことについて。たしか1回戦の益田東v常葉大菊川の3回表の出来事だったと思うが、こんなプレーがあった。このイニングに益田東は1点を先制し、なおも一死一二塁の場面で、次打者が遊ゴロを放った。ボールは6→4と渡ったあと、二塁手はボールを持ったままベースを離れてしまう。二塁手、遊撃手は三塁側のベンチに引き揚げようとしたが・・・ [続きを読む]
  • 第100回記念選手権大会が終わって⑱
  • 三連休などあって更新が滞っていたけれど、まだまだ言いたいことはあるわけで(笑)。すでに秋季大会が始まっているところも多くなってきたが、環境依存文字の存在する20(⑳)までは、このテーマを続けてやろう(大丈夫か?)。大会が終わって驚いたのが、準優勝した金足農が、地元の秋田県や秋田市から表彰されただけでなく、農林水産省からも感謝状を贈られたということ。そんなところにまで影響が及ぶなんて、すさまじい社会現象だっ [続きを読む]
  • 第100回記念選手権大会が終わって⑰
  • 大会が終わったあと、突如として勃発した話題をひとつ。甲子園球場の外野に、ラッキーゾーンが復活するという計画があるのだとか。ここ数年の間にソフトバンクや楽天の本拠地にラッキーゾーンが設けられているが、もし甲子園球場でこの計画が現実になったら、高校野球はもはや破壊されたも同然だろう。こんな話が出た背景には、阪神球団(タイガース)が甲子園球場で本塁打を放っていない現実があるそうだ。しかし現在の高校野球は、 [続きを読む]
  • 第100回記念選手権大会が終わって⑯
  • 今年の大会では、金足農が一大ブームになったようだけど。その躍進の原動力となった金足農#1について少しだけ。秋田県大会の映像を見て球速が速いことは知っていたので、ある程度は大会前に思っていた通りだった。ところが私が見た試合では、金足農#1は走者一塁でのバント処理の際に、小飛球になった打球をわざとワンバウンドで捕球して、1→6→3で併殺にする場面があった。これは誰にでもできるプレーではないと、スタンドで見て [続きを読む]
  • 第100回記念選手権大会が終わって⑮
  • ちょっと自分自身のことについて書いてみようと思うんだけど。例年なら大会で開催される試合数は48だが、今年は記念大会だったので55だった。ずっと前から思っているのだけど、開催される全試合のうち半分以上を見に行くっていうのが、なかなか難しいものでね。通常の大会であれば、理論的には第2日〜第4日の12試合と第10日〜第12日の12試合を見れば、半数の24試合を見ることができるんだけど。ただ、そこまで球場に足を運ぼうとし [続きを読む]
  • 第100回記念選手権大会が終わって⑭
  • 今回の大会に出場した奈良大付の応援曲を、神さんが作曲したそうだ。神さんの尽力(神力というべきか)も、ここまで来たものかと思う。神力が世間にあまりに広まり過ぎて、ロッテファンのなかには寂しく思っている人もいるのではないだろうか。それにしても奈良大付の曲は効果てき面だったようで、日大三との試合で最終回の攻撃のときにブラスがこの曲を演奏したところ、球場は一気に奈良大付の応援一色になったとか。守っていた日大 [続きを読む]
  • 第100回記念選手権大会が終わって⑬
  • 今年の大会で私が見た中で一番細かいプレーだと思ったのは、龍谷大平安v鳥取城北の試合で9回表無死一塁となったときの平安の守備で間違いないだろう。8回表に2-2の同点に追いつかれ、投手交代をして迎えた最終回の表の守備で、龍谷大平安は先頭打者に安打を打たれて出塁を許す。このあとの無死一塁の場面で、鳥取城北にバントをさせないための守備の動きが凄まじく細かかった。精神的かつ抽象的な表現になってしまうが、あれは伝統 [続きを読む]
  • 第100回記念選手権大会が終わって⑫
  • 前回、アナウンサーについて話が及んだので、その話をいくつか。今年の大会ではNHKラジオの中継で、女性のアナウンサーが実況を担当したのだとか(澤田彩香さん)。これまで高校野球の実況を担当したことがあるのは、藤井彩子さんといって、私が毎朝聞いているラジオ番組を担当しているアナウンサーだけだったはず。私は毎朝すっぴん!を聞いているが、この番組のなかで当時の実況(録音)を流したことがあったはずだ。彼女は相当恥ずか [続きを読む]
  • 第100回記念選手権大会が終わって⑪
  • ぼつぼつ真面目に、話の核心に迫っていきたいのだけど。ユーチューブで夏疾風を探して動画を見ていたら、テレビの実況でどんなふうに語られているのかを私は知ることができた。ところで今回の大会で、こんなことがあった。私はテレビで高校野球を見ることはないが、ラジオで聞くことはたまにある。(某国営放送か民放かには敢えて言及しないことにするが)ラジオで龍谷大平安v八戸学院光星の試合を聞いていて、解説の人がこんなこと [続きを読む]
  • 第100回記念選手権大会が終わって⑩
  • 今日は福井県と滋賀県の県境付近にある鉄道写真の撮影ポイント(敦賀〜新疋田)に行ってきたのだが、湖西線沿いをよく見てみると稲が倒れていたし、建物の看板がひん曲がったようになっているのが目に留まった。さらに今朝未明には北海道で巨大な地震があったとか。台風、地震と相次いでいるが、被害に遭われた方にはお見舞い申し上げたい。というより、今月訪れる予定にしている関西空港、新千歳空港が相次いで自然災害に見舞われて [続きを読む]
  • 第100回記念選手権大会が終わって⑨
  • 私は嵐の夏疾風という曲をろくに知らなかったので、ユーチューブで検察して聞いてみることにした。ユーチューバーというのか、大勢の人が映像を編集していて、とてもいい動画をたくさん見ることができた。一部は著作権の問題があって消されているものもあったけど(笑)。歌詞を見てみて、へぇ〜こんなことを歌った曲なんだ〜と思った。しかしながら私の脳裏には、高校野球の風景とか甲子園球場のある情景は浮かんでこなかった。そう [続きを読む]
  • 第100回記念選手権大会が終わって⑧
  • きのうのことだが、わが息子が“なつはやて”って知ってる?と言ってきた。東北新幹線のはやてか?と私が聞きなおしてみたが、どうやら嵐の夏疾風のことのようで。彼の保育園の運動会でする予定の出し物で、この曲を使うのだそうな。そういえば今年の大会で、試合の合い間にこの曲がかかっていた。正確に言うと、後攻チームのノックが始まってから、球場のスクリーンにこの曲の映像が流れて曲が演奏されていた(はずだ)。前の試合で負 [続きを読む]
  • 第100回選手権記念大会が終わって⑦
  • それはそうと、実際に試合を見に行った人ならお分かりかもしれないけれど、球場では大会期間中に出場選手などが掲載された新聞を配っている。そして、甲子園walkerという球場のフロアマップも無料配布されている。ふだん私はこの二つだけを頂戴して帰るだけで満足していて、親しい人に分けている。新聞は大会の中盤を過ぎると在庫がだんだんなくなってきて、3回戦とか準々決勝になると在庫切れになってしまうことが多い。今年の大 [続きを読む]
  • パリーグ公式戦・オリックスv埼玉西武23回戦
  • 5月に仙台へ行ったときは天気が思わしくなかったせいもあり、楽天生命パークの観覧車に乗ったあとで先攻チーム1番打者のヒッティングマーチだけ聞いて球場を後にした。試合の部分はまったく見ていなかったので、今回は家族4人でせめて少しだけでも野球の試合を見ようと思い、ハローキティ新幹線と阪神電車を乗り継いで京セラドームへ行ってきた。案の定、子どもたちの集中力は、持続しても1時間がいいところ。それでも息子は“ホー [続きを読む]
  • 第100回選手権記念大会が終わって⑥
  • 今年の大会はチケットの販売方法が変わったこともあって、私は中央特別指定席で見ることが多かったわけだけど。以前に見ていた位置からほんの20メートルほどずれただけなのに、視野(目の位置)が違うと、これほどまでに見え方が違うものなのかと思わされることが多かった。これまでは一塁側ベンチの後方から試合を見ることが多く、この位置からだと両チームのベンチの様子が見える。それゆえ走者が出ると、ベンチでサインを出してい [続きを読む]
  • 第100回選手権記念大会が終わって⑤
  • 野球に関してあまりに固いことばかり書いていると、一度このブログを見てくれた人がもう見なくなるじゃないかと思い、少しミーハーなことも書いてみよう。今回私が球場へ行った日のうち、どうやら大会第1日と第8日はネット裏に嵐の相葉君が来ていたようだ。するとそれを見つけた私の隣の母子は、双眼鏡でずーっと相葉君ばかり見ている始末で。猛烈に暑いなかわざわざ球場まで来て、野球より相葉君を見に来てるのか〜と思った。野球 [続きを読む]
  • 第100回選手権記念大会が終わって④
  • 今年の夏はとても暑かった(今なお暑い)ので、あつい話についていくつか。今年は本当に暑かったため、大会序盤では試合中に足をつらせる選手が続出しており、最後まで無事に大会が開催されるのかと気を揉んでいた。選手だけでなく、試合に出づっぱりの審判や私のようにスタンドで朝から晩まで試合を見ている観衆など、どこかで死者でも出るのではないかと真剣に思っていたものだが、それが杞憂に終わるとともに成功裏に大会が終わっ [続きを読む]
  • 第100回選手権記念大会が終わって③
  • ちょっとだけ、野球についても記しておこう。大会第13日だった8月17日は、普段と違って強い風がレフトからライトに吹き抜ける中で試合がおこなわれた。風も影響もあってか、第一試合や第二試合では、右翼方向の打球が不自然に伸びて、右翼手の頭上を越えて長打になったものが3度くらいあったはずだ。すると第三試合に出場する下関国際は、フィールディング練習をいきなり外野手から内野への返球から始めていた。次の日に見た試合で [続きを読む]
  • 第100回選手権記念大会が終わって②
  • 今年の記念大会に関しては、言いたいことはたくさんあるのだけど。現場で多くの試合を見てきた者として言わせていただくと、入場券売り場に連日列をつくって徹夜している人の姿を見るにつけ、自分がチケットをよく入手できたなーと感じずにはいられなかった。本当に幸運だったの一言に尽きる。まぁ・・・、家族(や私)がひいきにしているアーチストのコンサートに参加するときなど、チケット争奪戦に参加することは多いわけで。そのた [続きを読む]
  • 第100回選手権記念大会が終わって
  • まだ軟式の選手権大会が行われている最中だが、今年は硬式の記念大会で体力も青春18きっぷも使い果たしてしまったので、今年一年の高校野球をざっと総括しておきたい。まず旧聞に属する話題となるが、春の選抜大会のとき球場で無料配布していた特集新聞に掲載されていた出場選手のプロフィール紹介を見ていて、私は目を見開いた。京大志望と聞いていた彦根東の#1の趣味は、なんと“マージャン”。この若者は将来、間違いなく立派な [続きを読む]
  • 第100回選手権・第14日
  • 今日は球場に着いたのが7:15頃だったが、すでにこの時には入場券売り場の列が甲子園駅まで伸びているだけでなく、阪神高速のほうまで折り返して長くなっていた。あの様子だと今日は球場に入ることのできなかった人も多数いたのではないかと思う。スタンドに入る前に球場のグッズショップへ行ってみたが、校名入りボールをはじめとする目ぼしい商品はことごとく売り切れ。いったい、だれが買い占めたのだろうか(笑)。今日も空気が少 [続きを読む]